動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の凪飯

忙しくて中断気味だった「凪との出会いから今までの連載」を早く終わらせてしまいたいところでもあるが、今日はたまには凪飯でも。紹介するほどのものではないが、見たいという人もいたことと、一応こういうものを食わせているということで。

手作りにする理由であるが、僕は日本のベット業界を信用していない。ほとんど規制がなく、売るためならどういうことでもする(出来る)状態である。そんなわけで、ドッグフードもわけのわからないものがたくさんある。この間までは、いわゆる枯葉剤が添加物として入っていたものもあり、その後リコール騒ぎがあったり規制がつくられたりしたものの、未だに、ホームセンターで売ってあるようなドッグフードは論外。賞味期限が長すぎる、添加物が多すぎる、大豆のカスがほとんどとか栄養的に疑問のあるものも多い。人間は食ってはいけないと書いてある。

もちろんドッグフードが全て悪いわけではなく、確かに、主にネットで買えるような「無添加・無着色・手作り」の材料が信用できるものはある。ただ、それでもせいぜい人間が食べるところの「カロリーメイト」であり、新鮮な食材には適わないと思っている。

手作り飯は、あちこちのサイトや本を参考に調べて始めた。
たいしたものじゃなくていい。毎日栄養が偏らぬよういろいろと食わせて、凪が喜んでくれれば。
僕はヴィーガンだが、凪には完全菜食は合わないと思うから、動物性たんぱくを与えている。

nagimesi1.jpg
今日の凪飯。
白飯・小松菜・クルミを細かく刻んで、無塩バターで炒め、鰹節を混ぜる。
小あじを骨まで柔らかく煮て味をつけてないという犬用の食材が売ってあったために、それを上に乗せる。
2日ぶんまとめて作っておき、次の日に小あじを乗せるだけにしたものが左。
鰹節には塩分があるが、犬は塩分ゼロでも良くないからむしろ丁度いいと思う。
(参照・塩分と犬、ドッグ・アクチュアリーの京子アルシャーさんの記事)

まあ、こんな感じで適当に作っている。2日おきにメニューは違う。

小あじもここのものである、お勧めの犬のおやつの店の1つ、シンセイ産直ネット。おやつには、ここの「棒たら」というのがとても良い。歯は綺麗になり、そこそこ硬いので時間をかけてかじれる、魚をまるごと食べるから栄養の偏りの心配もしなくてよい(犬に必要なカルシウムが豊富)、無添加・無着色・味付けしてない「棒たら」である。また、棒たらは値段が安い。(小あじは高い。)

nagitomesi1.jpg
座って待っている凪

sutobnagi1.jpg
いつまで「ストーブ犬」なのか。ダブルコートのくせに。

horn1.jpg
以前紹介した、野菜に付いていた”かたつむり”のホルンも健在。大人になった。殻の入り口に「返し」が出来、これ以上は成長しないようだ。

コメント

わんこ記事にはすぐ反応しますヽ(^o^)丿

凪飯…。すごいですね!
自分自身のご飯を作るのも大変なのに、毎食手作りのご飯が食べれるようにするのは、かなり大変だと思います。うちのわんこには、普通にドライタイプのドックフードに缶詰タイプを混ぜて、何の疑問もなく与えてました。

話は変わるのですが、子ども時代で何年前になるのか忘れたのですが、テレビで獣医の特集を見たことがあります。喜ばしい内容の番組ではなく、悲惨な現状を伝える番組でした、動物達の治療には人間が使うことができるような薬は使わずに、びっくりするような方法で治療をするという内容。

ちょっと生生しい話になりますが、よく覚えているものの一つに、皮膚上に怪我をしてしまった際の治療の仕方。例えば、皮膚がはがれてしまうような怪我をしたとき、使う薬は「接着剤」という内容でした。

