動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス組曲 第2番より メヌエット



フランス組曲2曲目です。
全40曲を難易度順に弾いていってます。
これは、ただ弾くだけなら難しくないけれど、バランスを取るのが難しかったです。
「○○し過ぎない」というのがバッハに置いては必要な気がします。
左右のバランス、音の強弱のバランス、揺れすぎず、淡々とし過ぎず。
これは、前回のメヌエットと雰囲気ががらりと違って、大人な感じですね。
こういうのは結構年配の人に弾いてもらいたいなと思ったり。
(前回のは小学生に可愛く弾いて欲しい感じだった。)

4月2日追記・体感難易度を書くといいつつ、忘れていた。これは第3過程前半程度に感じました。

それから、あと1つ練習曲を増やそうと思います。
というのも、ベルティーニが気に入ったからです!
気に入ったならば曲を弾いてもいいのだけれど、今は技術強化にはまっているのと、ベルティーニは練習曲でもこんなにいいのか!!と思ったということもあり。

海外でよく弾かれているOp.29が気に入ったのだけれど、楽譜を見た感じ、どうやらツェルニー40かそれ以上の難易度の曲が多いようで、これ以上第4過程の練習曲を増やすのは苦行の道過ぎるため、全音第3過程にある「ベルティーニ 25のやさしい練習曲」にすることにしました。
でも、Op.29からこれだけは弾きたい!こんなのが練習曲とか美味し過ぎる↓

コメント

Op.29、いいですね!
雪凪さんの演奏がUPされる日を
心待ちにしています。
しっかし、これを練習曲とか
美味し過ぎるゆえ、胃もたれに注意(爆)。
Op.29ってホントに練習曲ですか? ってくらい出来てますなぁ。
こういう曲を軽やかに弾いてるの見てると、なんかもう本当にピアニストの指って魔法使いみたいで、いいですなぁ。。
この1曲は弾こうかなと思いつつ、もう少し先になりそうです。

こういう練習曲だと、胃もたれで後の練習曲は食えなそうですww
日本でももっと弾かれて欲しい練習曲だと思いました。
日本でよく使われている練習曲は聴いていてもつまらんのが多いです。

本当に魔法みたいだけれども、その裏では泥臭い練習が毎日毎日行われているのですよね。
バッハって難しいですよね
聴くのは好きだけど弾くのはだんだん
嫌になってきましたw

それはそうとこの練習曲いいですね!
是非弾いてほしいですw
おぉ~、モシュコフスキー効果出てますね!フランス組曲とても安定した弾き方で、余裕が感じられました。

それにまた新たな練習曲ですか!そちらもチェックしてみたくなりましたが、とりあえずモシュコフスキー買っちゃったし、ツェルニーまだ9曲も残ってるので、我慢しときまーす 笑
(ブルグ18も一応練習曲なんですよね~笑)
こんばんはー。

あまりというか、ほとんど知識がないので、バッハをwikiで調べてちゃいました。
何が何だか…って状態で、さっぱり(-_-;)
好きな音楽家とか、語れるのがすごくカッコいいですね。
バッハは形になるまでが難しくて面倒です;
時間がかかるのでフランス組曲もぼちぼちです。

Op.29のはどれも難しそうなのですが、このNo.7は気に入ったので、
ぜひ弾きたいと思います。
バッハ、wikiで調べたら余計に分かりにくいかもです。
(そんなふうに言っている人他にもいたので)。
もしバッハを聴いて気に入った場合、バッハ小品集とか(このフランス組曲2番 メヌエットも入っている)、
同じバロック音楽の作曲家集のプレ・インベンションから入ると入りやすいようですよ。

好きな音楽家は、ユーチューブで聴いて気に入ったら、とりあえず「この曲がいい!この人の曲が弾きたい!」となってます。
そのため、その音楽家そのものについての知識は全然なかったりですw
誤字を訂正していたらレスの順番が入れ替わりました。

もう効果出てますか!?
確かにあのモシュコフスキー1番の2声に比べたら、フランス組曲のこのあたりはまだ易しいですね。
この2番のメヌエットは、録音失敗で音割れさせてしまったこともあって、何度も撮り直し、結果だいぶ指が覚えてくれたようです。

モシュコフスキー20を買われたのですね!
Sleepingさんの演奏が楽しみです!

