動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジタリアンに市民権を

「感覚の差がない(小さい)のに結果(肉食するかしないか)の大きな差はなぜ生まれるのでしょう?あらたな疑問です。」

ミクシでの人々のやり取りの中、芝生と同じようにひよこを踏みつけられるかという話などの中で、ある人がこういう疑問を書かれていました。その人が最初に思っていたのとは違い、意外にベジタリアンの人と非ベジタリアンの人の感覚の差はないと思ったという話でした。
確かに僕もそうだなと思います。
ベジタリアンであろうがなかろうが、ひよこは踏みつけられない。
ベジタリアンであろうがなかろうが、植物も命だと知っているし、植物も大切にしている。
全くそうなんですよね。そう思って、以下のことをレスしました。

「これ、面白い疑問だと思ったので考えてみました。この感覚が全員に当てはまるとかではなく、個人的な経験ですが、質問を見て、考えたので書かせていただきます。
僕は、1年前までは普通に肉を食べていましたが、捨て犬を拾って育ててからベジタリアンになったものです。
その犬は、自分にとってかけがえのない存在になりました。

もちろん、自分の愛犬を食べることなど考えられません。
同様に、牛もやきもちを焼いたり、人間を愛したりするという話を思い出し、愛犬と同じだと気が付いたときから僕は肉を食べられなくなりました。
そして、牛には、1頭1頭違う模様がついていることに気が付きました。
それは愛犬のぶちもようと同様でした。
犬も人同様に、1匹1匹が個性ある存在で、世界に1つとして同じものは存在しない。
それはまた、牛も同様。
「人間=愛犬=牛」と考えたときから僕は肉を食べれなくなったのです。今は、犬を大切にしながら、牛などの肉を食べているという自分の中での不自然さを感じずに楽になりました。

植物も育てたことがありますが、そのときはそこまでは感じませんでした。もちろん大切にしていましたが、枯れてしまっても、やはり墓をつくって泣いたりはしなかったです。そういう意味でも、スズランが枯れるのと、愛犬が死ぬのは大きな差ですね。」

この文章を読んでも、めずらしい感覚だと驚かれる人は少ないと思います。むしろ、愛犬を食べるとか、スズランが枯れたから墓を作って泣いたという人がいれば、そっちのほうがめずらしいかと。

こういう、奇異なものでも他者に迷惑をかけるものでもないに関わらず、日本ではベジタリアンに市民権がありません。どこにいっても普通に肉が出される。最近、式典に参加する機会が多く、ほとほと嫌になりました。昔は肉が大好きでした、しかし今は、肉だけはもう絶対に食べられません。

僕は基本ヴィーガン(動物性の食品をいっさいとらない)です。卵や牛乳をとらないのは、なぜ?といわれることが多いのだけれど(実際に、卵と牛乳はとるというベジタリアンも多い)、彼らの扱われ方が酷いためです。現実として、めんどりだけを残すために、オスのひよこは生きたままシュレッダーにかけられたりしています。

忙しい時期、どうしても他者と外で食事をとることになってしまうと、大変困ります。他人に食うなとか言ってないのに、なぜ他者からは食えという無言の圧力があるのか。(選択肢がないという意味で)。

まだまだ、ベジタリアンが食の選択を普通に出来る時代は日本では遠いな。

人の目に触れて、理解を得るために、こうして時々、記事にしていくほうがいいのかなと思います。

今まであまり書かなかったのは、日本人は、自分とは違う考え・感覚・感じ方を見ると、自分が否定されたと思いこみ攻撃してくる人がいてやっかいだからです。日本はマイノリティが存在しにくい国ですね。他の面でも僕はマイノリティーとされるところが1つあるので実感しているのですが、それは「無いもの」として扱われます。しかし、実際は、一般に認知され、カテゴライズされたものしか存在してないわけではないのです。

コメント

ベジタリアンではない私は、「ベジタリアンって大変そうだなあ・・・」なんて思っていて、それは蒼鳥さんがおっしゃっている市民権を得られていない状況に対してもそうなんですけど、
それ以前に、頑張ってベジタリアンをしている、という風に、間違った認識をしていたような気がします。そうじゃないんですよね。食べられない、だったり、食べないことが自然、なんですよね・・・

個人個人、食に関してのみならず、何が心地良くて、何が許せないか、どこまで妥協できて、何を諦めるか、人それぞれですよね。それを個人個人が主張しまくったり、攻撃しあわなくても、自分の事は自分で護れる社会になるといいなあ、そうあるべきだなあ、と思いました。難しい事だとはおもいますが、それにしても日本の現状は画一的すぎますね。

