動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼鳥 庵の生まれた頃

最近、過去について語る気自体もなくなったなと思いはじめた。

以前、ネットに来てブログを始めた頃は、とてもイヤなことがあった後であった。経営の都合で3月でなくなるクルルより以前になくなった(正確にはクルルに経営を引き継いだ)、ネイバーブログが最初であった。(やたら消滅するようブログばかりだなwFC2はそんなことはなさそうだが今のところ)。
それをきっかけにネットに来てからというもの、ブログをはじめ、蒼鳥 庵というHNを使って、少しずつ自分のことを語っていた。生い立ちから今までのことを。
その文章の中で傷つき苦しんで攻撃的になっているのは、ネットの前で文章を書いている自分ではなく、幼少期のその心であった。だからといって蒸し返しているとかでもなかった。ただ、心の海の底に沈んでいるものを解放してあげたかった。自ら日の目を見せることで。そうして、ただ「そうだった自分」というのを受け入れようとしたのではないかと思う。
その感覚は、理解しがたくもあったらしく、真剣に引きずって悩んでいたり、攻撃的な気持ちになっているのだと受け取られてしまったこともあった。自分自身、前置きしてなかったのだけれど、正直、何と言っていいか、なぜそれを書くのががもやもやしてはっきりつかめていなかったからでもある。自分は基本、終わったことしか書かないようだが、書いている自分の心境は、現在であったから、そうなるとやはりつかみがたかったのであった。
そして書いていた時期の過ぎた今、「書いていた時期の心境」についてやっと綴ることもこうして出来るようになったのである。

「自分を受け入れようとした」ことについてもう少し詳しく書けば、後悔しようがどうしようが過去は変えることの出来ないものである。過去の傷は傷として、忘れることはあっても癒えることはない。あくまで自分の感覚で、である。ただ、それだけ、そんな自分そのものを自分の中で受け入れようとしたのだと思う。だから、自分の心に必要なこととして書いていたのだと。では何故1人で日記にしなかったのかというと、やはり日の目を見せることが必要だったのだ。現在の自分は、実生活でそんなことを語ることなどなかったのだから。実際に、言いにくいとか語る機会がないだけでそのこと自体は悪いことではないし、意識して隠そうとかいう思いがあったわけでもなかったから、多少恥ずかしくはありながらも元同じクラスだった友人とブログとかの話になり、聞かれたのでアドレスを教えたこともあった。その友人は、内容に大変驚いたようだった。つまり、やはり自分は実生活でそういうことを全く表出していなかったということであった。
金と力と欲望の中で←今更内容は読んでもらわなくていいが、書いていたのだよという一例として。

最近、このブログに引っ越してから、昔はあんなに浮かんできていた過去への想いが浮かんでこないことに気が付いている。心の海の底に沈んでいたはずの想いがどれもこれももう、手に取ってもさらさらと流れていく。ピアノに夢中とか、凪関連のことに心を配っているからというのもあるだろうが、こんな休みの日のぼーっとできる時間でもそうなのだから。多分、あの想い達は自然に現実の自分と交じり合ったのだろう。消えてなくなったのではなく、空気中に溶けて元素としてはあるといったところである。ただもう、心の底の異物としては認識しなくてよくなっているのだ。
そんなわけで、最初のNHの訳、蒼鳥 庵としてはすることがなくなってしまった。そういう意味では、もう蒼鳥 庵である必要がなくなったといえるだろう。とにかく、そんなことに気が付いた今、HN変更しようかとも思うけど、それもまた面倒だな。

コメント

HNがかわっても、私の中では庵さんは、庵さんであって・・・
ただ。。少し「蒼鳥 庵」がいなくなるのは寂しいようなきがします。
私は、まだまだ「ことぴ」をズリズリと引きずっているので、当分このままかなぁなんて、庵さんの日記を読みながら思いました。
> HNがかわっても、私の中では庵さんは、庵さんであって・・・

