動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツェルニー100番 28~30



この中で問題だったのが30番。右手の小指が伸びたままなので3・5の3度が弾きにくかった。
右手の小指は力が入っているから伸びきっているとかではなく、ポキポキ音がしたり関節が痛くなったりするので、以前の突き指のせいか(エレクトーンやってたくせに、バレー部に入っていた小学生時代;もう、バカかとww今の自分がそれを見たら全力で止めるw)、もしくは生まれつきだと思うから残念ながらどうにもならないと思う。指の独立をうながすことでカバーは出来るかもしれない。ただ、すでに速い曲を弾いていると引っかかる感じが出るときがあって困ったものだ。

それはいいとして、現在練習中のもの。
・悲愴第2楽章(難しくて全然指が覚えない、3ヶ月くらいかかる見込み)
・ギロック「悲しいワルツ」(楽しい息抜き)
・ソナチネアルバム5番 クーラウOp.55,No.2 3楽章
・ツェルニー100 31番

ソナチネは、1周目のときに7・8・9・17・4番と、5番の2楽章まで終わらせていたので、その続きからすることにした。あの時は飽きていたし、難しくてつらかったけれど、今回再開してみたら楽しく、少し楽になっていた。ソナチネを再開しようと思った理由は、振り返るとソナチネアルバムをやったあたりでピアノが上達してきた、と思っているのと、あと、「モツソナ イ短調」のような長いソナタを弾くには実力不足だったので易しいソナタで鍛えておこうと思ったことがある。それで、ソナタアルバム1も買ったのだけれど、ソナチネアルバムの中のソナタ4曲が丸々入っているのはなんか損した気分になった。同じ全音の楽譜なのだから、どっちか一方に載せればよいだろうに。

それから、「ソナチネアルバム 練習順序」などで検索してくる人が多いので書いておくけれど、自分だったら、全部弾く場合を想定すれば(個人的な予定では全部弾かない)、
7・8・9・17・4・5・6・1・10・11・12・2・3でソナチネを終わらせ、
15・14・13・16とソナタを弾くと思う。
また、他の曲集と併用の場合、全部弾くことはあまりなく、飛ばしながら数曲やっている人が多いらしい。

コメント

30番の3度はやばいですよね。
あれは苦労しました。
野田さんが苦労して結局できなかった
ところ、綺麗に出来ていてさすが、
師匠でございます。

ソナチネは以前難易度教えていただいてそうなのか、
と教本を見ていますが、やはりここは順番通りにぶち抜いて
撃沈したいと思います。いま、きゃつが滞っているのは1-3という、
分厚くしかも長いかべがたちふさがてますね。
ブルグののりで、順番には撃沈の臭いが強くなっております。

このツェルニー3曲はいいですね!
なんか3曲まとめて森の音楽隊みたいな楽しい雰囲気がしましたw

ソナチネまたされるのですね~
オレは古典をまるでやってないのでやらなきゃいけないんだろうなと思いつつ、全く興味がわかずどうしたもんかなーと思ってますw
28番の3度もかなりきつかったと思うのですが
綺麗に弾けていますね!
というか、もう30番まで来ちゃいましたか。
戦メリやゲーム曲を仕上げられていたのに
ツェルニーも滞ることなく、すごいです~。

蒼鳥さんソナチネ再開されるのですね。
野田さんの所にいらっしゃる方でも
ソナチネ本格的にやられてる方いないので
楽しみです。私はまだブルグがあるけど
早く追いつきたいです!
ブルグ半分もやらないでソナチネにいっちゃいたいw
練習順序は参考にさせて頂きたいと思います。
鍵盤やっててバレーとは。。
なかなかチャレンジャーと言うか何と言うか、やんちゃですなぁwww
野田さんの30番は速度が速いですね!
30番は、音が抜けないようにするので精一杯でした。

ソナチネ1-3は長いですね!
けれど野田さんは長い曲でもしっかり少ないミスで弾ききられるので、
長い曲に対応出来る集中力を持っておられるように思います。
ソナチネの2番、3番はかなり難しいらしいから、
そこを超えたらあとは全部楽ともいえますね。
「森の音楽隊」いいですね。
長調の3度は明るくハモって楽しい雰囲気だと思います。
弾くときはきついけれども。

ソナチネは、将来ソナタを弾こうと思っている場合は、
ソナチネなしでソナタというのはきついと思うけれど、
そういう予定がなければ、ソナチネでなければならないということはないんじゃないかと思います。
はい、28番の3度もきつかったです。
後に弾いた30番がよりきつかったので、すっかりふっとんでましたがw
曲は何曲か並行して練習した方が合っているみたいです。
なんせ飽きっぽいので、1曲を1時間も弾いていると多くの場合、嫌気がさしてきます;

ソナチネやっている人、周囲で少ないんですよね。
野田さんとシュナさんがやっておられるけれど、後はいないなあと。
ソナチネ、予定に入っているということで嬉しいです!
マンゴスチンさん、ブルグ飛ばしてもソナチネ十分弾きこなせそうです。
鍵盤やっててバレーとか、全く何考えてんだと言いたいです!
多分何も考えていなかったのだろうけれどww
エレクトーンとバレーww。
今の蒼鳥さんの印象(=落ち着いていらっしゃる)からはあんまり想像つかないです。
私の小学校の頃はエレクトーンと水泳。つき指とは縁がなかったですw