普段考える事があまりない話題なので、蒼鳥さんが記事にしてくださるとうれしいです。ありがとうございました!
現在では肉を食べる事が当たり前として育てられています。だから大人になっても肉食は当たり前と言うことになるのかもしれません。でも、動物は食べ物ではないと言うことを当たり前として育った子供は、ベジタリアンが当たり前という大人に育つと思います。そして、何かのきっかけで、気付いた人もベジタリアンになります。ただそれだけの事だとしても、人間はその当たり前が正しいとであるという錯覚を起こすのだと思います。だから当たり前は単なる当たり前であるだけで、それが正しい事とはならないことを理解する必要があると思います。たった、それだけの事で、多くの動物だけでなく、人間の苦痛も解放されるでしょう。
 あっしは何でも食う人(と言っても、一般にゲテモノって言われるイモムシやら昆虫やらは遠慮したいですが)なので特別考えた事はないですが、言われてみれば確かにベジタリアンには外食がしにくい国かもしれないですね。これは肉使ってないかなって思っても、スープの材料やドレッシングの中身……市販のスナック菓子の中身にしたって何を使っているのやら、ですからなぁ。。
 野菜の炒め物だ~ → バターソテーだったなんて言うのだってダメな人にはダメでしょうし。。
 とあるボクサーのために完全菜食のフルコースを作る人がいる。それにしたってベジタリアンを考慮してるわけじゃない。なんだかなぁ、ですなぁ。
> それ以前に、頑張ってベジタリアンをしている、という風に、間違った認識をしていたような気がします。そうじゃないんですよね。食べられない、だったり、食べないことが自然、なんですよね・・・

なるほど、そういう誤解をしている人は多いかもしれないと思いました。
そうです、食べられない、食べないのが自然、なんです。

> 個人個人、食に関してのみならず、何が心地良くて、何が許せないか、どこまで妥協できて、何を諦めるか、人それぞれですよね。それを個人個人が主張しまくったり、攻撃しあわなくても、自分の事は自分で護れる社会になるといいなあ、そうあるべきだなあ、と思いました。難しい事だとはおもいますが、それにしても日本の現状は画一的すぎますね。

日本は、残さず何でも食べるという教育が行き過ぎたのではないかと思います。
卵アレルギーの人(うちの妹)なんかもいますが、親が学校にもうしわけなさそうに「うちの子はアレルギーで;;」と申し出る。先生「それなら仕方ないですね」、「かわいそうに」というような対応。体質の違いまでもがそのように、「いけないこと・かわいそうなこと」のように扱われるのだから、個人の感覚という目に見えないところだとなおさら今の日本では難しいかもしれません。

アメリカの映画で、こういうやりとりがありました。
子供「僕ベジタリアンになることにしたんだ」
父親「なんでもっとはやく言わない?」
子供「今日決めたんだ」
なんて素晴らしいやりとりだろうと思いました。これが、日本だったら、「そんなことを言うもんじゃない」とか「お前は間違っている」とかいう話になると思います。

> 普段考える事があまりない話題なので、蒼鳥さんが記事にしてくださるとうれしいです。ありがとうございました!

こちらこそ、そのように言っていただきありがとうございます。
肉食が習慣になってしまって、「考えること」が普段の生活ではなかなか与えられてないかもしれないですね。
考えることさえ、考え付かないというか、その理由のひとつとして、「肉を食べなければ健康になれない、肉は絶対に万人に必要」という間違った情報が流れていて、一般にそれが信じられていることがありますね。

>だから当たり前は単なる当たり前であるだけで、それが正しい事とはならないことを理解する必要があると思います。たった、それだけの事で、多くの動物だけでなく、人間の苦痛も解放されるでしょう。

全くそうだと思います。間違った情報で肉を「食べさせられる」ことは人間も苦痛です。
「知ってたら別の選択をしたのに」、という人のためにも正しい情報を知らせるべきですよね。
> これは肉使ってないかなって思っても、スープの材料やドレッシングの中身……市販のスナック菓子の中身にしたって何を使っているのやら、ですからなぁ。

全くそうです。最初の頃はよく、間違って買っていました。
市販のものはなかなか動物性の原料で無いものが少ないのが現状です。

>  野菜の炒め物だ~ → バターソテーだったなんて言うのだってダメな人にはダメでしょうし。。
>  とあるボクサーのために完全菜食のフルコースを作る人がいる。それにしたってベジタリアンを考慮してるわけじゃない。なんだかなぁ、ですなぁ。

ベジタリアンを考慮しているわけではない、結果的にベジタリアンも食えるメニューというのは結構ありますね。健康志向から入っているものも多く。
しかし、純粋なベジタリアン・ヴィーガンの食材をまとめがいしようとすれば、主にネット購入になっております。
ネットならそういう店が結構あり、都心にもそういうレストランはかなりあるようだけれど(東京の「なぎ食堂」というところがベジタリアン対応でしかも、そこの店主さんは「犬を家族として共に暮らしている自分と動物を食べる自分に、なんか折り合いを付けられなくなったから食うのを止めた」とブログに書いておられてウケましたw)、地方となったらベジタリアン対応の店とかさっぱりありません。
何だかとても興味深かったです。
こういうお話、読めて良かった。

