動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で面倒を見ることに

事故にあった子猫、治りつつあって、昨日の夜、皮と血の塊がはがれ落ちたのだけれど、やはり下唇から顎の肉が削げ落ちていて無い。切れてるとかならまだしも、まるごとないものは再生は不可能だろう。

性格的にも野良ほどではないが人に懐いてもない。健康な子猫でも譲渡率1割ほどの地域、譲渡はムリだろうし、正直、知らない他人は信用ならない。絶対に大切にしてくれるという保障がない。何かあった場合に預かってもらえる所は2ヶ所知っているから、それまで自分で面倒を見ることに決めた。

名前は「木陰(こかげ)」。まだケガをしてナーバスになっていることを差し引いても、よく懐いていて好奇心旺盛で小魚のようにぴちぴち飛び跳ねている「日陽(ひなた)」とは対照的に物静かな性格のようだ。

hinatakokage.jpg
ひなた「ねぇ、ったらねぇ!」 こかげ「しらん」

凪は気にしてないようだったが、こかげの方は凪を少し怖がっていることと、それ以上に、ひなたがこかげに対してあまりにうざいからw完治するまでは一緒に出来そうにない。

それにしても、土日はあまりに疲れて、月曜も帰って世話が済むとほとんど寝ていた。夜どうしても気になって目が覚めるのが原因。実際にケガをした動物の世話をされたことのあるirieさんが「文章で書く以上に大変」と書かれていたけれど、全く本当に疲れた。こういう経験は初めてということもあり、睡眠不足と気疲れである。

しかし、苦労が実って、こかげの回復は目覚しく、

1日目朝・呼吸が浅く、触っても無反応、血が出ていて、ほとんど瀕死状態(安楽死をも覚悟して病院に連れていった)病院での治療後、起き上がる(看護師さんも驚いていた)。口に食べ物を流し込むと口を動かす。

2日目夜・起き上がりゆっくり歩き、自力で飯を食べる。

3日目夜・皮と血の塊が剥がれ落ちる。

今日・傷口のべたべたした汁が止まり、治りかける兆候を見せる。


というように、こかげも僕の体力も回復しつつあるので、そろそろピアノ再開します。
予定変更として、

モシュコフスキー20と、クレメンティ前奏曲と音階練習曲集を平行してやっていたところを、まずモシュコフスキー20に絞ってやることにした。結局どっちか1曲づつしか練習してないから、同時進行する意味がないと思ったからだ。あとは、フランス組曲、それから、以前選んでいた曲をぼちぼち。

以上、状況報告でした。

コメント

こかげと言いますか。。
丸くなってるからかひなたがちょと大きい感じに見えますね。。
こうして写真で見る限り思った以上に元気そうで良かったです。
何となく予想していた展開に・・・
こかげちゃんが順調に回復されているようで、何よりです。
雪凪さん、かなりお疲れのようなので、こかげちゃんが元気になってほっとされて、倒れられませんように。

いやぁ、急に賑やかになりそうですね。私の友人で、ネコちゃんを多分常時8匹くらい飼っている人がいまして。いろいろ大変そうではありますが、ネコは遊び仲間がいて楽しそうです。犬も1匹いました。ついでに(笑)ご主人と思春期の息子も。

ひなたくんは元気者で、遊びたくてしかたないのかもしれませんね~ こかげちゃんも、元気になったら一緒に遊べるといいですね。
ひなたが2ヶ月ちょっと、こかげは病院で3~4ヶ月と言われました。
頭の大きさで見ると不自然であるように、こかげは骨と皮なんです。
元気なひなたがよりしっかりと見えます。
疲れました。今日は休みなので、しっかり休みます。
疲れたかいがあって、こかげが回復しているのが幸いです。
ただ、昨日は、こかげが思い切り服の上に”おもらし”してw
そういう猫はほとんどいないとのことで、こかげはまだ精神的にもダメージがあるようです。

> いやぁ、急に賑やかになりそうですね。私の友人で、ネコちゃんを多分常時8匹くらい飼っている人がいまして。いろいろ大変そうではありますが、ネコは遊び仲間がいて楽しそうです。犬も1匹いました。ついでに(笑)ご主人と思春期の息子も。

大家族だと、皆が元気だと楽しそうですね。
こかげが心も身体も元気になってなれると、ひなたも凪も楽しくなるかなーと思います。
雪凪さん、本当に大変だったのですね~‥
今は少しは眠れますか?お身体いたわってください。

顎の肉がないのですか‥痛々しい‥
でも、ごはんは食べられるのですね。
何とか元気になってほしいですね‥

ひなたちゃんは好奇心旺盛なのですね^^
手を差し入れてちょっかい出してるのが可愛い(笑)
でも、木陰ちゃんはまだ安静にしてた方がいいですね。
元気になりますように。
ありがとうございます。
こかげの回復とともにだいぶ落ち着きました。
こういうことに対するなれの問題もあるのでしょうね。
僕は心配で自分まで蒼白になって病院に行ったのだけれど、やはり治療になれた医者や看護婦は冷静で、また、普段からケガした子の面倒を見ているボランティアのおばちゃんも、もっと大きく構えていられると思います。

