動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小さな風車」 クープラン

さて、忙しさも落ち着いてやっと録音も出来ました。
クープランの「小さな風車」です。初バロックです!


まずピアノの音で。(音はモダンピアノの硬い音にしてみた)。下のより少しテンポ速めです。


こちらはHARPSI-CHORDの音です。こちらの方が原曲の音での演奏ということになるから、雰囲気が出ていると思う。

それにしても、苦労しました。なんというかつかみがたかったのです。
最初聴いたときに、少し寂しげな響きの中の左手の重低音の力強さがとても気に入ったので弾こうとおもったこの曲。実際弾くとなると初バロックということもあり、慣れずに鍵盤の叩き方がスラーずるずる(ソナチネではそうしていた)になりがちだった。

あと、トリルも4の指を使うやつがやりにくく、安定しない(これは気長に取り組んでいく課題)。

曲のイメージとしては、広い野原で寂しげに立つ小さな風車。コロコロと風を受けてまわっている羽の軽い動きと、それとは対照的に動じない軸の力強さ(左手の重低音)というイメージでした。

コメント

ギロックとWizardryの曲調、似てます?
自分の気のせいかな。
両方聴かせていただきましたが、HARPSI-CHORDの方が個人的に好きですねー
トリルのところもこっちの方が曲にあってる気がします。

それにしても頭がくらくらしてきそうなややこしそうな曲w
まったく先が読めない・・・今の音楽とは全然違うんですね。
年明けから忙しそうでしたが、きっちり仕上げられて素直に尊敬します。
そして1コメゲット。イエイ。
ワタクシ個人的には
パイプオルガンの音に似合う気がしましたm(__)m
弾けもしないくせに生意気言って済みません(ToT)/~~~
やっぱり作曲された時代から考えても、チェンバロの演奏の方が素敵に聞こえます。

左と右と別々に考えて弾かないといけなさそうだし、パニくりそうv-394なのに、それぞれ丁寧に弾かれてますよね。

バロックは、気品があるというか、高貴なイメージがあるので、好きです。バッハしか知らなかったけど、クープランもいいなぁ。
綺麗な曲ですねえ。曲に好き嫌いが激しい自分ですが、
これは完全に一目惚れしました。
同じバロックでも、バッハよりセンチメンタリズムを感じます。

確かにハープシコードの方が雰囲気は出ているのですが、
個人的にピアノの音の方が好きです。
タッチとか音の長さの違いが出せるから、より弾き手の
気持ちが細かく伝わるような気がしたので。
自分が弾いたら不安感とかきっとバレるから怖いし、
ピアノの音の方が誤魔化せない感じ。
左手に芯が通って右手を支えている感じが素晴らしいです。
いやあ、良いモノ聴かせていただきました。

いつか挑戦したいなあ。
バロック、覚えられる方って驚異です。
かっこいい~~!!!
バロック、初めてなんてとても思えません。しっかりはっきりノンレガートなのにフレーズごとの盛り上がりがちゃんと出ていて、両バージョンとも何回も聴き入ってしまいました。

またバロック弾いてくださいね~~!!
楽しみにしています♪
> ギロックとWizardryの曲調、似てます?

ギロック?多分バロックですよね??
Wizも右手左手のバラバラ演奏がはまるような感じしますね。
って、主に1の音楽が頭に残っていて後はしてないか忘れてしまっているけど;

> 両方聴かせていただきましたが、HARPSI-CHORDの方が個人的に好きですねー
> トリルのところもこっちの方が曲にあってる気がします。

これも、HARPSI-CHORD(チェンバロ)のための曲だったそうで、トリルは音がよく響くようにされたとかなんとかで、この時代のトリルもチェンバロの音に合わせられているらしいです。

> それにしても頭がくらくらしてきそうなややこしそうな曲w
> まったく先が読めない・・・今の音楽とは全然違うんですね。

そうそう、最初は曲の流れを覚えるだけで一苦労しましたw
気に入った曲のはずなのに、あれ?こうだったかな?となるのはなかなかマヌケでしたw

> 年明けから忙しそうでしたが、きっちり仕上げられて素直に尊敬します。
> そして1コメゲット。イエイ。

1週間とかで仕上げるとむしろやっつけで雑になりがちだということを今回学習しました(遅;)。
テツキチさんの1コメはなんだか新鮮でした。
作曲家のクープランはオルガニストとしても活躍していたし、
クープランはバッハにも強い影響を与えているそうで(バッハといえばやはりパイプオルガン)、実際にパイプオルガンともすぐ隣にあるような曲ですね。
試しに弾いてみたら、それもまた良かったです。
最後の左手のトリルが強くて、感心しました。
全体にしっかりまとめあげられていて、
すばらしかったです。
練習期間が短いのにこれだけの演奏をされたことに関しては
自分も譜読みの力をもっとつけなければ
と思いました。
> やっぱり作曲された時代から考えても、チェンバロの演奏の方が素敵に聞こえます。

バロックはチェンバロやパイプオルガンが映えますね。

> 左と右と別々に考えて弾かないといけなさそうだし、パニくりそうv-394なのに、それぞれ丁寧に弾かれてますよね。

これ、最初は慣れずに練習しながらうんざりしてきてましたw
自分で気に入って選んだくせにうんざりってないよなあと思いつつも。
でも、これが慣れると面白いから不思議です。

