動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーベン・ソナタ 「悲愴」第2楽章 経過



途中経過です。今のところ4分の1くらいです。その後、1部繰り返しが出てくるので、約3分の1が終わったということか。
テンポは、このくらいがいいらしかったので、このくらいにしてみたのだけれど、なんだか遅いとノレないため、むしろ弾き難い。もう少しだけテンポアップしようかな。
これは保持音がクセモノの曲です。ちょっとしたことでアラが目立つので聴いた感じより気を使います。
ペダルとか1小節に3回くらい踏み分けています。

ピアノを弾いていると凪がピアノの下にやってきて寝るのだけれど、ペダルを踏んでいる足の甲に頭を乗せてくれるので、ペダルの練習が出来ないときがありますw
凪は、枕など頭を高くしないと寝ないのですよw ピアノの下に来たときはペダルを踏んでいる足の甲は、凪が頭を乗せるのにに丁度いい高さなのですw

あと、ソナチネ5番3楽章とインベンション13番を平行練習中。
ソナチネはもうすぐ仕上がりそうだけれど、インベンションははじめたばかりで、ゆっくりやる予定。

コメント

(-_ - )ンー 遅いと言われれば遅いような気も……いや、それよりも、苦手な感じだから一音一音硬いのかな?
(ー'`ー;)う~ん・・・・

凪にはそんな癖があるんですねぇ。
あぐらかいてたら足首辺りに頭乗っけてきそうだなぁ(^ー^* )フフ♪
聴きました~・・・とりあえず順調に進んでおられるようですね~

ところで蒼鳥さんは今回のように少し長めの曲だと
曲を区切って練習されるのですか?
またこの時点でまだ全体を通して弾いたことがない、
あるいは後半はまだ全く手をつけていないとかだったりするのでしょうか?

なんか自分と練習の仕方が違うようなのでよろしければ教えてください。
音が硬いのは、「モダンピアノ」という音色を選んでいるからです。
硬い音で、高音になれは特にキンキンします。
普段使っている「クラシックピアノ」の音色のほうは、
この曲を弾くと、もわっとなってなんだか好みではなかったのです。
苦手といえば、ソナタ系は特に苦手というほどでもないですが、
やはり遅いのよりは、ピロピロして速いほうが弾きやすいようです。

凪はとにかくくっついてきます。
寝てるとき足首を枕にしてたりもするので蹴らないように気をつけていることも。
夏は暑いけれど、これからは重宝します。
時々だれながらも、とりあえず順調です。
すぐ飽きるので、昨日練習結構して今日は飽き気味というときは、
2回ほど弾いて保留したりしてます。
えめさんみたいに一気にとはなかなかいかないです。

曲は区切って練習しますね。
短い曲でも、多くの場合、今日は前半は通して弾いて、後半は一通り譜読みとか区切ることもあります。

長いものになると、曲を切り替わりごとに5分割くらいして、「いつごろまでにパート1をする」、
とか計画を立ててます。
なので、

> またこの時点でまだ全体を通して弾いたことがない、
> あるいは後半はまだ全く手をつけていないとかだったりするのでしょうか?

その通りです。
私は通しで弾くのが好きだから、いつも冒頭部分ばかり練習して、苦手なところはいつも苦手なまま...ということがよくあります。
蒼鳥さんの分割して練習という方法
新鮮です。私には。

「悲愴」というよりとても明るくて楽しそうな曲に聞こえるな~と思ったら
凪くんが足にじゃれついてきたからなのですね。
音符がハートマークになっていますよ!

もっとくらーくて、おもーい曲だという印象があったので、意外な「悲愴」でした!
どうも。

この曲、とても名曲ですよね。
マグりっとさんが弾いていたのを
記憶しています。
初級者でもこんなん弾けるの?と
かなりビックリしてしまいましたw

いおりんは何だかもう初級者のカテゴリではなく
中級者の感じですよね。
納得の選曲かな、と思います。
ベトソナ弾きたいから、憧れですw

シュナちゃんも非常に飽きやすいので
長めの曲になると、譜読み途中で
心が折れてしまう事がありますw
通し練習も大好きなのですが、それは一通り譜読みが終わってからの
お楽しみになりますね。

凪君、カワイイですねぇ。。。
シュナちゃんの愛犬は、脇の下から
顔を出してくる事がありました。
もうめっちゃ笑顔で顔出して、シュナちゃんの顔をペロペロするんですよね。
あー、もう超カワイイ!!

これ、最近気に入った犬動画です。
勝手に貼りますww

http://www.youtube.com/watch?v=hwycqhVmERI

ジャックラッセルテリアじゃなくてスミマセンw
シュナちゃんは黒い犬のが好みw
> 私は通しで弾くのが好きだから、いつも冒頭部分ばかり練習して、苦手なところはいつも苦手なまま...ということがよくあります。

この分割練習でもやはり冒頭が弾きやすくなってしまいます。
弾けるようになった部分が弾いていて楽しいというのがあるのでどうしてもそうなりがちです。

> 蒼鳥さんの分割して練習という方法
> 新鮮です。私には。

あんまりする人いないのかな。結構やりやすいです、個人的には。

> 「悲愴」というよりとても明るくて楽しそうな曲に聞こえるな~と思ったら
> 凪くんが足にじゃれついてきたからなのですね。
> 音符がハートマークになっていますよ!

