動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までの軌跡とこれからの予定(技術と教本編)

ピアノ・今までの軌跡とこれからの予定(技術と教本)

今まで自分の技術上達に貢献したと思う教本を「ピアノ歴」にメモしておくことにした。
また、今後しばらくは技術面に力を入れていこうというわけで、その予定も。

第1過程 バイエル
第2過程 ブルグミュラー25
第3過程 ソナチネアルバム1
      ツェルニー30番程度の難易度の曲(ツェルニーをしないかわりの選曲であり、ブルグミュラー18などから抜粋もした)
      中級程度のリクエスト曲やバイエル併用ドラクエ曲(バイエルレベルでは全くないものが多かった)

中心となるものとしてはこんな感じに進めてきた。
バイエルとブルグ25は、1周目に弾き逃げしたことを反省して2周した。

第2過程に値するものでは、ツェルニー100も31までしたけれど、それはソナチネが終わる頃、つまりツェルニー100の序盤が易しく感じる頃に弾いたために技術上達に貢献した教本には入れていない。
第3過程の技術面はとりあえず卒業にしたのは、その終わりのあたりに値するモーツァルトソナタKV.545の1楽章がいつも音源アップしている程度の完成度で弾けたからである。

そして、現在から今後にかけて、

第4過程 バッハ「フランス組曲」、クレメンティ前奏曲と音階練習曲(24調の練習)、モシュコフスキー20、ベルティーニ OP.29(24曲)、ベレンス40(前半)

と行こうと思う。王道であるツェルニー40番とソナタアルバムは続けられない・飽きる、そしてピアノが嫌になるのが想像つくので省く。最近知ったベルティーニは、第3過程に「25のやさしい練習曲」があるが、これは第3過程の頃にやっていればよかったと思った(当時知らなかったからしょうがない)。最近、この25の練習曲をやっていくと書いたばかりであるが、やはり今は、OP.29に挑戦するほうが技術アップすると思い、モシュコフスキーなどがある程度進んだら(もしくは終わったら)手をつけていこうと思う。
フランス組曲の難易度はかなり散らばっているが、第3過程の時点で、インベンションを1曲しかしてないので、易しめのがあることはむしろ丁度いい。


あと、まだまだ先の話だけれど、
第5過程 クラーマー・ビューロ 60の練習曲
     モシュコフスキー 15の練習曲
     ベルティーニ OP.32(24曲)
     ベレンス40(後半)
などを予定している。

現在、エレクトーン歴7年(ホルンやキーボードの経験もあり)から独学ピアノに移行して、2年8ヶ月。
多声の曲(基本バッハがそれにあたるが、バッハを弾くための練習になるというモシュコフスキー練習曲にもある)がきついと感じたり、右手が広がらなくて、昔突き指した右手小指がメキメキいったりもしている(痛みはない)が、なんとかクリアしたいと思う。

追記・4月29日、ベレンス40を書き忘れていたために、付け加えました。 

コメント

どうも。
もういおりんじゃなくなってる!!w

モシュコフスキ15に行ったら
ショパンのエチュード行けますね。
つい最近に100番一緒にやってたかと思えば
もうそんな彼方に行ってしまって・・・w
まぁ、100番は記事中にも書いてあるように
いおりん?w のレベルでは無かったですよねぇ。

方向的にロマン派では無いですけど
その辺はお考え無いんでしょうか?
近辺のレベルだったら良いの沢山ありますよ。
フォーレのバルカローレとか好きそう。

エチュード行けるですって!!
そいつは楽しみだ♪
o(^o^)oウキウキしながら待ってます☆
ああ、そうですねwいおりんじゃなくなってしまいましたww

> モシュコフスキ15に行ったら
> ショパンのエチュード行けますね。

シュナちゃんも、どういうふうに進んでいくとかチェックしているのですね。

> まぁ、100番は記事中にも書いてあるように
> いおりん?w のレベルでは無かったですよねぇ。

100番序盤は、何度か弾いたら仕上がってしまっていたために、する時期が遅かったのだと思います。
でもだからといって、ブルグ25の頃にやったときは、曲が好きになれず中断したんですけれどねww

> 方向的にロマン派では無いですけど
> その辺はお考え無いんでしょうか?
> 近辺のレベルだったら良いの沢山ありますよ。
> フォーレのバルカローレとか好きそう。

