動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.凪貯金とストレス~大変だったあの頃とピアノとの出会い

凪に出会って最初の1年間は、全ての趣味をやめ、毎日の世話やしつけに奮闘し、貯金の全てを犬OKのアパートへ引っ越すために使うことになっていた。貯金のために仕事を増やしたりもしたし、気づかないうちに疲れとストレスは蓄積していたのだった。
凪に出会う前は、小説・絵・創作料理・オンラインゲームなど色々とやっていたのだが、全て中断せざるを得なかったわけだ。

そこで、凪と一緒に出来るアジリティやフリスビーをと考えたが、練習場に連れて行っても凪はむしろ、他の犬達と遊びたくてしょうがないようであった。そのような練習場には、一番競技向きである犬種「ボーダーコリー」がたくさん走っていて、それは凪が一番大好きな犬種であり、ボーダーコリーを見ただけで凪のテンションは「遊びたい!」という方に上がっていたのだった。

凪の好きな友達犬の名前を口にしてみたら、ピンと耳を立て、目を輝かせる。小さい頃は社会化不足で他の犬を怖がっていた凪だったが、馴致が上手く行き本来の性格が出てきたのか、生き生きと犬達と遊ぶようになり、そのこと自体は嬉しかったのだが、結局、凪と一緒に出来るアクティビティ計画は難しいということになってしまった。当時、凪の素晴らしい運動神経と体力だけで見るなら競技犬としての身体的素質は抜群であるぶん、性格・性質が伴わないということは残念なことだと思ったが、性格・性質も含めて「能力」と言えるのだと思う。

また、同時期に仕事を増やしてからというもの、おさまっていたはずの凪のいたずらが悪化したことも、ストレスの原因だった。

そのようなことを、ストレスの中、上手く言い表せずにブログにつづったことがあった。今思えば自分自身、かなり深刻なストレス状態だったために、ただ誰かに聞いて欲しいという気持ちで書いたのだと思う。しかし、文章がまとまらない結果、批判的な意見をもらったことに耐えられず、自分には表現力もないしブログを止めようと思ったときだった。子育てを経験した方からの理解ある言葉があった。支離滅裂な文章でも、子育て経験者にはピンと来たらしい。それは、
「欲しいと思ってさずかった子供を育てていても、ときには”いなければいいのに”と思うことがあった。あなたのように、ある日突然目の前に現れた子犬だったら、そのストレスはあたりまえのこと。」という感想であった。
その方は、いつも子供との充実した日々を日記に書いておられる方であった。そんな人にもそういう時期があったという驚きと共に、その言葉にはとても安心させられた。可愛いはずの凪にいらだってしまう自分は何か異常なんじゃないかという想いからのストレスであったために、その言葉により、自分は何も異常でもなければ愛情が足りない人間というわけでもないのだと、むしろこんな思いは誰にでもあることなんだと気が付き、ネガティブな想いから解放されるに至った。考えてみれば、世の中でも育児ノイローゼ・介護ノイローゼなどはよく聞く。その人達が酷い悪い人間だというわけではなく、育児や介護は誰にとっても普通に大変なことで、むしろ、ストレスを感じる自分がダメな人間なのだとか思い込んで自分自身を追い詰めてしまうことがまたストレスに拍車をかけ、ノイローゼにしてしまうのかもしれないと思った。

JRTは実際に手のかかる犬種として知られているが、凪は中でも普通のJRTではなかった。成長したいま現在の体格はスタンダードの1.5倍、脚がすらりと長い。その体つきはJRTの先祖、馬と併走して狩場に行き、肉食獣キツネと1対1で闘う実猟犬「パーソンラッセルテリア」によく似たスクエア(長方形)の体型をしている。こうなると、全犬種の中で最も運動量が多いということになっても全く不思議ではないのである。実際にどの犬と遊んでも、凪の軽い身のこなしと脚力は目立ち、細身で甘ったるい顔だちからは想像しがたい体力と運動神経を持つ違和感はどこに行っても目立つようでよく覚えられていた。それを人目をしのいで隠して育てる中で十分な運動量をおぎなうだけでも大変であるのに、寝る時間もないように貯金のためだけに仕事を詰め込んでいたのだから、今冷静になって考えれば、自分は無理のし過ぎであり、焦りすぎていたのだと思う。