> 顎の肉がないのですか‥痛々しい‥
> でも、ごはんは食べられるのですね。
> 何とか元気になってほしいですね‥

下あごは痛々しいけれど、口の中は、歯が折れてはいるものの、食べ物は食べられるのが幸いです。
口から食べ物を食べれるかどうか、というのは回復するかしないかの大きな境目というだけあって、回復自体は早く、ほっとしています。

あとは、こかげはリハビリのために歩かせたいところなので、ばかひなwがこかげを激しく遊びに誘うのを見張っていなくてはというところですw
また、監視員になることにw
雪凪さん、こんばんは。
こかげちゃんの写真に驚きました。
まだまだぐったりしているのかと想像していたものですから……
雪凪さんの手厚い看病で、こんなに快復したんですね。
こかげちゃんは、雪凪さんのところに来たからこそ助かったんでしょうが、
きっと治療費も高額だと思いますので、ご負担が大変ですね。
ひなたちゃんはあっという間に馴れちゃったんですね~
凪ちゃんも、このところの急な変化に動じていないみたいですね。
1日目、2日目、3日目と全然違う状態と言っていいほど回復していきました。

最初に瀕死状態での治療のあとに、こかげが顔を上げて身体を動かしたときは看護師さんも驚いていたくらいで、すごい生命力だと思いました。2日目に病院に連れて行ったときは、初めてニャーと鳴き、昨日まで見えてなかった目が見えていることを確認したという回復ぶりだったのです。
ただ、まだほとんど動かないので、ひなたとは一緒に遊ばせられません。

病院は、新しく出来た近くの病院に行ったのだけれど、治療費は思ったより高くなくて、良心的な病院でした。看病の仕方も丁寧に教えてもらい、いい病院だったから今後リピートしようと思います。

ひなたはまだまだ子猫ということもあり、好奇心旺盛すぎて困ってるのですが、凪の物怖じしないところには本当に助かっています。
大変でしたね・・・でも助けて下さって有難う御座います。このまま回復すると思います。
本当に ひなたちゃんのすぐ後でしたね。
里親さんを探すには難しいでしょうか・・・
「縁」があったのでしょうか・・^^
私も同じ事をしたと思います。お疲れでしょうが 頑張って下さいね。^0^v-222v-424i-101
おひさです♪
うちの牛舎に猫が住み着いているのでちらっとコメント
美しい猫さん達ですね。ひなたちゃんは眼が澄んでいる!
からだを洗うのは至難の業です。土の上でゴロゴロ転がるうちの野生児達。
いつも猫に癒されてます。(ちなみに4匹かわいがっています)



雪凪さん、ほんとうにお疲れ様です。
睡眠時間も削るような献身的な看病の効果があって、順調に回復しているのですね。
瀕死状態からよくここまで来ましたね。
よかったよかった。

回復したら里親さんを探すのですか?
なんだかこのまま家族になっていきそうな・・・予感がしますけど(笑)
こかげの体力は回復するものの、里親探しはまず不可能と思います。
次回画像を載せますが、回復不可能なひどい傷があることと、土地柄的に猫は害獣扱いであり、譲渡率が非常に低いことがあります。

> 私も同じ事をしたと思います。お疲れでしょうが 頑張って下さいね。^0^v-222v-424i-101

ありがとうございます。
なつさんも同じことをした、そうだなあと思いました。
お互い、青い目の白い子猫の世話といいw頑張りましょう。
お久しぶりです!名前を見て驚きました!
探してきてくれたのですね。

猫はあまり水を好かないようですね。

猫たちが外で遊べる土地のある環境というのはいいなと思います。
うちの外は、すぐ道路なので車にひかれてしまいます。
ありがとうございます。
こかげの体力はどんどん回復しています。ゆっくり歩くことくらいは出来るようになりました。

> 回復したら里親さんを探すのですか?
> なんだかこのまま家族になっていきそうな・・・予感がしますけど(笑)

それが、回復不可能なひどい傷があるため、里親探しは不可能と判断しました。
本当はもらってくれる良い人がいれば一番いいのですが、ちょっと今回は残念ながら無理そうです。
はじめまして。我が家の猫小福も事故で同じように下顎の怪我をしています。
病院で入院治療してます。
ご飯が自分から食べられないくらいのひどい傷で治らないと言われました。

これからは私が食事を与えなきゃならなくなりました。

いつか自力でご飯が食べられるようになることを祈っている所です。
はじめまして。コメントありがとうございます。

病院で入院とは、木陰よりひどい傷のようですね。
木陰で3日ほど経験しましたが、毎日スポイドで食事を与えること、大変だと思います。
少しでも回復されるよう祈ります。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/699-368124a6
<< 子猫の傷の状態(ケガや血の苦手な人は「続きを読む」を見ないで下さい) | TOP | 嵐が去って、また一難 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。