動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパン ノクターン21番

難しいです……今の実力ではギリギリです。
もう少しマシに仕上げたかったけれど、1曲への集中力が3分しか持たない、弾きなおすほどにミスが増えるというのをどうにかしないことにはマシにならなそうです。ヒット率何パーセントという箇所がいくつかありますw
間違うからと弾きなおし弾きなおしをしていたら、胃痛がしてきましたww合計3ヶ月くらいかけてやってたら飽きて、2ヶ月目くらいからは1日2回くらいしか弾かなくなっていて、最近になってアップしようとまとめて弾いたため、まだ弾きこみが足りないといえば足りないのだけれど、これが「飽き」も含めて現在の実力の限界ということで、また3ヵ月後くらいにリベンジしたいと思っています。正直、すごく悔しいので。

追伸・mixiから、こちらを「外部ブログ設定」にしました。mixiだけの記事とか書かないからなあと。

コメント

どうも、こんにちは。

今までオクターブ近く離れる左手(伴奏)というのを
経験していなかったのですが、非常に難しいですね。
ノクターン21は、伴奏がほとんどオクターブ近く離れているのに
(オクターブ以上もちらほらw)キレイに弾かれていると思います。

動画作成する時は、私もミスると最初から弾き直してますが
ミスが多いと本当胃痛がしますねw
諦めようかな。。。とか思うけど、何か悔しくて
アップしちゃう時もありますw 練習記録だし!!とか言い聞かせてw

今も私から見たら素晴らしいけども
いおりんが非常に悔しがっているのが伝わるので
3ヶ月後は、もっと素敵な演奏になるんでしょうなー。
楽しみにしております(`・ω・´)
悲しげな旋律がキュンってします・・

ぶちの子もちゃんと見てるね^^
このノクターンのおかげか、左手の伴奏が飛ぶのはだいぶ慣れたようです。

もうこのくらいにしておこうか、と思ったり、撮りなおそうとも思ったり、
しばらくおいて後で弾きなおしたときに載せようかとか、今回も色々ジレンマしましたw

最後のミスタッチだけならまあ、ただのミスタッチといえばそれだけなんだけれど、
何か気に入らなくて、さきほど、「何が気に入らないのだろう」と思いながら、感じるままに弾いてみたら気が付いたのが、自分の思う感じで弾けてないということでした。
多くの動画は、このくらいかもっとゆっくりの演奏が多かったけれど、自分が弾くには、ノクターン21はもう少し速く弾かないと気分が乗らないのです。だけど、右手の激しい連符が今すでにギリギリでスピード上げると崩壊します;
弾きなおしてみて、右手がギリギリだから現在妥協していることに気が付いたのはいいが、さて、3ヵ月後、テンポアップして弾けるだろうか。ソナチネで特訓だなあ。
こっちに来てくれてありがとう。
この単調の響きが好きで選んだ1曲でした。
ぶちの子達に、練習からアップまでいつも聴いてもらってますw
正直に申し上げると蒼鳥さんに追いつこう!!
と今まで頑張ってまいりました!!
しかし、今回の動画を拝見させていただいて
その野望も絶望へと変わりました。

美しい演奏でした!ありがとうございます!!
ショパンのノクターンは当然私は聞くのみでございますが、
10番辺りまでが理解できる範囲です。
私の先生などは10番以降がいいのよなどとおっしゃいますが、
ノクターン通の方はやはり11番以降が
魅力なのでしょうか?

> この単調の響きが好きで選んだ1曲でした。

短調の間違いです;

野田さんは、現在やっている教本より先の曲までさらっと弾ける印象があります。
バイエルやブルグ25をやりながらも、まだ未知なる能力が眠っているような。

> 美しい演奏でした!ありがとうございます!!

こちらこそ、ありがとうございます。
ギリギリいっぱいの演奏で、最後はミスタッチも出ましたが、現在の実力は限界まで出したと思います。

ノクターンは単にノクターン音源コーナーで適当に聞いていて、
とても気に入ったのが21番だったことで、「ショパンピアノ遺作集」という楽譜を買ったことと、
ノクターンの中では易しいということで、
練習すればなんとかなるのではないかと思って背伸びして挑戦してみたのです。
なので、他のを聴いてもどれが何番かさえよく分からないと思いますww
聴かせていただきましたー!

なんだか、しっとり。穏やかに切なくて、
短調のノクターン、いいものだなぁと感じました。
あの一番有名なノクターンはいつか弾いてみたいなぁと思っているのですが、
21番も弾いてみたいなあと思いました♪

3ヵ月後にはさらにどんだけ磨かれちゃうんでしょうか?
楽しみにしております!