確かに、ブルグ18も練習曲でしたね。曲ぽいので練習曲ということを忘れてしまいます。
「ツェルニーがいやな人」の選択肢でブルグ18もありですね。
私もバッハは聴くのは好きなんですけど、弾くのはどうも腰が引けて、実は今練習中のト短調のメヌエットが初めてです。
雪凪さんのしっとり切ない系のメヌエットを聴いて、自分の短調の下手さを改めて思い知りましたw

下のはすごいですね!!!初めて聴きました。
また演奏がド派手ですねw
これ、ピアノでゆっくり弾いたら全然違うものに聞こえそうです。

なんだか「ツェルニー、ブルグ」は嫌な人の方が他に活路を見出して楽しそうな気がしてきましたwww
バッハは弾けるようになるまではとりわけバラバラな感じがして大変ですね。
初バロック(小さな風車)のときも大変だったけれど、初バッハ(インベンション13)はまた難しかったです。
3曲めでやっと少し慣れてきたかなと思いますが、次の曲が3声でまた腰が引けてますw

> 下のはすごいですね!!!初めて聴きました。
> また演奏がド派手ですねw

この演奏者の弾き方が気に入ってこの動画にしましたw

> これ、ピアノでゆっくり弾いたら全然違うものに聞こえそうです。

弱く遅くww確かに全く別物になりそうですねww

> なんだか「ツェルニー、ブルグ」は嫌な人の方が他に活路を見出して楽しそうな気がしてきましたwww

なんかあれこれ手を出してしまってますwその上、また新たにベレンス40という練習曲を見つけてしまいw
ツェルニー好きな人は、ツェルニー「も」好きということで、他のも弾いてみてよさそうだけれど、練習曲あれこれは大変か。
うわー。雪凪さんはどちらかと言うと練習曲は「それほどでも~」という方かと思っていましたが
一般にあまり知られていない練習曲を発掘するの、楽しんでおられますね~。

「フランス組曲 第2番より メヌエット」良いですね~。
粉雪舞い散るヨーロッパのレンガ造りの町並み、石畳の舗道が目に浮かびました。

ドラマチックな盛り上がりなんかがなくて淡々と進んで行くので、ゲーム音楽にも良いと思いました。

...怒られる!!!
> うわー。雪凪さんはどちらかと言うと練習曲は「それほどでも~」という方かと思っていましたが
> 一般にあまり知られていない練習曲を発掘するの、楽しんでおられますね~。

自分でも今までそう思っていたけれど、どうやらツェルニーとハノンが嫌だっただけみたいです。
こうして発掘してみると、いい練習曲は結構あると思いました。

> 「フランス組曲 第2番より メヌエット」良いですね~。
> 粉雪舞い散るヨーロッパのレンガ造りの町並み、石畳の舗道が目に浮かびました。

そうですね、バッハは落ち着いた風景、レンガとか石畳のようなかっちりしたものが浮かびますね。
その中に季節があったり、なるほどです。

> ドラマチックな盛り上がりなんかがなくて淡々と進んで行くので、ゲーム音楽にも良いと思いました。

僕はゲーム曲はとてもドラマティックだと思っています。RPGのゲーム曲は、かな。
初期のゲーム機では原曲CDで聴かないと分からないところがあったけれど、
最近のゲーム機では音源が良く、そのあたりが表現されていると思います。
たとえば、これなんか聴いてみると印象変わるかもです。ここに書いてある感想がすごいw
http://www.youtube.com/watch?v=Ch5b_EmGdH0&feature=related

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/676-3014f618
<< 奇跡的に助かった御犬(追記しました) | TOP | モシュコフスキー20の小練習曲 1番 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。