動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凪(なぎ)の社会福祉

凪は、最近、昼の間はセカンドホームに預けています。仕事の間中、留守番とか、凪にとっても退屈極まりないからです。そこで凪は、主にお年寄りの夫婦、時にその息子さん夫婦とお孫さんにも世話をしてもらっています。
(日本ではあまりないことかもしれないけれど、海外ではドッグシェアリングという「1匹の犬を2つの家族で飼う」という考え方もあります。参考URL http://dogactually.nifty.com/blog/2009/11/post-86af.html)
結果、凪は、その家で可愛がられ、以前より退屈してないようですし、昼間も少しでも運動することが出来て、仕事の遅くなる日に心配もしなくてよくなっています。

最初は、凪には基本的なしつけが入っていること、トイレは外でしかしないし、吠えもしないので、迷惑にならないから、犬好きだからと預かってもらえることになったのですが、そのセカンドホームで凪は、予定外の活躍をしてくれています。

その老夫婦のおじいさんの方は、アルツハイマーです。そうひどくはないのですが、同じ事を何度も言う、何度言っても忘れる、ものを覚えられないなどという症状はかなりみられるようです。凪のことも、最初の1ヶ月ほどは何度説明しても「これはどこの犬か?」と聞き続けていたのだとか。

凪を預ける前まで、お爺さんは自分から起きようとしなくなっていたそうです。しかし、おばあさんが、「犬の散歩に行くよ」と言うと起きるようになったということでした。それから、最近は新しいことを覚えることはなかったのに「なぎ」と覚えたのだそうです。アルツハイマーには、脳を活性化させる刺激が必要といいますが、そのあたりに凪の存在が役に立ったようです。

その家には週に何度か訪問看護の方が来るそうですが、そこには凪も同席して、看護師の方にすっかりなつき、ぴったりとくっついているのだそうです。看護師の方は、訪問看護報告書にメモしていかれるそうですが、そこには凪のことも書かれたのだとか。

ドイツなどでは訪問犬サービスというボランティアもあるといい、お年寄りの心の支えになり、お年寄り達はいつも、犬達の訪問を楽しみにしているのだそうです(参考URL http://dogactually.nifty.com/blog/2010/02/10-8c2d.html)。凪のことも、犬が役立つ一件として医療関係者に認識されたようだし、日本でもこういうボランティアがつくられる日がくるかもしれません。

コメント

訪問犬サービス、もっと増えるとイイですね。
凪くんも大活躍ですね♪
医療関係もこういうことに理解を示して、協力的な所が増えて行くといいなぁ~と思います。
凪ちゃん、グッドジョブですね!
とても、クオリティーの高いブログの内容でした!!
凪ちゃんに対する情愛がおじいちゃんを元気にする事が
できた良い例だと思います。
蒼鳥さんを含めて関係された方に
拍手を送りたいです。

こういう例を基にたくさんよい治療例ができれば
理想ですけれどね、こういうことをシステマティック
にするのはお医者さんではなくて、
政治屋さんなのですよね。で、実行するのは
行政屋さんなのですよ。
それで、いざ実行となると訳のわからない
基金と天下り法人を作って業者委託するわけで、
その公務員の給料とテナント料に莫大なお金が
流れて、はたまた土建関係に
訳のわからない法律でむだな施設建設と非効率な運用、
身の無い訓練が行われたりで
肝心なところにお金が回らない現実に
蒼鳥さんの人間嫌いが加速しそうで
野田さん頭を抱えそうです!
(これを読んでいる土建関係、政治関係、行政関係の
方がいたらごめんなさい。全部がそうとは言い切れない
のでしょうけれど特に行政関係の偉い方々は
法律を盾にどしがたい非効率な仕事をされる方が多すぎです。)
凪君、お手柄ですね!無意識のうちに良い仕事しているんですね!

私もネコ欲しい~と思っているのですが
ちゃんと面倒見る自信がなくて
お掃除やお世話のこと考えたら、いない方が気楽でいいんだと言い聞かせてますが

お世話は大変でも
一見、動物のお世話しているようだけど
実は逆に、動物の方に、精神的なケアを与えられている...という事が起きるのでしょうね。

そう思うと、頑張ってみようかな?
と、また魅力を感じ始めました。

でも、ゴーンさんがネコアレルギーだから飼えないんですけどね...(なんだ!)
すごい
凪ちゃん偉いなぁ~
犬の力て 心を揉んでくれるから
この活動はとってもすばらしいことです
蒼鳥さんの行動力もすごい
こたつも人によってわけて行動する子だから
大丈夫だろうけど・・・あずけるのは心配です
ペットって、こっちが世話をしてあげてるようで、実は飼い主の方も助けられてるんですよね。

凪君の癒しのパワーのおかげで、もうひとつのおうちの方たちも幸せにしたんですね。

ペットの存在は、ほんとプライスレスv-398
日本は、福祉に関しても動物愛護に関しても後進国なので、
そのあたりの具体的な取り組みは非常に少ないのですよね。
進んでいるスウェーデンなど北欧やドイツを見習うことからはじめないといけないところかと思います。
人間・動物、相互の関係が大切にされ、共存できる社会になって欲しいと思います。
凪が可愛がられているだけでも嬉しいのに、
こんな変化があるとは預けて良かったと思います。

> 訳のわからない法律でむだな施設建設と非効率な運用、
> 身の無い訓練が行われたりで
> 肝心なところにお金が回らない現実に

ありがちですね;
てかいくらでも例がありますよね;

> 蒼鳥さんの人間嫌いが加速しそうで
> 野田さん頭を抱えそうです!

