動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエ2 海原を行く



これは、バイエル併用の楽譜からアレンジしてみました。
音はMagicalPianoというやつにしましたw
凪が脚の辺りでもぞもぞしているがほとんど写ってはないようだ。
最初楽譜を見て弾いてみたときに、なんだかそのままだと寂しい感じがしたために、手持ちのCDやユーチューブとかで、何種類かの音源を聴いたのだけれど、ファミコン版のやつが音数は少なくともいい感じににぎやかだったので、それで行こう!と後半をアレンジ。あと音が寂しいところは勝手に3度の和音にしたりもしてます。逆に省略した部分もある。
音が寂しいからと以前も3度にアレンジしたりしたが、頻繁に3度にアレンジしていると3度マスターになれそうですw(”サンドマスター”だとミミズみたいなドラクエの敵になるw)

モシュコフスキー1番、フランス組曲 第2番のメヌエット、これも録音できるところまで仕上がっています。一度にアップしてしまったら、次までの間がまた空くことになるからぼちぼちアップです。

話は変わって、すぎやまこういち氏が好きなメキシコ在住の人からも、日本の災害に対する心配・気遣いメールが届きました。忘れかけた英語で返信し、この間「この道わが旅」をブログに掲載したことを伝えるととても喜んでくれました。また、すぎやまさんの音楽を通して、遠い国の友人が出来たことが嬉しいと。同感ですね。そのIRPRONIさんの演奏で、「ラダトーム城」が気に入っているので紹介します。すぎやまさんの音楽を愛する人の演奏という感じがします。レトロ感があり、せつなく美しい感じに弾かれ、選んだ音色もマッチしているなと。これが知識文化だと(例えばアメリカでつくられたサムライ映画とかにしても)輸出・輸入で妙なものになったり違和感があったりするけれど、音楽はそういうことがない「世界共通言語」だということをつくづく思いました。

コメント

ダメだ。何度聴いても聞き覚えの無い感覚……『 海原を行く 』って船ですよねぇ? 船、あんまり使わなかったのかなぁ(゜ρ゜)ボーーーー。。
26,7秒あたりから現れるもぞもぞ動いてるのが凪ちゃんでしょうか。

同じ「バイエル併用」と唱っていても
全然別物・・・ですね。
船ですね。
僕は、ゲームというよりCDを聴きまくったから覚えているけれど、ゲームだけやったものでは覚えてない曲も結構あります。
> 26,7秒あたりから現れるもぞもぞ動いてるのが凪ちゃんでしょうか。

そうですw言わなければ気づかないくらいですが。

> 同じ「バイエル併用」と唱っていても
> 全然別物・・・ですね。

所さんの弾かれているものはまともにバイエル併用ですね。
バイエル併用とは本来ああであるべきww
このドラクエ曲集は、音数は少ないものの音飛びとか激しいです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/674-97a736a1
<< 第4課程程度の練習曲 | TOP | 署名と、現在の自分の心境と >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。