動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫の傷の状態(ケガや血の苦手な人は「続きを読む」を見ないで下さい)

(「続きを読む」に生々しい傷の写真を載せたので、苦手な方はごらんになられませんように。)

「完全回復と里親は不可能」と言い出した理由がこの傷です。

最初は血と皮の塊で、傷の状態がわからなかったので、治ったら里親に出したいと思っていたのですが、おととい、血と皮の塊がはがれ落ちてみると、唇から顎の肉が無く、歯と歯茎が剥き出しでした。

無くなった指が生えてこないように、無くなった唇も生えてはきません。

この状態の猫を積極的にもらいたい人はまずいないと思います。
(人間同様、皮膚移植を受けることは出来るそうですが、莫大な費用がかかります。)

近辺では、子犬の譲渡率は100%ですが、猫は、健康で綺麗な子猫でも、せいぜい1割しか譲渡に至っていません。土地柄的に漁業が盛んなこともあり、猫害獣意識の強いところです。(静かで美しいグレーのロシアンブルーの生後2ヶ月未満の子猫も、人懐こくて白猫ブルーアイという珍しい色のひなたの兄弟達も皆、譲渡に至らなかったくらいです。)
木陰はケガだけでなく、あまり人なれもしていません。
地元でハンデのある猫を預かっているボランティアさんはおられますが、ハンデのある猫は1匹も里親は決まっていません。

よって、里親募集は無理です。

自分も3匹となると労力的にも金銭的にも苦しいので、良い里親に出せたらそれに越したことはなかったのですが、これは無理だとあきらめて自分で育てることにしたわけです。

そんなわけで、こちらの地域では里親は無理だと判断したわけですが、もし他の地域でハンデのある猫が譲渡されたという話をご存知の方がいれば(カナダに譲渡された上顎のない犬はいたそうです)、聞かせていただくと嬉しいです。今後の動物愛護に希望が持てます。
kizuato1.jpg

kizuato2.jpg

コメント

蒼い鳥さんこんにちはv-237

こかげちゃん、唇が痛々しい。。。v-292

でも、八割れの愛らしい顔をしてますねv-351

八割れは日本では鉢割れとも言いますが、私は縁起のいい末広がりの八を信じます。

ん~どうなんでしょうかね。。。

私なら、引きとったら必ず愛情を持って家族に迎えますね。容姿なんて私は気にしませんが、それは蒼い鳥さん同様、「自分の気持ち」だから確信できるものなので。。。

譲渡するとなるとそれなりに知った相手か定期的に様子を伺える方でないと後が心配ですよね。。。
人間の嫌な部分を知り過ぎてるからこそなのですが。。。(苦笑)

八割れこかげちゃんv-363私は大好きですv-347

自分のペットとしてや、飾りとしてや、癒しだけを求める人間でなく、心から動物を愛する方ならきっと大切にしてくれるのではないでしょうか?
一度消えかけた命の灯を取り戻したこかげちゃん。そしてもう一度命の灯を灯らせた蒼い鳥さん。こういう心の人間がたくさんたくさん増えたらいいなv-354

それから、ハンディのある子の譲渡に関してですが、滋賀、京都辺りの行政を見ていると、譲渡対象から外されてしまっているようです。
譲渡対象にしても、希望者がいない前提のような気がします。

命や動物に対しての差別が無い人の目にはとまるはずだと思うのですが。。。

私も一応滋賀県の保健センターに、貰い手のなさそうな子がいたら一報くださいと言ってありますが、連絡なしです。
八割れの猫は縁起が悪いという話、聞いたことがありました。
そういうふうに言われてしまう猫は気の毒です。
でも、末広がりの八はいいですね!

> 私なら、引きとったら必ず愛情を持って家族に迎えますね。容姿なんて私は気にしませんが、それは蒼い鳥さん同様、「自分の気持ち」だから確信できるものなので。。。

そうです、その通りで、自分の気持ちだから分かることなんです。

irieさんは、「一番譲渡されないであろう猫を譲ってください」と管理センターで言い、実際にもらってきた人だから、容姿は気にせず迎えると言われると思っていました。
しかし、一般にはなかなかそういう人がいないのです;
秋に譲渡会を見に行ったことがあるのだけれど、子犬希望として、1匹の子犬に50人くらいが手を挙げる中、脚の悪い子犬だけは誰も希望せずに最後まで残ってしまいました。あの子はどうなったのだろうと思い出してしまいます・・・

> 譲渡するとなるとそれなりに知った相手か定期的に様子を伺える方でないと後が心配ですよね。。。
> 人間の嫌な部分を知り過ぎてるからこそなのですが。。。(苦笑)

そうなんですよね。その場の勢いだけで引き取ったんじゃないかとか、本当に可愛がってくれるのかとか、もしや最悪、虐待されてやしないだろうかとか、色々と考えてしまいます。どうにも、知らない他人が信用できないというのもあり。

> 八割れこかげちゃん私は大好きです

ありがとうございます。
irieさんのような方なら心配がいらないのですが。

> 自分のペットとしてや、飾りとしてや、癒しだけを求める人間でなく、心から動物を愛する方ならきっと大切にしてくれるのではないでしょうか?