まあ、今の動物関係の現実ですでに最たるものがあるので;先進国のくせに日本は;
> お世話は大変でも
> 一見、動物のお世話しているようだけど
> 実は逆に、動物の方に、精神的なケアを与えられている...という事が起きるのでしょうね。

本当にそうですよね!
動物との信頼関係は与えてありあまるものを受け取れるように思います。

> でも、ゴーンさんがネコアレルギーだから飼えないんですけどね...(なんだ!)

アレルギー、子供の頃綺麗好きな家庭で育った人に多いらしいです。
自分も、春先に軽い喘息が出た時期があったり、あと毎年花粉症で悩まされています。
> 犬の力て 心を揉んでくれるから
> この活動はとってもすばらしいことです

心を揉むとはいい表現ですね、ぴったりな感じだと思いました。

> こたつも人によってわけて行動する子だから
> 大丈夫だろうけど・・・あずけるのは心配です

最初は凪も心配でした。
けど、凪の場合は1人で留守番になってしまってかわいそうなのでと試してみたら、
予想以上に上手く行って現在は留守番より安心だと思っています。
> ペットって、こっちが世話をしてあげてるようで、実は飼い主の方も助けられてるんですよね。

ほんとに、そうですね。
そして、心のつながりから生まれることは何物にも変えられないですよね。
ドッグシェアリング聞いたコトあります♪
そして、ニャンコのシェアリング話も耳にしたコトあります♪

凪たんは本当に良い子ね(*^_^*)
まさしくドッグセラピー!!
動物って本当に不思議な奇跡を起こしてくれるからすばらしい。
アルツハイマーへの治療は年々進んでは来ているけれども
病院はやっぱりお薬や機械的治療が多いから・・・
結局人体への負担が大きくなっているとも思います。
それに引き換え、ペットセラピーなんかは人体に影響もなくココロからの治療の気がする。
ワタシのお友達の勤めるホームでは、ネコを2匹飼っていて
ご老人だけではなく職員も癒されているって言ってました。
ペットセラピーがもっと認められるだけで、保健所の需要かなり減ると思うんだけどなぁ・・・(>_<)考え方のちょっとの転換だけなのに・・・

我が家は
のんよりもトロの方がセラピスト向きかな(^_^;)
> それに引き換え、ペットセラピーなんかは人体に影響もなくココロからの治療の気がする。

本当にそうですね!
薬とかだとどうしても、副作用とかもありますしね。

> ワタシのお友達の勤めるホームでは、ネコを2匹飼っていて
> ご老人だけではなく職員も癒されているって言ってました。

犬・猫・ハムスターでもなんでも、動物の存在は、なんとなくその場を和ませるように思います。動物の存在によって会話が増えたという話も聞きますね。

> ペットセラピーがもっと認められるだけで、保健所の需要かなり減ると思うんだけどなぁ・・・(>_<)考え方のちょっとの転換だけなのに・・・

保健所で処分される前の犬を聴導犬に育てるというのが以前テレビであっていたのを思い出しました。本当に、救える命は、救って欲しいものです。
日本ではペットセラピーも認識されたばかりで、普及してないばかりか、普及していても中にはペット達の負担になるような扱いもあるとかで、それはそれでまた残念なことです;
動物達がもっと、心の繋がりの持てる、共生出来る友として認識されていくといいのになと思います。

> 我が家は
> のんよりもトロの方がセラピスト向きかな(^_^;)

セラピスト向きの性格なんていうのもあるらしいですね。ドッグアクチュアリーでは、”人懐こく、でもはしゃぎ過ぎない性格で、物怖じせず動じない”犬が仕事に向いていると思ったという話が載っていたけれど、なるほどと思いました。凪もはしゃぎすぎるという点でセラピストにはちょいマイナスw
凪クン、活躍しているんですね。すごいです。
そして、そういう機会を作られた蒼鳥さんのアイデア(・・・っていいのかな) も素敵です。凪クンにも、行き先のご家族の方にも、蒼鳥さんにもプラスになるなんて、いいですね。
>心の繋がりの持てる、共生出来る友として認識されていくといいのになと思います。

