動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凪・日陽・木陰

交通事故で負傷していたところを保護した子猫、木陰(こかげ)の里親募集を渋った理由は他にもあって、個人で各家庭の視察に何度も行くというのは抵抗があるからである。こちらが「お願いします」という立場でありながら、本当に大切にしてくれる家庭かどうか、虐待するような人たちでないかと「疑いをもって」視察するということになるからだ。怪我した猫を保護したことのある友人でさえ、「団体がするなら仕方ないと思うが、個人にそういうことをされると、もう引き取りたくなくなる」と言う。

そうなると、「引渡し時には視察をする」という決まりが元々あり、里親希望者はそれを了解して申し込むというボランティア団体の力を借りることになるが、よほどのことでない限り、忙しい彼らを頼りたくは無い。そのことで、他の動物の保護が滞るようであれば、自分自身の「1匹でも多く助けたい」という思いと反することになってしまう。

そういうわけで、出来れば保護動物は自分で世話をするのがベストであると思っていた。しかし、自分の生活がままならなくなるのであれば、頼るしかなくなってくる、そう思っていたとき、ある人から、「犬より猫が楽」という話を聞き、全くそうではないか!と思った。今は、時期が時期で、ひなたと重なってしまったことと、木陰が負傷しているために隔離していることで世話が大変なだけではないのかと。

それに、今現在、猫トイレなどの備品や病院代にカネがかかっているものの、猫2匹でも凪サイズの犬以下しか、メシは食わないではないか、元々犬を引き取ろうと考えていたことを思い出し、長期的にみれば、かかる金額は通常の状態で凪サイズの犬2匹>凪サイズの犬1匹と猫2匹のはずだ。そうなると、木陰がある程度回復して、この3匹の関係が上手くいきさえすればどうということはないはずだ。

そう思って、ケージから木陰を出してみる。驚くことに、木陰の驚異的な回復力で、すでにひなたとのネコルールでの取っ組み合いには耐えれるほどの体力がついていたのか、なんと木陰はきっちりひなたに反撃もした。一方的にやられるようなら取っ組み合いは早いと思ったのだが、これならもういけるのではないか。

しばらく見守っていると、取っ組み合いをした2匹、ひなたとこかげはすぐにすっかり仲良くなった。
留守番のとき、甘ったれひなたの良い遊び相手になるということで、これを機にこのまま木陰も同居することに決める。凪は、子猫たちに攻撃するということはないから、現在こかげは凪を多少警戒しているものの、すぐ慣れるだろう。

hinakokage.png
キャットタワーの下でくつろぐひなたとこかげ

そして、昨日の夜のこと、僕はこかげをひざに乗せてみた。今まで、どこかびくびくしていたこかげが、メシをやろうとするときに初めて、催促するかのようにニャーニャー鳴いていたから、そろそろ慣れたのではないかと思ったことがきっかけである。そんなわけで思い切って抱き上げてひざに乗せたわけだが、すると、なんと木陰が「ゴロゴロ」言って目を閉じ眠ったのである。これは猫がくつろいでいるか、逆に不安なときに出す音だが、不安だったらそのまま眠るということはないだろう。木陰はくつろいでいるのだ!これは、本当に嬉しくて、ここ数日の苦労が全て報われたと思った。

手作りメシも、犬が動物性・穀物・植物性のものを1・1・1の割合、猫が3・1・1の割合にすることでいけるし、よろこんで食べてくれる。おやつは無添加無着色で人間用と違い塩分も加えてなく、原型をとどめていて安全な「棒たら」でよい。この「棒たら」を与えていると、歯磨きがほとんど必要なくなるため、全員が好んでくれて、よかったと思った。

面白かったのが、凪が棒たらを食べているところに猫たちが横取りしようとくると、凪は怒るのだが、かじり飽きてからだと怒らないのである。また、メシの場合も、3匹並べてメシを与えた場合、口の小さい子猫たちと比べると、さすがに凪でも食べるのが一番早くなるのだが(凪は犬にしては食べるのが非常に遅い)、決して凪は子猫の食べ物に手を出さず、僕が子猫たちが残したものを凪に与えてはじめて食べだすのである。これは、本当に本当に助かって、凪をものすごく褒めた。

