動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス組曲第6番より「メヌエット」



今回から、新しいピアノです。
これから、バッハの「フランス組曲」を難易度順に挑戦していきます。第6曲まであり、それを1ピースずつ弾いたら、全40曲、全40回。今回は第1回目です。
1月に言い出して、今までかかったのは、単に多忙だったためです。家に帰ると疲れてピアノも弾けず、凪と散歩して、凪のぶちの背に顔をうずめて眠る日々でした。そんなわけで、しばらくレアキャラになってましたが、ぼちぼち復活します。

フランス組曲を初めてからはりきっていたのだけれど、はりきっていても時間が無いのは仕方ない。そう思って、丁寧に弾くことを心がけています。「フランス組曲」はせっかく全部挑戦できそうだと思っているので、時間がかかってもかなりこだわって弾いていこうと思います。

実は僕はバッハを弾くのはあまり好きじゃないと思っていたのだけれど、それはインベンションとか特にシンフォニアになると好きな曲が少なかっただけで、聴いてみて「フランス組曲」はいける!と思いました。実際にこの1曲だけにしても、インベンションやシンフォニアとはだいぶ感じが違うと思います。僕はイメージが湧かないものは弾きにくいのですが、これはイメージが湧きやすかったのです。難易度的にも難しいと思っていたけれど、よく見るとかなり幅があるため、易しいものもあり、順番に弾けばそんなに無理はないのではないかと思いました。

take1とtake2を載せることになったのは、take1を撮ったけれど、繰り返さないと短くてあっけないかな?と思い、繰り返しを付け、後半の繰り返しの頭には前打音を入れてtake2を撮りなおしたはいいけれど、うっかり、トレードマークのぶち犬を置き忘れてしまい、新しいピアノのしょっぱなからこれではちょっとなあ……というわけでtake1もついでに入れることにしたからです。

take1とtake2は音色も変えてます。take1がグランドピアノ1、take2がグランドピアノ2という音源です。

・体感難易度
これは全音でいうところの第2過程終了程度だと思いました。
(難易度は、あるピアノ教師の方のサイトを参考にしています。そこは有料ページのため、そのまま書くわけにはいかないために、自分の体感難易度で書いていこうと思います。)

・練習時に意識したこと
軽やかで上品なメヌエットだと思ったので、そのようになるようにと思いながら弾きました。
特に難しいところは部分という意味では無いと思ったけれど、バッハらしい難しさがあるのはバッハの曲なのでもちろんのことですが、あと、全体のバランスを安定してとらないと、全体がまとまらず「つま先でよろよろ」なイメージだったり、バラバラな感じで弾いていてぱっとしない感じ(しっくりこない)を受けやすく思いました。そのため、全体のイメージを統一して練習することを特に心がけました。
とにかく、フロアを移動しながら舞っているイメージに気をつけましたが、その遠近感のイメージまで出そうと思ったらすごく難しいと感じました。なんだか、楽譜に書いてある強弱記号と自分のイメージがちょっとそぐわないところが出てきて、こういうときは自分の感性の方に従ってみようと思いました。


その他の曲の、進行状況。
「プロムナード~古城」1ページ目の譜読み中。
「モシュコフスキー20 1番」半分まで練習中。

コメント

あ、やっぱり音違ってたんだ。。
ぽーっと聴いてたので気のせいか弾き方の加減かと思ったのですが。。。

まず、ピアノが違ってたので「あれ、違う人の演奏?」なんて思ってしまったデスよ(´▽`;)ゞぽりぽり
そもそもピアノ=黒のイメージがあったものですから、余計勘違いしちゃったデスよ(⌒▽⌒ゞ てへっ☆

フランス組曲ってたぶん初耳なので全曲が分からないのですが、ずっとこんな可愛い感じなんでしょか。
あー、なんか微妙によく分からない無声映像が脳裏に……犬を散歩? 出会い? らびゅ? あぁ、微笑ましい♪
やっぱ高い電Pは良い音しますねぇ~!!!
私のとは特にフォルテの処で音が割れない所と音がよりピアノらしくなっているのが違いますねぇ~・・・
私はブルグか鶴卒業まで使うと多分10年経っているだろうから、その時に買い換えればいいや!って最初は余り深刻に考えずに買って失敗しました・・・
フランス組曲って言うので聴いたら私が知ってるのとは全く違っていてビックリしました・・・
電子ピアノは、あと茶色とかシルバーもありますね。
KORGというメーカーには赤もあります。色は派手だけれど、製品は鍵盤が本格的で評判いいようです。
プラスチックの製品だから基本何色でもOKなんですよ。
茶を持っている人がいたけれど、和室にはよく合ってました。

> フランス組曲ってたぶん初耳なので全曲が分からないのですが、ずっとこんな可愛い感じなんでしょか。

かなりフランス組曲はバリエーションがありますね。色んなイメージの曲が出てきます。
けれどどれもバッハらしい品があって、いい感じでした。
同じメヌエットでも、次に弾こうとしているのはせつない感じのやつです。

> あー、なんか微妙によく分からない無声映像が脳裏に……犬を散歩? 出会い? らびゅ? あぁ、微笑ましい♪

らびゅ??www
音が前のピアノよりは人工的な感じがしなくて鍵盤もなじんでいます。
我楽多さんのも確かローランドだったと思いますが、フォルテで音割れするのですか!?