本当にその通りだと思います。
お互い言葉が話せない分、ココロが大切になってくるから
深い繋がりができるとも思う。
いやしかし・・・
我が家のちびっ子達が言葉が話せたらちょっと怖いかな(・_・;)
「ママしつこいわぁ~。」
とか言われそう・・・(T_T)

>セラピスト向きの性格
そこです!!
凪たんはちょいマイナス?
我が家のジョンイルなんて全然ダメだ(^_^;)
人懐っこいってトコロしか当てはまらないもの(-_-;)
その点トロは、物怖じもしなけりゃ動じない・・・
お会いした方はたいていみんな
「この子本当にネコ?」と聞きます(+_+)
セラピストデビューを考えようかな・・・。
凪くんの笑顔が脳に良い影響を与えているのですね。
セラピードッグとかもありますが、そういうのは私、いいと思うんですよね。
お互い負担もなく笑顔になれて!
動物はやっぱり汚い心がないから、だからそういった効果をもたらしてくれるんだと思います。
・・しかしこういう所でも後進国・・。何だか見習って欲しい部分は取り入れず、見習って欲しくない部分は言いなりですよね・・。
ドッグシェアリングというのは初めて聞きました。
去年まで飼っていたワンコも昼間ときどき一人で残されたりするのが
退屈で可哀相に思っていましたが、昼間行けるところがあったら
楽しかっただろうと思います。田舎じゃなかなかなさそうですが、
預け先はどうやって見つけたのでしょう?
時間の都合とか条件を合わせるのが簡単では無さそうな気もします。
凪君性格良さそうですねえ。

老人ホーム等での訪問犬やペットセラピーは外国では増えてるよう
ですが、日本ではまだあまり聞きませんね。どんどんやればいいのに。
むしろ躾や世話が不十分だったり、病気をしたからと捨てられたり
嫌な話を耳にするばかりなのが悲しいです。
最初は凪が寂しくないようにということが主な考えだったので、その他の効果、アルツハイマーが良い方向に向かったというのは、本当に想定外の出来事だったので驚きました。凪が寂しくないだけでも十分なのに、凪のことで喜ばれるとなるとなおさら嬉しいですね。
> 我が家のちびっ子達が言葉が話せたらちょっと怖いかな(・_・;)
> 「ママしつこいわぁ~。」
> とか言われそう・・・(T_T)

話せたら話せたで、どうなんだろう?と思うことありますよねww

> その点トロは、物怖じもしなけりゃ動じない・・・
> お会いした方はたいていみんな
> 「この子本当にネコ?」と聞きます(+_+)
> セラピストデビューを考えようかな・・・。

確かに、ネコの一般的イメージとしては、警戒心が強くてすぐ逃げるというのがありそう。
いろんな人と触れ合うのが好きなネコは貴重なので、セラピストよさそうだなあ。
人気者になりそうです。
> 動物はやっぱり汚い心がないから、だからそういった効果をもたらしてくれるんだと思います。

動物の前だと、人間も自然に素直になったり、笑顔になったり、会話が増えたりするところあるのですよね。その場も和みますね。

> ・・しかしこういう所でも後進国・・。何だか見習って欲しい部分は取り入れず、見習って欲しくない部分は言いなりですよね・・。

それはいえてると思います。
動物の権利なんかの話で諸外国の話がでると、「なんでも諸外国のマネばかりしようとして、けしからん。」とかここぞとばかりに言う人がいるけれど、そここそが見習わねばならないところなのになとつくづく思います。
日本は、福祉と動物関連に関して遅れてますね。経済など外面的なものは急成長したけれど、精神面が遅れている(追いついてない)ように思います。
> ドッグシェアリングというのは初めて聞きました。
> 去年まで飼っていたワンコも昼間ときどき一人で残されたりするのが
> 退屈で可哀相に思っていましたが、昼間行けるところがあったら
> 楽しかっただろうと思います。田舎じゃなかなかなさそうですが、
> 預け先はどうやって見つけたのでしょう?
> 時間の都合とか条件を合わせるのが簡単では無さそうな気もします。

元々から知っている人なんです。
そのあたり、むしろ田舎ならではなのかもしれませんw
都会の方だと人口は多くどこかにそういうサービスもあるだろうけれど、住宅事情がどうのとかで(狭かったりペット禁止マンションだったりで)逆に大変なこともありそうです。

> 老人ホーム等での訪問犬やペットセラピーは外国では増えてるよう
> ですが、日本ではまだあまり聞きませんね。どんどんやればいいのに。
> むしろ躾や世話が不十分だったり、病気をしたからと捨てられたり
> 嫌な話を耳にするばかりなのが悲しいです。

そうそう、まだまだ日本は動物のことに関して大変遅れていると思います。
最近になってやっと、飼い主が捨てたり、悪徳ブリーダーの捨てた動物が処分されていることを問題視する人々が増え、マスコミも目を向け始めて、変化の兆しが見られたところではないかと感じています。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/558-a612dc94
<< チャルダッシュ・ラプソディー take1 | TOP | ドラクエ1 序曲 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。