動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モシュコフスキー20の小練習曲 1番



今まで弾いた曲全ての中で一番難しかった。
そう聴こえないかもしれないが、実は指使いが非常にやりにくい。実際弾いてみて、最初はこの曲集をはじめたことを後悔したほどだった。でもこうしてアップしてみて、やはりこの曲集を選んで良かったと思った。とても練習になったと思うし、飽きなかっただけに合っている練習曲集だと思ったからだ。
2声で、両手同時アルペジオというだけでも難しいのに、黒鍵と黒鍵の間にどうしても指を入れないとならない指使いは指が挟まりやすい。これは間違いなく、前のピアノ「プリヴィアPX720」の短鍵盤では弾けなかったと思う。
(短鍵盤は、ローランドのページでも解説があるとおり、鍵盤の奥の方が極端に重くなる。)
弾き方としては、縦に正確に打鍵しなければならない。そうでないと、無理のある指使いなだけに、隣の鍵盤に指が触れる。それでいて、音を切ってはならない全レガートで弾く練習である。
テンポは、丁寧に弾けるテンポに押さえた。これより速く弾けないこともないが、精度が落ちる。
それに、ここまでテンポを上げるのにも1ヶ月かかっている。

3月までが予想外に忙しかったために、ちょっと練習計画を変更。
今年中に、
・モシュコフスキー20を5番まで
・クレメンティ前奏曲と音階練習曲のハ長調、イ短調、ヘ長調、ニ短調
・フランス組曲を40曲中10曲
その他、曲を同時進行。曲は新年に書いたリストのどこまでやると決めない。

フランス組曲は、昨日2曲目を録音したけれど音が割れていたために録音しなおし(泣)

現在練習中の曲
・ムソルグスキー「プロムナード~古城」
・渚のアデリーヌ(譜読み開始)
・「クレメンティ前奏曲と音階練習曲」のハ長調の前奏曲

コメント

指、攣りそうですwww
なんだか一息で長い台詞を口にしてるのを聴いてるような感覚でした☆
本当に指が攣りそうな指使いですねぇ~!!!
何かバッハにも似ている気がしますが・・・
こんばんは~。
リンクしていただいて、ありがとうございます!

すごい練習曲ですね。
少し見えている楽譜も、恐ろしい音の数…。

渚のアデリーヌ、好きです!楽しみにしてます~。
切ることなく弾く練習とはいえ、一息入れる部分もないですね、これは。
そうなんです、最初から最後までバッハ同様の2声なんです。
ツェルニーは古典向きの練習曲と言われていますが、
このモシュコフスキーはロマンやバロック向きの練習曲だそうです。
こちらこそ、リンクありがとうございます!

この練習曲、はじめたはいいけれど、1番からかなり苦労しました。
見開き2ページ16分音符ぎっしりでした。

渚のアデリーヌ、去年募ったリクエストを受けての練習ですが、
大人のピアノ弾きに人気なんですね。
ピアノをはじめるまではリチャード・クレイダーマンさんを知らなかったけれど、
ピアノをはじめてからはよく聞く名前になりました。
おおお・・・
このスピードでこの長さでなんでミス無く弾けるんだろう!!!と感嘆してしまいました。すごく難しそうだけどとても綺麗だし、いいですね♪

モシュコフスキ、今「シチリアーノ」という曲を練習しているのですが、これよりは多分簡単だと思います、が、私にはかなり難しく、難儀してます。
でもすごく綺麗なのですよ~。がんばって練習しよう・・・
久しぶりに長々と練習曲を練習しました。
練習も録音も苦戦しました。一息つく暇もない曲のため、集中力が切れるとすぐ間違ってました。
でも、モシュコフスキーはきれいな曲が多いから今後も続けていけそうです。

モシュコフスキのシチリアーノ、ユーチューブで探したけれど見つからず。
めめさんの演奏を楽しみに待っています!
ここんとこ、練習曲どうしようか悩みまくってるOcimなんですけど、
その中で一番「いいなぁ!」と思ったのが『モシュコフスキー20の小練習曲』でした。
どっかで見たなぁ~と思ったら、雪凪さんがやってたんですね!
これはホント、普通の曲としてステキだなぁと思えるものが多いですよねw
Ocimもすっごくやりたいんですけど、
雪凪さんが「はじめたのを後悔した」って言うくらいだし、まだ早いかなぁ。。。
でもいつか堂々とチャレンジできる日がくるといいなぁと思います。
雪凪さんの演奏は、聴くだけではそんな苦労されたなんてわからなかったです。ピアノはこんな風に弾かないといけませんねw

あっ、HNリニューアルおめでとうございます!
これからもよろしくお願いしますw(←おそっ!!!
練習曲、この間までツェルニー?とか言われていたようですが、他のもアリな感じなんですか!?
モシュコフスキー、もしされるのなら嬉しいですね!楽しみが増えます!
難しいけれど、やりがいはあります。先生に聞いてみたら、意外にあっさりOKかもですよ。

あと、モシュコフスキーがいいと思ったということは、バリバリの古典より、ちょっとロマンだったりバロックかかっているのが好みなのかなと思いました。
さっきアップしたばかりの記事のベルティーニも形式古典、様式ロマンなので、ツェルニーを弾きたくない人にいいんじゃないかと思いました。日本ではマイナーだけれど、海外ではグレードの課題曲だったりと、結構弾かれているようです。

> 雪凪さんの演奏は、聴くだけではそんな苦労されたなんてわからなかったです。ピアノはこんな風に弾かないといけませんねw

そう聴こえたのなら良かったです!

> あっ、HNリニューアルおめでとうございます!
> これからもよろしくお願いしますw(←おそっ!!!

ありがとうございます!これからもよろしくです!
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こちらこそよろしくお願いします。

子供さん、渚のアデリーヌやツェルニー30を練習されているのですね。
初めて長くないのにとても上手ですね。

僕の使っている渚のアデリーヌ楽譜は、ポピュラーピアノ名曲集2 というのに載っていたものです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/675-de7b0999
<< フランス組曲 第2番より メヌエット | TOP | 第4課程程度の練習曲 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。