動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰途 ブルグミュラー25

この曲、手が疲れます。ずっとスタッカートの連続の伴奏で、数回弾いたら手が痛くなります。
前回もそうだったけれど、今回も、「もう、いいや」になってしまいました。
それでは練習曲の意味がないのだろうけれど、それでも、前回よりはマシに弾いたと思うので、これで終了しておきます。どうにもブルグミュラー25全曲の中で、これが一番弾くのが疲れて嫌になって、とにかく早く終わらせたくなる。手が痛いというのは力が入っているのかもしれないけれど、そういうのはここ数日でなんとかなるものではないと思うから、今すぐどうにかしようとしても無駄ですね。
今後も精進したいと思います。



さて、ブルグ25が、あと2曲で終わるので、次の「復習編」はソナチネアルバムの「弾きなおしリスト」に取り掛かろうと思います。以下、7曲です。
クレメンティ 36-1-1楽章
        36-2-1楽章
        36-2-3楽章
        36-3-1楽章
ドュセック  20-1-2楽章
クーラウ   55-1-2楽章
        55-2-1楽章

聴きなおして、とりわけ納得のいってないものを選んだところ、この7曲になりました。割と最近弾いたのもあるけれど、苦手な半音階、左手のスケールなどがあるので、もう1度チャレンジします。
ソナチネアルバムは、ソナタを数に入れなければ、丁度半ばあたりなので、本線と平行してこうして復習を取り入れることにしました。

また、最近はユーチューブに全部アップするようにしているので、現在使っていない「ヤフーブリーフケース」は課金が必要なこともあって、10月一杯で削除しようと思います。
ユーチューブの動画は、ブルグ25が20番からで、ソナチネアルバム前半が弾きなおしぶんのみというハンパなコレクションになるのは気に入らないけれど(アップするなら曲集全部するのが理想)、全部弾きなおすとあまりに時間がかかりそうなので仕方ないか。大体そんなことしていると、また、好きな曲を弾くためではなく、練習曲を弾くための練習のようになりそうだ。

コメント

先日は私のブログで失礼いたしました。
あおとりいおり様と呼ぶのですね。
名前は間違えても気にならないものですが、
間違えられると嫌なものだと思うので、
非礼をお許しください。

帰途をきかせていただきました。
やはりというか、かなりのテクニックですね。
帰途も始めて聞きましたが、これはかなり練習が必要ですね。
これはやっつけにならないように
十分心して弾きたいと思います。
とても、参考になりました。
本当に私のところでコメ下さる方たちは
皆さん頑張っていて、励みになります!!!
あ、なるほど、あおとりすみかが名前だと思っていたのですね。
お気遣いありがとうございます。

帰途きついです。同じリズムがずーっと続くので疲れてしまいます。
本当はもっと日にちをかけてじっくり練習したほうがよかったのだろうけれど、どうにも手が疲れて練習がはかどらなかったために、早めに切り上げてしまいましたw;
多分、変な力が入っているせいだと思います。脱力は難しいです。

野田さんのところに来る人々は、野田さんが懸命に練習されているのが伝わるから、それに惹かれてくるのではないかなあと。少なくとも自分はそうでした。
ご無沙汰しておりましたー

「帰途」初めて聴きましたが、イントロで「コレ、何のゲーム曲?」って思ってしまいましたw
スタッカートはたしかに弾く分にはしんどくてイヤなんですが、聴く分にはけっこう好きなんですよね。
右手のスタッカートと左手のスラーの対比の部分もきっちり弾きわけれてて聴いてて心地よかったです。
うーん、自分も飲んでばっかいないで練習しますw
お久しぶりです。復帰、嬉しいです。

> 「帰途」初めて聴きましたが、イントロで「コレ、何のゲーム曲?」って思ってしまいましたw

言われてみれば、そんな感じですねww 少し昔のゲーム曲ぽい。

> スタッカートはたしかに弾く分にはしんどくてイヤなんですが、聴く分にはけっこう好きなんですよね。
> 右手のスタッカートと左手のスラーの対比の部分もきっちり弾きわけれてて聴いてて心地よかったです。

この曲自体は結構好きだけど、弾くとなると大変でした。
最初は左手も右手につられて、同時にスタッカートして変な曲にしていましたww
おそらく、そういう練習テーマもあるのかなと思った曲でした。
心地よく聴こえてよかったです。

> うーん、自分も飲んでばっかいないで練習しますw

また楽しい演奏とブログ待ってます!
野田さんは、私の事を男性だと思っていて
いおりんを女性だと思っていたのですねw

スタッカート、私も手が痛くなってしまいます。
普通に弾くより力が入ってしまうのは仕方の無い事だって
この間、ウチの先生が言ってましたw
精進しかないようですねー。
お互いに頑張りましょう♪

