動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の酷い動物事情改善のために、パブコメ例文改訂版・拡散方法

現在、環境省から国民へのアンケートである、パブリック・コメント(以下パブコメ)の件で非常に忙しく、訪問とかピアノに手がまわっていません。27日までは、パブコメに全力投球するため、ピアノは休憩します。

それにしても、小説とか絵とか書いていた頃は、無断転載禁止とか著作権がどうとか書きまくっていたのが、現在のパブコメでは無断転載どんどんやってください、コピーも可とか書いていることが我ながら笑ってしまいます。

忙しいと書きましたが、パブコメの件に関して、コメント欄に、書きましたとか転載しましたのお知らせコメントは嬉しいです。無断転載もとても嬉しいですが、ひとことコメントと掲載URLを教えてもらえればもっと嬉しいです。

最初は、反響の少なさにガッカリしていましたが、だんだん関心を示してくれる人が増え、ブログ始まって以来のヒット数(こちらにはカウンターは設置してませんが、マイページで見れる)を記録していますし、それもどんどん人数が増えています。

今回は、パブコメの拡散方法と、例文改訂版です。

ペットショップの元店長の人から、輸送時にたくさんの子犬が弱ったり病気になったり死んだりしているということを聞きました。それで今回は、4番に、ペットショップの裏側を知る人からの意見も含めた改訂版です。ぜひご利用下さい。
パブコメはコピー可です。名前は1人1人違う紙に別々に書いて出してください。
パブコメの詳しい説明は1つ前の記事に詳しく書いていますので参考にして下さい。

☆パブコメ拡散方法☆

・みなさんの地元で動物愛護ボランティアをやっている団体の人にメールを送ってください。保護活動はやっていても、パブコメの存在を知らない人はたくさんいます。

・動物愛護関係のブログを持っている人に、知らせてください。まだパブコメを知らない人はたくさんいます。

これら2つはどうしても自分ひとりでは出来ませんから、ご協力お願いします。

以下例文改訂版

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

1.意見提出者名:
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.意見:

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

(1)深夜の生体展示規制

長い睡眠時間の必要な幼い犬猫は、昼も夜も売られていては、成長時に支障をきたします。夜8時以降の販売は禁止にしてください。
昼の展示も、3時間ごとに休憩を挟むなど、連続展示をひかえることを要望します。
現状の動物取扱業の対象である哺乳類、鳥類、爬虫類までを対象とすることを要望します。

(2)移動販売

移動のストレスで病気になることもあり、また、病気の動物に対し適切な治療がなされていなかったりする例があります。
監視員をおくとしても、移動中の監視は難しいと思います。禁止を要望します。

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化

簡単にパソコンのボタンを押して、宅配便で届くなどの安易な扱いは止めて欲しいです。
インターネットなどの対面をしない販売は全面禁止を要望します。

(4)犬猫オークション市場(せり市)

禁止すべきことだと思います。命を軽視した行為ですし、せりの途中で、約2万匹が行方不明になっているという話もあります。
このようなオークション形式ではなく、予約制での計画出産という形にしてもらいたいです。

しかし、現在において、「販売されている犬猫は、一定の割合でオークション市場での取引を経由している」ということが、案の3ページ目74行に書かれていましたから、どうしても急には廃止できないというのであれば、まずは同ページ77行からの提案のように、最低でも「ペット関連業者が動物取扱業の登録業者であるかどうかの確認ができる仕組みや、市場の情報公開を義務付け、必ず、行政等に司法警察権を持たせて、監視し取り締まる仕組みを確立しなければならないと思います。 最低でも以下の規定は作るべきです。

・幼齢のものを親犬・猫から離す際(ブリーダーからの出荷時)にマイクロチップを入れる
・主要な感染症の全頭チェック
・輸送時の健康管理の徹底と休憩を義務付ける(輸送時に病気になったり死亡する動物が多い)
・幼齢動物の空輸を禁止する。(なかでも空輸は幼齢動物にとって大変危険であり、死亡するものが多い)
・親犬へのワクチン義務づけ
・ブリーダーは購入される動物に遺伝的疾患がないという証明書を発行し、業者や客に販売するときは、それをつける。
・断尾・断耳の禁止(麻酔なしでハサミで切り取っているところもある。見た目だけにこだわるスタンダード維持は悪習に過ぎず、犬の体に負担をかけるだけであり、虐待である)