ジャンルの方向性ということかな?
そうだなあ、どの作曲家からも、弾きたい曲が2~3曲あって(フォーレのバルカローレも聴いてみたら、左手ピロピロの4番がかっこいいのと、あと渋めの7番が好みでした。)、その中で多いのがベートーベンとかブラームスかなあ。でも、特にブラームスは超絶技巧のものに好きなものが多く、方向定めたところで、そうとう後でないと弾けなそうですが;一番好きなハンガリアンダンスシリーズはキーシンがピロピロやっているようなやつですしねw

うーん、あえていうなら、方向性というか、派の立ち位置はバリバリの古典にもなれず、ベタベタのロマンにもなれないという位置でしょうか。
ソナタアルバムからも何曲か抜粋して弾くのならいいのだけれど(ハイドン・モツ・ベト、それぞれに気に入っているのはある)、1冊丸ごと教本代わりにするのは避けたいなというところなんです。ソナタは曲長いですし。練習曲は短いから、ある程度は割り切って弾けますが。
ベタベタのロマンにはなれないというのは、どうも、ロマン派風味代表w(?)のようなノクターン系は胸焼けがする感じがするときがあるからですw演奏の仕方にもよりますけどね。

ここには、曲のことは書いてないけれど、そんな感じで平行して時々弾いて行こうと思っています。
BJさんはショパンエチュード好きなのですね。

ショパンエチュードで特に気に入っているのが、25-2と25-12(大洋)と、黒鍵だから、それは弾きたいなと思っています。

いつになるかは分かりませんw;
こんばんは。さと子です。
まだまだ初心者の私がコメントするのは気が引けるのですが、
大変興味深く読ませていただきました。
バイエルとブルク25は二回もされたんですね。
雪凪さんくらいのレベルに達そうと思えば、
それほどの根気が必要なんですね。
これからの予定に上げられている曲集はほとんど知りません。
こうして書いていただくと、上級のかたがどうやって
進んでおられるのかよくわかって助かります。
それにしても、雪凪さんはピアノをずっと独学でいらっしゃるんですよね。
独学でもこれほど上達されるとは、後続のひとたちの励みになりますね。
知らない曲集のことばかり出てくるものを興味深く読んで頂き、ありがとうございます。

バイエルとブルグは、1回目があまりにも適当にしてしまったので、2回分で1回でしかない感じです。
譜読みだけが速くて、譜読みが終わったら次に進む状態でした。
最初から丁寧に弾いていれば1周で十分だったと思い、今は出来るだけ丁寧に仕上げるようにしています。

この軌跡と予定は、ツェルニーをやる人々だと、ツェルニー100(第2過程)、ツェルニー30(第3過程)、ツェルニー40(第4過程)、ツェルニー50(第5過程)、のように進んでいくのでしょうが、なんせ僕はツェルニーがどうしても受け付けないために、それ以外の選択肢でやってきました。
なのでツェルニーが好きでない人のための練習曲選びとして、特に参考になるかもしれませんww

> それにしても、雪凪さんはピアノをずっと独学でいらっしゃるんですよね。
> 独学でもこれほど上達されるとは、後続のひとたちの励みになりますね。

好きで続けてきたことが、誰かの励みになると思うと嬉しいです。
たぶん、僕は独学が向いているのだと思います。色々調べたり、より自分の好きな教本・曲を探したり、参考になる演奏を聴いて、自分のと聴き比べて研究したりするのがとても好きなのです。
そして、続けるポイントは、その計画が嫌になったら即、方向転換をするということだと思っています。
無理してツェルニーを続けようとしていたら、ピアノ自体やる気をなくしていたかもしれないです。
はじめまして。Lisaと申します。
大人になってからピアノを再開し、練習しています。
とても熱心に練習されてるご様子、
大変刺激を受けて私も頑張ろうと思いました(^^)
指の訓練と思って割り切ってツェルニーをやってますが、他にもいろいろな選択肢があったのですね。
モシュコフスキーは知っておりましたがベレンスとベルティーニは知らなかったです。
書いてくださったおかげで、また練習したい曲が増えました。
とても勉強になります。ありがとうございます♪