また、凪には30センチくらいもある、でかい「棒たら」をおやつとして与えるのだけれど、子猫たちは、まず凪だけに与えたおやつにしてもぶんどろうということをしなくなった。御犬の社会は、食べる順番が決まっていて、それを破ってはならないわけで、それで猫もしつけられたようであった。「棒たら」というおやつ、最初はハサミで切ってやっていたため、猫のために小さいものも必要かと思っていたけれど、今は凪がかじりあきたものを2匹が食べるため、必ずしも小さいものまで買わなくても大丈夫そうだ。

食べ物の取り合いにならないことは便利なことである。凪、しつけてくれてありがとう、と思ったのがこのことであった。これから楽しく3匹を観察できそうである。

nagiegao.png
やさしいやさしい凪の表情

コメント

猫って、ジッとこちらを見てくるんですよねぇ。
二匹揃ってカメラ目線で仲良く寄り添って、いい感じですなぁ。。
そのまま寝られるのは困るけど、膝に乗せてゴロゴロしたいなぁ。。
ああ、何だかとってもホッとしました(^。^)
良かったですね~
「ありがとう!雪凪さん!」って言いたくなっちゃった(笑)
ありがとう、雪凪さん^^

ひなたちゃんと木陰ちゃん、すぐ仲良くなったんですね♪写真、可愛いなぁ^^*
そうそう、猫ちゃんのごはんはどんななのかな?と思っていたんですよ。そうなんだ。
おやつの棒タラ、これは喜ぶでしょうね~^^

凪ちゃんもえらいですね♪ほんと、やさしいやさしい顔です^^
お膝で木陰ちゃんがゴロゴロいってくれて、雪凪さん、本当に嬉しかったでしょうね。良かったですね!
蒼い鳥さんの日記。いつも心があったかくなります。
特に昨日今日は自分の中で動物愛護とは。わたしが動物たちの幸せの為に目指せるものは何なんだろうか。。。などと夜中まで思い悩んでました。
一人で出来ることは限界があるし、人と協力してしようとすると、価値観の違いからなかなか全身全霊になれない。
わたしね、これいつもいつも思うんですが、私の中では犬も猫も牛も馬も豚も鶏も野鳥も爬虫類も虫も全て同じなんですが、動物愛護というか、動物の幸せを望む人たちの中でも、命の大小を位置付ける人のなんと多いことか。
同じ犬でも保護する犬猫と、実験動物にされる犬猫の線引き。
「そういう部分は仕方ないよ。それで人間が助けられてる部分もあるんやから」って。
ビーグル犬なんて、人間に友好的な性質なのを利用するという非道な裏切り行為なのにね。。。
その線引きがたまらなくなります。。。
私は完璧を目指してるわけではないのですが、どうも協力して何かをしようとすると、命の線引きに幾度となくぶつかります。
そのたびに耳に入るのは「仕方ないよそれは」
まるで小学生の「みんなやってるやん」の言い訳のような言葉。
私も矛盾してることはたくさんあるし、いい加減だし、わがままで、出来た人間では全然ないけど、「命」になるとそんな矛盾は通じないように思うんです。
でも全部は救えない自分の無力さ。。。

以前、マイミクさんに、でもIRIEさん飼い猫や飼い犬に動物性のもの与えてるでしょ?それはどうなの?と言われました。

私は正直に、出来るなら犠牲のない物を与えたいけれども、ベジフードは経済的にも無理があるし、猫は、動物の筋肉中にあるタウリンと呼ばれるアミノ酸を必要とするので。と言いました。
そしたら、「あなたの手を使わなくとも犠牲になってるってことですよ。かなしい。」
みたいなことを言われました。
確かに私の言い訳だし矛盾なのかもしれません。

ほんとに、動物愛護ってある意味とても難しい問題ですね。。。
そして昨日の夜、蒼い鳥さんの日記を読んで思ったんです。
今。目の前にいる命を守る。大切にする。愛する。
とても純粋でシンプルで。そうや!それでいいんや!って。それを心の基本にこれからも活動をやっていこうって。

こかげちゃんとひなたくん。すっかり仲良くなってますねv-238


ほんとに素敵。たしかに猫は一緒に生活しやすいですよ(*^_^*)

たぶんね~蒼い鳥さんこれから先、犬はもちろん、猫の居ない生活なんて考えられなくなりますよ(#^.^#)

そしてなぎちゃんv-238
なんて優しいお顔v-238

見習わせていただきますv-237
何だか長々と失礼しましたv-356
小鳥しか飼っていない私ですが、
「動物は飼い主を選べない」ということをよく考えます。
ひどい環境で飼われている小鳥を見かけると辛くて……

