動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犬部!」連載開始&はじめてのともだち

週刊少年サンデーにて、「犬部!」連載ということでミクシで紹介してきました。

昨日ミクシのコミュに投稿したもの

「週刊少年サンデーで、片野ゆかさん原作の「犬部!」が今週号から連載されています。いきなり殺処分の話が書かれていて、内容も譲渡会のことでした。このような人気漫画雑誌で殺処分という現実が描かれるのは画期的なことです。

ただ、サンデーは大変な人気雑誌であり、人気漫画・人気漫画家の宝庫のような漫画誌であり、また、冒険・ファンタジー・スポーツなどが主流な少年漫画誌で、残酷な現実のことを描いた漫画が生き残るのはもしかしたら厳しいかもしれないと思います。

雑誌の最後にアンケートが載っています。このアンケートにより、作品が継続するかどうか決まります。サンデーを買うか立ち読み(本誌の最後の応募コードを見て応募出来るwebアンケートもあります)して、アンケートに答え、作品を応援しませんか?

このような人気漫画誌で殺処分のことが描かれるということだけで、多くの人が殺処分の現実を知ることになります。この作品が継続することで与える影響は大変大きいと思います。」

今週号からサンデー毎号買います。
(この間、なぜか意外だと言われてしまったが、漫画は結構好きです。ちなみに、サンデーの中では「DEFENCE DEVIL」が好きで、単行本で読んでいた。)


それから、号泣した動画を紹介。泣きすぎて、次の日まで目が痛かったww
ヒャダインさん、以前、ドラクエのライアンとホイミンの歌で知ったのだけれど、作画と歌詞と歌、相変わらず素晴らしい。この声もすごいな、男でこの声が出るのか!
レインコートが黄色なところ、腕枕で眠るところ、凪もそうだなと思って凪とだぶった。また、この犬の絵の動きがリアルで可愛い、犬の魅力を良く知っていると思う。確認するために画面を見ようとしたら、また泣けてきたww

コメント

動画、可愛い歌なのになんで泣くの?と思って見始めましたが、、、号泣しました~~笑 ついでに関連動画に出てた犬側からの歌詞がついた同じ方の曲も聴いて、「ぼくは平気だから」にまた号泣… 雪凪さんが大泣きするのも分かります。

サンデー連載の件も、ちょっとびっくりですね。マスコミも捨てたモンじゃないですね。若い方たちの方が影響が大きいと思うので、連載続けられるといいですね。
こんばんは。さと子です。
泣けてしまいました……
二回は見られないですね、辛くて。
私は犬を飼ったことはないのですが、昔セキセイインコを飼っていました。
今もしょっちゅう思い出します。
つい先日もその子の夢を見て……目が覚めて、あの子は本当に幸せな一生だっただろうかと悩みました。
もう三十年以上も前のことです。

凪ちゃんの記事をお読みすると、いつも小鳥のことを思い出します。
犬と小鳥ではきっと大きな違いがあるかもしれませんが……

漫画雑誌のことは全く知らないので、こうして教えていただくと
未知の分野にも興味が湧いてきますね。
とても泣かされてしまったこの動画ですが、僕は実は最初のほうがより泣いてしまいましたw
なんというか凪のくれたものに対する恩恵というかそういうものが重なって。

犬側の曲も聴いてました。お互いのことを最初に想いあっている、美しいです。

> サンデー連載の件も、ちょっとびっくりですね。マスコミも捨てたモンじゃないですね。若い方たちの方が影響が大きいと思うので、連載続けられるといいですね。

そうですね。幸いなことにマスコミも少しずつ、報道してくれつつあると思います。
金曜夜の連ドラの「犬を飼うということ」でも生々しい現実を伝えてくれていますし、頭数の減少からしても殺処分がなくなるまであと5年くらいだとみています。
動画最初から最後までとても泣きましたが、僕はどちらかというと、想いの美しさに涙したという感じでした。
誰も信じられずひとりぼっちのところに、無垢な犬が顔をなめ、主人公が心を開くところが一番たまらなかったです。

> 凪ちゃんの記事をお読みすると、いつも小鳥のことを思い出します。
> 犬と小鳥ではきっと大きな違いがあるかもしれませんが……

小鳥はさと子さんにとってとても大切な家族だったのですね。
人間という種族から遠くなるほどに共感やコミュニケーションが難しくなりやすいものなので、小鳥にそれだけ思い入れられるというのはとても素晴らしいと思いました。

さと子さんは漫画は読まれないのですね。
うちでは、母親が元漫画家志望だったもので、母親の描いた漫画やイラストを含め、子供の頃から大量の少女マンガが家にありました。
読んで見ると何でも面白いなと思います。何もかもにハマってしまうとピアノ出来なくなりますがw
私も泣いてしまいました‥
チャピの前に飼ってた犬が柴犬で、その子のことを思い出しました。土手を歩くシーンで、ああ、こんなとこ歩いたなぁ~‥なんて。見つめ合って笑い合うシーンとか、そうそう、ほんとにこんな感じ、とか(笑)
犬と心が通じ合うのは本当に素晴らしいですよね。どうしても犬の方が先に死んでしまうのだけど‥
ともだちなんですよね、犬って。私はチャピのおかーさんだったりするけど、それと同時にともだち。
ぐりんさんの家の近くにもこのような土手があったのですね。
実はうちの近くにもこのようなところがあって、そこをよく散歩しているものでやはり動画とだぶってしまいます。先代が柴犬というところもまた同様で。

