動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譲渡会出身・散歩好き度は犬並み、好奇心旺盛でおしゃべりな白い子猫ひなたくん

今日は、木陰より少し前に来た白い子猫の紹介です。

名前・日陽(ひなた) 「陽のあたる場所」で生きていこう、という願いを込めて。

誕生日 2011年4月13日

経歴 

譲渡会にて引き取る。たくさんいた子猫達の中で、じっと目を見て、手をなめてきたのがひなただった。
キツイ目が雪凪と似ているため、親と間違えたという説ありだが、他の兄弟達は寄ってこなかったので、自分はひなたに選ばれたのだと思うことにしたw

特徴 

・オス・白・青い目(白猫ブルーアイのオスは少ないらしい。また、真っ白は聴覚障害と関係あるらしいが、ひなたは幸い耳は聴こえている)、細いあご、頭が小さい(ハーネスの輪が抜けるため、ベストに変更)、しっぽが短い、脚長。
・よく鳴く、常になんか言っている。か細い声。ニャーと言わない。ピキューン、プキューンとか、ふにゃんほにゃんとか、メェェーと鳴く。ピキューンの声のため、愛称が「ぴなきゅん」になるw
・近くに来て、ミュッとこもった声で言うのは、ひざに乗せてという合図。
・ゴロゴロ音が高い。
・見た目キツネっぽいキツイ顔をしているが、甘ったれで幼い。
・体重は4ヶ月半で2500と木陰(生後6ヶ月くらいだが小柄である)と同じか、少し重いくらいだが、胸周りは木陰より細い。

性格

・白猫は一般的に、神経質で繊細でクールなことが多いらしいが、ひなたには全く当てはまらない。
・甘ったれ、指を吸うのが好き 目を見ないとメェェと鳴く。
・活発 好奇心旺盛 楽観的 猪突猛進 何にでも首を突っ込む シーツで爪をとごうとするなどで再三怒られても犬の凪(なぎ)さんが大好き。
・ひなたにとって刺激的な新しいものさえあれば、しばらくテンション高く遊んでいられる。
・犬並みに散歩大好きだが、ハーネスをつけるときは暴れる。
・凪さんだけ散歩に行くときは、必ずドアの前に来て、自分もついていきたいと言わんばかりである。帰ってきたら必ず、出迎えしてくれる。
・しつけの全く入らない猫(怒られても気にしない)。
・猫と暮らすのは初めてで、犬としか暮らしたことがなかったので、最初は、知能的に問題でもあるのか?と思ったが、全く言うことを聞く気がないらしいことが分かった。なぜなら、飯入れの食器がどれか、「さんぽ」など、都合のいいことは皆覚えているからである。
・食べ物は好きなものだけ早食いして、凪が食べているものを見に行く。結果、ゆっくり食べていた木陰がひなたの分まで食べ、あまり食べられず「二兎を追うもの一兎も得ず」になっていた。
・手がかかるのはひなただが、面白い写真が撮れるのもひなたである。

あまりにもひなたと木陰が対照的なため、ひなた派と木陰派に好みが分かれる傾向。

hina1.jpg
ジョウロひな

hina2.jpg
洗面器ひな

hina4.jpg
ドラマ「犬の消えた日」の犬に夢中ひな

hina3.jpg
ひなバンザイ
(このバンザイは、パブコメ10万の記事を書いているときに、ひなたを見たらこのポーズだったという。こんなに綺麗なバンザイをしたのは初めてだったので、縁起がいいに違いないw)

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
↑パブコメのひとりひとりの小さな力が大きな流れに変わることを信じて、命の大切さを教えてくれた凪(なぎ)先生をクリックお願いします。

FC2 RANK
↑保健所の譲渡会で引き取った白猫ブルーアイひなたくん。交通事故にあった状態で放置され、瀕死状態から奇跡の生還を果たした、ハチワレ猫こかげくん。5年前のパブコメの結果、業者側 9500 対 愛護側 200からの奇跡の大逆転を願って、クリックお願いします。

コメント

白猫は一般的に、神経質で繊細でクール

v-12初めて知りました・・・。
我が家の長男は、全くどれにも当てはまりませんね・・・。
ひなちゃん(君?)を見ていると、幼き頃のトロを思い出しますv-10ちょっと似ています・・・。
トロのような不思議なニャンコに育たぬよう祈りますが・・・。育ってほしい気もします・・。
個人的には・・・。
じょうろひなが気に入ってしまいました♪
ひなちゃんは、きっと凪パパさんを選んだのですよv-22
本能的に、自分の幸せになれる場所・幸せにしてくれる場所を選んだのだと思います。
全然はじめましてではないですよ。よーく覚えています。

> 白猫は一般的に、神経質で繊細でクール
>
> v-12初めて知りました・・・。
> 我が家の長男は、全くどれにも当てはまりませんね・・・。

そうそう、ひなたにも全く当てはまらないのです。
ウィキを読むと、野生で白いと目だって外敵に狙われやすいために、結果そういう性格になりやすいらしいです。でも、野良生活を全くもしくはほとんどしたことがなければ、それは当てはまらないのではないかと思います。

> ひなちゃん(君?)を見ていると、幼き頃のトロを思い出しますv-10ちょっと似ています・・・。
> トロのような不思議なニャンコに育たぬよう祈りますが・・・。育ってほしい気もします・・。

トロちゃんは癒し系のいい子でしたね。
ひなたは(ひなとか呼んでいるが一応オスw)かなり悪いネコですw
何か壊したり割ったりやらかしてたら、100%こかげではなく、ひなの仕業なのですw
今度来た保護猫も激しく活発で、ひな系なので、悪いネコが2匹になりました;

> 個人的には・・・。
> じょうろひなが気に入ってしまいました♪

もう大きくなって、入らなくなってしまったのが残念です;

> ひなちゃんは、きっと凪パパさんを選んだのですよv-22
> 本能的に、自分の幸せになれる場所・幸せにしてくれる場所を選んだのだと思います。

他のネコ達は選んでくれなかったけれど、ひなたは相性のいい相手として選んだのかもしれないと思っています。やはり、しっかり目を見て甘えてくるようなタイプの方が好きですし、ひなたもしっかりアイコンタクトしないと無視されていると感じるタイプのようです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/725-dc094a23
<< 京都市動物愛護センター構想のパブコメ | TOP | 瀕死からの完全復活をとげた「和み系子猫」、木陰くん >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。