動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンタル



グラナドス作曲の「オリエンタル」。
テクニック的には、一部をのぞいて(その一部については後述)全体的に激しく難しいということはないと思うこの曲だけど、ただ長いので1発撮りです。何度も撮りなおしたら情景を思い浮かべる集中力が薄れて余計にダメになると思ったためです。
イメージとしては田園風景と夕焼けから、徐々に星空になる風景を想像しながら弾きました。
以前に、個人的なイメージは「海を渡る太古の文化とその哀愁」、風景としては「斜陽」。ふと今までの人生を振り返ればなんだかせつないってやつです(主人公は自分ではなくもっと老齢の人物)。と書いたけれど、弾きこむにつれてより風景の印象が強くなったと思います。

オリエンタル楽譜

後述すると言った問題、それはこのレを押さえたままのシドシドシーラシのトリル(シとラはフラット)。
皆さんならどういう指使いにしますか?
1.3と5の指
2.3と4の指
3.2と3の指

言うまでもなく、トリルに4や5が入ると苦痛である。ましてや黒鍵交じりで段差があるので4と5の指の弱さが際立つ、かすれトリルになりやすい。トリルそのものは3番の「2と3の指」がしやすいのだが、そうすると次のラを人差し指で弾くのがやりにくい。しかもその後は前打音で親指を使うのでトリル付近に集中できないという。結局3番を選んだのだけれどなかなか安定せずに困りました。

コメント

人生ってプラスマイナスしていったら、大抵の人が少しマイナスくらいなんだって、昔読んだ本にありました。

この曲聴いて思い出した。せつないなぁ。

一発撮りで、完成度の高い演奏ですね。メロディの邪魔にならずに伴奏
弾くのが難しそうv-356

私から言うのもなんですが、ますます演奏に磨きがかかってますよね。
美しい曲ですな。

>海を渡る太古の文化とその哀愁
(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン そんな感じかも☆
しっぽりしんみり、落ち着きますなぁ♪
いやー、鳥肌立っちゃいましたw
かっこよかったです。

そうですね、イメージとしてはすごく広々として壮大な風景なんですけど、
それは手付かずの大自然とかじゃなくて、
太古の遺跡とか、丁寧に拡げられた田園とか、そういう文化のあるもので、でも、その景色の中に今は誰もいない、みたいな感じがしました。で、それを遠くから眺めて自分の一生を思っているような気持ちもしました。

それにしても、左手が厳しそう!!でも、蒼鳥さん左利きですもんね!!これ、右利きの人は結構難しいんじゃないかと思いますw

指使いに関しては、私は1番がやりやすかったです。
> この曲聴いて思い出した。せつないなぁ。

なんか、壮大な風景の中で、人生を振り返る感じです。
やっぱり、幸せだったと思って死にたいものだけれども、今のところ総合すると、子供の頃に嫌なことが多かったから総合はちょいマイナスかなw

> 一発撮りで、完成度の高い演奏ですね。メロディの邪魔にならずに伴奏
> 弾くのが難しそうv-356

ありがとうございます。撮った後にも何度か弾いてみたけれど、集中力を失っていてやはりミスが増えました。
この曲は左手が目立つ上に、表示のほとんどがppとpなので、どこでもそうとう弱く弾かないといけないというやつなんですが、きっと静かな感じを出すための表示のように思いました。

> 私から言うのもなんですが、ますます演奏に磨きがかかってますよね。

ありがとうございます!好きな曲を好きに弾いている最近だけれども、上達すると嬉しいです。
ありがとうございます。
せつない夕暮れ時を思わせるメロディーが綺麗な曲だったので、
そういう気持ちで弾けるように弾き込みしました。
> いやー、鳥肌立っちゃいましたw
> かっこよかったです。

ありがとうございます!

> そうですね、イメージとしてはすごく広々として壮大な風景なんですけど、
> それは手付かずの大自然とかじゃなくて、
> 太古の遺跡とか、丁寧に拡げられた田園とか、そういう文化のあるもので、でも、その景色の中に今は誰もいない、みたいな感じがしました。で、それを遠くから眺めて自分の一生を思っているような気持ちもしました。

なるほど~、言語化するとまさにそんな感じと思いました!!