人って自分に身近なことじゃないと、あまり考えなかったりしますよね。
食物のアレルギーがある友人は、昔は理解されなくて苦労したと言ってました。ちょっと違うかもしれないけど、先端恐怖症の人や高所恐怖症の人も、よく知らないとただの戯れ言のように扱われたり。でも、自分の友人がそうだったりすると、「そうなんだ」と思って、そのことについて考えたりします。
だからいろんなことを知ったりする機会は多い方がいいと思うんですよね。いろんな人が普通に暮らしやすい世の中が、いいですよね。
知らない人が聞くと「何かの戒律ですか?」って言われそうですねぇ~・・・
まぁ~世の中そんな程度しか認識は無いのが現状ですぅ~・・・
個性を大切にしないと行けない時代なんですが・・・
時代が付いてきていません・・・
アメリカのレストランには「ベジタリアンメニュー」が大抵ありますよね。
お寿司やさんにまでベジタリアンメニューがあって、ビックリしました。

日本はかなり遅れているけど、もうすく追いつくと思います。

最近はアレルギーのある人多いから、フェミレスのメニューも、原材料名を載せているところも増えてきたし...
これから少しずつ整っていくのではないかと期待します。

話変わって...
私は中国野菜の安全性が問題視されていた時期から、中国産の野菜は買わないようにしていますが
レストランに入ると、どこの野菜使っているか、もう分からない!

大変だと思うけど、レストランにメニューに、外国産野菜使っているかどうか書いて欲しいです~。

地球温暖化ストップするためにも、外国産の野菜や果物より、地元のものを食べた方が、輸送による二酸化炭素排出量を抑えられて、良いんですよね。
レス遅くなってすみません。

まだ、日本ではベジタリアンが少ないために、あまり聞く機会のない話かもしれませんね。

> 人って自分に身近なことじゃないと、あまり考えなかったりしますよね。

確かにそうだと思います。犬についても、実際に自分で育てることになってからです、たくさん勉強して考えたのは。結果、もっとはやく知っておけば良かったということも多々ありました。
なので、逆に先に何か知ることになる機会があると、後でよかったと思うことがあるかもしれないですね。

ネット上では、ちょっと変わったことを書くと、知らない人から心無いコメントをもらうことも多く警戒しますが、発信していくことで、人々に理解を得られることもあると思うので、余裕のあるときに時々書いて威光と思います。
> 知らない人が聞くと「何かの戒律ですか?」って言われそうですねぇ~・・・

たまにそういうことを言っている人もミクシでは見られましたね。

> 個性を大切にしないと行けない時代なんですが・・・
> 時代が付いてきていません・・・

海外先進国では普通のことなんですが、まだ日本は遅れていると思います。
日本は経済に関しては先進国なのですが、福祉関連の面においては海外先進国に大いに遅れをとっていると思います。
> アメリカのレストランには「ベジタリアンメニュー」が大抵ありますよね。
> お寿司やさんにまでベジタリアンメニューがあって、ビックリしました。

そうなんですよね。アメリカの若者の20パーセント以上がベジタリアンなのだそうです。

> 日本はかなり遅れているけど、もうすく追いつくと思います。

本当にそうあって欲しいです。
今は本当に食べ物に困ります。

> 最近はアレルギーのある人多いから、フェミレスのメニューも、原材料名を載せているところも増えてきたし...
> これから少しずつ整っていくのではないかと期待します。

アレルギーの人のためのメニューはだいぶ最近見られるようになりましたね。

> 大変だと思うけど、レストランにメニューに、外国産野菜使っているかどうか書いて欲しいです~。

まったくです。

> 地球温暖化ストップするためにも、外国産の野菜や果物より、地元のものを食べた方が、輸送による二酸化炭素排出量を抑えられて、良いんですよね。

そうですね。僕も国産無農薬有機栽培のものに出来るだけこだわっています。
農薬もまた出来るだけ、小さい凪の体に入って欲しくないもので。
リンクさせて頂きました。
(表示まで何時間かかかるかもです。)
ありがとうございます。
初めまして
中国人の同僚でベジタリアンの人がいるのですが日本料理は野菜料理が少ないとなげいていますね 故郷の中国ではベジタリアンが満足できる本当に野菜だけの料理だけでも数千種あるそうです ベジタリアンメニューを見るたびに思うのがなぜ洋食みたいな料理ばっかりなんだろうと日々思っていて中国料理に目を向ければいいのにと思ったりしてます
こんばんは。
なるほど、農耕民族としての歴史は日本よりも中国が長いだけのことがありそうですね。
中国の元々の文化はとても独自の豊かなものがあると思います。
現在の日本は、少し前の欧米から入ってきたものの影響を受けすぎて、洋食が主流になっていますね。
中国料理に目を向けるというアイデア、いいなと思いました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/654-fb71cf4e
<< 一生のレパートリーにしたい曲 | TOP | ドラクエ3「ピラミッド」「海を越えて」 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。