動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れが大切

第1回 社会化

nagitoneko2_2_convert_20091108190931.jpg
最初は猫達が警戒していたようです。

nagitoneko_1_convert_20091108191010.jpg
その中で子猫が近づいてきました。

nagitoneko3_convert_20091108191105.jpg
すっかり慣れたようです。この後、中くらいの猫も少し近づき、少し離れた位置で座っていました。

犬は「噛む」「恐い」と思う人が日本には時々見られます。
しかし、そうさせているのは人間です。犬は、人間よりずっと「育てたように育ちます」。
つまり、素直な犬を攻撃的にさせるにはそれだけの原因があるのです。

その大きな原因の1つが社会化不足です。
生後1ヶ月くらいで親から離され、ペットショップの狭いケージに閉じ込められること。
実際は最低2ヶ月は子犬は親犬と過ごさなければ必要なことは学べないと言います。
そして、その後も他の犬はおろか人とも交流が少ない、日本は犬の行動は多く制限され、1日中繋がれっぱなしの犬までいます。

犬は成長がはやいです。体は1年で大人になります。
つまり、ペットショップで過ごす数ヶ月は、人間で言えば、幼児から中学生くらいまで他とほとんど接することなく引きこもっているのと同じことになるわけです。そのようにして育った人間の子供が、社会的に満足なコミュニケーションをはかれるようにはならないであろうことは考えただけで分かると思います。

しかし、日本は利益だけを優先し、ペットショップに対する規制も無きに等しい。
先進国で、動物に関する法律がここまで機能していないのは日本だけです。

犬が社会的に満足なコミュニケーションを図れないまま育つということ、それは、他の人間に会っても、同属の犬にあってもどうしていいか分からず、怯え、恐さのあまり攻撃する犬が出てくることになります。これが犬が攻撃的になる原因の1つです。

凪(なぎ)は捨てられた子犬でした。あとで話しますが、どうやら出所は近所のブリーダーのようだと分かりました。
最初は、どんな犬に会っても震え上がって歩けなくなっていましたし、ルーツが猟犬なので、他の生き物はとりあえず何でも追いかけて獲物だと認識してもおかしくない状態でした。実際、凪は狩りの名手です。その本能自体は強く残っています。しかし、今は、犬はおろか、猟犬の本能はあるままに、猫とも完全ではないにしろ、むやみに攻撃せぬよう、とりわけ小さいものには優しく接することが出来るようになっています。

人間の子供が、凪にまたがって乗っても、近くで棒を振り回しても動じません。
もちろん、その子供には注意しました。
「棒で叩いたらダメだよ。」
「叩かないよ。つつくだけ。」
「ダメ!」
その後しばらくして今度は、その子供がいなくなったと、保護者の人が探していました。
凪は、リードを離しても、傍から離れていなくなることはありません。
犬は2歳くらいの知能と言われていますが、社会化された犬は、人間の子供の一部よりずっと大人な行動がとれます。(ただ、「知能」は人間の子供の方が上なので、5歳の子供は、この会話のようなへりくつも言います。)
どこの家に上げても、人間の縄張りでトイレをすることはありません。
そんな凪ですが、別に特別に賢い犬ではありません。しかし、賢いと言われることが多いので、犬の専門書で凪の知能テストをしてみたのですが、普通より少し頭がいいという程度でした。
凪の賢いと言われる行動は頭の良さとは別物だと思います。それが社会化の成せるワザだと思うのです。

「社会化」というと難しいことに聴こえるかもしれませんが、簡単に言えば「慣れ」です。
小さいときからたくさん人間と触れ合わせる。たくさんの犬達と遊んでもらう。
いろんな場所に行く。そんな当たり前の経験を通して、犬も人間の子供同様に成長していく。
何が危なくて何がそうでないか。ここではどういう振る舞いをすればいいのか。
どういうことをしたら人や犬から怒られるか。犬は群れの動物、仲間はずれになることを嫌います。
だから一生懸命に仲間を観察して学習していく。リーダー(飼い主)の傍が一番安全だと学ぶ。基本的に順応性は高いのです。

