動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向性とイメージの明確度

この間のSeesaaブログに音源を置くという話の流れで、まずは、「今までの演奏音源とピアノ歴」のところに、ブルグ25の2周目の過去音源を全部アップしておきました。こういう作業はなかなかかったるいので、バイエルやらソナチネやらの音源はまた後ほど追加します。

さて、前回までの記事で考えたり、コメントをやり取りする中で気が付いたことがあります。
自分は、とにかく曲に対する自分の主観を表現したいのだけれど、それが自分の中で上手くいってないと思いこんでいたのだということです。でも、他の方々のコメントを読めば、自分で思うよりは伝わっているらしいということが分かりました。

そのように、上手くいってないと思っていた理由の中には、「こう弾きたい」というのが自分の中でかたまっていなかったり、もしくはイメージがあやふやなままに弾き逃げしてしまっていた曲も多くあったからだと感じます。とにかく今まで、「弾いて弾いて弾きまくれ!」という状態でした。もちろん、ピアノをはじめた当初から今までのその勢いは、テクニックの向上には役に立ったと思うので、それ自体がまずかったというわけでもなく、現在まではそれでよかったのだと思っています。

そして現在、それに違和感を感じてきたところなので、今後は自分の中で納得のいく演奏をするためにはどうするか、ですが、まずは、自分の中で「こう弾きたいという方向性のあるもの」や「しっかりイメージ出来る曲」があるのだから、それを弾いてみようと思っています。ただ、好きというだけでなく、「こう弾きたい」「こう弾こう」、そう思ったものほど、自分の中でも納得が行っていると同時に、皆様のコメントを読んでもよく伝わっていると実感出来ているからです。

グラナドス「オリエンタル」
スカルラッティ「ソナタL.413」
バッハインベンション13番
シューベルト「楽興の時 第3番」
ショパン「子犬のワルツ」
モーツァルト「ソナタ イ短調」→これは現在練習中ではあるが、難しいので半年くらいかかるとみている。

それと平行して、ドラクエの曲の多くを弾いていこうと。
ちなみに上に上げた曲の中でも、明確度に違いはありますが、ある程度あれば、弾いているうちに固まっていく部分もあるだろうということで。

現在の状況としては、練習中のブルグ18の練習曲「真珠」も明確であり、もうすぐアップできそうです。
本当は、今回アップしようと思ったのだが、どうも下りのスケールが汚い。

平行して、ドラクエ1の「戦闘」を譜読みしていたけれど、楽譜どおりに弾こうとすると、なんだかイマイチ、ピンと来ないので飛ばそうかと思っています。曲は好きなのに、このピンとこない感覚はなんだろうか、原曲が好きだったことを考えると、自分にはアレンジがしっくりきてないのかもしれない。

↓グラナドスの「オリエンタル」は、日本語で検索しても2件しか出てこないので知らない人も結構いるだろう。個人的なイメージは「海を渡る太古の文化とその哀愁」、風景としては「斜陽」。ふと今までの人生を振り返ればなんだかせつないってやつです。ちなみに、イメージしている当人の蒼鳥が人生を振り返るほど長生きしているかは全く別である。別だけど強くイメージすることは出来る(前回の記事のモツソナ イ短調のイメージ同様に)。どこかで人の思いを吸収してきたらしい。くたびれたおっさんを主人公に小説を書いていた頃に、それがきっかけか「蒼鳥さんは年寄りと思っていた」と言われたことがあった。何でも構わないが、ただ何故そうなるのか不思議であった。

でも、そういえば……分からんでもないかな。なぜなら、最近となると、犬の思いを強く吸収しているようだが、とりあえず、僕は犬でもないようだ。でも、犬側は人間を擬犬化してしまうという話があり、もしかしたら犬からは僕が、他の「人」以上に「犬」に、犬らしく見えているのかもしれない。人を怖がるという初対面の犬にもなつかれるようになった。僕としては、近づくほどに、自分はその対象物とは異なることに気が付くわけだが、だからこそ、その対象物が愛すべきものに感じる。その思いが犬からは、安心できる「犬」に見させているのかもしれない。