動物の一生を引き受けることは、本当に大変なことでしょう。
今でも治療費が相当かかっておられますし、
これから先、やはり病院にかかることもあるし、
きっと雪凪さんのことですから、
食事だって普通よりかなり高額になっていると思います。
でも、そういったことをすべて考慮されたうえで、
きっとこかげちゃんを家族に迎えられるのでしょう。
なかなか普通のひとにはできないことですね。

ひなたちゃんとこかげちゃんがすぐに仲良くなるなんて……
二匹の満足そうな様子、本当になごみますね。

それに凪ちゃんの表情! 慈愛に満ちていますね。
雪凪さんが注がれた愛情が、凪ちゃんからうかがえます。
他の猫は分からないけれども、ひなたとこかげはひざに乗せると必ず寝ますね。
> ああ、何だかとってもホッとしました(^。^)
> 良かったですね~
> 「ありがとう!雪凪さん!」って言いたくなっちゃった(笑)
> ありがとう、雪凪さん^^

そういってもらえるとこちらこそあたたかい気持ちになります。

棒タラ、木陰は頭がでかいからまあ食べれるのですが、ひなたの小さい頭と口には大きくて食べにくそうです。そこで、凪がちぎって食べてないものを食べていますw

凪の存在にはいつも色んな意味で助けられています。
凪が笑顔でいてくれて、おびえていた木陰が慣れてくれたこと、本当に嬉しく思いました!
IRIEさんのコメント、色々と考えながら凪と散歩してきました。

よく思うのは、身近なものの命が大切であると認識されないことには、あまり身近でないものの命のことなど誰も考えてくれないと思うのです。まずは、人間にとって一番身近な犬猫のこと、その命が大切にされる世の中になってからでないと、たとえ動物(畜産・実験動物)の福祉にしたって考える人は少ないように思います。もちろん、アニマルライツという考え方を伝えていくことは出来ると思うけれど、なかなか伝わらずつらいことのほうが多いですね。

それでも昔よりは良くなっていて、昔は犬が保健所で殺されるのも「仕方ない」と言われていたと思うのです。
けれども、今は「仕方ないじゃすまない」という人が多くなっているから、保健所での犬の殺処分はあと3年くらいでゼロに近くなるだろうという数値まできているわけで。

> 以前、マイミクさんに、でもIRIEさん飼い猫や飼い犬に動物性のもの与えてるでしょ?それはどうなの?と言われました。
>
> 私は正直に、出来るなら犠牲のない物を与えたいけれども、ベジフードは経済的にも無理があるし、猫は、動物の筋肉中にあるタウリンと呼ばれるアミノ酸を必要とするので。と言いました。
> そしたら、「あなたの手を使わなくとも犠牲になってるってことですよ。かなしい。」
> みたいなことを言われました。
> 確かに私の言い訳だし矛盾なのかもしれません。

矛盾は生きている限りどこにでもあるだろうけれど、言い訳とは思いませんよ。僕らは動物達の食物連鎖を否定しているわけではないですよね。
僕にしても、ただ、自分に必要のない動物性のものは殺してまで食べない・自分に殺せないものは食べないということを実践しているだけです。(人間は、火葬になっている時点で食物連鎖からはすでに外れていますし、たくさんの植物の命を食べさせて育てた動物という命を食べることは「全ての命を大切にしたい」という思いからは外れていることですから。)

それに犬や猫と暮らしているけれど、それも、無責任な飼い主の尻拭いをしているだけであり、自分で繁殖させたとかペットショップで買ったわけでもなし。

3匹が仲良くなってくれて本当にほっとしています。
木陰の慣れが早かったため、これから大変さは減り、なんだか生活もひと段落したという感じです。
凪の優しい顔には本当に癒されていて、いつもいつも「ありがとう」と言っています^^
確かにそうですね。動物は飼い主を選べず、子供も親を選べず・・・
幼児虐待なんかもそうですが、弱いものを虐待(ネグレクト含む)することは一番最低なことだと思います。
ひどい環境で生きる小さい命がこの世からなくなり、皆が幸せになることを願ってやみません。