はじめまして。訪問とコメントありがとうございます。
独学で楽しくやっているピアノ練習ですが、刺激になるということで嬉しいです。

> 指の訓練と思って割り切ってツェルニーをやってますが、他にもいろいろな選択肢があったのですね。
> モシュコフスキーは知っておりましたがベレンスとベルティーニは知らなかったです。

日本ではツェルニーが主流なのだけれども、海外ではそうでもないようです。
海外ではその国によって他のものが色々と弾かれているようで、ベレンスやベルティーニも海外の動画がほとんどでした。ベルティーニは海外のグレードの課題曲になっていました。
最初は僕も練習曲はツェルニーしか知りませんでしたが、調べると色々あるのだなと楽しくなってきました。

> 書いてくださったおかげで、また練習したい曲が増えました。
> とても勉強になります。ありがとうございます♪

練習したい曲が増えたということ、嬉しいです!
こちらこそ、コメントありがとうございました!
こうやって順序だてて並べてもらえるととても興味深いです。

私はツェルニー派、ということでもないんですが、このままいくと30番の後は40番なのですよね~。楽譜もあるんですが、こういろいろなものを見ちゃうとなんだかムズムズしますねw

それより、30番が終わる気がしませんけれどもw

今やっているモシュコフスキの曲がとても素敵なので、将来モシュコフスキの練習曲はやってみたいです。希望を持って頑張っていこうと思いますw
こんばんは、わっちです。

全く知らない人々の作曲家の名前がたくさんです…。
ちなみに僕のクラシックの知識レベルは、
「ジャジャジャジャ~~~ン。」の曲(意味不明ですが)
がバッハなのか、モーツァルトなのか、あと誰だろ…名前すら分からない。
あ、ベートーベン! の、誰の曲なのかすら知らない状態です…。

雪凪さんが練習過程を書いていただけると、ピアノ練習の道しるべとして
僕はただひたすらに後を追うだけなので、とっても参考になります!


僕はちょっと話題を変えて、
雪凪さんがされていたという「ホルン」をネタに…(>_<)ノ

僕も学生時代は管楽器をしていたので、どうしても楽器を通してのイメージができてます。

ちなみに、ホルンを演奏する方の僕の勝手なイメージは…
①色白で指が長い。
②髪の毛がミディアム位。
③口数の少ない、クールな印象。
③カメラを向けると、ベルをはずして頭に乗せる。

なんて、勝手なイメージがあります☆
> それより、30番が終わる気がしませんけれどもw

30番、確実に進まれているのと、めめさんはピアノは止めないと思うから、そう遠くないうちに終わる気がしますよ。

> 今やっているモシュコフスキの曲がとても素敵なので、将来モシュコフスキの練習曲はやってみたいです。希望を持って頑張っていこうと思いますw

40番と平行してぜひぜひw
モシュコフスキ20はバロック的な練習とロマン派的な練習、古典派的な練習が混じっていて変化に富んでいて面白いです。なんだか、どのジャンルにも意欲を燃やされるめめさんにも合っているような気がします。
ジャジャジャジャーンはベートーベンの運命かなと思いました。
モーツァルトやバッハ、ベートーベンは、ピアノ練習曲や曲集の王道を行くとすれば、今知らなくても後で出てくるからそのときに自然にどれが誰の曲か特徴で分かるようになると思いますよ。

> 雪凪さんが練習過程を書いていただけると、ピアノ練習の道しるべとして
> 僕はただひたすらに後を追うだけなので、とっても参考になります!

ツェルニー嫌いな人の進む道という感じになってしまっていますが;
それでも参考になるなら幸いです。

> ちなみに、ホルンを演奏する方の僕の勝手なイメージは…
> ①色白で指が長い。
> ②髪の毛がミディアム位。
> ③口数の少ない、クールな印象。
> ③カメラを向けると、ベルをはずして頭に乗せる。

学生時代にはそういう方がホルンをされていたのですねww
これ、割と当てはまってしまいますw
でも、④はしないかなw
①は、指は手のひらに対しては長いほうという意味ではそうだけれど、手自体はあまりでかくないです。ピアノ弾くには手はでかいほうがいいな(そして柔軟なほうがいい)ときつい和音を押さえながら思います。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/684-080556e9
<< いつか弾きたい憧れの曲たち | TOP | 動物達にふりかかる人災 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。