……って、何を書いているんだか!www

コメント

「蒼鳥さんは年寄りと思っていた」と言われたことがあった。

↑思わず笑ってしまいました(^_^;)
だけど、確かに文字だけから人を想像するのは難しいのかもしれない。
ワタシの想像は繊細な人ってイメージです♪

ワタシは・・・
チビ達からどんなイメージを持たれているんだろう。
いつも思います。
人間相手だと、どう思われていようとあんまり気にしないのに・・・(・_・;)
でも♪
凪たんは、きっと庵どののこと「何でもできる愛すべきリーダー」って思っているんだろうね♪人間語に訳すと
「頼りになるパパ」って感じかな♪
> 「蒼鳥さんは年寄りと思っていた」と言われたことがあった。
>
> ↑思わず笑ってしまいました(^_^;)
> だけど、確かに文字だけから人を想像するのは難しいのかもしれない。

特にその頃、麻雀をやっていたかららしいです。よく分からんが麻雀はじじくさいのだそうですw他にも「若い女性と思っていた」などもあり、そのときの趣味とかなんとかで印象だけなら変わりますね。
でも、それに加えてこういうのはとりわけ自分の中に明確な意識が全然ないことが原因だと思っています。年齢とかあまりにも意識してなくて、素で間違ったことがありますw
年齢にしても性別にしても、出身地(よく「このへんの人じゃないでしょう?」とどこに行っても言われる。)にしても社会的役割・職業にしても「自分は○○だ!」とかいうような明確なアイデンティティ意識があれば全然違ってくるのだろうけれども。

> ワタシの想像は繊細な人ってイメージです♪

そうなんですね。それも関係しているのか神経質でもあるので、本人としてはもう少し鈍感・おおらかでいたいところですがww

> ワタシは・・・
> チビ達からどんなイメージを持たれているんだろう。
> いつも思います。
> 人間相手だと、どう思われていようとあんまり気にしないのに・・・(・_・;)

犬や猫相手だと、特に、相手の世界観が謎めいているので気になりますねww

> でも♪
> 凪たんは、きっと庵どののこと「何でもできる愛すべきリーダー」って思っているんだろうね♪人間語に訳すと
> 「頼りになるパパ」って感じかな♪

何でもではなさそうだなあww夜道になると警戒しだす凪は、「ここは夜目が利く自分が働かなくては!」とか思っていそうです。
以前に、夜道で後ろから黒い服を着てゴーグルとマスクをして帽子をかぶって、手に鈍く光るものを持った男が走ってきたので、思わず端に避けてからというもの、凪が夜道で不審者に「ワフ」と言う警戒の声を発するようになりました^^;ちなみに、その一見怪しげな人は、単に花粉症対策のマスクとゴーグルをして、手には運動効果を上げるための小さい鉄アレイのようなものを持ってマラソンをしていたというだけのことだったのですがww
>……って、何を書いているんだか!www

いや~、そこはもうノロケでしょうwww
他所で告白しましたが、以前蒼鳥さんは女性だと思ってた小葉です。

グラナドスのオリエンタル!
これわたしも弾いてみたい曲です〰。
蒼鳥さんは弾いちゃダメです〰(だって私の下手さがわかるから(苦笑))
まぁ。でも私は何年も後になるので、蒼鳥さんの演奏をほんとにたのしみにしておきます♪
私は、短調の曲はあまり弾こうと思わないのですが、この曲には惹かれてしまいました。キレイな曲ですよね〰。

>特にその頃、麻雀をやっていたかららしいです。

麻雀。私もゲームで覚えようとしたことがあったのですが、挫折。やっぱり人としないと無理なのかと。蒼鳥さんに教えていただきたいですww

>(BJさん)いや~、そこはもうノロケでしょうwww

なるほどwww



どうもw

皆さん、曲に対してイメージしてから弾くんですね。
知らなんだww

というか、シュナちゃんはまだ
「弾いて弾いて弾きまくれ!」の状態なんだなぁ!
それが技術向上に役立つのであれば
今はそれでも良いのかな・・・なんて思っちゃってますw

最初、シュナちゃんのイメージでは
いおりんは若い人ってイメージだったのですけど
お話の内容とか、ドラクエとか
何となく歳が近いような気がしてます。
あ、何かコレ前にも言った気がw

麻雀がじじくさいって面白いですねw
麻雀=大学生だと思ってたんだけど・・・w
思考が脱線していって、犬に帰結してしまうパターンは自分の頭の中でよくあるのですが、
犬に関するノロケみたいに聴こえるわけですねww
一般的には、というか、初めてここに来た人には犬でノロケとか謎だろうなw
> 他所で告白しましたが、以前蒼鳥さんは女性だと思ってた小葉です。