> それにしても、左手が厳しそう!!でも、蒼鳥さん左利きですもんね!!これ、右利きの人は結構難しいんじゃないかと思いますw

伴奏でかなり左手は飛びますね。確かに言われて見たら、そこにはあまり難しさを感じなかったなあ。

> 指使いに関しては、私は1番がやりやすかったです。

特に3・5は次のフレーズが弾きやすくなるのがいいところだと思いました。
結局、時々かすれてしまうのでボツってしまいましたが、4や5の指が強ければ、1番か2番の方がいいかと思います。今後、1番と2番でも弾き続けてみようと思ってます。
こんなに長い曲を1発で撮れるなんて、さすが蒼鳥さん。

オリエンタルというタイトルに誘導されてしまったのか...
石造りの古い建物が見えましたね!

過ぎ去った、賑わっていた、勢いのあった時代の名残を感じるけど
今は、野良猫が寝ているような

そうですよね、夕陽ですね~。

私もイメージを表現したいタイプなのですが
今は本当に「間違えないように...」が
意識のほとんどを占めているから
蒼鳥さんのような余裕を手に入れたいです!
をを~、とうとう来ましたね。
期待通りの演奏を聴かせていただけて、嬉しいです。
古に思いをはせる感じ出てますねぇ、スゴイです。
辛いものを飲み込んで、黙って広い草原から海へ続く景色を
見下ろしている男が一人、というイメージが沸いてきます。

楽譜のトリルのところは、自分なら1番(3と5)だなあ。
2と3の方が力はあるのですが、手の移動がしにくそうなので。

これは引き込むと味がでそうですね。全体を p で通して
レガートにしたい気がするけど優しくないんだろうな。

この曲を聴くのは二回目ですが、メロディーと伴奏の
バランスは改めて難しそうに思いました。
庵さん、お久しぶりです!
ご無沙汰してしまってすみません・・・。気まぐれな体調と付き合いながら、なんとか調子のいいときに訪れてはいるのですが、コメント残すところまでいかなくて・・・すみません。

久しぶりに訪れたら、なんとまぁ、素晴らしい演奏が上がってるじゃあないですか!他にもいろいろ上げられているみたいなので、体調がいいときにまた聞きにきます。

まず「オリエンタル」、ものすごくいい曲ですね~!グラナドスさんを初めて知ったんですけど、どういう方なんでしょう・・・?ちょっと興味がわきます。
俺もこれそのうち弾きたい。来年の発表会はこれ持ってこようかな。

演奏も、風景が浮かんでくる感じがすごくいいですね!以前の記事で「あまり気持ちが込められない」みたいなことおっしゃってましたよね?「だから技術先行でやる」と(違ったらすみません・・・)。けども、これは曲のイメージや出したい音がまずあっての演奏だと感じましたよ。庵さんくらい豊かな感性があると、弾き込めばもっと磨きがかかると思います。

ヴィーガンの記事とか読んでも、庵さんってすごく繊細で豊かな心をお持ちだと思うんです。ピアノに向かうときだけでももっと大胆にそれを解放すると、もっともっと訴えかけるような演奏になるような気がします。一方それを抑えている一筋縄ではいかない「何か」も感じるので、無理はなさらず・・・。でも、庵さんの感性は、本当に素晴らしいと感じますし、まだまだ秘められているものはありそうだと勝手に思ってます。

トリルの指は、自分では結論でなかったので、もし覚えていたらレッスンの先生に聞いてきますね。
> こんなに長い曲を1発で撮れるなんて、さすが蒼鳥さん。

撮り終わった後に、もう1回弾いてみようとしたらミスしました。
集中力として1回しかもたないようです。

> オリエンタルというタイトルに誘導されてしまったのか...
> 石造りの古い建物が見えましたね!
> 過ぎ去った、賑わっていた、勢いのあった時代の名残を感じるけど
> 今は、野良猫が寝ているような
> そうですよね、夕陽ですね~。

なんだか、絵に描きたくなるような風景ですね!