ショパンもノクターンもよくわからない私ですが。
難易度の高さに、庵さんがよくついていっていらっしゃると思います。
左手の伴奏もさることながら、右手どうなってんだろう?とw


ピアノってどんどん難しい曲にチャレンジしていくべきなのでしょうけれど。
庵さんの妥協のなさには、毎回驚かされます。

ピアノ1年を振り返って企画を勝手にやろうと思うのですが。
昔アップした気に入らない曲を、今度はあせらずゆっくり弾いてみたいと思っていたりします。

1曲の完成って、どこをもっていうのかわからないですね。
たぶん、答えはないんでしょう。
どうしても、キリがいいとこまではなんとか踏ん張っちゃうのですけど。
ブログやってると、どこかで1度残しておきたくなりますしw

自分が気持ちよく弾けた!
いつかそう思ってこの曲を弾かれる庵さんも楽しみにしています。
どれだけ練習したら、どういう練習をしたらあんな風に指が動くようになるのでしょうね?
テクニックも素晴らしいと思いましたけど
曲の世界も、非常に伝わってきて
作品としても感動的なものになっていると思いました。

長い曲は最後の最後で失敗すると
本当に緊張感が途切れてしまいますよね。
撮り直しにも時間がかかるし。

3ヶ月後、また聴けるのですか?
楽しみにしています!
なんか苦労されてる蒼鳥さんを見るのは新鮮ですねw
いつもサラッと弾いてる印象がありましたのでw

飽きたとはいえ3ヶ月続けられたのはすごいと思います。
オレも最近そういう曲を作りたいと思いつつ実際にそうしてみると
それにともなうであろう苦痛にビビッてしまいますw

演奏のほうはやはりあの11連符が難しそうですが、
ずいぶん弾けるようになっていて驚きました。
今度また弾かれるときには違ったものも見えてくることもあるでしょうし、
いっそう素敵な演奏になるんではないかと楽しみにしています。
ノクターン21番、発見されて長くないので、おそらくノクターンの中で一番マイナーです。
マイナーとかメジャー関係なくいい曲だと思います。
ぜひぜひ弾いてみて下さい。他の方の弾くのも聴きたいです。

これをアップしてから、なぜノレなかったのか気づいたこともあって、
飽きてたはずが弾くのが楽しくなりました。
今度は納得のいく弾き方でアップできたらいいなと思います。
ノクターン、分からないくせに弾いてみましたw
どれが何番かと聞かれても3つくらいしか答えられませんww

半年ほど前に弾いたときは、音を追うのも厳しかったけれど、半年経った今、
弾けるようになっていた(完成という意味でなく)ので、日々の練習の効果が出たのだと思いました。
右手は、ドから黒鍵のミまでの和音とか、指と指の間が裂けそうな指使いとかあって、
やはりギリギリですがw

> 庵さんの妥協のなさには、毎回驚かされます。
気がすまないとずっと心の片隅に残ったような感じになり、結局してしまわなければずっとそのままなんです。性格だろうなあ。

> ピアノ1年を振り返って企画を勝手にやろうと思うのですが。
> 昔アップした気に入らない曲を、今度はあせらずゆっくり弾いてみたいと思っていたりします。

おお、面白そうですね!楽しみにしてます。

> 1曲の完成って、どこをもっていうのかわからないですね。
>たぶん、答えはないんでしょう。
そうですね、そう思います。
結局自分が納得できるか否かというところになりそうです。

> 自分が気持ちよく弾けた!
> いつかそう思ってこの曲を弾かれる庵さんも楽しみにしています。
好きな曲くらい、納得のいくように仕上げたいものですが、好きな曲ほど、なかなか納得の行くように弾くのが難しいのかもしれないなと思っています。
アップした後に気が付いたことから、飽きが消えたのか、この曲を弾けるようになってきました。
自分の場合は、ハノンとかチェルニーとかバーナムとか全くやってなくて、主にこの1年やったのはブルグ25です。
その前は、エレクトーン出身なので、鍵盤が重く感じて全く指が動きませんでした。
半年前くらいまでは、ソナチネもボロボロだったのが、なんとかギリギリでもこのノクターンが弾けるようになったのは、ブルグ25のおかげだと思います。ブルグ25は練習曲として秀逸だと思いますが、そんなことは忘れて、曲として好きなものが多かったので楽しんで弾けたと思います。大好きな「曲集」です。ピアノが好きになったのもブルグのおかげだと思います。

> テクニックも素晴らしいと思いましたけど
> 曲の世界も、非常に伝わってきて
> 作品としても感動的なものになっていると思いました。

ありがとうございます。ノクターンなどは特に、ただの指の運動には終始したくないと思いながら弾いていたので、嬉しいです。

> 長い曲は最後の最後で失敗すると
> 本当に緊張感が途切れてしまいますよね。
> 撮り直しにも時間がかかるし。

長い曲は失敗して、次に弾くともっと失敗するようになっていて、次の日に弾いたら、ノーミスということがありましたw

> 3ヶ月後、また聴けるのですか?
> 楽しみにしています!