他者から見るとそう見える面もあるのだろうと思っています。

> グラナドスのオリエンタル!
> これわたしも弾いてみたい曲です〰。
> 蒼鳥さんは弾いちゃダメです〰(だって私の下手さがわかるから(苦笑))
> まぁ。でも私は何年も後になるので、蒼鳥さんの演奏をほんとにたのしみにしておきます♪
> 私は、短調の曲はあまり弾こうと思わないのですが、この曲には惹かれてしまいました。キレイな曲ですよね〰。

小葉さんの曲の演奏がまだ未知なので、とても聴いてみたいと思います。
どんな演奏をされるのかとても楽しみです。
ブルグ25などのロマン派は割とそうだけれど、この手の曲は弾き手によってよりいっそう感じが違ってくると思います。

> 麻雀。私もゲームで覚えようとしたことがあったのですが、挫折。やっぱり人としないと無理なのかと。蒼鳥さんに教えていただきたいですww

この手のゲームは実戦で人と競い合って伸びる面がありますよね。
最近、リアルでも、ハンゲームでも集中して実戦やってないからだいぶ鈍ってそうですw
曲に対する自分のイメージを持って表現していこう
とされているご意見はなるほど、そうだ!と思いました。
野田さん的にはまだ、そういうレベルに達していないと
自分では思っていますので、
今はがっつり練習して、蒼鳥さんのような境地に
早く達したいと思っています。
でも、似たような話とも思えませんが、
曲想レベルにおいてではなく、
少なくとも速度に於いては、これくらいまでは弾きたい
という感覚はあります。そしてできるだけ正確に!
基本的なことかもしれませんが、
野田さんには難しい事です。

インベンションの13番大好きなので
楽しみです。
私も、イメージを持って弾くまでに至ってない、まだまだテクニックを身に付けなくては!と思ってる状態です。

アナリーゼして弾くのは憧れますけど・・・。楽しそうですし。

ところで、私は最初「かなり年配の方」と思ってました。すみませんv-356。でもその割りに手が奇麗だなぁ~とも思ってました。

真意のほどは、謎のままで…v-411
> 皆さん、曲に対してイメージしてから弾くんですね。
> 知らなんだww

最近、しっかりイメージした方が弾きやすいということに気が付きました。
でも、ソナチネは割と「こう弾きたい」という仕上がりの感触はあっても、個人的な想像の情景をイメージして表現するという感じはロマン派より少ないかなあ。指導の方も、まず楽譜どおりにきっちりとが基本らしいですが、自分でもいくらか弾いてみて、その方が映えるような感じを受けました。

> というか、シュナちゃんはまだ
> 「弾いて弾いて弾きまくれ!」の状態なんだなぁ!
> それが技術向上に役立つのであれば
> 今はそれでも良いのかな・・・なんて思っちゃってますw

シュナさんはツェルニーが嫌いでないので、あれを弾いて弾いて弾きまくったら技術の上達もはやそうですね。

> 最初、シュナちゃんのイメージでは
> いおりんは若い人ってイメージだったのですけど
> お話の内容とか、ドラクエとか
> 何となく歳が近いような気がしてます。
> あ、何かコレ前にも言った気がw

ドラクエそのものは10代の知人が1~やったと言ったり、国民的ゲームで多くの年齢層が今でもやっているのかなというイメージがありますが、パスワードミスとかバッテリーバックアップの電池の寿命で冒険の書が消えたショックというのはファミコン版をやったことないとわからなそうですね。今の10代でわざわざファミコンからやる人は少なそう。