犬とはいろんな関係を同時に体験できると感じます。
わが子であり、ともだちであり、人生の良きパートナーであり、そしてソウルメイトであるといったような。
かけがえのない存在なんですよね。
いい絵ですね~、この動画。
愛犬を亡くして1年ちょっとなので、
すっごく分かるなあ。
この声、ホントに男なんですか?(スゲッ)
殺処分はもちろん嫌ですが、捨てる方が一番許せませんね。

やっぱり生活に犬がいないと何か穴が開いてるみたいで、
また飼いたいと思っています。
ただ、次はブリーダーやショップから買うのでなく、
できれば保護された犬を引き取りたいなあと。
只今画策中
ヒャダインさんは七色の声を持つと言われているそうです。
ニコ動画で有名らしい。
確かに男の声の歌を歌っているのを聴いたら男に思えるし、女の声の歌を歌っているのを聴いたら本人が男とは思えないです。

> ただ、次はブリーダーやショップから買うのでなく、
> できれば保護された犬を引き取りたいなあと。
> 只今画策中

いいですね!悲しい顔をした御犬がまた一匹幸せになると思うと、嬉しくなります。
保護された犬に対して偏見を持っている人もいるようだけれども、捨て犬・保護犬は環境が悪かっただけで本当は、かわいい良い犬ばかりなんです。捨て犬には要因があると思う人もいるようだけれども、本当は捨てた側に要因があるのですよね。
実際、凪も捨て犬だったけれど、とても賢い良い子だと思っていますw半分は親バカですがww
こんばんは!わっちです。

ヒャダインさんは知っていたのですが、
こんな曲があったなんで知らなかったです。
ヒャダインさんの曲では、
「スーパーマリオワールドで、ウエスタンショー」が好きです。
元気になれる曲ですよ。


話が変わって、先日また譲渡会へ行ってきました。

まず、結果は…というと、どのわんこも引き取ることができませんでした。
譲渡会に来ているわんこは、どの子もかわいい子達ばかりでしたが、
僕自身の考え方が、全くのダメダメ問題児。

家族となる子を引き取りたいと思いながら参加したのですが、
わんこ達を見ながらこんなことを考えていました。

「この子は、大きくなりそう…」
「この子は、女の子だし…」

引き取る気満々で参加したのですが、わんこ達を見ながら考えていると
段々と自分自身が愚かに思えてきて、何も出来なくなってしまいました。

殺処分される小さな命を救いたい…預かりたい…と譲渡会に行ったのに、
僕自身がわんこの「姿・形」で選んでいたんです。

僕たちが自分自身の容姿を選べないのと同じように、
わんこ達も彼ら自身の容姿好きなようになんて選べません。

僕がただ「好みの容姿」でないと思ってしまっただけで、
このわんこの命が消えて行ってしまうかもしれない…。
そう考えれば考えるほど、段々僕は一体何をしているのか分からなくなり、
かなりの動揺してしまいました。

恐らくその様子を見たんだと思うのですが、係員の方に声をかけていただきました。

「どの犬の命も平等なはずなのに、僕が犬の命を容姿で選別している」

動揺していたのもあって、こんな感じでストレートに伝えたと思います。


その時、言っていただいた言葉が印象的でした。

「捨てられる命、憎む相手はあなた自身ではありません。
それはあなたも分かっているでしょ。
いつかあなたにぴったりの一匹の子をここで見つけて頂くだけでも、
私たちには大きな意味があるんです。」


以前飼っていたわんこは、捨てられていると勘違いして飼い始めたので、
数いる種類の中から選んだわんこではありません。
選ぶ選ばないをも関係なく、容姿も関係なく、
ただ一つの縁で我が家の家族となりました。

それでも可愛くて可愛くて、老犬になってでも家族のような弟のような、そんな存在でした。


それが、譲渡会では容姿だけで命を選んでしまっていて…。


う~ん。なんだか訳の分からないコメントになってしまいました。
ごめんなさい(>_<)
ネット動画の世界には疎くて、ヒャダインさんのことはじめて知ったのですが、絵も曲(とくに歌詞)もすばらしいですね!
声は男性とは思えなかったけど。いろいろな声が出せる人なんですね。今度は男らしい声のものも聴いてみたいと思います。
この動画で一番好きなシーンは、犬と一緒にすやすや寝ているところ。
これ、NHKの「みんなのうた」なんかで放送したらブレイク間違いなしと思うんですが、いかがでしょうか。

少年サンデー、さすがにいまさら買って買おうとは思えないのですが(笑){犬部!}はちょっと立ち読みしてみようかな?
少年誌は人気投票(読者アンケート)の結果が悪いと話の途中でも情け容赦なく打ち切られてしまうと聞きましたから、この作品がそんな憂き目にあわないように、ぜひ人気が出ますように祈ります。
ヒャダインさんのスーパーマリオ、見てきました。
濃い絵wも上手で、ギャグセンスもあるのだなと思いました。