今度は納得のいくように弾けるようになっていたいと思います。
自分の感覚では、いつもその曲なりの困難はあるのだけれど、
3ヶ月もかかったというのは初めてですね。

次に、またすぐ3ヶ月かかるようなのをやるとなると拒否してしまいますw
弾きたいものはあるのだけれど、やはり、やっと開放された感もまたあるので。

> 演奏のほうはやはりあの11連符が難しそうですが、
> ずいぶん弾けるようになっていて驚きました。

あれはもう最初は半分無理だと思いつつ練習してました。
ある日、左手をちょっと火傷したので、右手だけでしか弾けない日があって、
そのときに、何も練習しないのはなんだかなあと思い、
11連符だけをずっとやっていたのが弾けるようになったきっかけでしたw

> 今度また弾かれるときには違ったものも見えてくることもあるでしょうし、
> いっそう素敵な演奏になるんではないかと楽しみにしています。

自分の感性に合ったテンポの問題が分かって、ちょっと今またやる気になってきてます。
今度はもっと納得の行くものをアップしたいと思います。
ノクターン21番!!
素敵ですね。
オクターブ近く離れる左手の
動きは少々難しいですよね。
「夜想曲」なので
もう少し悲しく弾けると
もっといいですね。
もっと練習すれば
もっとよくなりそうです。
頑張って下さいね!

野田さん!
ノクターンは10番以降も
いいですが、1番と2番も
有名でとてもいい曲ですよ!!
ありがとうございます。
最初は左手の伴奏は弾きにくいかと思ったけれど、慣れたらそうでもなくて、むしろ右手がなかなか手間取りました。左利きが関係しているのかもしれません。

> 「夜想曲」なので
> もう少し悲しく弾けると
> もっといいですね。

多分、テクニックではなく感性の問題かな。ゆっくりなノクターン21は、ユーチューブで見かけ、おそらくそれは悲しげに聴こえる旋律だと思いましたし、弾かれた方の感性としてはそれでいいのだとおもいました。しかし、自分のこの曲に対する感性とは違うので、自分の感性を表現するにはもっとスピードを上げていきたいのです。自分にとって、このノクターン21は、悲しいというよりは、回想の中での感情の高ぶりを感じ、それはとりわけ部分的にスピード感(激しさ)が欲しいところなんです。好みではない人は嫌う弾き方になってしまうかもしれませんが、ピアノを通して自分の感性が自然に表現されることを望んでいるので、例え人に嫌われてもそのままでありたいと思ってます。
>右手は、ドから黒鍵のミまでの和音とか、指と指の間が裂けそうな指使いとかあって、

左手はドから黒鍵のミまでの和音とか、右手は指と指の間が裂けそうな指使いとかあって、
おお、とうとう弾ききりましたねー
しかも胃痛までw
頑張りすぎですww

確かに右手の速いパッセージはむずかしそうですねぇ・・・やっぱりあれですかね?ハノンってやつをやればいいんでしょうか?というか、庵さんはハノンはしない派でしたっけ?
自分はハノンしないのでよくわからんのですが。

3ヶ月後も楽しみに待っておりますよー
って、コレなんか変なプレッシャーになってませんかね(笑)
やっと一通り弾くことが出来ました。
気が付けば胃痛で、自分ではそれまでストレスが無自覚でしたww

ハノンは持っているけどしてないですね。しないと決めて拒否とかしてるわけではないけれど、なんか大体2時間しか練習時間がないのに、退屈なものを、と思うとやる気が出ないんですよね。

> 3ヶ月後も楽しみに待っておりますよー
> って、コレなんか変なプレッシャーになってませんかね(笑)

自分で自分にプレッシャーかけるようなことをつい無自覚でやっているかもしれないな(笑)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/46-582eb326
<< 手持ちの楽譜とか | TOP | ソナチネアルバム8番 クレメンティOp.36,No.2 1楽章 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。