動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト ソナタKV.545 1楽章



弾き込みが足りなくて、安定感が足りずミスタッチもありますが、あとは今の2倍程度の時間をかけて弾き込むだけとも言えるので、これにて終了としてアップします。そこそこに仕上がるのに30時間ならば、安定感を出すには60時間かかるのです。これは、毎日の指の訓練に最適なので、今後も弾いていくつもりなので、かなり弾き込んだものを夏ごろにまたアップするかもしれません。(今はアップしたいと思っているけれど、時間が経つと気が変わることがあるので、かもしれないくらいで。)

この曲は飽き飽きせずにすみました。今後は、自分にとって難しい曲にも挑戦していきたいと思います。難しいと時間がかかって飽きて弾きたくなくなると今までは思っていたのですが、飽きるかどうかは曲にもよる(それも曲の好き嫌いにもあまり関係ない、このモツソナも最初は特別に好きというほどでもなくて、むしろ弾きながら飽きてしまったノクターン21番の方が最初は好きだったので)と分かったので、好きな曲に加えて、弾いて飽きない曲・弾いて気分がのる曲(自分にとって)を選択していくことにします。そんなわけで、以前選んだ曲も全部は弾かないと思います。選曲によっては飽きないと分かったのでもう少し難しい曲にも手を広げていきたいというわけです。

基礎練習のためのツェルニー30番と、あと、ドラクエは続けます。
ドラクエも、オフィシャルスコアにも手を出していこうと思います。
まあ、いっぺんには出来ませんが。

次は、もう少しで完成しそうな「なぐさめ」です。
これは、どうにも気分がのらなくて、1日15分づつくらい、3ヶ月程度練習してました。
でもあと1歩のところまできているので、こちらは数日中に仕上がりそうです。

コメント

紅茶の時間にさせていただきますm(__)m

なんだか、いつも庵どののピアノを聴くと紅茶の時間にしたくなります♪
パウンドケーキまでつけたくなりますm(__)m

指がピロピロ動くのが指の訓練に最適って事ですかね?
なんにせよ!!
優雅な気持ちにさせてくれるピアノです(*^_^*)

うにょさんの「紅茶の時間にさせていただきます」
ウケました!!!

ドラクエなんかはペプシにポテチだと思うけど
そうですね。これはミルクティに
ザッハトルテなんぞいただきとうございます。

でも、蒼鳥さんのモーツァルトはちょっとポップな雰囲気もあるんですよね。
クラッシック嫌いの私にもすんなり~。
気に入ってしまいました。

もっと難しい曲に...
うわー。蒼鳥さんがどんどんパワーアップして、すごいことになっていく...
目が離せません!
人類補完野田計画では、
あと4年後位にこれを弾こうと思っていたのですが、
あっさり弾かれてしまわれて、
ポカーンとなってしまいました。
さすが、我が心の師匠!蒼鳥さん!!
音階の円滑さには脱帽です。

いやー、ソナチネ1-2もぼちぼち譜読み始まっていますが、
なかなか手厳しいです。
譜読みの段階でリズム取れないし。
独特の世界観ですよね。
それでもソナチネ、ソナタ系は
クラシック曲を弾く為の基礎だと
聞きますので、頑張ってまいりたいと思います。
軽妙なモーツァルトですね~。素晴らしいです!!!

はぁ~。
わたしも温かい紅茶をいただきとうございます♪

右手と左手と追いかけっこするところが、
黒鍵交じりで、よくこんなに動くなあ・・・と釘付けで見ちゃいましたw

弾けるまでの倍、安定するにはかかる、にハッとしました。
どんな曲もそうですよね。肝に銘じておこうと思いました!!


こんばんは。
蒼鳥さんの演奏、久しぶりに聴かせてもらいましたが、とてもよかったです。
でもさすがモーツァルト、指が忙しそうな曲~。
「指の訓練に最適」ってホントですよねwwww

たぶん、この曲クラリネットアンサンブルでやったことあります。
モーツァルトの曲ってクラで吹くと音色がとても合うのですが、
弦楽器用に書かれた曲って、休符が極端に少ないんですよね。
同じクラを吹く作曲家が「弦の奴らは疲れを知らない」って言ってましたけど(苦笑)その通りで、息を吸う暇が全然無いんですよ。
一曲演奏するとまるで中距離走でもしているかのような疲労感を味わいますwww
ピアノだったらちょっとは楽かな~とか勝手に思ってたんですけど、
蒼鳥さんの指の動きを見て「・・・」となりました。。。ピアノでも十分キツそう!!
閑静な住宅街の、とある邸宅から聴こえてきそうな曲ですね。