> バロックは、気品があるというか、高貴なイメージがあるので、好きです。バッハしか知らなかったけど、クープランもいいなぁ。

クープランはバッハに影響を与えた人らしいです。
今回はじめて知ったクープランだけれど、この曲は1回聴いて気に入ったやつでした。
> 綺麗な曲ですねえ。曲に好き嫌いが激しい自分ですが、
> これは完全に一目惚れしました。

そうなんです!これ、1回聴いて気に入って弾くことに決めたものでした。
なんだか印象に残りやすかったのです。

> 同じバロックでも、バッハよりセンチメンタリズムを感じます。

なるほど、そんな感じですね。この旋律好きです。
バッハは神々しい感じかな、教会の似合う。

> タッチとか音の長さの違いが出せるから、より弾き手の
> 気持ちが細かく伝わるような気がしたので。
> 自分が弾いたら不安感とかきっとバレるから怖いし、
> ピアノの音の方が誤魔化せない感じ。

!!全くその通りだと思います。これをピアノで弾いたらごまかせないです。
正確にハモるところで、ちょっとしたタッチの違いが影響してくるわけで難しいです。
ロマン派だと、「気持ちの変化」という表現の1種にもなりえるそのブレが、バロックだと雑に聞こえることになりえると思いました。

> 左手に芯が通って右手を支えている感じが素晴らしいです。
> いやあ、良いモノ聴かせていただきました。

左ききということもあってか、左手のリズムは割ととりやすいです。
そのぶん、右手が苦労すること多いですが。

> いつか挑戦したいなあ。
> バロック、覚えられる方って驚異です。

覚えるまではうんざりしてましたがw
覚えたら予想以上に弾くのが楽しくなりましたよ。
ぜひぜひ弾かれてください!
ノンレガートには苦労しました。
最初はもう、ロマン派風バロックという謎のジャンルを弾いていましたw
何度も聴いて頂きありがとうございます!

最初は、気に入ったとはいえ、バロックを選んだのは無理があったのではないかと思うくらい、練習しながら「ダメなんじゃないか、もう弾けないんじゃないか」と思ってましたが、
それでも弾きつづけているとだんだん楽しくなってきました。
また、気に入った曲を見つけて弾こうと思います!
> 最後の左手のトリルが強くて、感心しました。
> 全体にしっかりまとめあげられていて、
> すばらしかったです。

最初は曲想が分からなくて、ロマン派みたいに弾いてしまってダメダメモードになっていましたw 逆に、長期に渡ったから、毎日少しずつで、投げなくて済んだかもしれません。
どちらかというと右手のトリルが苦しくてたまらなかったので、つくづく左利きを実感しました。

> 練習期間が短いのにこれだけの演奏をされたことに関しては
> 自分も譜読みの力をもっとつけなければ
> と思いました。

野田さんの進み方はとても着々なので、譜読みは速いイメージがあります。
譜読みは確かに速ければ速いほど、一番だるい時間(と言う人が多い)を短縮できるという利点がありそうです。
蒼鳥さんの演奏は本当にすごいですよね。
いつか自分も弾いてみたいな~という気持ちになるんですよね。
弾いてみたいというか
こんな風に弾けるようになりたいな~と憧れます。

ピアノ以外の音で演奏するの、マイブームですか?
作曲された時は、こんな音で演奏されていたのですよね。
時代の空気も感じます。
どうも。

独学でバロックは凄すぎです。
ロマンや古典なんかとも全く違う奏法らしく
これからシュナちゃんもバロック挑戦します。
たぶん、かなり苦労すると思いますw
も、勿論「小さな風車」より、もっと簡単なやつからですよ?w

年末からお忙しそうで、シュナちゃん何かより
よっぽども練習時間少ないと思うのに。。。
良い刺激を頂きました。ありがとうございますー。
軽やかで素敵ですね^^

ここのブログが今まで開かなかったんです;;

今日、開けられてうれしかったです^^
そんなふうに思ってもらえるとは身にあまります。
でも、これからもそう思ってもらえるよう丁寧に仕上げていこうと思います。

> ピアノ以外の音で演奏するの、マイブームですか?
> 作曲された時は、こんな音で演奏されていたのですよね。
> 時代の空気も感じます。

そうそう、元々はこんな感じの曲だった、というのを出したくて音を変えてます。
純然たるピアノ曲ではイマイチあわないと思うから、そうでない曲での楽しみかなあと。
シュナさん、バロックにも挑戦されるのですね!
シュナさんは、音源を聴いている感じ、スラーとそうでないものの弾き分けがしやすいタッチのように感じます。バロック合っているのではないかと思ってます。

確かに最近は忙しくてぐったりでした。
でも、その中で毎日少しでもと思って練習してました。
忙しいときほど、弾けないからなおさらピアノ弾きたくなるというやつです。
やっと明日まともな休みなので、弾きまくろうと思っていますw
こちらにも来て聴いて頂きありがとうございます。

FC2はサーバーによっては夜重いときが多かったようで、この間メンテがあってました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/549-0fab61e3
<< そんな日のカミングアウト | TOP | 忙しい! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。