これから、ネコ達が病気をしたときのことも考えて治療費は貯めておかないとと思います。

そうですね、食事もどうしても安全性を一番に考えて無農薬有機栽培のものを選ぶために、少し高くついてます。

凪の表情は確かに一番最初の頃と比べると全く変わりました。
↓一番最初に出会ったときの写真。ダンボールに入れられて捨てられていた。
http://ioriaotori.blog85.fc2.com/blog-entry-641.html

今、凪は安心して生活しているのだと思うと嬉しく、凪の笑顔に癒されています。
蒼い鳥さん。ありがとうv-353
なんかちょっとナーバスになってたので、コメント読みながら泣いてしまいそうです。。。

この近江という土地柄、近江牛が盛んで、ベジタリアンの人や動物福祉に心から(家畜含め)興味のある人が近くにおらず、その他もろもろが重なって孤立しているような感じがしてました。

でも、ついさっき自転車で地域猫の様子を見に行ったらすごく素敵な猫おばちゃんに出会いました。
私はもういい年なのですが、
「ねえちゃん!!動物と花を嫌う男とは絶対付きおうたらあかんで!動物と花嫌う奴にろくなんおらんからな!!」
って言われました(*^_^*)
このおばちゃん、がんを患い足が悪く車いすなのですが、毎日欠かさず世話をし、生まれたての親のない子猫たちは連れ帰りミルクをあげて家で育ててるそうです。

あ~。わたし落ち込んだり考え込んだりしてる場合ちゃうわ。って。
このおばちゃんも目の前の命。大切にしてるんですね。何かの形で協力しようとおもいます。

蒼い鳥さん、まいどまいど ありがとうございます!!
なぎちゃん。癒しの笑顔 ありがとう!!
> この近江という土地柄、近江牛が盛んで、ベジタリアンの人や動物福祉に心から(家畜含め)興味のある人が近くにおらず、その他もろもろが重なって孤立しているような感じがしてました。

うちの近くも九州のイナカで似たようなものです。

> でも、ついさっき自転車で地域猫の様子を見に行ったらすごく素敵な猫おばちゃんに出会いました。
> 私はもういい年なのですが、
> 「ねえちゃん!!動物と花を嫌う男とは絶対付きおうたらあかんで!動物と花嫌う奴にろくなんおらんからな!!」
> って言われました(*^_^*)

動物と花嫌う奴にろくなんおらん、確かにそうですね。生き物を嫌う人・大切に出来ない人というのは、人間も同様に愛せないと思う。また、色んな生き物の恩恵を受けながらそれに対して嫌うことしか出来ないというのは情けないと思います。

こちらこそ、いつもありがとうございます。
動物達のことも助けて頂きありがとうございます。
響さんお疲れ様です!体調は大丈夫ですか?暑いしe-330
里親さんがみんな響さんみたいな考え方だといいのになぁ~。こかげちゃん、顎見ました。痛々しいですね。でも良くなってきてよかった!この先動物たちはみんな慣れてもっと仲良くなっていくと思いますよ☆
凪くんは本当に紳士ですね♪

それにしても素敵な写真!ニャンコたちもいい感じだし、凪くんの素晴らしいお顔!毛並みも綺麗!
響さん、大変だと思いますが楽しくがんばってくださいね。

PS:棒たら気になります。愛犬と実家にもわんにゃんがいるのでいつか買ってあげたいと思ってとりあえずページをブックしました(笑)
お気遣いありがとうございます。
現在疲れは回復してきて、平和な日常に戻りつつあります。

こかげの顎の傷、周りのほうから毛が生えてきて、顎の下の部分は目立たなくなりそうです。
10日前は瀕死だったものが今は走っているという、人間では考えられない脅威の回復力です。

ひゅうがさんのところがあったので、最初は警戒していても、こかげも凪に慣れるという希望が持てました。
実際に、少しずつ慣れてきています。散歩から帰ったら、顔を近づけて挨拶するようになりました!
また、こうして子猫を受け入れてみると、凪の成長がうかがえて、子犬の頃はめちゃくちゃだったけれど、こんなにも落ち着いたのかと感慨深いです。

> PS:棒たら気になります。愛犬と実家にもわんにゃんがいるのでいつか買ってあげたいと思ってとりあえずページをブックしました(笑)

棒たら、いいですよ!オススメです。皆喜んで噛み噛みし、身体にも歯にもいいという。
棒たらの大は売り切れが多いけれど、小は大概ストックされているようです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/702-65af45d0
<< Sur le fil... (ヤン・ティルセン) | TOP | モシュコフスキー20-2 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。