(当時のスケジュール。仕事1日平均12時間、凪の散歩と運動3時間。その他しつけ。凪のための手作り食、自分の節約のための手作り食。その合間に移動時間とか買い物とか日常の雑事が入る。睡眠は5時間くらいだったか。今考えると、よく生きていたと思う(笑))

それに気が付き始めた頃、仕事を元のように減らし、もっと余裕をもって凪と向き合えるようにしようと思った。それと同時に凪のいたずらはぴたりと止んだ。単に凪は寂しかったのだということを想った。凪の脚の後ろの方の毛がハゲていたのもすっかり生えてきた。引っ越す前に、自分が倒れてしまったり、凪がずっと寂しい思いをするのでは意味が無い。ただ一途に「凪のために引越しを」と思っていたのだが、その思いが行き過ぎて焦りすぎることで結局凪のためにもなっていなかったのだ。

凪が落ち着き始め、しつけが上手く入ったことからリトリーブなどで運動量をまかなえるようになった頃、凪の世話と平行して何か出来る趣味はないかと思い、ふと思い出したのが子供の頃やっていた「エレクトーン」だった。それだったら、弾き始めるにも弾き終わるにも時間を取ることはないし、小説のように、「邪魔されたからと考えがまとまらないとかアイデアが飛ぶ」こともない。そこで、久しぶりに弾いてみたくなり、ネットで楽器を検索してみたが、かなりの金額であった。そこでやむなく61鍵のキーボードを買うことにした。ただ、キーボードはエレクトーンと違い、足鍵盤がない。別売りも調べたが、そこそこの値段であった。とりあえずは諦めて、キーボードだけを弾くことにした。楽譜は無料楽譜に頼ったが、ネットで見つかる無料楽譜はピアノ譜が多かった。ぼちぼちピアノ譜を弾くようになった。子供の頃、エレクトーン教室の隣はピアノ教室だったが、いつもそこから聴こえてきていたバイエルやブルグも弾いてみた。そうしているうちに、ピアノが欲しくなってきた。そこで、ネットで検索してみると、値段に驚く。検索した電子ピアノはエレクトーンと比べるとずっと安いのだ。

そうして購入したのが、先月まで使っていたPrivia PX-720であった。キーボードを買って、1ヶ月半で電子ピアノに変えたのである。ブログもすっかり、凪とピアノのブログになっていき、現在に至る。
(現在は引越しも1年以上前に済ませ、ピアノも新しいRoland FP-7Fである)。

☆次回予告 「凪のストライキ」~犬の反抗期と成犬への入り口
☆次々回予告 最終回 「動物と人の”虹の架け橋”」~忠犬たちとの出会いと別れ、そして今、凪と共に

コメント

聞けば聞くほど、育児や保育と同じだなぁといつも思います。

無理しすぎず焦りすぎずに、力を抜けば、いい育児が出来るだろうけど、
現実は怒ったり急かせたりばかり(@_@。

でも、ピアノのおかげで上手くストレスを発散してます。

ピアノ弾きながら、首だけ向いて
「早くしなさい!!」って、怒ってます。説得力ない・・・。

欲しいと思って授かった子供……もとい、欲しいと思って飼う事にしたペット相手でも、ダメ○○扱いして虐待したり放棄したりがある世の中、蒼鳥さんはホント根気よく凪を育てて、脱帽ものですな。
凪は、幸せものです。
聞けば聞くほど、育児や保育と同じなんですねぇ~・・・
って本職が言っているからその通りなんでしょうねぇ~・・・
私は狩猟をしている時に犬が必要になってしつけも教わりました・・・
猟犬はしつけが出来ていないと命に関わりますからねぇ~・・・
あの時は山を走り回ってストレスを解消していたなぁ~・・・
> 無理しすぎず焦りすぎずに、力を抜けば、いい育児が出来るだろうけど、
> 現実は怒ったり急かせたりばかり(@_@。