> 麻雀がじじくさいって面白いですねw
> 麻雀=大学生だと思ってたんだけど・・・w

自分も最初大学生麻雀だったので、特にじじくさいというのがイメージとしてはなかったのだけれど、聞いた話、麻雀は、現在70前後の人達が若い頃、まだパチンコが流行ってない頃に流行ったのだそうです。なので「じじくさい」印象を強く持っている人は、身近にその年代の人が多かったのではないかと思います。知人にも若い頃からずっと麻雀をやって、麻雀歴30~40年の人の中には、麻雀に関して達観していて、とにかく凄腕の麻雀仙人みたいな人がいますw
彼らは牌を1・2・3とか並べて打ちません。並べなくても分かるし、そこから手の予測が見破られてしまうことがあるからだそうです。なので、後ろから打ち筋を研究しようとしてもすでにそこでさっぱり分からなくなりますw1秒も待たずにガンガン切っていくのでなおさら。
こういう話を理解してもらえて嬉しく思います。
なんというか、子供の頃は、こんなこと考えたこともなかったというところでしょうか。
やはり、ユーチューブで聴いても、子供の演奏と大人の演奏は大人の演奏の方が、味があるものが多い気がしています。
野田さんの練習曲シリーズも好きなのですが、野田さんがショパンやリストの難曲に取り組む日が来るのかと思うと、それはもういつになっても聴きたいと思います。

> でも、似たような話とも思えませんが、
> 曲想レベルにおいてではなく、
> 少なくとも速度に於いては、これくらいまでは弾きたい
> という感覚はあります。そしてできるだけ正確に!
> 基本的なことかもしれませんが、
> 野田さんには難しい事です。

ツェルニー30番を指定速度で弾けたらプロ級だというのを読んだことがあります。
あれはそれを「完成形」とすれば、一生付き合っていけるのかもしれないですね。
僕は1ヶ月で別れましたがw

> インベンションの13番大好きなので
> 楽しみです。

インベンションの中で一番気に入ってイメージが湧きました。
今年中に弾けるといいな。
> アナリーゼして弾くのは憧れますけど・・・。楽しそうですし。

アナリーゼ、ブルグ25でもされている方(「見知らぬ世界に思いを馳せ」でリンクさせてもらっている遼さん)がいて、凄いなと思っていたことがあります。
徹底して楽譜を読み込めるのって才能と努力だなと。
僕は最初は激しく弾き逃げ専門だったので、特にそう思いました。
練習曲でも何でも弾き逃げは譜読みの練習くらいにしかならないなあと。
おかげで譜読みだけは得意なのですが、難しい曲になってくるとなかなか指が覚えてくれないのでそんなに意味なしですw

> ところで、私は最初「かなり年配の方」と思ってました。すみませんv-356。でもその割りに手が奇麗だなぁ~とも思ってました。

「かなり年配説」はかなりありましたw写真出したこともあるけれど、「昔の写真ですか」とかwピアノ弾くようになって動画をアップしてから、「年寄りと思っていた」とは言われなくなりましたが。外見は若く見える遺伝です。

> 真意のほどは、謎のままで…v-411

謎は一番気楽です。枠組みにとらわれない自分のままでいられる。
私も最初もっとお年を召された方かと・・・w
あと、イメージ的にもっと気難しい感じかと思っていました。薄っぺらいコメントしたら「フッ」とか笑われちゃいはしないか?!とかwww
全然そんなことないですよね。むしろネタ的なものもお好きなようです。よかったww

イメージとテクニック、私はどっちも区別して考えることがあまりないのですが、

こう弾きたい、というものが浮かばない場合、ツェルニーとかの場合は、こう弾かねばならない、とか、こう弾くことの練習だ、というイメージで、勝手に奮い立ちますwww
テンポも、ゆっくり弾いたものを倍速にして再生して、これだ!!このテンポで弾けたらカッコいい!!とか、あほなことをやってます・・w

麻雀、私は高校時代が一番やりました。ゲームでも家でも学校でも。
机にジャージの上着を着せて卓にしてましたw


> 私も最初もっとお年を召された方かと・・・w

多くの人は文章からか、そう思うようですw

> あと、イメージ的にもっと気難しい感じかと思っていました。薄っぺらいコメントしたら「フッ」とか笑われちゃいはしないか?!とかwww

最近とりわけ丁寧な言葉で書いているところがあります。
前はここまで丁寧には書いてなかったのだけれど、色々あって警戒している面があるんですよね。困った人が来ても、そういうのに耐性があればいいのだけれど、うんざりしてしまう性質なものでw

> 全然そんなことないですよね。むしろネタ的なものもお好きなようです。よかったww

はい、下らないネタは大好きですw

> イメージとテクニック、私はどっちも区別して考えることがあまりないのですが、
> こう弾きたい、というものが浮かばない場合、ツェルニーとかの場合は、こう弾かねばならない、とか、こう弾くことの練習だ、というイメージで、勝手に奮い立ちますwww