凪に出会い、この一連のことを知ったときから、出来る限りの場所に凪を連れて行き、子供達の遊び相手として公園で遊んでもらい、また、犬を飼っている知人にお願いして小さい犬から順に接せさせ、猫がいたら猫とも、というように社会化を繰りかえしてきました。最初は他の犬に会うたびに震え上がっていた凪も、だんだん慣れ、なんとか訓練の土台を築くことが出来たのです。

コメント

ピアノ同様、真剣にワンちゃんに取り組む
蒼鳥さんの姿勢にはいつもながら、心打たれます。

わんちゃんも喜怒哀楽があるけれど、
やはり人とは違う価値観や振る舞いをするから、
小さい子には気持ちを誤解されやすい
ことも多いのでしょうね!!

わんちゃんは目上と認識しているものには
忠実だし、そういう環境を望んでいるのだろうから、
そういう環境を保持できる方の
家族になって欲しいと思いました!!


私はネコ飼いたいんですよね~
でも、ゴーンさんがネコアレルギーなのです。

凪くんとネコちゃん達、カワイイですね。
微笑ましいです。
考えてみたら、多くの犬達は、人格(犬格)形成に一番大切な時期、ふれあいも足らない状態でケージの中ですごしているのですね。
でも、その後、愛情をかければ、いくらでも周りの動物へのいたわりの心は育つと信じたいです。

余談ですが!
友達の大型犬がドッグランに行って、小型犬を噛んで死なせてしまったそうで...
話し合いの結果慰謝料100万円になったそうです...
凪くんは大丈夫だと思いますが...そんなこともあるという話でした。
冒頭の写真が微笑ましいですなー。
やはしネコもちびっ子の方が好奇心強いんですね。

確かにペットショップの子犬たちは、かわいそうですねー。
親から離され、その後も必ずしもイイ飼い主に恵まれるとは限らないですもんねー。
凪坊は、イイ飼い主さんに拾われて良かったですなー。

ちょっと前まで「どうぶつ議連」というのがあったんですが、御存知ですか?
個人的に応援していた議員さんが中心になって、精力的に活動なさっていて成果も上げていたのですが、彼が落選してしまって……。
その後、どうなったのか分からんのです。
蒼鳥さんと暮らしている凪くんは幸せだなぁ、と思いました。
信頼とか安心とか経験とか、積み重ねたものが凪くんの社会性を作っているのですね。

なんだか自分のこどもの幼少期はもう終わってしまいましたが、
もう一度、いろんなことを考え直して、
育てたいというか、一緒に育ちたいなぁ、なんて思っちゃいましたw

小さい子に、子供のときから犬との接し方を学ぶ機会をつくることもまた大切だと思います。
しかし、大人からして知らない人も多いので、そういう家庭では難しいでしょうね;
擬人化するのではなく、犬を犬として見て、存在に敬意を示し受け入れる、日本はまだそんな当たり前のことが難しいところがあります。

リーダーがいて、群れのメンバーがいて、犬にとってそういう環境は大事だと思います。
日本では何故か外飼いが当たり前のように思われている節がありましたが、
群れから切り離された犬はプライドが傷つくのだそうです。
人格(犬格)形成に一番大切な時期を逃したら、後の社会化はとても困難なのだそうです。
もちろん不可能ということはなくとも、犬の恐怖期(4ヶ月~1年)の間に恐いと認識してしまったものを一生恐いと思うのだとかで、なかなかそこで他の犬や人を怖いと思うようになってしまった犬の再訓練は大変なようです。

> 友達の大型犬がドッグランに行って、小型犬を噛んで死なせてしまったそうで...

これはきついですね;
うちの凪は、吠える犬や攻撃性を示す犬にはじっと観察したあと、近寄りませんが、他の犬の動向には注意しておきたいと思います。

それにしても皆様、ピアノ記事でないものにもコメントくださりありがとうございます。
> やはしネコもちびっ子の方が好奇心強いんですね。

そうみたいですね、凪にすりすりしてきてましたw

> 親から離され、その後も必ずしもイイ飼い主に恵まれるとは限らないですもんねー。

そうなんですよね、飼い主も免許制にして欲しいと思います。
買って捨てる例も後を絶たず・・・

> ちょっと前まで「どうぶつ議連」というのがあったんですが、御存知ですか?