(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢

とりわけ犬では、早期に引き離した場合、病気に対する免疫が薄くなってしまうことと、また、成長後に、咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされています。
犬にも猫にも個体差はありますが、全ての幼い犬猫が社会化される日数を基準として頂きたい。8週程度ではまだ、社会化の不十分な個体もおります。12週未満を親から引き離さないようにすべきです。

(6) 犬猫の繁殖制限措置

繁殖は母体に多大な負担をかけます。無理な繁殖により、歯や顎の溶けてしまった母犬も見られます。自主規制にまかせるという意見もあるようですが、自主規制程度では変わらなかったのが現状です。最初の繁殖年齢の設定や、何歳まで繁殖させるかということ、生涯における繁殖回数の制限は必須です。

(7) 飼養施設の適正化

劣悪な環境のものが見られます。一日の食事の適正カロリーや、運動の義務化(散歩何分など)、部屋の温度、ケージは体の大きさに対して最低2倍などの数値化された基準を作って頂きたいです。
必ず数値化して頂きたい。数値規制がないことにより、立ち上がることも困難なケージに動物が押し込められているところもあります。犬猫だけでなく、うさぎなど、動物取扱業に入っているものについて皆、検討すべきと思います。

ブリーダーの飼養施設適正化は特に厳重にするべき。
麻酔を持って手術を行う事が許されている人間(獣医師など)以外に断耳、断尾、帝王切開をさせてはならない。
実際にハサミで無麻酔による断耳や断尾がブリーダーによって行われてたり、帝王切開の手術を素人が何度も行なっている状態である。

その技術を有した資格者のみが行うべきであり、その設備と顧問獣医などが存在しない施設では行うべきではない。
その為の飼養施設を特に適正化するべきであり、そこで無駄な出血やショックにより死亡するケースが後をたたない。


(8) 動物取扱業の業種追加の検討

①動物の死体火葬・埋葬業者
動物愛護先進諸国にはまだ葬儀屋の規定はありませんが、日本人独特の死生観から見ると、業種に含め、法にて管理するのがよいと思います。案の5ページ目160行の「法第1条で生命尊重等の情操の涵養に資することが目的とされていることから、動物の葬送についても業種に含むべき」という意見をおします。

②両生類・魚類販売業者
案の5ページ目170行にありますように、「魚類等の遺棄により生態系への影響が見られる事例があり、生物多様性保全の観点からも問題の温床となっている」ということから規制の対象とすべきと考えます。

③ 老犬・老猫ホーム
なんらかの規制は必要だと思います。

④ 動物の愛護を目的とする団体
悪徳団体もあるといううわさから、なんらかの規制は必要だと思いますが、どちらも一般的な動物取扱業者とは異なる対応がふさわしいと思います。
また、活動を明確に知らせる義務、役場の職員の月1度の偵察などが望ましいと思います。

⑤教育・公益目的の団体
小中学校や専門学校等の教育目的の飼養動物の取り扱いについては、何らかの形で法の枠組みに入れることを検討する必要がある。

学校飼育動物は、教師が多忙だったり予算が取れないがためにネグレクトになりやすくそのため動愛法違反の可能性もあるような環境下である。
休日には学校職員が来ず、前日に大量に餌や水だけを置く対応や(夏場は餌や水が腐ります)
ウサギに関しては暑さに弱いのに暑さ対策もされず(夏場は毎日命の危険に晒されます)
またウサギを診察できる獣医師が少ないなど、問題が山積している学校飼育は 法律で厳しい規範を設けるか、飼育について予算確保が難しい幼稚園・小中学校などでは小動物飼育を廃止すべきです。学校飼育は義務ではありません。 届出制を導入して教育委員会がきちんと実態を把握し、寒暑の対策がされない、予算がないなどの
学校は飼育を見合わせるような体勢を先ずは作っていく事が肝心かと思いました。

命の重みということについて教育するのであれば、動物愛護ボランティア団体への手伝いを社会見学として含めるのがいいと思います。

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)

法令を違反した場合、登録されているものの取り消しと、再度の動物取扱業の登録拒否を行える条項は追加すべきであると思います。現在のように、違反しても上手く取り締まれず、多くが野放しで、また違法とされて裁かれても罪が軽く、再登録すればまた商売を始められるというのでは法の意味がありません。

(10)登録取消の運用の強化

登録取り消しが、迅速かつ具体的に行えるよう、虐待の判断についても、より詳しく制定して欲しい。

(11)業種の適用除外(動物園・水族館)

