動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点に戻る

ショパンに関しての連記は、同じポロネーズ ト短調の他者の演奏を聴いて気にしたことで調子が狂ったのだと思います。それで、自分の演奏の調子が狂ってしまったと。
後半のテンポが、ユーチューブにアップしている方々のが速かったために、あんなふうに弾くものなのかと知らず知らずのうちに、思ってしまっていたのです。意識はしてなかったけれど、何度も聴いているうちに惑わされたのです。こんな曲なんだ、速く弾かねば!と。

でも、自分の感覚ではどうしてもそれがしっくりこなかった。速く弾いてみると弾きながら違和感がある。何がダメなんだろう?と思いました。色々と考えました。でも、今日気が付きました。自分の感覚にないものを取り入れようとしても、ないのだから不安定になって当然です。

この曲は自分にとってはテンポアップしていく曲ではない!後半はもっとやわらかい感じだと想っていたのです。
そして、そう想った自分がダメなわけではなかったのです。

他者にペースを乱されたらだめです。それが2日間くだくだした原因です。

せっかく気に入った曲、感じるままの原点に戻ってのびのびと弾きたいと思います。

なんだか、ややこしい書き方になってしまって、分かりづらくて読み手を困らせたかもしれません。
……自分でも分かってなかったんですよね。

そして、もう1つ。自分は、細かいことを気にしすぎかと。
実生活で不幸があって、それでも曲に取り組んでいるとかなら曲に出てしまいかねないだろうけれども、本当に全然そんなことではなくて、弾きすぎて飽きたなあ、程度のことだったのです。
なんだか大げさに聴こえてしまっていたら申し訳ないです;

時々、「(蒼鳥さんは)記事でそんなふうに書いているけれど、聴き手としては気になりません。」
とか、「弾いている人にしかわからないアラがあるのでしょうか?」というコメントを頂くことがあったのですが、そういわれたとおりだったのかもしれません。
そうすると、飽きとかたいしたことがなく、不安定とか違和感とか言っているのだって、自分がやたら気にしているだけで他者が聴いたら分からないようなものなのかもしれない。

そういうのと、ショパンやロマン派の表現の幅とは別物なのではなかろうかと。
特に飽きなんかと、それを一緒くたにしたらむしろ失礼なんじゃないかとw
例えば、今日最初に弾いた演奏と、今日3回目に弾いた演奏がありますが、どっちがどっちでしょう?とか、多分だれもわからないわけでw
また、1回目も2回目も全く全然気持ちからぶれずに弾けというのなら、息も出来ないし、機械にならなくてはならないわけでwそんなことを求められているわけではないですしねw

とにかく、あまり細部を気にしすぎずに楽しく弾いていきたいと思います。
その曲に自分が感じた魅力、イメージ、そしてそのときの気持ちを演奏に出せたらなあと願いつつ。

コメント

こんにちは。なんかお久しぶりになってしまいましたw

>自分は、細かいことを気にしすぎかと。

これ、すごいわかります。
いいものを作るには、客観的な目とか耳とか必要だけど
「どう聴こえているだろう?」「どう感じるんだろう?」ということを気にしすぎると、肝心な自分を見失っちゃうんですよねー。
Ocimはしょっちゅう見失ってますよー(ぉぃ
でも、そこを乗り越えた時、新しい自分に出会えた気持ちになるんですよね。目の前が開けるというか。
それも音楽の魅力のうちなのかなーとw

>とにかく、あまり細部を気にしすぎずに楽しく弾いていきたいと思います。
>その曲に自分が感じた魅力、イメージ、そしてそのときの気持ちを演奏に出せたらなあと願いつつ。

同意。究極の目標です。
楽しく弾く=ラク ではない、苦労も努力も必要・・・
ということも自戒して、また日々練習に励んで行きたいです!
分かりにくい連記にコメントありがとうございます。

> 「どう聴こえているだろう?」「どう感じるんだろう?」ということを気にしすぎると、肝心な自分を見失っちゃうんですよねー。

あまりにも自分で自分を厳しくチェックすることもないかもしれないと思いました。
変な完全主義に陥ると、そこばかり気になって最初にいい曲だと思った感動をも見失うというか伸び伸び弾けなくなってしまいますし。

> でも、そこを乗り越えた時、新しい自分に出会えた気持ちになるんですよね。目の前が開けるというか。

なんだか、今回の場合はそんな大きな気付きとかではなくて、1周まわって戻っただけのようでした;

ピアノ練習に関する葛藤みたいなやつ、Ocimさんとかも書いておられるし、自分もなんだか書いてみたくなって、なんとか書こうとしたものも難しかったのかもしれないですw
現在進行形のものは意味不明になりがち;

葛藤とかピアノ練習で考えたことを素直に分かりやすく書ける人はすごいなと思った日々でしたww
前回の記事にはなんだか勝手なこと書いちゃってすみませんでした。

>また、1回目も2回目も全く全然気持ちからぶれずに弾けというのなら、息も出来ないし、機械にならなくてはならないわけでwそんなことを求められているわけではないですしねw

本当にそうだと思います。
毎回同じクオリティーをキープしなきゃいけない!...とか考えないで、もっと自由でいいと思いました。

気持ちによって演奏はどんどん変わっていくことを楽しんでいいような気がします。

細かいことを気にしすぎて、大きな全体像が見えなくなってしまうこと、よくありますね。
私の場合、最初から練習していくから、最初はいいのに最後のほうは練習不足という...
もっと全体を意識しないと...

でも、言うこと矛盾してしまいますが
蒼鳥さんの演奏は細かいところによく神経つかわれているのが本当によくわかって、その繊細さが魅力だとも思っています!

どんな演奏になっても蒼鳥ワールドをしっかり感じます!
こちらこそ、まとまってない状態で雑記したため分かりづらくてすみません;

> 毎回同じクオリティーをキープしなきゃいけない!...とか考えないで、もっと自由でいいと思いました。

昨日弾きながら思ったのです、「ああ、これが苦手ってやつだ!」とww
人間なので、例え難易度自体が同じ位でもその中で弾きやすい曲、そうでないが曲あって当然だなと思いました。

> でも、言うこと矛盾してしまいますが
> 蒼鳥さんの演奏は細かいところによく神経つかわれているのが本当によくわかって、その繊細さが魅力だとも思っています!

ありがとうございます。
何らかの特徴は、いい意味の個性にもなるけれど、行き過ぎたら、極端になりすぎて困った傾向になってしまうときがありますね。

> どんな演奏になっても蒼鳥ワールドをしっかり感じます!

ありがとうございます。
今晩は^^ 今しがた何気にクリックしたら、
丁度8分前にアップされていたので2回程続けて聴かせて貰いました♪
庵さんが楽しく弾けるのが一番だと思いますよ^^
同じ曲でも、ホント演奏する人に寄って受ける印象って違いますね。
もちろん、聴く人の感性も加わっての印象だと思いますが。
私は庵さんのピアノの世界、好きですよ(^_-)-☆
丁度記事と入れ違いくらいのタイミングだったのですねw
曲が演奏者によって違って聴こえるのは聴いていて面白いなあと思います。
やはり芸術なんですよね、絵とかと同様に。

> 私は庵さんのピアノの世界、好きですよ(^_-)-☆

ありがとうございます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/554-b6a5ef2e
<< ショパン ポロネーズ ト短調  | TOP | 分かりづらい昨日の記事の追記として >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。