そういえば、ツェルニー30は「こう弾くことの練習」の「こう」が分かりやすいですね。

> テンポも、ゆっくり弾いたものを倍速にして再生して、これだ!!このテンポで弾けたらカッコいい!!とか、あほなことをやってます・・w

倍速再生したらアラが目だたなそうです。

> 麻雀、私は高校時代が一番やりました。ゲームでも家でも学校でも。
> 机にジャージの上着を着せて卓にしてましたw

ジャージはほどよい弾力があって卓に向きそうだなw
なるほど、曲を表現しようという意図とは別に、タッチとかで
自然にそのときの自分が出ちゃうっていうのはあるのかもしれませんね。
そう考えると、ピアノは精神鍛錬にもなったりして。
それでもやっぱり「こう弾きたい」っていう形をはっきり持って
そういう骨組みを作るような演奏に、そのときの状態で多少色がつく
みたいなそんな演奏ができるようになりたいです。
テクニカルには庵さんは自分の思う骨組みに近い演奏ができるように
なりつつあるように見えるので、羨ましい限りです。

イメージがあやふやなまま弾き逃げ!そうそれ、ブログ始めるまでの
自分がまさにそんな感じでした。譜読み遅いから庵さんみたいに
弾いて弾いて弾きまくるのはできませんでしたけど。

グラナドスの「オリエンタル」いいなあ。
曲選択のセンスがいいですよね。
自分はあまり聴いてないので、庵さんの選んだ曲から
将来弾きたい曲がどんどん増えて助かりますw
シューベルトの「楽興の時」、実は年内に弾こうと狙ってました。

犬飼ってると、なんだか他の犬が寄ってくる機会が
増えたような気がしてました。犬の匂いがついてるからか
くらいに思ってましたが、ボディランゲージとしての犬語
が身についてきてるのかもしれませんね。
> そう考えると、ピアノは精神鍛錬にもなったりして。

それはありそうですね。落ち着いてないと曲らしく弾けないところありますし。

> それでもやっぱり「こう弾きたい」っていう形をはっきり持って
> そういう骨組みを作るような演奏に、そのときの状態で多少色がつく
> みたいなそんな演奏ができるようになりたいです。

ここ最近、「こう弾きたい」があるほうが演奏していても楽しめる、曲に入れるということにも気が付きました。

> テクニカルには庵さんは自分の思う骨組みに近い演奏ができるように
> なりつつあるように見えるので、羨ましい限りです。

確かに最近、前よりも鍵盤のコントロールがきくように感じてきています。

> イメージがあやふやなまま弾き逃げ!そうそれ、ブログ始めるまでの
> 自分がまさにそんな感じでした。譜読み遅いから庵さんみたいに
> 弾いて弾いて弾きまくるのはできませんでしたけど。

弾き逃げにも、たくさんの曲を流すという楽しみ、たくさん流すぶん、いろんなテクニックに触れるという効果はありました。
曲が長く難しくなってくると、弾き逃げしにくくなり、ちょっとつまらなく感じ始めていた最近でしたが、しっかりイメージを自分の中に持って味わって曲を弾くということが、やっと自分の中に浸透してきたように思います。

> グラナドスの「オリエンタル」いいなあ。
> 曲選択のセンスがいいですよね。
> 自分はあまり聴いてないので、庵さんの選んだ曲から
> 将来弾きたい曲がどんどん増えて助かりますw
> シューベルトの「楽興の時」、実は年内に弾こうと狙ってました。

気に入ったものはぜひぜひ弾いて欲しいです。
他の人が同じ曲を弾いているのを聴くのは新たな発見があると思っています。
楽興の時、同様に年内くらいと思ってましたw

> 犬飼ってると、なんだか他の犬が寄ってくる機会が
> 増えたような気がしてました。犬の匂いがついてるからか
> くらいに思ってましたが、ボディランゲージとしての犬語
> が身についてきてるのかもしれませんね。

凪に接しているような態度で他の犬に接すると他の犬からもなつかれやすいというのあります。低い声で「おいっ」とか言うと怒り気味の吠え声に近く聴こえるらしく嫌がられるので、高めの声で穏やかな方が好むとかですね。犬視点で考えようとすることが自然になってきたようです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/602-0ea7b7a3
<< ブルグミュラー18より「真珠」 | TOP | 弾き方について納得 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。