> 私もイメージを表現したいタイプなのですが
> 今は本当に「間違えないように...」が
> 意識のほとんどを占めているから
> 蒼鳥さんのような余裕を手に入れたいです!

まだ、トリルに余裕がなかったり、途中「間違わないように」と思うから、自然に指が動くようになるとまた違ってきそうです。
vicさんの場合、「間違えないようにという意識がほとんどを占めている状態」でも、全体的な情景・背景がよく伝わってきますから、弾きこんで弾き慣れたらますます素晴らしい演奏になると思います。凪艶w弾き続けるとどんどん素晴らしくなるだろうなあ。
> 古に思いをはせる感じ出てますねぇ、スゴイです。
> 辛いものを飲み込んで、黙って広い草原から海へ続く景色を
> 見下ろしている男が一人、というイメージが沸いてきます。

ありがとうございます!
いいですね~しぶいイメージで映画の1シーンのようです。

> 楽譜のトリルのところは、自分なら1番(3と5)だなあ。
> 2と3の方が力はあるのですが、手の移動がしにくそうなので。

確かに手の移動がしにくかったです。
3・5で弾き慣れたいものです。

> これは引き込むと味がでそうですね。全体を p で通して
> レガートにしたい気がするけど優しくないんだろうな。

全体がpやppだと、より「遠くから」という感じが際立つように思います。
ただ、ヘタすると平坦になりがちなので、そうならぬように並々ならぬ弾き込みで細かいところまで情景の表現に気を配る必要が出てきそうで難しそうです。

> この曲を聴くのは二回目ですが、メロディーと伴奏の
> バランスは改めて難しそうに思いました。

低音の方が目立ちやすくなり、だからといって、右手のメロディーを強く弾くと、キンキンしてらしくなくなるということにまず苦労しました。
お久しぶりです!
体調が悪かったり忙しかったりする中、読んでいただき、コメントも書いていただいてありがとうございます。

> 久しぶりに訪れたら、なんとまぁ、素晴らしい演奏が上がってるじゃあないですか!他にもいろいろ上げられているみたいなので、体調がいいときにまた聞きにきます。

ありがとうございます。
他の曲はドラクエがほとんどです、最近ドラクエピアノに燃えておりますww

> まず「オリエンタル」、ものすごくいい曲ですね~!グラナドスさんを初めて知ったんですけど、どういう方なんでしょう・・・?ちょっと興味がわきます。

グラナドスさんは、スペインのショパンと言われているらしいですww
(言われた本人は困惑するかもしれないがww)
この曲はスペイン舞曲集の2曲目らしいです。5曲目の「アンダルーサ」が有名だそうで。

> 俺もこれそのうち弾きたい。来年の発表会はこれ持ってこようかな。

こういう情景を出すことによって映えるような曲はマグりっとさんにぴったりだと感じます。
ぜひ弾いて欲しいです!

> 演奏も、風景が浮かんでくる感じがすごくいいですね!以前の記事で「あまり気持ちが込められない」みたいなことおっしゃってましたよね?「だから技術先行でやる」と(違ったらすみません・・・)。けども、これは曲のイメージや出したい音がまずあっての演奏だと感じましたよ。庵さんくらい豊かな感性があると、弾き込めばもっと磨きがかかると思います。

ありがとうございます。
この曲に関しては、表現したいイメージというものが全体を通してしっかり浮かんできたので挑戦してみました。以前、気持ちが込められなかった原因は、どれでも「まあ好き」という曲は多くても、しっかり自分の世界観の中でイメージしているかというとそうとは言えないというところに原因があったように思います。それで弾き逃げになっているものも多かったと。もちろん、その「弾いて弾いて弾きまくる」状態も、テクニックの上達つながったと思うので、その暴走テンションも無駄では全くなかったと思います。