29番の右手がすごく回っているのが、すごいですね〰。
キレイに弾けたら気持ちよさそうです。

同じく小指が伸びている者です。

私の場合、パキパキ音はしないし、突き指の経験もないし、クセなのかなあと思いますが
3度の和音ですか、そうですか。
きっと苦労するでしょう。

29番の右手の動きが素早く滑らかでしかも正確...
素晴らしいです。

「悲愴」をクビを長くして待っております!
どうも。

本当、もう30番なのですねぇ。
譜読みの早さ、羨ましいですw

この3曲、シュナちゃん目に見ても
全部キツいと思うのですけど
軽快に弾きこなされていて凄いと思います。
28番は全部3度だし、29番は超スピードのドソミソでしょう。
そして30番は符点和音のマーチ!!w
やる気が出ない曲調だと思うのですが
きちんと仕上げられていると思います。

シュナちゃん、30番ヤバそうだなーw
練習途中で飽きちゃいそうです。。。
「悲しいワルツ」弾かれるんですね!!いい曲ですよね~。楽しみです。

ソナチネ、娘が発表会などの選曲をそこからしようかと言う話になっていて、
近いうちに買わないといけないので、買ったら私も何か弾いてみたいと思います!!
その頃は、鍵盤楽器(当時はエレクトーン)をやっていたものの、
そんなに重要ではなかったのだと思います。
もし、重要だったらそんなことはしないだろうと。

水泳は鍵盤に安全なスポーツですね!

29番みたいなスケールは割と好きです。
3度が苦手なので、間に29番があって助かりましたw
3度は多くの人が苦労するみたいですね。

スケールは割と好きで弾きやすいから、29番とかははやめに仕上がりました。

「悲愴」はかなり長くかかりそうです。
これは長くかかるものだと思って、いっぺんにやらずに、少しずつ譜読みしています。
どうも。

他のと平行してやってみたら、今のところ、むしろ飽きずにいいみたいです。
確かに、曲調はやる気の出ないのが多いですがww

> シュナちゃん、30番ヤバそうだなーw
> 練習途中で飽きちゃいそうです。。。

もし本当に飽きてしまったらブログタイトル変わりそうですね^^;
「悲しいワルツ」音数は少ないけれど、フラットが多くて指が覚えにいです。
でも、もうすぐ仕上がりそうです。
はまって弾けるいい曲だと思います。

> ソナチネ、娘が発表会などの選曲をそこからしようかと言う話になっていて、
> 近いうちに買わないといけないので、買ったら私も何か弾いてみたいと思います!!

おおー!それはぜひぜひ!
めめさんとみみちゃんのソナチネが聴けるとは嬉しいです!
vicさんに続いて、同じく小指が伸びてる者ですw
ちなみに、小学校の頃は水泳だけでした。
庵さんも小葉さんもそうでですが、小さい頃に
楽器触ってた人は、やっぱりどこか出す音が違いますね。

29番いい感じです。なんかすっごい楽しそうで、
とても似合ってます。
3度は庵さんでも苦労するんですね。
自分がダメでも仕方ないと思えます。(って言い訳にするなよ>自分)

ソナチネかあ‥ツェルニーと同じく敷居が高い・・・
ただ、ソナタを含めてクラシックはまだ弾いてみたいし‥
ブルクの後、何やるのがいいのか悩み中です。
「次はコレやるといいよ」とかお勧めあります?
28番の三度が、キレイに軽快に弾けててすごい!

30番、先に越されちゃいましたね。

何度弾いても音抜けがするので、あきらめてアップしようかなぁ。

実際飽きてきて、31,32番を並行してやってます。
30番と31番がごっちゃになってましたv-356

今やってるのは、31番だったv-394




ヤスタネさんも水泳なんですね。
水泳は、今もやっている子供が結構いるようで、
うちのアパートの前にもスイミングスクールのバスが時々止まっています。

子供の頃エレクトーンはだらだらやってたのですが、
今ピアノを弾く上で、それでもそれなりに役に立ってたかなと思います。

スケールは何故か弾きやすいですが、3度は指の独立がかなり必要なものがありますね。
ギロックのエチュード、あれは思い切り3度の練習ぽかったので試してみたら、
ぎこちなくてこれは曲になるかどうかも分からんと思いました;

ソナチネはずっと弾いていると飽きてくるというのはあるけれども、難易度の幅が結構広いと思うから、ソナチネの中で易しいものはブルグ25の範囲で弾けると思います。

オススメは、自分だったらソナチネアルバム以外で選ぶとしたら、
モーツァルト 「6つのウィーンソナチネ」(これは結局ソナチネか)、「幼年時代・ロンドの学習帳」とかかなと思うけれど、古典にこだわらなければ、トロイメライを素晴らしく演奏されるヤスタネさんには、「シューマン ユーゲントアルバムOp.68」なんかよさそうだなあと思います。最初の数曲は易しいけれど、中盤以降はソナチネ~易しいソナタレベルくらいの難易度のようだから、練習にも丁度よいのではないかと思いました。あとは、ブルグ18も良さそうです。
了解です、30は31のことですね。

31やりかけてますが、音抜けしやすいつくりになっているのですね。
こころしてかからねば!w
32は32で見ただけでうげっと思いました。
半音階苦手です;;

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/633-67c97888
<< 1クリックで救える命 | TOP | ドラクエ3 「ほこら」「ジパング」 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。