それを見てからは、獣医というものが怖く感じるようになってしまいました。

たまたまかかりつけとなった獣医は、僕のこの不信感を時間を惜しむこともなく耳を傾けてくれて、また十分に治療について説明していただけました。幸い、わんこには怪我など重大な病気にはかかることはありませんでした。そして老犬となってからは、再びその獣医にお世話になることができました。動物の医療の世界も、必ずしも信頼できるとは限りませんね。

それと、もしかしたらまた「わんこ」を家族の一員として迎えるかもです。

雪凪さんのブログで、「処分される犬」について語られているのをみて、命の現状を知ることができました。今までペットショップで売られていた、かわいい子犬・子猫などの動物たち。現実は売れ残ってしまう子どももいるんですよね…。そんな子達がどうなるかなんて、全く意識したことがなかったんです。

僕の住んでいる愛媛県にも、動物愛護センターで譲渡会が行われているそうです。今の僕の家には、わんこ1匹なら十分に受け入れることのできる環境が整っていますので、今家族と相談中です。

正直なところ、家族は皆、引き取りたいという気持ちはいっぱいなのですが、譲渡会に行ったときに、もし怖めのわんこだとどうしよう…と考えてしまいます。その子を一目見て、もし受け入れないと決めた時、そしてそのわんこが誰にも引き取られなかったとしたら…と考えると、譲渡会に行くこと自体が怖くなってしまいます。

でもこう迷っているこの瞬間にも、たくさんの命が光を失っているんですよね…。

う~~~ん。もう少し時間をもらい、きちんと受け入れられるように気持ちを整理したいと思います。


長々と失礼しました(+o+)
青魚食いたくなってきた♪
手軽に鯖缶でも買ってきて豆腐と一緒に煮直そうかなぁ。。
鯖缶と言えば、あれの水煮くらいなら犬猫のご飯に使えるかしら。。ちょい塩強すぎかなぁ。。。
チャイを連れて旅行する時、今の時期なら鶏のタタキとキャベツか白菜の芯をやっています・・・
矢張り噛むとシャキシャキする生のキャベツや白菜の芯などは好んで食べますねぇ~・・・
鶏のタタキは蛋白の割には脂肪が少ないのでよさげです・・・
わぁ~、美味しそうですね!小アジ、食べさせたい^o^
でもちょっと微妙かなぁ。チャピは物によって最初食べないときあるんですよね^^;凪ちゃんは好き嫌いはないですか?

チャピは最初、犬には珍しくレバーが好きじゃなかったんです(今は好きになりましたけど)。水炊きしたタラやシャケは大好きで、うちはお鍋をするとチャピに食べられるものを取り分けてやってます(笑)焼き魚もすごく欲しそうにしてるけど、塩分が強くてあげられないから、棒タラは喜びそう♪
ああ、でも小アジも試してみたいなぁ‥(笑)
ワンの体に良くて美味しそうなものを見つけると、嬉しくなっちゃいますねw

ホルンくん、大きくなりましたね。あんなに小っちゃかったのに!
ホルンっていい名ですよね^-^
もちろん、とても忙しいときは、買い置きの安全なドッグフードになることもあります。

> ちょっと生生しい話になりますが、よく覚えているものの一つに、皮膚上に怪我をしてしまった際の治療の仕方。例えば、皮膚がはがれてしまうような怪我をしたとき、使う薬は「接着剤」という内容でした。
> それを見てからは、獣医というものが怖く感じるようになってしまいました。

悪徳獣医師もいて、もう医者さえも信用できないのかと思うようなことありますね。
以前に、毎回偽の治療をし、容態を悪化させて病院に何度も来るように仕向けた獣医師の事件もありました。最終的に犬が死んでしまい、喉にビニールが詰められていたことで発覚したというものです。
「悪徳獣医師トリキチ」で検索すると出てきます。

> たまたまかかりつけとなった獣医は、僕のこの不信感を時間を惜しむこともなく耳を傾けてくれて、また十分に治療について説明していただけました。幸い、わんこには怪我など重大な病気にはかかることはありませんでした。そして老犬となってからは、再びその獣医にお世話になることができました。動物の医療の世界も、必ずしも信頼できるとは限りませんね。

いい獣医さんが見つかって良かったですね!