自民のやつですね、知ってます。しばらく活動休止と出たままですね。
民主でも松野議員などがシェルターをつくろうとしているなど、現実的に行動されているので、動物保護に関しては割りと期待が持てそうな感じです。
犬も人間の子供同様、信頼や安心や経験はとても大切ですよね。

> なんだか自分のこどもの幼少期はもう終わってしまいましたが、
> もう一度、いろんなことを考え直して、
> 育てたいというか、一緒に育ちたいなぁ、なんて思っちゃいましたw

ああ、なんかそういう風に思うことありますw
ピアノも以前からやっていたらなあとかもw まあ、ピアノは大人になってからはじめて得たものもあるわけで、子供の頃からやってさえいればいいというわけではないですが。
乗り遅れ、悔しいww

ペットショップでお金を出して犬を飼う人間を
愛犬家とは言いたくないですね。
里親募集の捨て犬とか、保健所に居る犬とか
そういうの知らないとは言わせませんよ。

寿命でもないのに死ななきゃいけない運命にある犬達を
そういう皆さんが助けてあげなければ
ペットショップの杜撰な体制は無くならないと思うのです。

・・・と、近所のオッサンが酔っ払って話してましたw
オッサンはベロベロだったけど、このお話は心底同意です!!
愛犬家、そうですね。
ネットで里親募集とかたくさん見かけますね。
保健所もやっと、成犬の新しい飼い主を探そうとする体制になってきたところも出てきました。

日本人は、命あるものまでブランド扱いする傾向があり、
流行に踊らされているところがあります。
あと、極端に幼い犬を好むのだとか。
子犬から育てるのは成犬の数倍大変だということも、一般にあまり知られていないし、
利益だけを考えて、必要な情報は言わないというのもありますね。
シュナさんもご存知だった、保健所に連れて行かれた犬は数日で窒息死させられるということ、これが日本の多くの場所での現実だというのに。

そのオッサンは、いいオッサンですね!
まったくその通りだと思います。本当同感。

>素直な犬を攻撃的にさせるにはそれだけの原因があるのです。

これ、そうなんですよね。動物たちだって自分を守る為に威嚇したり噛んだりするだけなんですよ、ちゃんと原因がある。それをただ”凶暴”ってとって捨てる人も多い・・。
みんなが蒼鳥さんの様に考えられれば問題も減るのに・・・。
いい写真ですね!みんな可愛い♪
写真は凪君ですか?私勝手にもっと小さいワンかと思っていました(笑)
うん、この写真好きです~♪
> これ、そうなんですよね。動物たちだって自分を守る為に威嚇したり噛んだりするだけなんですよ、ちゃんと原因がある。それをただ”凶暴”ってとって捨てる人も多い・・。
> みんなが蒼鳥さんの様に考えられれば問題も減るのに・・・。

今日のドッグアクチュアリーのマルコ・ブルーノーさんの話に丁度書いてあったことですが、オーストリアでは、繋がれていた犬の鎖が切れて、犬が鶏とかを襲い、人を噛んだことから、繋ぎっぱなしは犬にとって良くないと考えられるようになったのだとか。日本だと、逆に犬を処分して終わりになってしまうと書いてあり、そうだなと思いました。もっと日本も犬の立場になって考えて欲しいとつくづく思います。

> いい写真ですね!みんな可愛い♪
> 写真は凪君ですか?私勝手にもっと小さいワンかと思っていました(笑)
> うん、この写真好きです~♪

ありがとうございます。自分でも気に入っている写真です。
記事には「小さい凪」という言葉が出てきたりしていたのですが、小型犬の方が多いことを考えるとそんなに小さくないのですよね。体重も8キロ台後半とJRTにしても大きめですし。
凪に「このチビ」と言っていると、友達が「小さいとは感じない」、と言ったことから話して気が付きました。
先代が柴犬(豆柴ではない、でかい柴犬)だったから凪がやたらコンパクトで小さく感じるのだと。友達の犬はポメラニアンだったというから、納得でした。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/48-2eef29d3
<< ソナチネアルバム8番 クレメンティOp.36,No.2 3楽章 | TOP | 手持ちの楽譜とか >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。