そうですね~、自分も他の人のHNが変わってもそう感じます。

> ただ。。少し「蒼鳥 庵」がいなくなるのは寂しいようなきがします。

結局、考えるのが面倒なのでHNはこのままかもww

> 私は、まだまだ「ことぴ」をズリズリと引きずっているので、当分このままかなぁなんて、庵さんの日記を読みながら思いました。

引きずっているというと、ことぴさんも何か役割あってのことぴさんだったのですね。
私にとって蒼鳥庵さんは蒼鳥庵さんとしか思えないので
他のHNになっても、慣れると思いますけど
淋しく思いますね。
「面倒なのでこのままかも」
という一言に安心しました。

ご家庭での経験に、相当傷つかれたようですね。
そして、それにかなり影響を受けて
固まりのように心の底にずっと沈殿していたのだけど
それが最近サラサラと流れるようになった...
と聞いて、嬉しく思いました。

それは、ブログに書いて気持ちを整理したこと
ピアノを弾くことで癒しを得たこと
凪くんとの出会い...などがあったからなのかも知れませんね。

凪くんの存在が大きいんじゃないですか?

心に負った傷って一生治らないものかと思っていましたが
蒼鳥さんのように、ご自分の力で折り合いをつける道を見つけられたお話しを聞くと、救いを感じます。

以前の蒼鳥さんとは変わってきていらっしゃるようでが
これからもずっとずっと、よろしく!です。
vicさんもことぴさんもそう言われているし、HNはこのままでもいいかな。
考えるとなると面倒なのは、蒼鳥 庵が凝っていて意味があったぶん、あまり適当なのは嫌なのでw

> ご家庭での経験に、相当傷つかれたようですね。
> そして、それにかなり影響を受けて
> 固まりのように心の底にずっと沈殿していたのだけど
> それが最近サラサラと流れるようになった...
> と聞いて、嬉しく思いました。

そんな感じでしたね。まさに沈殿でした。
普段は感じなくてもでしたね。

> それは、ブログに書いて気持ちを整理したこと
> ピアノを弾くことで癒しを得たこと
> 凪くんとの出会い...などがあったからなのかも知れませんね。
> 凪くんの存在が大きいんじゃないですか?

ブログ、ピアノ、凪、他にも確かに少しずつ得たものがあると思いますね。
確かに凪の存在感は中でも大きいと思います。
もちろん、犬との暮らしは全てが楽しいことばかりではなく、大変なことも苦しいこともあるけれど。

> 心に負った傷って一生治らないものかと思っていましたが
> 蒼鳥さんのように、ご自分の力で折り合いをつける道を見つけられたお話しを聞くと、救いを感じます。

そう感じてもらえて良かったです。こうしてそんなふうに言ってくれる方もまた貴重なものです。

> 以前の蒼鳥さんとは変わってきていらっしゃるようでが
> これからもずっとずっと、よろしく!です。

ありがとうございます!こちらこそ!
私も蒼鳥さんのHN好きです。

なんだろ、イメージにピッタリだと思っているんです。
あと「金と力と~」読みました。
大人になって、実家から離れられるようになって、やっと
ありのままの自分の姿でいられるようになったのですね。

これからも、大好きなピアノと凪ちゃんと蒼鳥さんにとっての
穏やかで幸せな毎日が送れる事を、お祈りします。
いつもコメントを残すときにこちらも真剣だったのを思い出しました。
書くこと記録に残すことはとてもいい消化作用なんだと思います。
今を大事にしたいと私も思います。
いおりん・・

って、もう呼べなくなっちゃうの?