モーツァルトと言えばこれでしょう!って一番にあげるくらい好きな曲です。

弾いてみたいけど、ゆっくりだとこの曲らしさが失われてしまうし、30番での特訓が不可欠ですよねv-393

早く弾きたいです。


仕上がり早いですねえ。
それなのに十分安定してるのが、驚きです。
自分だとのんびりやって、ここまで半年とかかかっちゃいそうです。
こうして聴いてみると、やはり庵さんにピッタリ合う曲ですね。

それにしてもこの曲は落ち着くなあ、なんか耳に心地よいんですよね。
BGMにときどき聴かせていただきます。
でも、いざ弾くとなると右手と左手をバランス良く出すのは
本当に大変そう。

(すみません、名前が抜けてました)
紅茶の飲める演奏になっていたというのは嬉しいです!
古典(モーツァルトもそう)は貴族の音楽だったということもあって、優雅な雰囲気が出るということは曲そのもののイメージに近いのかなあと。

> 指がピロピロ動くのが指の訓練に最適って事ですかね?

そうですね、あと、クラシックに必要な技術がしっかりつまっている曲であるということですね。
> ドラクエなんかはペプシにポテチだと思うけど
> そうですね。これはミルクティに
> ザッハトルテなんぞいただきとうございます。

そうですねw古典はもともと貴族の音楽なので、フォーマルな感じがあると思います。

> でも、蒼鳥さんのモーツァルトはちょっとポップな雰囲気もあるんですよね。
> クラッシック嫌いの私にもすんなり~。
> 気に入ってしまいました。

モーツァルトはフォーマルな感じの中にも、流行を取り入れたりしてきたということなので、それっぽく弾けていたのかなと嬉しく思いました。

> もっと難しい曲に...
> うわー。蒼鳥さんがどんどんパワーアップして、すごいことになっていく...
> 目が離せません!

まず何を弾こうかなと思いめぐらせています。そんな時間も楽しいです。
> 人類補完野田計画では、

野田さんのピアノ計画は壮大ですねww

> あと4年後位にこれを弾こうと思っていたのですが、

100番全部とかやっていくとかなり時間がかかりそうですが、
その分、基礎がしっかりして完成度の高い演奏になりそうです。

> あっさり弾かれてしまわれて、
> ポカーンとなってしまいました。
> さすが、我が心の師匠!蒼鳥さん!!

思ったよりも、弾きにくくなかったのが嬉しいです。
多分、古典が合っているというのがあるのかもしれない。
しかし、心の師匠ってww ピアノ、野田さんの方がずっと真面目にきっちり弾いていると思っているので、こちらこそ、いつも素晴らしいなと思っていますよ。

> 音階の円滑さには脱帽です。

音階は、ソナチネのおかげで鍛えられてきたと思います。

> それでもソナチネ、ソナタ系は
> クラシック曲を弾く為の基礎だと
> 聞きますので、頑張ってまいりたいと思います。

そうですね、なんだか、ソナチネ・ソナタをやっていると技術が上がっていく感じが確かにありました。
> 軽妙なモーツァルトですね~。素晴らしいです!!!

ありがとうございます。

> はぁ~。
> わたしも温かい紅茶をいただきとうございます♪

最近寒いので温かい紅茶はいいですねー^^

> 右手と左手と追いかけっこするところが、
> 黒鍵交じりで、よくこんなに動くなあ・・・と釘付けで見ちゃいましたw

そのあたり、弾けるようになってくると弾いていてとても楽しいところでした。
以前は黒鍵が嫌いでしょうがなかったけれども、ソナチネでちらちら混ぜられるおかげで慣れてきたようです。

> 弾けるまでの倍、安定するにはかかる、にハッとしました。
> どんな曲もそうですよね。肝に銘じておこうと思いました!!

めめさんも、そうなのですね。というか、やはりそういうものなのかもしれないですね。
弾けるようになったあたりで、なんでこんなに安定しないのだろう??とため息をついていた時期もありましたが、どの曲もそうだったので最近、そんなものだと思うようになってきました。
> こんばんは。
> 蒼鳥さんの演奏、久しぶりに聴かせてもらいましたが、とてもよかったです。

こんばんは、お久しぶりです。ありがとうございます!

