動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地の2匹助かる、そして世界の苦しみへの想い

こちらの被災地動物情報というブログにて、前回の記事の犬2匹が保護されたとの情報がありました。
飼い主も判明したそうで、本当に本当に良かったと思います。

被災地動物情報

この2匹だけ特別扱いとかではなくて、こうして放映されたからには気になるのが人情というものなのだろう。
たくさんの反響がネット上であったようです。
リンク先のブログに赤文字で書いてあることが印象的でした。テレビ放映の影響、どのように放映されるかというのは大きいですね。


ただ、だからこそ覚えておいて欲しいです。目にうつるものだけが苦しいのではないということを。他にも各地の保健所で、誰にも助けられないまま孤独に、命の期限が切れて、ガス室で苦しい窒息死を強いられている犬猫たちがいるということもぜひ覚えておいて欲しいです。そして、そういう命を助けるために普段から走り回っている人々がいるということも。

今回の地震は身近な日本で起こり、テレビで放映されているから人々が関心を向けているけれども、普段から世界には誰にも知られず餓死している人間や、虐待されている動物がいるということを。

(最近多忙のため、コメント欄を閉じています。余裕が出来たら空けます。)

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/672-e2b17627
<< 署名と、現在の自分の心境と | TOP | 犬を助けて欲しい >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。