動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山さんに手紙を書く



この間の、ニュースジャパンでの特集です。
3回に渡って放送された最終回です。
こういう現実がやっと、現実のものとして報道されるようになりました。
この映像への反響は大きく、とにかく足りないのは行動力だ、殺処分について失くしたいという思いを伝えるために鳩山さんに手紙を書こうというイベントがミクシ内で持ち上がりました。
今回はまず、黙っていてははじまらないので思いを伝える、ということが主旨になっています。
自分も参加させて頂こうと思うとともに、こういうことを知らない人、もしくは同じ思いの人がいればぜひ知らせたいと思い、自分の日記にも書くことにしました。
鳩山さんは愛犬家であり、民主党が出来た年に生まれた愛犬が、鳩山さんが総理になったその日、まるでそれを見届けるように亡くなったとのことなので、愛犬を亡くしたばかりのその心情には配慮しながら手紙を書きたいと思います。

手紙は15日に一斉投函だそうです。



100-8968
東京都千代田区永田町1の6の1
内閣官房内閣広報室
総理大臣 鳩山由紀夫様



犬猫への待遇が、先進国の中で日本は最悪です。
ドイツは殺処分などありませんし、ドイツもイギリスも清潔で、十分な運動場を持つシェルターで、次の飼い主が見つかるまで保護される、見つからなかったり、それ以外に問題があっても殺されたりせず、シェルターで終生過ごすのが当然なのです。

現在、熊本市が自主的な取り組みにより、4月から殺処分ゼロを続けていますが、他の県ではそうなっていない。
それどころか、新しく出来たはずの動物愛護法は十分に機能していない。
悪徳ブリーダーが劣悪な環境で、産ませ続け、母犬はカルシウム不足になって歯が全部溶けてなくなったり、子犬は遺伝病を持って生まれてくる。使えなくなった、売れなかった犬猫はゴミのように捨てられる。
こういうことも、現行法では十分に取り締まれないでいるのです。

捨てられた犬猫たちは、炭酸ガスの中で数十分、苦しみもがいて死ぬ。
それでも死ななかったものは、生きたまま焼かれる。
これが同じ人間のやっていることです。

まともな人間で、この映像のような処分を望む人はいないと思います。
しかし現在まで、狂犬病法という狂犬病の犬を処分するための昔の法が乱用され、日本は現在、狂犬病清浄国であるにも関わらず、100%狂犬病ではないと分かっている犬・猫全て、大昔の法に従って機械的に、そして残酷な方法で処分されている現状なのです。

人間は動物に比べてそんなに偉いのでしょうか。地球上の資源に頼り、動植物の命を頂いて生きているというのに何様でしょうか。奪うだけ奪い、何一つ返すことも与えることも出来ないのでしょうか。

現在、愛しい家族の凪も、あの時出会えなかったら、捨て犬でしたし、こうなる運命だったのです。あんな目にあったのに、100%人間を信じて愛してくれる凪。あの時の凪と同じように、人間のせいで寂しくて怖い思いをする動物達がいることが許せないです。これからも出来ることに対しては行動を起こし続けたいと思います。

コメント

こんばんは!

私の古いパソコンのせいかもしれませんが、
少しこちらのサイトに入りづらかったです。

シュナっちのところでお祝いのお言葉ありがとうございました!!
皆さんに祝福されてうれしかったです。

ワンちゃんの問題・・・
これはデリケートな問題ですね。
当然、心無い飼い主さんやブリーダーさんには
心痛めるところです。

関係ないことかもしれませんが、
私は日本人やアメリカ人が食べ物を粗末にあつかって
残したりする習慣にあまり感心していません。
なぜなら、残った食べ物って、たくさんの動物たちの命の
犠牲のもとに成り立っているからです。
鳥や牛や豚さんは人間の為に命を犠牲にしているのに
それを残すなんて残酷だと感じてしまうのです。
せめて、感謝していただいて欲しいと思うのです。

お薬にしても日本人は少し頼りすぎです。
たくさんの治験の為にものすごい数のモルモット
たちが犠牲になっています。
実験で使われたモルモットは例え健康な状態でも
殺されなければなりません。

山のふもとの民家に熊さんがでてあばれたり
人が殺されたりしますが、もともと熊さんが住んでいた
環境を人が壊したことによって熊さんが
しょうがなくて民家に現れます。こういう熊さんは
結局射殺されてしまします。

わんちゃんが虐待されている問題にしても
法律でどうこうと議論しても結局どこか
人間のエゴの線引きになってしまうと思うのです。

ですから人は人間だけでは世界が成り立たないということを
もっと自覚して考えなければいけないし、
そうしなければ自然界から痛いしっぺ返しを
いつか受けなければならない思います。


> 鳥や牛や豚さんは人間の為に命を犠牲にしているのに
> それを残すなんて残酷だと感じてしまうのです。
> せめて、感謝していただいて欲しいと思うのです。

全くその通りだと思います。
コンビニの大量廃棄にしてもあきれるものがあります。

> 実験で使われたモルモットは例え健康な状態でも
> 殺されなければなりません。

動物実験も悲しくなります。
毛皮のために生きたまま皮をはがされる動物のことも。
そんなにしてまでの薬は少なくとも自分はいらないし、毛皮もいらないです。

> 山のふもとの民家に熊さんがでてあばれたり
> 人が殺されたりしますが、もともと熊さんが住んでいた
> 環境を人が壊したことによって熊さんが
> しょうがなくて民家に現れます。こういう熊さんは
> 結局射殺されてしまします。