> 私はブルグか鶴卒業まで使うと多分10年経っているだろうから、その時に買い換えればいいや!って最初は余り深刻に考えずに買って失敗しました・・・

そうそう、最初はあまり考えずに買ったというのは前のプリヴィアがそうでした。

> フランス組曲って言うので聴いたら私が知ってるのとは全く違っていてビックリしました・・・

何曲かご存知なんですね。
全部で40曲あって順番に弾いていくから、そのうち知っておられるのも出てくると思います。
ニューピアノ!音も見た目も明るい感じでいいですね♪
いいな~いいな~

フランス組曲、軽やかでとてもメヌエットらしい演奏だと思いました。せつない系のも楽しみにしてます!

展覧会の譜読みも進んでいるのですね~!!こっちも楽しみです~~w
ニューピアノの音、かなり気に入っています。
なんだか聴いていて心が落ち着く感じです。

> フランス組曲、軽やかでとてもメヌエットらしい演奏だと思いました。せつない系のも楽しみにしてます!

軽やかを意識したので嬉しいです。
次のせつないメヌエットはなんだかショパンを思わせる旋律です。でも、しっかりバッハであるという味があり、メヌエットだけ並べても感じが違って楽んでます。

> 展覧会の譜読みも進んでいるのですね~!!こっちも楽しみです~~w

「古城」は重低音がかっこよく、音数は多くないぶん、1音1音丁寧に弾いていこうと思っています。
まだ、「プロムナード」の和音に苦戦していたりもして、時間がかかると思いますがよろしくですw
メヌエット、聴かせていただきました♪フランス組曲は好きでCD持っていますが(というか楽譜も持ってますが)、全部を深く聴いたわけじゃないので、「こんな可愛らしい曲あったっけ?」・・・汗汗

確かにこういう曲から始めて少しずつ難易度を上げていけば、無理なく進められそうです。どこかにフランス組曲の個々の曲の難易度順が載っているんですね~!モシュコフスキー様といい、蒼鳥さんの情報とても役立ちます。私も、インベンション終わって、シンフォニアを数曲やったら、フランス方面に進もうかと思います。インベンションは大好きなので多分コンプリートしようと思っていますが、シンフォニアは、私もよく分からないです・・・笑

新しいピアノ、弾きやすそうですし、音も綺麗ですね。とても軽やかで可愛らしいメヌエットでした。
> 確かにこういう曲から始めて少しずつ難易度を上げていけば、無理なく進められそうです。どこかにフランス組曲の個々の曲の難易度順が載っているんですね~!

そうなんです、有料のところですが、独学なので金払って参考にしました。
無理なく進めて上達出来るならとても嬉しいです!

なんだか、Sleepingさんがモシュコフスキーに興味を持たれたり、フランス方面に進もうと思われているということ嬉しいです。あと、ツェルニーやインベンションやソナチネという王道をしっかりやっておられるSleepingさんが、次にはマイナー路線のモシュコフスキーというのがちょっと面白かったりします。ああ、でもモシュコフスキーは、15の練習曲の方は結構弾かれているようですね。

> 新しいピアノ、弾きやすそうですし、音も綺麗ですね。とても軽やかで可愛らしいメヌエットでした。

かなり弾きやすくなり、練習効率も短時間で上がりそうです。
可愛い感じの曲と思ったけれど、意識して可愛く弾こうとはしてなかったのでww、自然に可愛らしい感じの演奏になっていたのなら嬉しいです。
これ、小学生の女の子が発表会で可愛い格好で弾いたら絵になりそうな曲に思えるなあ。
蒼鳥さんもレアキャラになってしまうのですか!?
お忙しい様子なので仕方ないですね。
こちらは淋しい限りです。

出遅れてしまいました。
演奏は前に聞かせていただいていましたが、感想はまだでした!

白いピアノ!憧れですね~。
白いギターに白いピアノ!
これは、クレーダーマンの曲にもぴったりのビジュアルです!

音が以前のピアノに比べてとても軽やかになっているように思います。

まだ寒い日が続きますけど
春の軽やかな木漏れ日とか桜の花びらとか、モンシロチョウとか、モンシロチョウを追いかける凪くんとか、目に浮かぶようです。

全部で40曲もあるのですね!
でも、イメージ持って楽しく取り組めそうななら、きっとあっという間に終わってしまいそうですね。
2曲目も楽しみにしています。
展覧会の絵も!
3月は忙しくて嫌になります。
忙しいほどに、今ならツェルニーだって弾きたくなるというくらいピアノ弾きたくなりますw
そんなわけで、読み逃げ状態なのですが、3月終わったらあまりレアキャラじゃなくなると思います。

> これは、クレーダーマンの曲にもぴったりのビジュアルです!

そういえば、白いピアノで弾かれてましたね、クレーダーマンさんは。

> 音が以前のピアノに比べてとても軽やかになっているように思います。

グランドピアノ音は3種類あるけれど、どれもいい音で気に入っています。

> まだ寒い日が続きますけど
> 春の軽やかな木漏れ日とか桜の花びらとか、モンシロチョウとか、モンシロチョウを追いかける凪くんとか、目に浮かぶようです。

確かにこの曲は季節では春のイメージですよね。
凪とモンシロチョウは似合いますねw

> 全部で40曲もあるのですね!
> でも、イメージ持って楽しく取り組めそうななら、きっとあっという間に終わってしまいそうですね。
> 2曲目も楽しみにしています。
> 展覧会の絵も!

ありがとうございます。
譜読みでその日の練習が終わるのはつらいために、弾ける部分を弾いて終わりという日が多く、
なかなか進んでいませんが、2曲目も展覧会の絵も早く弾けるようになりたいです!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/664-017340a7
<< 26日 動物愛護法改正 デモ行進!【転載大歓迎!】 | TOP | 7.凪貯金とストレス~大変だったあの頃とピアノとの出会い >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。