イメージ重視の曲を選ぶとして、曲を上げることを発表会のような「発表」と考えるとするならば、選曲の重要性を感じましたし、弾く前の準備としての聴き込み・温めの必要性も感じました。好き→聴き込む→選ぶ→練習による骨組みの組み立て→弾けるという全体像の構築→弾き込んで詳細をつくっていく、そういう過程があるように思っています。
ということに気が付いたのは、ドラクエをハマって弾いてからでした^^
ドラクエは大好きなので、聴き込みもイメージも情熱もこう弾きたいも全て詰まっていたのです。他の方にも言われましたが、ドラクエの曲の完成度が高いと。自分でも聴き返して実感してますw
この曲も、今後弾き込んでいこうと思います。今現在は、「やっとアップしたぞ」感が強いため、しばらく維持に努めて、後にまた再び気持ちが盛り上がってからがいいかと思っていますが。

> ヴィーガンの記事とか読んでも、庵さんってすごく繊細で豊かな心をお持ちだと思うんです。ピアノに向かうときだけでももっと大胆にそれを解放すると、もっともっと訴えかけるような演奏になるような気がします。一方それを抑えている一筋縄ではいかない「何か」も感じるので、無理はなさらず・・・。でも、庵さんの感性は、本当に素晴らしいと感じますし、まだまだ秘められているものはありそうだと勝手に思ってます。

ありがとうございます。
自分の中にある感情を出すこと、文章で書いたら、自分の場合わけわからんものになりそうですが、ピアノだと音だとそうではないということも思いました。今まではずっと文章と、生活上でも言葉に頼ることになっていたので、論理性や冷静さが必要とされてきたけれど、ピアノはそうでなくていいのだと。もちろん、イメージで弾くため、それ以前に技術が足りないと余裕もなくなってしまうのは言うまでもないですが、それは現在弾けないほどどうしようもない曲は選ばないということでいいにしても、あとは・・・文章の時もそうだけれど、情熱をコントロールしようとする気持ちと情熱そのものに折り合いをどこでつけるかという個人的な問題があります。
嫌いな曲があまりないにしても、本来は気難しいためか、自分が本当に共感し、強くイメージする曲というのは非常に少なかったりすることも難点なのですが、それに気が付いた今としては何とかなりそうです。
こういうことに気が付いたのもドラクエを弾いてからなんですよねww

> トリルの指は、自分では結論でなかったので、もし覚えていたらレッスンの先生に聞いてきますね。

いいですね!覚えていたらぜひ報告してください!
運指の件、先生に聞いてきました。

「とにかくすぐに弾けるようになりたいなら3と5だけど、指を鍛えて4と5で弾くほうがいいと思う。私(先生)なら4と5です」

とのことでした。鍛えるんですって。やっぱ先生ともなると違いますな・・・。


あと、年末の発表会ではもうグラナドスやる方向でほぼ決定です。
先生に話したら、先生もグラナドス好きみたいで「いいですね!!」って二つ返事で了承してくれました。他の曲も聴いてみて検討しますけど、「オリエンタル」は有力候補になりそうです。
ありがとうございます!

4と5ですか!4や5は1本交えてトリルというだけでも厳しいところを4と5でトリルとか激しすぎますww
でも、出来なくても4と5で毎日トリルの練習していると鍛えられそうですね。

> あと、年末の発表会ではもうグラナドスやる方向でほぼ決定です。

おお~!それは楽しみです!

> 先生に話したら、先生もグラナドス好きみたいで「いいですね!!」って二つ返事で了承してくれました。他の曲も聴いてみて検討しますけど、「オリエンタル」は有力候補になりそうです。

他にもぼちぼちグラナドス聴いてみたけれど、今のところはオリエンタルが一番好きでした。
発表会の曲に選ばれるとなると楽しみです!グランドで弾くと響きが気持ちいいだろうなあ!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/608-8b682a7b
<< ブルグ18ー13「大雷雨」 途中経過 | TOP | モツソナ イ短調 練習途中音源1 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。