動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.凪と出会った日

凪との出会いから現在までのことを、まとめて伝えていこうと思います。連載数回程度になると思います。
FC2に引っ越したときに誤って過去ログを消してしまったからというのもありますが、より分かりやすくまとめて伝えていくことが、「自分に出来ることの1つ」だと思うからです。
これは、ただの1匹の捨て犬の話しではなく、そこに繋がるたくさんの問題が隠れていますし、隠されていました。それらのことを凪との出会いを通して知ることになっていきました。そういう視点で書こうと思います。

1.凪と出会った日

2008年1月22日、その日の夜は特別に冷えこんでいた。朝方になると寒さで眠りが浅くなるほどだった。そのときに、寂しそうな犬の声を聴いた気がした。「クゥーーン」と長く細く鳴く声だった。そのときは浅い眠りの中で、夢とも現実ともつかずその声を聴いた。しかし、次の日の朝、その声が夢ではなかったことを目の当たりにすることになる。
1月22日朝、アパートのドアを開けて外に出ると、目の前にダンボールがあり、その中に仔犬がいた。仔犬は、ダンボールのすみでうずくまっていて、近づくとこちらを不安そうに見上げた。僕は、すぐにその姿を携帯電話で撮影した。飼い主になってくれる人を探そうと思ったからである。「捨て犬→保健所→殺処分」この流れがすぐに頭に浮かんだからである。
この流れを知らない人も現実には結構いるが、僕が知っていたのには理由がある。子供の頃に、トラックに入れられる犬を見たのだ。白くてふさふさした犬だった。テリア系だったろうか。それは近所の人の家で、それを見ていた人達が噂していた。”あの犬連れて行かれるのよ””保健所で殺されるのよ””かわいそうに……”そのことは強烈な印象となって心に残っていた。

hajimete.jpg

今、目の前でダンボールの中にいる仔犬。誰かが捨てたのだろう。食べ物を入れる器が一緒に入っていて、子供が使うような柄の毛布が下にしいてある。ここは、ペット禁止のアパート、ということは、このアパート内の子供が拾ってきた犬を親が、誰かがなんとかしてくれないかと捨てたのではなかろうか。

仔犬は痩せて震えていた。まずとにかく食べ物を与えよう。慌てて家の中に戻ると、何でもいいから食べられるものをとパンをつかみ少し温めた牛乳をかけて仔犬のところに持っていった。仔犬は、それを見て(匂いを嗅いで)一瞬固まったかと思うと、むさぼるように食べだした。そうとう空腹だったのだろう。食べ終わると少し元気になったのか、ダンボールから乗り出してきた。

image3510528[1]

結構食べるなあ、じゃあもう1枚。また、食パンをとりにいく。牛乳をかけ、仔犬のところに戻ると……いない!?あたりを見渡すと、姿が見えた。隣の庭で遊んでいたようだ。仔犬は食パンを持った僕に気が付くとなんと走ってきた。さっきまで震えて元気がなかった仔犬の目覚しい回復力には驚かされた。その元気さの理由は後に知ることになる。

とにかく誰か里親を、それから数日は仔犬を家に入れた状態で、飼い主を探すことに専念することになる。小さなぶち模様の体、白地に頭だけは全部茶色で目の周りには濃いラインが入っている。なんか、化粧しているみたいだなあ、この犬、しかも初めて見る模様。ネコとイヌの合いの子みたいだ。とにかく、仔犬の第一印象は「なんじゃこりゃ!?」だったのである。(つづく)

コメント

子犬の頃の凪ちゃん、かわいい・・・。

そうですか。2人の出会いはこんな感じだったのですね。
最初は蒼鳥さんも里親を探していたのか〰。

でも現在も一緒にいるということは、今からホダされていくのですねww。

「その元気さの理由は後に知ることになる」
伏線ですね。気になりますww
そうですよね。
出会いがあったから今があるのですよね。
蒼鳥さんとお付き合いさせていただいた頃から凪ちゃんは
いつも傍らにいたからずっと一緒の感覚だったのですよ。

ピアノを練習していても
そばに寄り添って聞いてくれているのですかね。
野田さんは一人でジミーに黙々とやっていますが、
ワンちゃんが聞いていてくれる環境は
少しうらやましいし、かっこいいかも!

悲愴聞きました。感想遅れてごめんなさい。
譜読みがビックリするくらい早いですね。
ツェルニー系ばっかりやってると曲の譜読みに
てをかけるのが恐い風でもあります。
今も可愛いけど、子犬の頃も可愛い!!(うちのハムも可愛い!!!)