> それと、もしかしたらまた「わんこ」を家族の一員として迎えるかもです。
>
> 雪凪さんのブログで、「処分される犬」について語られているのをみて、命の現状を知ることができました。今までペットショップで売られていた、かわいい子犬・子猫などの動物たち。現実は売れ残ってしまう子どももいるんですよね…。そんな子達がどうなるかなんて、全く意識したことがなかったんです。

僕も凪を迎えるまでは正直知りませんでした。
ペットショップの子犬子猫はかわいいけれども、その親たちはどういう生活をしているのかということ、売れ残りはどうなるのかということ、そのあたりを知ってから、絶対に生体販売のペットショップでは動物だけでなく、物も買うまいと思いました。

> 正直なところ、家族は皆、引き取りたいという気持ちはいっぱいなのですが、譲渡会に行ったときに、もし怖めのわんこだとどうしよう…と考えてしまいます。その子を一目見て、もし受け入れないと決めた時、そしてそのわんこが誰にも引き取られなかったとしたら…と考えると、譲渡会に行くこと自体が怖くなってしまいます。

多くの自治体は、怖い犬は譲渡していないです。というのも、攻撃的な犬を譲渡したら自治体の責任になるからという理由ですが。うちの県では、たくさんの犬猫がいて、その中から選ぶという方法でした。犬に対しては、「人馴れさせる、再訓練をする」なども行って、人馴れした穏やかな犬を譲渡会に参加させているとのことでした。

出来るだけ多くの動物に生存の機会をと努力し、殺処分を一桁にまでした、日本一動物愛護の進んだ自治体は熊本市ですが、ここは、犬の性格を評価してあり、どの子を引き取るかという計画が立てやすいです。知っている限りでは、ここくらいかな、気難しく育ってしまった犬や老犬にも生存の機会を与えているのは。そして引き取られるまでずっとセンターで保護しておくというのは。どこの自治体もこのようになればいいと思って、自分の自治体にも意見を出したりしてます。

熊本市の動物愛護のページ
http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/content/web/asp/kiji_detail.asp?ID=2717&mid=2&LS=52
水煮がどれくらいの塩分かはメーカーによっても違いそうだけれど、犬の場合は、野菜やら穀類やらと混ぜれば、味濃くないかもですね。
キャベツを食べるとはいいですね。
凪は食べたら吐き出してしまいます。
セルロースをあまり分解できないタイプの犬にはキャベツは合わないらしいです。
脂肪は少ないほうがいいようですね。凪も、鳥の皮を残すくらい脂肪が嫌いなようで、どうやら体に合わないようです。
チャピちゃんもですか!
凪も実はレバーが嫌いです。
嫌そうに一口食べて残したりしてました^^;
犬には珍しいのですか!嫌いなものが似てるのは「ぶちピンク」だからでしょうかww

あと嫌いなものは、食べられないのがキャベツ(吐く)で、あと穀物もそのままだとあまり食べないので、無塩バターで風味を付けています。

凪もタラやシャケが好きですね。
小あじも喜んで食べてくれたのでほっとしました。

このシンセイ産直ネットの棒たらは、ドッグ・アクチュアリーの新木さんのブログで紹介されていて知ったのですが、それ以来愛用しています。
チャピちゃんだったら、棒タラ小が良さそうですね。
大は本当にでかいです。それで1食分になってしまいます。
凪の場合は何でもちまちま食べで(ものすごく食べるのが遅い)、残りの半分は次の日に食べるからいいのですが。

ホルン、毎日見ていると分からないけれど、確実に少しずつ成長していたのだと写真で見比べると思います。
> 攻撃的な犬を譲渡したら自治体の責任になるからという理由ですが。