そう信じたいです。

> それから、ハンディのある子の譲渡に関してですが、滋賀、京都辺りの行政を見ていると、譲渡対象から外されてしまっているようです。
> 譲渡対象にしても、希望者がいない前提のような気がします。

確かにこちらでも、行政主催のものでは今までに1匹しか見かけてないです。けれども、ボランティア団体主催のものでは全く譲渡に至っていないという。だけれども、数自体が少ないから本当に希望者がいないのか微妙なところです。

> 命や動物に対しての差別が無い人の目にはとまるはずだと思うのですが。。。

少し考えてみます。

どうもありがとうございます。
私はこかげちゃんが 痛みを感じないで自分でご飯を食べれるなら問題無いと思います。
響さんは色々大変でしょうが・・・><

あのひなたちゃんのすぐ後ですからね・・・
まさかですよね。

私も保護してたら 見捨てられないです。
響さんに見つけて欲しくて (前の文で出会う人の話してましたよね?)「縁」があったのだと思います。

心からお礼を言わせて下さい。m(__)m
有難う御座います。e-265
雪凪さん、おはようございます。
もうゆっくり歩けるまで回復したとのこと、本当によかったですね。
傷はかなり痛々しいですね……
私はこれまで動物の譲渡のことも知りませんでした。
それに、ハンデがある動物は本当に不利なんですね。
こかげちゃんにとっては、雪凪さんのところにいられたら
一番幸せになれるにちがいないでしょうが、
雪凪さんに大きな負担がかかってしまっては……
関係のない私にはうまく言葉にできないのですが、
とても難しい問題ですね。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
↑なんかどうかな‥と思って鍵コメにしてしまったんですけど、別に鍵コメじゃなくてもいいかもです^^ヾ
(。-ω-)ノあい
あっしに飼いきれるだけのあれやこれやがあれば、1も2も無く引き取るんですがねぇ...( = =) トオイメ
財政的なものを抜きにしても、どうにも生き物を飼いきる自信がないのが辛いところです。
> 私はこかげちゃんが 痛みを感じないで自分でご飯を食べれるなら問題無いと思います。
> 響さんは色々大変でしょうが・・・><

そうですね、それが一番大事ですよね。

> あのひなたちゃんのすぐ後ですからね・・・
> まさかですよね。

こんなタイミングでくるとは思いませんでした。
ひなたの前に、犬ネコどっちでもいいから拾うようなことがあれば育てようと思っていたのだけれど、そのときは来なかったわけで。でも、こういうのも縁なのかもしれないですね。

なつさんもたくさん保護しておられる、見捨てない人だと思います。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

事故後のこかげを見つけた人は「お願いします」と書いてダンボールに入れてあったわけだけれど、発見してすぐに病院に連れて行っていて欲しかったと思いました。幸い助かったけれど、下手すると命にかかわる状態でしたから。
傷は痛々しく、まだ治るのには時間がかかりそうで、ひなたとも遊ばせられないでいます。

ボランティアだけでなく、各自治体でも、犬ネコ譲渡が行われています。
昔は、当時多かった野良、飼い主に捨てられた犬ネコ、ブリーダーが商品にならないからと遺棄した犬ネコまで全て殺処分でしたが、今は、少しずつ、譲渡会が行われるようになり、捨てられた犬ネコに生存の機会が与えられています。
それでもまだまだ、全てが助かるわけではなく、死なされてしまうものも多いのです。

現在、こかげはどうするのが、こかげにとっても自分にとっても一番いいか考えているところです。
難しい問題だとご理解いただきありがとうございます。
ありがとうございます。

その掲示板、以前に見たことがあり、それも考えました。
やはり、自宅には訪問してみないとどうなのか心配なところですから、近くがいいと思います。
里親詐欺も時々聞くから、それが一番心配で。

猫ねえさんなら、友人の友人にいるから、その人のところというのも考えました。

もう少し考えてみたいと思います。
ハンデは気にされないということ、嬉しく思います。

動物と暮らせるかどうかは財政だけではないですよね。
生活形態・仕事・家庭環境色々と考えなくてはならないところだと思います。
てきとうに引き取るよりは慎重なほうがいいと思います。
最後のハートマーク 割れてるTT
ごめんなさい。ハートのつもりが^^;
 
すみませんe-259
あ、本当だ。言われて気が付きましたww
写真みて、小福と木陰ちゃんが似ていて驚きました。

うちの小福も捨て猫で私の職場にいたところ店長に保護され私がつれて帰ってきました。
今は飼い主とペットではなく私の大切な息子です。だから早くこの辛い事から助けてあげたいです。
小福さんも捨て猫だったのですね。

僕も、飼い主とペットという言葉は好きではありません。
同居する生き物は家族だと思います。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
初めまして。コメントありがとうございます。

譲渡会で引き取った後すぐに、事故にあった子猫に出会うという偶然でした。
現在の愛犬も元捨て犬でしたし、イナカの河川敷付近ということもあるのでしょうが(人通りの少ない水の傍は捨てられる動物が多いらしい)、よく出会うと思います。

お気遣いありがとうございます。とても嬉しく思います。
でも、現在のところ何とかやっていけそうですので大丈夫です。

そのお心のぶんは、地元で頑張っている犬猫ボランティアさんなどに協力されると喜ばれ、気の毒な動物達が助かると思います。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
応援と登録ありがとうございます。
犬ネコ生活、楽しく頑張ります。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/700-01e7cbd3
<< モシュコフスキー20-2 | TOP | 自分で面倒を見ることに >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。