でも私もHN変えてるから言えないけどね(〃´・ω・`)ゞ

私ね、大好きな言葉に・・

「 Life is like a box of chocolates」ってゆうのがあるの。

これは人生をチョコレートBOXに例えた言葉で、

チョコレートBOXの中には色んな味があって、

食べてみないと分からない、

だから、辛いことも、悲しいことも、楽しいことも、誰かを愛することも、

たくさん経験して味わって、

自分を成長させていこうねってゆう意味なんだ。。

だから私は、色んな辛いこともあるけど、自分には必要なことだと思って

受け入れてる。

嫌なことをされた人も、その人を思い描いて、

「あなたを許します。」って言ってみるの。

そうするとね、不思議と自分自身が楽になるの。



それから・・

「辛抱」ってゆう字はね、

辛いことを抱きしめるって書くんだよ^^

いおりんは、小さないおりんの辛い記憶を抱きしめて愛してあげたから

今そんなに素晴らしいいおりんなんだね^^

もちろん、凪ちゃんの愛が一番の鍵だったと思う・・

海の底の鍵がかかった箱を開ける小さな鍵・・



ねぇいおりん、

“庵”から巣立っていっちゃうの?

> 私も蒼鳥さんのHN好きです。
> なんだろ、イメージにピッタリだと思っているんです。

ありがとうございます!

> あと「金と力と~」読みました。
> 大人になって、実家から離れられるようになって、やっと
> ありのままの自分の姿でいられるようになったのですね。

そうですね、親との関係は改善してきたものの、実家にいると親戚うんぬんに時々顔を合わせる機会が出るので、離れているほうが楽ですね。

> これからも、大好きなピアノと凪ちゃんと蒼鳥さんにとっての
> 穏やかで幸せな毎日が送れる事を、お祈りします。

ありがとうございます!
> いつもコメントを残すときにこちらも真剣だったのを思い出しました。

あの頃は、重たい記事も、時には混沌とした記事もあったかと思います。
ありがとうございました。

> 書くこと記録に残すことはとてもいい消化作用なんだと思います。
> 今を大事にしたいと私も思います。

そうですね。消化もそうだけど、あと、忘れたくない今も記録できたらいいなとか思いました。
> いおりん・・
> って、もう呼べなくなっちゃうの?
> でも私もHN変えてるから言えないけどね(〃´・ω・`)ゞ

けいも何度かHN変えたけれど、なんだか印象はそのままかな、心境の変化によってHNは変えても中身が急激に変わるわけではなく、節目のようなものなのかなと思いました。

> チョコレートBOXの中には色んな味があって、
> 食べてみないと分からない、

チョコレートという意味で想像は出来たとして、
確かに、食べてみないと「本当の」味は分からないですね。

>「あなたを許します。」って言ってみるの。
>そうするとね、不思議と自分自身が楽になるの。

たぶん、それはもう終わったことだからだよね。
真っ最中だったらそんな余裕とかないし。
そう言えてる時点でもう気になっていないのかも、と逆に思った。
そして、許すのは「他人のしたこと」ではなくて、「自分自身」なのではないかなと。

> いおりんは、小さないおりんの辛い記憶を抱きしめて愛してあげたから
> 今そんなに素晴らしいいおりんなんだね^^

意図的にやったというよりは、時間と自然な経験によっての面はかなり大きいかなあ。
自分がしたことは思い起こして確認しただけかもね。
それが気持ちの整理にはなってると思うけれど。

> もちろん、凪ちゃんの愛が一番の鍵だったと思う・・
> 海の底の鍵がかかった箱を開ける小さな鍵・・

出会いと経験による自然な鍵ですね。

> ねぇいおりん、
> “庵”から巣立っていっちゃうの?

なんだか、そう言うと洒落た感じです。
でもすでに、気づかずに巣立った感じになっていたのかなと、
もう色々思い起こすこと、書くことも特になくなっていたことに最近気が付いたわけだから。
ただ、気にならない宿はあってもなくてもいいから、それだったらそのままでもいいですねw

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/540-d2417472
<< 愛のオルゴール(1回目) | TOP | なぎなぎ写真館 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。