攻撃的な犬を譲渡したことで事故が起こったりしたら自治体の責任になるからという理由ですが。
に訂正です。
おお~ 待ってました!(パチパチ)凪君のごはん、見た目中華風で、私が食べたい(ジュル)

そうなのー!塩分、必要です!身をもって体験しました; 実は、先月亡くなったうちのヨーキー。調子悪くなって検査したら、塩分が足りてない数値がでてました;;なので食塩水が出されました。

 手作り食の場合、塩分がまったくないような食材のときは、極々ひとつまみ自然塩を混ぜるのが良いそうです。(塩気が食塩水をなめたときと同じくらいになるように。つまりそれくらいは必要だということです。)

うちの子たちには最近、ワン用お好み焼きがヒットしてます。衣をじゃがいものすりおろしとそば粉、かつおぶしでやったらさらに食いつきがよくなりました。

 それから、お好み焼きが便利なのは、大量に焼いて冷凍。次の日の朝、時間がないのが分かっているときは、夜に出しておいて、朝、解凍したのをくずしてお皿にいれればすぐに食べさせられることです。お勧めですので、よかったらやってみてください。^^いろんな具材を入れれるのも魅力です。

あじ・・・思ったけど、圧力鍋があれば、骨まで柔らかく煮えるはず。魚が安いときに買って、小分けして煮て、冷凍しておけば経済的だと思います。

ある程度、固体のある子はなに食べてもちゃんと消化できるからうらやましいです。

ホルン君。いい名前つけてもらったね~^^



わっちさん

横レス失礼します;

自治体のセンターだけでなく、動物愛護団体でも、里親募集はネットでもたくさんしていますので、そういうのを当たってみるのも良いかもしれないです。

というのは、譲渡にトライアル期間を設けているところが多いからです。1ヶ月間くらい実際に飼ってみて、その後、そのまま譲渡を受けるかどうか決めることができます。

仮にその子をそのまま譲渡しなかったかったとしても、殺処分されるということはまずないですから、安心ですよ。

また、トライアル前にも、その子に関する十分な情報をもらえますから、その上でトライアルするかどうか決めることができます。
> おお~ 待ってました!(パチパチ)凪君のごはん、見た目中華風で、私が食べたい(ジュル)

遅くなったけれど、アップしてみました。
そうなんです、これ塩コショウで味付けすれば十分人間も食べられます。

>  手作り食の場合、塩分がまったくないような食材のときは、極々ひとつまみ自然塩を混ぜるのが良いそうです。(塩気が食塩水をなめたときと同じくらいになるように。つまりそれくらいは必要だということです。)

塩分ダメ説が流れすぎて、塩分をゼロにしてしまう風潮も考え物ですね。
人間の5分の1は必要ということだから、やはりそれくらいは必要ですよね。

>  それから、お好み焼きが便利なのは、大量に焼いて冷凍。次の日の朝、時間がないのが分かっているときは、夜に出しておいて、朝、解凍したのをくずしてお皿にいれればすぐに食べさせられることです。お勧めですので、よかったらやってみてください。^^いろんな具材を入れれるのも魅力です。

なるほど、お好み焼きといえばキャベツと思っていたけれど、別にキャベツを使わなくてもつくれますね。
冷凍できるというのは便利ですね!