現在において、動物の福祉もままならない中、法規定から除外したり業種や説明義務を緩和したりはすべきではないと思います。
「動物取扱業者が遵守すべき動物の231 管理の方法等の細目」や「展示動物の飼養及び保管に関する基準(平成16232 年環境省告示第33号)」の遵守を徹底させるほうに力を注ぐべき。適用除外に反対します。

(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)業種緩和の検討(動物園・水族館の緩和検討」

緩和に反対します。研修の回数を減らさないで下さい。案の7ページ目246行にある、「動物園・水族館の職員や動物病院の獣医師であっても動物愛護に関する知識を有しているとは限らない場合があることから、一律に責任者設置義務規定を外す必要性はない。」という意見に賛成です。

(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)

ハムスターを不適切な飼い方により死なせてしまった件は多々ある。小動物は弱いです。弱いものに対してほど、気を使えるよう、むしろよりいっそう詳細に説明すべきです。

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)

現在の登録制では規制が不十分であり、法令を違反して登録を抹消されても再登録すれば業務再開できるのはおかしい。許可制にし、もっと厳しく取り締まれる制度にする必要があると思います。
そして、許可制を、専門試験などのある免許制に持っていけるよう、規制を強化していくべきだと思います。
現在の制度で、たくさんの問題が起こっています。命を扱うからには許可制にし、その中でもより厳しい許可制にして下さい。

(ここまで)


法改正について知らせるために、3つのアイコンクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
↑悪徳ブリーダーが捨てた疑いの強い凪(なぎ)さんは、悲しい顔から、こんなに笑顔になりました。コンロに上ろうとする子ネコ達を見張ってくれたり、シーツで爪とぎしようとするのを叱ってくれる賢い子です。
そんな凪さんをクリックお願いします。

FC2 RANK

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
↑保健所の譲渡会で引き取った白猫ブルーアイひなたくん。上品な見かけとは裏腹に、わがままいっぱい甘えてます。
交通事故にあった状態で放置されていた、ハチワレ猫こかげくん。ボロボロだった体も毎日、手作り雑炊を食べ、ツヤツヤになりました。おっとりした賢い子です。そんな2匹の写真と文字をクリックお願いします。

コメント

大変微力ですが、パブリックコメントをメールで送りました。コピーしたものを、少し自分の文章になるように編集したものを送りました。

当局が少しでも危機感を持ってくれますように。
>動物愛護ボランティアをやっている団体の人にメール
そうですね。送ってみます。
新しい提案をまたありがとうございます^^

私もまた記事をあげました。
アクセス、やはり少しは上がってて、少しでも多くの人に知ってもらいたいので嬉しいです。
でも「遮光ネット」の記事を書いたときに比べると、訪問者数は負けていて、ちょっと残念ですw

たくさん意見が集まるといいですね。
私たちに出来ることは少ないけど、出来ることがあれば逃さないで、頑張ろうと思うのです。今回はその時期ですよね。
はじめまして。渡辺眞子さんのブログコメントからきました。
例文リンクを集めているので、こちらの記事をリンクさせてもらいました。
みなさん、書き方が分からない、と尻込みされる方が多いようなので
例文があると一歩すすめますね。
ありがとうございます。
ありがとうございます!考えて書いていただき、より嬉しいです!

一般人の数の方が、業者の数より多いので、みんなで協力すればきっと法は変わります!
> >動物愛護ボランティアをやっている団体の人にメール
> そうですね。送ってみます。

ありがとうございます!!

> 私もまた記事をあげました。
> アクセス、やはり少しは上がってて、少しでも多くの人に知ってもらいたいので嬉しいです。

とても分かりやすい説明だと思いました。

> でも「遮光ネット」の記事を書いたときに比べると、訪問者数は負けていて、ちょっと残念ですw

あの遮光ネット、当時ひなたとこかげで忙しくてコメントかけなかったけれど、ひそかにツボっていましたww
やはり、今は、節電に関係することがアクセス数増えやすいのかもしれないですね。

> たくさん意見が集まるといいですね。
> 私たちに出来ることは少ないけど、出来ることがあれば逃さないで、頑張ろうと思うのです。今回はその時期ですよね。

そう思います。今回と、あと10~12月くらいにある、おそらくは保健所のことに関するパブコメになると思うものは非常に大事だと思っています。ぐりんさんが頑張ってくれていること、とても心強いです。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
書き方が分からない人の参考に少しでもなれれば幸いです。
はじめまして。私もパブコメについてもっと沢山の人に知って欲しくてサイトを作りました。書き方の例として、こちら雪凪様のサイトへのリンクを貼らせて頂けないでしょうか。ご検討宜しくお願いいたします。
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment?pli=1#a06
お知らせありがとうございますm(_ _)m
動物の未来のために、ぜひみんなで
協力し合い、法律を厳しいものに
しましょう。
横から失礼いたしますm(_ _)m
ページ拝見させていただきました。とてもわかりやすくて素晴らしいです!