> でもさすがモーツァルト、指が忙しそうな曲~。
> 「指の訓練に最適」ってホントですよねwwww

忙しいのと、スケールなど技術がふんだんにつまっているので毎日、練習のはじめに弾こうと思います。

> たぶん、この曲クラリネットアンサンブルでやったことあります。
> モーツァルトの曲ってクラで吹くと音色がとても合うのですが、

ああ、納得です。

> 一曲演奏するとまるで中距離走でもしているかのような疲労感を味わいますwww

かなり肺活量が必要なんですね。
なんか、ブラスバンド時代に、そういう基礎練習を大量にやらされたのを思い出しました。

> ピアノだったらちょっとは楽かな~とか勝手に思ってたんですけど、
> 蒼鳥さんの指の動きを見て「・・・」となりました。。。ピアノでも十分キツそう!!

転調しながら次々にスケールが繰り出される感じで、流暢になるまで弾き込む必要があると思いました。休むとしたら、ジャン・ジャーンの和音ところでちょっと一息といった感じでしょうかww
> 閑静な住宅街の、とある邸宅から聴こえてきそうな曲ですね。

やはり、ちょっと高貴なイメージの曲なのですね。

> モーツァルトと言えばこれでしょう!って一番にあげるくらい好きな曲です。

おお、そうだったのですね!

> 弾いてみたいけど、ゆっくりだとこの曲らしさが失われてしまうし、30番での特訓が不可欠ですよねv-393

30番はまだ2番までしかやってないので、なんともいえないのだけれど;
ソナチネを何曲かやると、ソナタは弾きやすいとはいえそうです。

> 早く弾きたいです。

早く聴きたいです^^
> 仕上がり早いですねえ。
> それなのに十分安定してるのが、驚きです。

まだミスがあるのですが、安定して聴こえたのは嬉しいです。

> 自分だとのんびりやって、ここまで半年とかかかっちゃいそうです。

ヤスタネさんはかなり仕上げが早い印象ですよ。

> こうして聴いてみると、やはり庵さんにピッタリ合う曲ですね。

自分でも、音色的に合っているように感じます。

> それにしてもこの曲は落ち着くなあ、なんか耳に心地よいんですよね。
> BGMにときどき聴かせていただきます。

速い曲なのに、落ち着くというのはモーツァルトの特徴かもなあと思いました。

> でも、いざ弾くとなると右手と左手をバランス良く出すのは
> 本当に大変そう。

実際弾いてみて、全体的にどこも気が抜けない、細部まで意識を配らせないとならないのがモーツァルトだなあと思いました。
なんででしょう。蒼鳥さんの動画をみると「わたしもやってみたーい。やるー。」と他の子がやってる遊びを遊びたがる子供のようにワクワク感があるのです。

わたしもピロピロやってみたい。
でも難しそー。

蒼鳥さんのピロピロ加減はステキです♪
そこそこに仕上がるのに30時間ならば、安定感を出すには60時間かかるというのにナルホドーと思いました。
60時間後の弾きこんだ曲のアップを楽しみにしております♪
> なんででしょう。蒼鳥さんの動画をみると「わたしもやってみたーい。やるー。」と他の子がやってる遊びを遊びたがる子供のようにワクワク感があるのです。

嬉しいです!
これ、本当に弾けるようになるほどに楽しい曲です。

> わたしもピロピロやってみたい。
> でも難しそー。

ピロピロ楽しいですよ。ちょっとずつ指が動くようになってくるのも楽しいのでオススメです!

> 蒼鳥さんのピロピロ加減はステキです♪

ありがとうございます!

> そこそこに仕上がるのに30時間ならば、安定感を出すには60時間かかるというのにナルホドーと思いました。

小葉さんもそう思われるのですね。
こっちが上手くいったら、あっちでミス、どっちも上手くいったらありえぬところでミスという状態、結構続くので困っていたけれど、他の人も弾きながらそう感じるものなのだなあと思いました。

> 60時間後の弾きこんだ曲のアップを楽しみにしております♪

アップしたら集中力が切れて、もう弾かなくなる曲もあるのですが、
これは現在、継続して弾けているので、恐らく弾き込み版をアップできそうです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/587-5caca231
<< なぐさめ メンデルスゾーン | TOP | ドラクエ1 ラダトーム城 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。