人間は、動物の住む場所、食料、権利、そしてたったひとつの命まで奪っていますね。

> わんちゃんが虐待されている問題にしても
> 法律でどうこうと議論しても結局どこか
> 人間のエゴの線引きになってしまうと思うのです。

そう思います。それでもせめて日本が先進諸国並みになってくれることを望みます。

> ですから人は人間だけでは世界が成り立たないということを
> もっと自覚して考えなければいけないし、

そうですね、イギリスやドイツなどの国は動物に対してこのような考え方がもっと普及しています。
ドッグアクチュアリーの京子アルジャーさんの記事からの引用ですが、EU諸国には、アニマル・ウェルフェアという動物福祉の憲法があります。「牛だから、どうせ食われる身なのだからどんな飼い方をしてもいいとか経済効率優先で飼うというのではなく、いずれは私たち人間の口に入り血となり肉となる食肉動物だからこそ幸せに生きて欲しいという倫理の概念である。」
「人間の都合で飼われている犬だから人間の都合に振り回されていればいいのかというとそうではなく、人間の都合で飼われている犬だから犬にとってできるだけ自然な情動を発揮でき心地よく生きられるように配慮するということ、それがアニマルウェルフェアの概念である。」
というのが概要とのことです。

> そうしなければ自然界から痛いしっぺ返しを
> いつか受けなければならない思います。

全くです。実際に、人間が地球を壊したために、地球自体が危うくなり、エコが叫ばれてきていますね。
本当に日本は遅れすぎ、平和ボケしすぎです。
アメリカやスイスでは子犬の販売も禁止だったような・・。
熊本を見習って欲しいです。昔、高知県の「安楽死という表現を致死処分に変更する」為の署名に書いた事があり、これは受理されています。安楽死でないのに安楽死という表現もどうかと思います。
色々な問題がありすぎて嫌になりますけれど、片っ端からでも出来る事はやっていきたいと思っています。
> 本当に日本は遅れすぎ、平和ボケしすぎです。
> アメリカやスイスでは子犬の販売も禁止だったような・・。

そうですね、先進国でこんなにも野放しなのは日本だけですね。
動物保護に関しても、せめて、先進国並になって欲しいと思います。

> 熊本を見習って欲しいです。昔、高知県の「安楽死という表現を致死処分に変更する」為の署名に書いた事があり、これは受理されています。安楽死でないのに安楽死という表現もどうかと思います。

安楽死とかすごい嘘ですね。受理されてよかったと思います。
いまだに、動物を金儲けの道具にしているあたり、ペット業界では嘘がたえませんが;

> 色々な問題がありすぎて嫌になりますけれど、片っ端からでも出来る事はやっていきたいと思っています。

全く、知れば知るほど嫌になってしまいますね……。
でも本当に、日向あいさんの行動力は素晴らしいと思います。
現在、まだ知らないこともたくさんありますので、日向さんのブログは勉強にもなります。

あと、ご存知かも知れませんが、こちらで記事を書いている方々も動物保護に関し、大変意識の高い方ばかりです。素晴らしい記事が多いと思います。
http://dogactually.nifty.com/
>現在、まだ知らないこともたくさんありますので、日向さんのブログは勉強にもなります。

私もまだまだですが、こういう風に言っていただけると書いていて良かった!と思います。
教えて頂いたサイトは知りませんでした。色々と参考になりそうです!教えていただいてありがとうございました!

それから私のブログをリンクして下さるとの事で、大歓迎です!♪
改めましてこれからもよろしくお願いしますね!(^-^*)

私の方からも蒼鳥さんのこのブログをリンクに追加しても宜しいでしょうか?
動物のことに強く関心を持ったのは、凪と出会ってから後のことなのでまだ1年半ちょっとくらいなのです。犬のことはしつけやら文化やら調べまくってましたが、動物全般となるとまだまだです。
リンクさせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。
こちらのリンクもしてくださるとのことで、ありがとうございます。
ものすごぉく遅ればせながら・・・m(__)m

むかぁし昔、その昔
ヨーロッパへアテのない旅に出かけた時
ドイツのワンコへの対応には驚きました。
うにょ観察日記によると
飼い主の方々の常識ある飼い方・しつけ・愛情
がそれを可能にしてるんだろうなぁ・・。
そして、国の対応もキッチリしているから
それが当たり前なんだろうなぁ・・・。
って思いました。
日本は、動物に対した行動だけではないけれど
認識が薄すぎる・感覚が鈍すぎる・
って恥ずかしくなった記憶があります。
日本は、盲導犬・聴導犬・介護犬ですら
店内に入る事が規制される。
いいのか?日本!!
って感じるのですm(__)m

コノ手のお話になると
コメントですら出口を見つける事ができなくなってしまいます(T_T)

中途半端でゴメンナサイm(__)m
ドイツの犬はかなり幸せだと思います!
「ドッグ・アクチュアリー」というサイト(ここにリンクしている)にも、ドイツ在住の獣医師さんが記事を書いておられるのですが、それを読んでもつくづく。
日本は動物の事に関しては法もほとんど機能しておらず、野放し状態ですね。
戦後、経済だけが急成長したけれど、それは外観的なもので、精神的な意味での文化は大変遅れていると思います。
精神的成長の遅いワタシですが・・・
同じ意見ですm(__)m

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/35-45f625a2
<< 舟歌 ブルグミュラー25 | TOP | 鳩山さんに手紙を書く >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。