演奏、聴きましたー。
たしかにちょっとゲーム曲っぽいw
この手の曲は好きですねー。やっぱり弾き手は大変そうですがw

> 野田さんは、私の事を男性だと思っていて
> いおりんを女性だと思っていたのですねw

お互い名前でそう思われたようですね。
蒼鳥 庵は、ブログタイトルのようにあおとりすみかと読むのだと思われていたようで。
ハンゲームのアバターで、その名前で女性キャラをつくるのもいいなあと思っていたので、
違和感はなかったりw

> スタッカート、私も手が痛くなってしまいます。
> 普通に弾くより力が入ってしまうのは仕方の無い事だって
> この間、ウチの先生が言ってましたw
> 精進しかないようですねー。
> お互いに頑張りましょう♪

なるほど!仕方のないことなんですね。では気にせずジャンジャンいきましょうw

> 演奏、聴きましたー。
> たしかにちょっとゲーム曲っぽいw
> この手の曲は好きですねー。やっぱり弾き手は大変そうですがw

聴いていいなあと思うのと、弾いて楽しいのは違うのだなあとつくづく思った1曲でしたw
確かにとても疲れそうな曲ですね( ̄△ ̄;)
これ見て、あーもうこんなの弾くのイヤだなーとか思っちゃいましたw
とにかく早く終わらせたくなるで終わらせられちゃう技術を
身につけられたようでうらやましい限りです(*´∀`)

練習曲を弾くための練習ばかりになるとイヤになってきますよね。
それにしてもものすごい数の練習曲をこなしてきたのですねぇ・・・
チョイチョイゲーム曲とかはさんでいるとはいえ、やり通す強い意志に
感心します。
> 確かにとても疲れそうな曲ですね( ̄△ ̄;)
> これ見て、あーもうこんなの弾くのイヤだなーとか思っちゃいましたw
> とにかく早く終わらせたくなるで終わらせられちゃう技術を
> 身につけられたようでうらやましい限りです(*´∀`)

スキル”弾き逃げ”ですw
1周目に完成度が今以上に低いままでこれを使ったらソナチネに入ってきついということになったので、
あんまりやりたくはなかったけれど、この曲はどうしても疲れてダメでした。
本当は気長にやるのがいいのだろうけれど、毎日疲れながら弾くことを考えるとイヤになりそうなので。

> 練習曲を弾くための練習ばかりになるとイヤになってきますよね。
> それにしてもものすごい数の練習曲をこなしてきたのですねぇ・・・
> チョイチョイゲーム曲とかはさんでいるとはいえ、やり通す強い意志に
> 感心します。

多分、ブルグは好きな曲集(全体的に好きな曲が多い)だったから弾いていけたと思います。
バイエルも嫌いではなかったのと、時々好きな曲があったり、難易度にも緩急がある曲集だったから良かったのかなと思います。
難しすぎるのばかりだったり、好きになれない曲ばかりだったら出来なかったのではないかなと(現にツェルニーは投げている)。
えめさんのところで知ったギロックも好きな感じの曲が多いので楽しく弾いていけそうだなと思っています。
早速、リンクさせていただきました。

すごいですね!本当に手が痛くなりそうです。
私は動画を撮る時何度も弾き間違えて撮り直しばかりなのですけど、こういう曲を何度も撮り直しては大変なことになりますね。
蒼鳥さんは失敗はあまりされないのですか?

でも、本当に素晴らしくて圧倒されました。

蒼鳥さんは小説やイラストにも取り組まれているみたいで、マルチな才能の持ち主ですね!
文学に、美術に、音楽に...
あとは踊るしかありませんよ!バレエ!バレエ!
> 早速、リンクさせていただきました。
ありがとうございます。こちらもリンクさせて頂きました。

> すごいですね!本当に手が痛くなりそうです。
> 私は動画を撮る時何度も弾き間違えて撮り直しばかりなのですけど、こういう曲を何度も撮り直しては大変なことになりますね。
> 蒼鳥さんは失敗はあまりされないのですか?

いつもはよく失敗して何度も撮り直します。2時間とかかかったものもあります。
でも、この曲は数回目で、まあいいかとなったので、もうこの曲はこれ以上練習したくない思いが通じたのかもしれませんww

> でも、本当に素晴らしくて圧倒されました。
ありがとうございます。

> 蒼鳥さんは小説やイラストにも取り組まれているみたいで、マルチな才能の持ち主ですね!
> 文学に、美術に、音楽に...
> あとは踊るしかありませんよ!バレエ!バレエ!
才能というか、好きなだけですが、でも、飽きやすいので困ります。
踊りといえば以前、社交ダンスをしていたのですが、あれはレッスンにかなりの金額がかかってやめました。それでもその経験は、クラシックなリズムを体感するという意味で今ピアノに生かされていると感じるようになりました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/37-be35aca3
<< つばめ ブルグミュラー25 | TOP | 舟歌 ブルグミュラー25 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。