動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんは自分の出す音、好きですか?

以前にちょっと言ったことがあるかもしれないけれど、僕は自分の演奏の個性があまり好きではありません。演奏の個性というのは技術とは全く関係のない部分です。

つまりこういうことです。

例えば、ブルグ25の「貴婦人の乗馬」という曲がある。Aさんも、Bさんも、楽譜どおりに強弱やテンポを守ってきっちりこの曲を演奏することが出来る。しかし、Aさんの演奏は好きだが、Bさんの演奏は好きじゃない、こういうことは起こりえると思います。そう、プロの演奏でも、この人の演奏は好きだけれど、この人の演奏はあんまり、とかありますね。そういうことです。

とりわけ僕は、ミスタッチだらけの初心者のぎこちない演奏を聴いても(たとえそれが、特に好みでもない初級の練習曲であっても)、好きだと思う演奏はあるし、同じ曲をプロの人が演奏していてもそれは好きではないということがよくあります。

僕は、(丁度タワシさんのところでそういう話題が出ていて時期的にかぶってしまうのですが)ピアノコンクールで優勝した人の演奏に感じがよく似ていると言われたことがあります。(強調しておきますが、これは「技術」のことでは全くありません!あくまで、演奏から受ける「印象」というやつです。)僕はその方の演奏から受ける感じがあまり好きではありませんでした。でも、似ていると言われて、「確かに分かる、ああ、そうなのか。」という感じでした。(どの方の演奏か言ってもいいのだけれど、あまり好きではないと思っている演奏だから、どの方のことなのか紹介するとまずいかな?)

まあ、自分の演奏の個性が気に入らないからと、いまさらどうこうしようと言うわけではないです。もう鍵盤楽器歴も10年になりますし、エレクトーンを習っていた頃も、「あなたの演奏にあっている曲」と言って先生が紹介するのはあまり好きじゃない曲ということもありました。エレクトーンを習っていた頃は、それは嫌だと言って、別の曲を弾かせて欲しいと言ったものでした。次の週、先生が持ってきたのは、ものすごく好きな感じの曲でした。先生はちゃんと知っていたのですね。以前、そんなことがあったのですが、今は先生の提案に従うかもしれません。現在は、好き嫌いは別にして、自分の持っている特性を最大限に生かすということに興味があるからです。

今後は「好きな曲」と「自分の特性を生かす曲」と両方に分けて練習していきたいと思っています。

と、自己の結論は出ているのですが、こういうことを書いたのは疑問に思ったからです。
皆さんもこういうジレンマを感じたことはあるのかどうかと。
皆さんはどうですか?やはり、自分の演奏は自分の「感性」にあったものでしょうか?

メンデルスゾーンのアルバムブラットが気に入る

メンデルスゾーンというと「無言歌集」がよく知られていますが、あまり知られてない曲の中に、アルバムブラットOp.117というのがあり、聴いてみて、とても気に入りました。この人の演奏、素晴らしいです。僕は、「本当に好きな曲」というのが少ないのですが、これは好きな曲ど真ん中です!しかも、現実的に挑戦できる範囲の難易度です。そう遠くないうちに弾きたいと思います。でも、綺麗に弾きこなしたいと思うから、まずは練習曲をやっていきます。

Sur le fil... (ヤン・ティルセン)



ユーチューブでリクエストを受けたヤン・ティルセンの曲です。
ヤン・ティルセンの曲を何曲か聴いて、その中から選んだのがこの「Sur le fil...」でした。
フランスで有名なミュージシャン・作曲家で、海外では映画「アメリ」の音楽でよく知られています。
この曲は、日本ではほとんど知られていないものの、フランスや海外では大変な人気のようで、ユーチューブではこの曲の動画のいくつかが100万ヒット以上でした。

最初はそれらの動画のことを知らず、「この曲がいいな」くらいで選んだのだけれど、結果、そのような人気曲をこうして弾くことになって、なんだか緊張してしまう上、この曲の美しさを十分に出せなくて申し訳ないです。どうにも集中力が3分なので、それ以上の曲はどうしてもミスタッチが出たり、そのことを気にしていると勢いもなくなってしまいます。

この曲の美しさを知るには、ユーチューブで「Sur le fil piano」で検索されるとよいでしょう。

モシュコフスキー20-2



やっと録音しました。
この練習曲集は、いつも利用している「ピアノ教材研究会」というサイトに掲載されていたことに、最近気が付きました。そして、そこでも自分の実力より上の数値だったという。(モシュコフスキーのページは有料なので、会員にならないと見れません)。実際に弾いても自分の実力より難易度が高いということを実感し、仕上がるまでに時間がかかります。しかも、時間をかけても満足な仕上がりではないという。ただ、全20曲なので頑張ってやってみようと思います。

自分が難易度を気にするのは、自分の実力を自分なりに把握していたいからです。あと、この判定のものまでは割と弾きやすいとかそれなりに仕上がる、ということが分かるのが単純に面白いのです。個人的にゲームのレベルアップのような感覚を楽しんでいるわけですwこの辺の敵までは比較的楽に倒せるね、とかそういう感じの。この研究会のサイトは、28段階に分けてあるために細かくてとても楽しいです。

さて、なぎさんとひなたくんの関係がまた進展し、なんと、凪がひなたをしつけるということが起こりました!犬がネコをしつけるというのは衝撃的でした。次回報告します。

クレメンティ前奏曲と音階練習曲・ハ長調 Exercise



クレメンティ前奏曲と音階練習曲のハ長調エクササイズ。
ハ調の音階練習の部分です。
あやしいけれども、もう限界と思うのでアップ。
この練習曲集も、モシュコフスキー20もギリギリでなんとかアップしてもいいかというところまでもっていっている感じで、練習しまくった割りに余裕なしです。
でも、こういうのをやると上達すると思うので、この練習曲集を続けます。

現在練習中
モシュコフスキー20-2
ヤン・ティルセン「sur le fil...」
<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。