> あじ・・・思ったけど、圧力鍋があれば、骨まで柔らかく煮えるはず。魚が安いときに買って、小分けして煮て、冷凍しておけば経済的だと思います。

圧力鍋、調べてみたらかなり高いのですね。
凪は棒タラで代用がきくので買うほどでもないけれど、これはネコには便利そうだな。

わっちさんへのレスもありがとうございます。
トライアル!凪の妹を迎える際には使おうと思っておきながら、すっかり抜け落ちていました。
トライアルできるところから譲り受けるほうが確実ですね。
天天さんからのレスを受けて、愛媛にもそういうところあるのかな?と調べてみると、
http://ehimeinuneko.com/
ここはホームステイ(トライアル)期間を1週間もうけていると書いてありました。
お~、これがあの手作り凪飯ですか!すごく美味しそうです。昔の人間なので、わんこには味噌汁かけご飯というイメージがあったのですが、塩分取りすぎはダメなんですね。でも全く与えないのは私も良くないだろうと想像つきます。私も子どもが離乳食のときに、あまりに「薄味」を強調している育児本を疑っていたのですが、信頼できる助産師さんに「塩分は大事。普通の味付けで」と聞いて安心して普通の味付けのものを食べさせていました。

そっか、雪凪さんはヴィーガンだから凪ちゃんのためだけに魚を買うんですね。こういう良心的なネットショップがあってよかったです。そういうビジネスがあるのかと、ちょっとびっくりしました。

2番目の写真、凪ちゃんがお座りで待っているのが可愛くて、笑っちゃいました。いいなぁ~この写真。
犬猫は汗腺が少ないから、塩分を含んだ汗をあまりかかないために、塩分は少ないほうがいいのだそうです。
でも少しは足の裏から汗をかくからゼロはダメだそうで。

人間の子供のものでも、薄味を強調しているものがあったのですね。確かに、おっさんの酒のつまみみたいなやつwは食べないほうがいいというのは分かるけれど、人間は子供でも普通に汗をかくから、特別に低塩分である必要は無いように思えますね。

> そっか、雪凪さんはヴィーガンだから凪ちゃんのためだけに魚を買うんですね。こういう良心的なネットショップがあってよかったです。そういうビジネスがあるのかと、ちょっとびっくりしました。

最近は、安全志向が高まり、家族である動物にも安全なものを与えたいという人が増え、楽天でも売り上げ上位に、無添加・天然素材・オーガニック素材のものが多くランキングされています。手作りであること、産地にこだわったものも多く、そのようなおやつを扱う専門店もかなりあるんですよ。無添加手作りの犬用誕生日ケーキとかも売れていたり↓
http://item.rakuten.co.jp/cani/682198/#682198
一昔前では考えられなかったことかもしれませんね。

> 2番目の写真、凪ちゃんがお座りで待っているのが可愛くて、笑っちゃいました。いいなぁ~この写真。

いつも、僕の食事中はテーブルの下で伏せていて、食べ終わるころになると、所定の場所(テーブルの隣)に行き、お座りして待つようになっていますw以前は、お座りと言って座らせてから与えていたけれど、もう言わなくても先回り状態ですw
我が家の人間の夕食より良い物食べてる気がします。

ジャイアントシュナウザーが居ますが、ドッグ・フードとたまに鳥のレバーの缶詰、レンジでチンしたキャベツ、何故かバナナを喜んで食べます。トマトも試してみたら食べてしまいました。口に入るものなら殆ど何でも喰ってしまう犬です。
凪のほうが僕より良いものを食べてます。
自分のは割と適当でも良いけれど、凪のものは体が小さい分気を使います。

> ジャイアントシュナウザーが居ますが、ドッグ・フードとたまに鳥のレバーの缶詰、レンジでチンしたキャベツ、何故かバナナを喜んで食べます。トマトも試してみたら食べてしまいました。口に入るものなら殆ど何でも喰ってしまう犬です。

食い意地が張っているほうがいいように思います。
何でも料理しないと食べてくれないのは、正直面倒くさいです;
トマトも他の野菜と一緒にバターで炒めないと食べてくれません。
その上、いつもより少しでも多いと残すのですよ。
動物愛護団体などの情報まで頂き、ありがとうございます!

トライアル期間なんてものもあったんですね。全く知りませんでした。

今度、見学に行ってみたいと思います。
そうですね、実際そこがどういうところか知るには、足を運ぶのが一番間違いないですね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/681-edacfd7e
<< 渚のアデリーヌ | TOP | 奇跡的に助かった御犬(追記しました) >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。