ちょっとクタクタした感じが、守りたくなってしまいます。

ペット禁止のアパートにいらっしゃったんですか?

どういう経緯があったのか、続きが気になります。
蒼鳥さん
まず、悲愴。聞きましたv-353心が落ち着くペースで悲愴なのに、穏やかな気持ちになりました。
ありがとうございますi-185
そして凪ちゃんe-266
1月のそんな寒い時期に捨てられていたんですね(泣)可哀そうに。。。
でもほんとうによかった!!蒼鳥さんに見つけてもらえて。
蒼鳥さんの幼い時の保健所の記憶。
私も小学校3年の頃の記憶を思い出しました。忘れもしませんが、飼っていた「ロン」という猫が子供を産みました。2か月ほどたったある日突然ロンも子猫もいなくなったのです。
母親に尋ねると、「近所の人がうるさいから保健所にもっていった」
と言いました。
信じられませんでした。私の中にはっきりと保健所≒死とまでは知りませんでしたが、何となくわかっていました。殺されるんやと。
母親の背中を見ながら悔しい悲しい怒りの、心配の、喪失感の涙があふれて止まりませんでしたが、母親が怖かった私はそれ以上何も言えなかった。

子猫を抱えたロンは保健所でどんなに怖い思いをしてるのか。。。小学生の私にでも手に取るように想像できました。
ロン、ほんとにごめんね。。。

凪ちゃん。蒼鳥さんから幸せをいっぱいいっぱい受け取ってね。よかったね。ほんとによかった。
庵さんお久しぶりです^^
もう2年もたつのですねぇ・・
この写真を見ると思い出します・・・
初めて庵さんのブログで凪ちゃんに会ったことを・・・
寂しい目をしていた凪ちゃん・・・
今は凛とした瞳の凪ちゃん・・・
なかなかコメントはできませんが、これからも凪ちゃんのことは影ながら見守っていこうと思うのです^^
懐かしや~☆
でもちょっと、と言うかだいぶ細かい内容まで……そんなにすきっ腹だったのね、凪。。。
最初は、「ペット禁止アパート」だったために、探そうとしていたのですが、
物理的にも心理的にも色々とあり、今の状態です。

> 「その元気さの理由は後に知ることになる」
> 伏線ですね。気になりますww

伏線つくるの好きです。
小説書いていた頃の名残でついつくってしまいますw
次回内容は明らかにします。
そうですね、野田さんと知り合った頃はすでに凪がいましたね。
その前は、凪もピアノもなかったのですよ!
今としては考えられません。

> ワンちゃんが聞いていてくれる環境は
> 少しうらやましいし、かっこいいかも!

ヘッドフォンをしているときも結構あるけれど、多分犬の耳には聴こえるだろうなあ。
野田さんの演奏も、バスティンちゃんが聴いてくれますよ。

> ツェルニー系ばっかりやってると曲の譜読みに
> てをかけるのが恐い風でもあります。

確かに、ツェルニーは練習曲だけに譜読みは難しくないですね。
譜読みと暗譜が面倒な曲は弾きだすまでに時間がかかります。
特に、黒鍵だらけのやつは暗譜しにくいです。
> 今も可愛いけど、子犬の頃も可愛い!!(うちのハムも可愛い!!!)

昔の凪も今の凪も、所さんのハムも可愛いです!!!!!

> ちょっとクタクタした感じが、守りたくなってしまいます。

クタクタwwまさにそんな感じですね!

> ペット禁止のアパートにいらっしゃったんですか?

そうなんです、色々ありました……
これから書いていきます。
irieさんのリクエストで、初のベートーベン挑戦ですが、
練習しているとどんどん好きになってくる曲です。
こちらこそ、リクエストしてもらって良かったです!

> 1月のそんな寒い時期に捨てられていたんですね(泣)可哀そうに。。。

一番寒い日に捨てるとか何考えているのだか、多分何も考えてなかったのだろうな、捨てた人は。

「ロン」ちゃんのこと、そんなことがあったのですね……
自分の無力さを呪うこと自分にも何度かあったので良く分かる気がします。
その経験はつらい記憶として残ってしまってても、だからこそというのもあるのか、今いる動物達にたくさんの愛情を与えられていると。
でも、無理はされないで下さい。(半分自分にも言っている)。
お久しぶりです!
ことぴさんとは、凪と出会う前からの付き合いですね。
最初は見るからに「可愛そうな仔犬」だった凪。
本当に、凪の表情は明るく変わったと思います。