> 僕自身の考え方が、全くのダメダメ問題児。

譲渡会の話、一生一緒に暮らす家族を選ぶのだし、第一印象では見た目も好みがよりいいに決まっています。
家族になったら、ブサ犬wでもそんなことはどうでもよくなるかもしれませんが。
「ダメダメの問題児」というのは、ペットショップで衝動買いして、その後捨てるような人のことと思います。譲渡会に参加してそういうことで悩むような人は問題児ではないと思います。

それに人の好みは千差万別で、わっちさんが好みでないだけで、その犬の容姿が好みという人はたくさんいると思いますし、たとえブサ犬wでも、世の中にマニアックな人はいるものだから、自分の好み=皆の好みではないから大丈夫だと思います。
譲渡会を見に行った感じ、大勢がより気に入りやすい容姿や、子犬から育てたいという願望が日本人一般にあるという傾向は存在するにしても、あくまで傾向です。
僕個人は、容姿でいうならば、とにかくでかい犬で、狼に似ているのが好みです。(ここですでにわっちさんとかぶってませんね。)
逆に、小さかったらぶちもように限ります!w(ぶち好きは凪に出会ってからのことですし、最初は凪のぶちを見たとき、「なんだこれは?変な模様!」と思いましたw)
そして、成犬にリーダーとして選ばれるほうが、犬バカとしては誇りに思えるから、成犬の方が好きかなあ。
あと、メスのほうが縄張り意識が強くない傾向で好みですね。

譲渡会に出てくる範囲の犬は、もらい手があるだろうという予想の元につれてこられているわけで、もらい手がまず見つからないだろうという犬はボランティア団体でも、譲渡会には出せずに保護してあることも多く、それは、老犬だったり、フィラリア陽性や癲癇などの病気を持つ犬、譲渡会に出ても始終吠え続けたりおびえ続けるような犬ですね。
(でも、それでも老犬だから引き取り手が全く無いかというと、そうでもなく、亡くなったうちの犬にそっくりだ、などと引き取りを申し出てくる人もやはりいます。)

やはり命は平等とはいえ、病気があったり、老犬だったり、何かと問題のある犬だったりしたら、引取りに覚悟がいりますから、やはり、自分が一生大切に可愛がれると思う犬を、環境も好みも含めて選ぶことは間違っていないと思います。
やはり、人と人同様に、動物も心持つ生き物だから、相性とかもありますしね。

> 「捨てられる命、憎む相手はあなた自身ではありません。
> それはあなたも分かっているでしょ。
> いつかあなたにぴったりの一匹の子をここで見つけて頂くだけでも、
> 私たちには大きな意味があるんです。」

全くそう思います。そして、ペットショップとかではなく、譲渡会で選んでくれる、それだけでそれはもうとても嬉しくありがたいことだと!

> 以前飼っていたわんこは、捨てられていると勘違いして飼い始めたので、
> 数いる種類の中から選んだわんこではありません。
> 選ぶ選ばないをも関係なく、容姿も関係なく、
> ただ一つの縁で我が家の家族となりました。
>
> それでも可愛くて可愛くて、老犬になってでも家族のような弟のような、そんな存在でした。
>
>
> それが、譲渡会では容姿だけで命を選んでしまっていて…。

たとえ新しい犬を容姿で選んでも、ポッキーさんを老犬になって容姿が衰えたからと捨てることなどということはしなかったわっちさんだから、新しく出会った犬が家族になると決まったら、最後まで大切に面倒を見られるのだろうなと思いました。
> この動画で一番好きなシーンは、犬と一緒にすやすや寝ているところ。

そこも大好きです!凪の腕枕とたぶってしまって、そうそう!と共鳴していましたw

> これ、NHKの「みんなのうた」なんかで放送したらブレイク間違いなしと思うんですが、いかがでしょうか。

そうですね、そう思います。ユーチューブかニコ動画かどっちかのコメントでもそんなことが書かれていました。

> 少年サンデー、さすがにいまさら買って買おうとは思えないのですが(笑){犬部!}はちょっと立ち読みしてみようかな?

2週目のまで読みましたが、続きが気になりますw
なかなかいい話になりそうです!

> 少年誌は人気投票(読者アンケート)の結果が悪いと話の途中でも情け容赦なく打ち切られてしまうと聞きましたから、この作品がそんな憂き目にあわないように、ぜひ人気が出ますように祈ります。

まったくです!人気が出ますように、毎週アンケート書きます!
サンデー、他のにも目を通しているけれど、幼児虐待の話が連載されていて、そういう社会福祉漫画が載るようになったのか!と驚きました。そういうテーマで漫画が描かれるとなると、日本の福祉国家への道も夢ではなくなってきているように思います。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/692-e26c4e0c
<< クレメンティ前奏曲と音階練習曲・ハ長調 Exercise | TOP | クレメンティ前奏曲と音階練習曲集・ハ長調と「古城」のリトライ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。