ぜひ、私のサイトからもリンクさせていただけませんでしょうか。また、ツイッターなどで拡散させていただいてよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。

雪凪さん、場をお借りしてスミマセン^^;
はじめまして。もちろんリンクOKです。

サイト、見させて頂きました。
分かりやすくていいですね!初心者・中級者・上級者と3つに分けてあるのも参加しやすいと思いました。
転載ありがとうございます!
皆で協力すれば、絶対に法律も未来も変わりますね。
いえいえ、むしろ、どんどん場を借りてください。
パブコメ情報の交換、大歓迎です。
初めまして。dogactuallyでコメントを拝見してお邪魔いたしました。
微力ながら、私のブログでもパブリックコメント募集のことを記事にして
雪凪様のブログへのリンクを貼らせて頂きました。

日本の動物福祉の未来が少しでも良くなりますように。
いつもdogactuallyの記事を拝見しています。
いつも有意義な記事をありがとうございます。

リンクありがとうございます!

法改正を節目に、日本も少しずつでも変わっていって欲しいものです。
パブリックコメントを遅らせていただきました。
気持ちはほとんど同じでしたので、ほとんどこの文章を引用させていただきました。ところどころ、じぶんのことばにかえて。。。
ありがとうございました。
私のブログでも拡散させていただこうと思います。
パブコメ送って頂き嬉しいです。
動物の命も大切に思う人たちは、法改正に望む内容はほぼ同様なんですよね。

拡散もされるということで、ありがとうございます!
ブログのトップページに、mon_cher_chatさんのつくったサイトのアドレスを貼らせていただきます。
よろしくお願いします。
DogActuallyのリンクからうかがいました。ブログはやってないので、早速メールしました。少し文章を変えましたが、盗作(笑)させていただきました。友人にも拡散・送信の依頼します。
今回は、ありがとうございました。
コメントありがとうございます。
盗作(笑)大歓迎です!法改正に対する要望は、愛護側はほとんど同意見ですから、似たようになりますね。
拡散・送信の依頼も嬉しいです。
とても分かりやすく伝わりやすく・・・
ありがとうございます!!ブログに転載させていただきました。
もちろん私もメールで意見を送信しました。
一人でも多くの方に知ってもらいたいですね☆
メール早速送りました!
わたしもこのことをもっとみんなに広めようと思います!
コメントありがとうございます!
お役に立ててよかったです。
家族全員意見送付されたとのことで素晴らしいと思いました。
送信と拡散ありがとうございます。
どんどんパブコメの輪が広がっているのを感じ、嬉しいです。
まぐろさんの リンクから やってきました。

パブコメの文例 とても ありがたく 
さっそく送信します。
はじめまして。
突然のコメント失礼致します。
「犬白日記」様よりまいりました。
よたよたとブログを書いておりますが、
今回の「パブリックコメント」の件をアップ
する時にはぜひリンクさせて頂きたいと存じます。
ブログは明日更新予定です。
コメントありがとうございます。

お役に立てて嬉しいです。

コメントありがとうございます。
犬白日記様からということで、リンクからまたリンクへとパブコメの輪が広がり、嬉しい限りです!
明日また訪問させて頂きます。
はじめまして。
見て下さる方も少ないblogですが、私もパブコメを呼びかけたいと思っております。
こちらをリンクさせて頂くことをお許しください。
よろしくお願い致します
パブコメの呼びかけありがとうございます。
こちらの記事がお役に立てて幸いです。
はじめまして。
例文ありがとうございます。
微力ながらブログに転載させていただきました。
暑い中ご多忙と思いますが、どうぞお身体ご自愛くださいませ。
昨日、返信し忘れてました。すみません。

転載、そしてお気遣いありがとうございます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/714-01206aaf
<< 動物愛護法改正のための「アンケート」/生後8週問題 | TOP | 動物と暮らしている人、また、そうでない全ての心ある人へのお願い(リンク・転載フリー) >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。