> なかなかコメントはできませんが、これからも凪ちゃんのことは影ながら見守っていこうと思うのです^^

ありがとうございます!
そう、今回のほうがずっと細かいです。
あの頃は、リアルタイムだったこともあって、客観性は薄かったと思います。
今のほうがむしろ全体像を思い出せたり、あれはこういうことだったのか、と今になって分かることがあり、
書きがいもあります。
先日は、私のブログにコメントをいただき、ありがとうございました。

捨てられていたわんちゃんを飼っているのですね。凪ちゃんという名前なんですね!女の子ですか?
ドキュメンタリーみたいな凪ちゃんのお話、おもしろそうです。楽しみにしていますね。

悲愴聴きました。難しい曲ですよね~!うちに楽譜があったので3小節くらい弾いてみましたが、手が疲れすぎて長く弾けませんでした。保持音が多いんですよね。だからこそ、厚みのある和音になるんでしょうけれど・・・

どなたかが書かれていましたが、とてもクリアな演奏で、聴いていて心地よいです。ここまで弾けるようになると、楽しそうですね~!分けて練習される方法、集中できて効率が良いかもしれませんね。長い曲をやるときには参考にさせてもらいます~
こちらこそ、訪問&コメント返しありがとうございます。

> 捨てられていたわんちゃんを飼っているのですね。凪ちゃんという名前なんですね!女の子ですか?

この顔だけれど、一応オスです。
もうすぐ3歳になろうというのに、まだ「何ヶ月ですか?」とも言われますw
女の子顔で童顔のようです。

> ドキュメンタリーみたいな凪ちゃんのお話、おもしろそうです。楽しみにしていますね。

ありがとうございます。なんだかどんどん思い出し、書きたいことがいっぱいあるので、勢いよく書いていけそうです。

> 悲愴聴きました。難しい曲ですよね~!うちに楽譜があったので3小節くらい弾いてみましたが、手が疲れすぎて長く弾けませんでした。保持音が多いんですよね。だからこそ、厚みのある和音になるんでしょうけれど・・・

悲愴の保持音は疲れますね。なので、一度にあまり長くは練習出来ないです。

> どなたかが書かれていましたが、とてもクリアな演奏で、聴いていて心地よいです。ここまで弾けるようになると、楽しそうですね~!分けて練習される方法、集中できて効率が良いかもしれませんね。長い曲をやるときには参考にさせてもらいます~

保持音のまま和音なので、音も乱れやすく、そうならないように注意して弾きました。
クリアに聴こえてよかったです。
分けて練習する方法は、忙しくて弾けない日があっても、短く区切って弾きこんだ分は忘れないというメリットもあります。忙しい方に向いていると思います。あと、インペンションはいっぺんに覚えにくいので、これはかなり向いている!と思いながらやってます。
どうも。

凪君、本当カワイイですねw
いおりんは文章を書くのが上手いのか
普通に読み物として面白いです。

犬を捨てる行為は許しがたいですが
凪君に会えて、本当に良かったですね。
犬は無償の愛で接してくれるので
一緒に居ると、とても癒されます。

良い出会いがあれば、いつかまた
シュナちゃんも犬と一緒に過ごす生活を送ってみたいです。
どうも。

読み物として面白いとは嬉しいです。
こういうのを書いていると、小説を書いていた頃の感覚が自然によみがえってきます。

犬からもらう無償の愛はかげがえのないものだと日々感じます。

良い出会い、そうですね、またあるかもしれないですね^^
あぁ・・・
凪たんの相変わらずの愛くるしさには鼻の下がのびますv-10
でも・・・
一枚目の凪たんの瞳。
切ない眼差し(/_;)

懐かしき運命の出逢いの日ですね。
ワタシもついついチビ達との出逢いの日を思い出します。
知ってはいても、続き気になりますv-237
蒼鳥さんと凪くんが出逢って、お互いにどんどん素敵に変化していくのをリアルタイム見せていただいて、感動をいっぱいいただきました。
改めてくわしいことが語られるのですね。
楽しみにしています。
お久しぶりです!

仔犬の凪も可愛かったけれど、でも1枚目の凪は今見ると、悲しくなります。
今の表情と全然違うなあと。

このときのことは時が過ぎた今でも強い印象で思い出します。

うにょさんとは、凪のことがきっかけで知り合ったこと思い出します。
ありがとうございます。
もものりさんもリアルタイムで見てこられて、コメント頂いたことを思い出します。
今回は、以前のドタバタ状態より客観的になれているので、
くわしく書いていけそうです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/641-7703db80
<< インベンション13、ソナチネ5-3経過 | TOP | ベートーベン・ソナタ 「悲愴」第2楽章 経過 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。