凪が足を枕にしていると、ペダル練習しなくていいや、となりますw
明るい楽しい曲に聴こえましたか。そういう路線で弾いていこうかな。

> もっとくらーくて、おもーい曲だという印象があったので、意外な「悲愴」でした!

この悲愴は、全体を通して、タイトルの割りにそんなに重くないのですよね。
月光やテンペスト、熱情なんかは3楽章は激しくて「思い切り短調」なイメージなんですが、
この曲は3楽章でもそんなに重くないという。
どうも。

ああ、多分、マグさんが弾いておられたのは、「月光」1楽章です。
同じベートーベンでちょっと感じが似てますね。

この曲、正直本当にきついです;
明らかに今まで弾いてきた曲(モツソナ イ短調は途中までだったので弾いたとは言えない)の中で一番難しいです。今も、仕上がっても汚い演奏になるかもという不安の中練習しています。
でも、たまにはそういう挑戦もすることが力になると思っています。

> いおりんは何だかもう初級者のカテゴリではなく
> 中級者の感じですよね。

全音では、中級第3~4過程としてある曲を練習することによって力がついていると感じるので、
初級は終わっているとみていいのかな。

> シュナちゃんも非常に飽きやすいので
> 長めの曲になると、譜読み途中で
> 心が折れてしまう事がありますw

長い曲は長いというだけで、プレッシャーがありますね。
また、ひととおり弾いても途中でミスするとそれが嫌になって、また最初からとかやってしまうので、
こうして区切ってやらないと、つい最初から弾きなおして進まなくなりがちです。

> シュナちゃんの愛犬は、脇の下から
> 顔を出してくる事がありました。

あ、それもやりますw
メシ食っていると、「何を食べているのか?」という感じでにゅっと伸び上がってくる。
無理やり顔を出そうとすると顔が変形するのも可愛かったりww

動画見ました!
2匹とも目が「真剣!」なのがたまらなく可愛いです!
なんか、犬動画見だすと、色々と見てしまいますw
蒼鳥 庵さんはじめまして。
mikoと申します。3日前にブログを始めた初心者です。
ピアノも今年4月に始めた初心者です。

それで、vicさんのブログに辿り着きコメントでご挨拶したところ、庵さんがエレクトーン経験者だと教えて頂きました!

すごいですね~!実は悲愴第2章は、私の目標とする曲の一つなんです!!!
音全然濁ってないし、一音一音とても澄んだ感じに聞こえます。

私も子供の頃エレクトーンを習っていたのですが、おそらく10年くらいは習っていたので、歴だけは庵さんより長いかもしれません。実力があるかは別として。。。

でも同じエレクトーン経験者として、庵さんの演奏とても励みになります。
ブルグの動画もアップされてるんですね!
貴婦人の乗馬、ぜひ参考にさせてくださいm(_ _)m
はじめまして。
mikoさんもエレクトーン経験者なんですね!しかも10年とは長いですね!
エレクトーンの頃は、子供だったこともあって、だらだらやってましたw
今は独学ですが、ピアノのほうがよほど練習しています。
ピアノをはじめるまえ、最初はエレクトーンがまた欲しいと思ったのだけれども、
ステージアにしても高いですしね。

> それで、vicさんのブログに辿り着きコメントでご挨拶したところ、庵さんがエレクトーン経験者だと教えて頂きました!

vicさんのところ見てきました。vicさん、出会いをありがとうございます。
このブログにリンクさせてもらっている方では、他に「独学ピアノのおぼえがき」の小葉さんもエレクトーン経験者です。

> すごいですね~!実は悲愴第2章は、私の目標とする曲の一つなんです!!!
> 音全然濁ってないし、一音一音とても澄んだ感じに聞こえます。

悲愴2楽章は保持音が弾きにくく、あいまいな演奏になりやすいです。
ペダルの踏み方も自分で調整するしかないので、濁らせないことと、
音をあいまいにしないことに気をつけて練習してました。そう聴こえたようでうれしいです。
さすがに目標というだけあって、まだ弾いてなくても弾くときのポイントを押さえられていると思いました。

ブルグも聴いて頂きありがとうございます。
動画が参考になると幸いです。
おお。すばらしい。とても綺麗な曲です。仕上がるのが待ちどおしいです♪
早さは、わたしも蒼鳥さんと同じで、もうちょっと早い方が好みかも。
そのせいか、「蒼鳥さんがなんかちょっと早めに弾きたがっている気がする」と記事を読む前に思いました。
当たったのかなぁ?ww

凪ちゃん超かわいい。
右足が大変だけど、想像するとほんと顔がにやけてしまいますww。

>mikoさんへ
ご紹介にあずかりました小葉といいますwww
おお。エレクトーン→ピアノ転向組なのですね。
やっぱりいるんだなー。
よろしければ仲良くしてやってください♪
そうですね、当たってます。やっぱりもう少しはやく弾いた方が弾きやすいです。
無理して遅くすると練習していてテンションが下がるのでやはりもう少し速めに弾くことにしました。

> 凪ちゃん超かわいい。
> 右足が大変だけど、想像するとほんと顔がにやけてしまいますww。

凪が可愛いので、そんなときはペダル練習諦めますw
これからはくっつかれて暖かさがありがたい季節ですw

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/640-cbbb7ac3
<< 1.凪と出会った日 | TOP | エレーヌ・グリモー >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。