長期に渡って関わっていくことだから、早急にしても長続きしないし(そのへんはピアノもそうか)、
また、心や信頼関係が必要なものは自分ひとりはりきってもかわらまりだということ、つくづく思いました。

> でも、ピアノのおかげで上手くストレスを発散してます。

ピアノは本当にいいストレス発散になりますね。しつけの最中に実感したし、今でもやはりピアノを弾くと気分がよく、気分転換になります。
子供に対しても犬猫などに対しても、虐待や放棄は聞きますね。
弱いものにしわよせが来てしまうのが悲しいところです。
自分も、途中はどうしていいか分からないことが多々あったのですが、しつけの相談が出来る場所などもあり、なんとか山を乗り越えることができました。そういうところがない人(見つけられなかった人)はもっとつらいだろうな、人事ではないなと思いました。
> 聞けば聞くほど、育児や保育と同じなんですねぇ~・・・
> って本職が言っているからその通りなんでしょうねぇ~・・・

以前から凪日記には育児を経験された方の共感性が高かったこともあって、そうなんだろうなあと思いました。

> 私は狩猟をしている時に犬が必要になってしつけも教わりました・・・
> 猟犬はしつけが出来ていないと命に関わりますからねぇ~・・・
> あの時は山を走り回ってストレスを解消していたなぁ~・・・

一瞬、パピヨンのチャイ君が猟に同行しているところを想像してしまいましたww
猟犬としてのしつけは、家庭犬としてのしつけとまたちょっと違って、大変でもあり面白くもありそうだと想像しました。山を走り回ると人間も、猟犬種の犬にとってもストレス解消になるだろうなあ。
凪ちゃんのためにと思って増やした仕事が、結果的には凪ちゃんにストレスを与えてしまう、それで蒼鳥さんもストレスで…という悪循環。そのときは冷静に考えられなくなりがちですよね。

睡眠ずっと5時間じゃ、冷静に考えることもできないでしょうね。よく気づかれて、軌道修正されたことと驚きます。

蒼鳥さんは譜読みが早いなぁと思っていたのですが、エレクトーンを7年もやっていたんですね~

エレクトーン高くて買えなかったから最終的には電子ピアノって、、、奇遇ですね~笑笑 それでバッハなんか弾いてる蒼鳥さん、素敵です♪  
本当にそうなんですよね!睡眠時間が短かいというのは、かなり頭と心の働きに影響をおよぼしますね。
最近も、忙しくて眠くてイライラすることがあったから、つくづくこの日記の大変だった時期のことを思い出しました。

> 睡眠ずっと5時間じゃ、冷静に考えることもできないでしょうね。よく気づかれて、軌道修正されたことと驚きます。

ぐっだぐだな時期も2~3ヶ月ほどありましたね。やはり軌道修正に必要なポイントも、真っ只中のときではなく、行き詰ってしばらくしてからやっと考えがめぐる感じでした。

> エレクトーン高くて買えなかったから最終的には電子ピアノって、、、奇遇ですね~笑笑 それでバッハなんか弾いてる蒼鳥さん、素敵です♪  

今思えばそうだなあ……最初はまさかバッハなんか弾こうとは全く思ってなかったですね。
譜面見て苦手意識があったり、地味な音楽だと思ったこともありww
そんなこと、今ではすっかり忘れて楽しんでいました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/663-06917a56
<< フランス組曲第6番より「メヌエット」 | TOP | パブコメ募集 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。