動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビネーション撮影と方法の解説

agi1.jpg

agi2.jpg

 

今までなかなか写真が上手く撮れなくて掲載出来なかった凪のトンネルからハードルの写真です。出来ているという証拠写真が撮れたところで方法を解説。

 

●ハードル編

1.「ジャンプ」という言葉と「飛ぶ」という行動をつなげる。

犬は言葉が分からないので、1つづつ覚えさせます。「ジャンプ」といいながら好きなおもちゃを見せて飛びつくと褒めておもちゃを与えることで凪は覚えました。

 

2.凪はソファに上るクセがあったので、ソファを叩いてジャンプと言って、たまたま(まだソファへのジャンプと通常のジャンプは繋がってなかったと思うので、その時点ではたまたまと言える)乗ったら褒める、食べ物を与える。これで、何かの向こう側に向かって飛ぶことも「ジャンプ」であるということを教える土台が出来た。

 

3.ハードルの棒を地面に置き、ジャンプといって棒の向こう側に飛んで移動したら褒める。最初からハードルに高さがあると怖がる犬もいるのでここは慎重にやった。

 

4.少しづつハードルの高さをあげる。(室内であげすぎても助走がなくて飛びにくいのと、棒が音とを立てて落ちると嫌がるので確実に飛べることを確認しながら。)

 

●トンネル編

1.犬はぶよぶよの長い筒を見ても何をしていいか分からないところからはじまる。(最初はトンネルにカーブをつけない。)まずは「トンネル」といいながら、トンネルの入り口に犬の好きなものを置いて、トンネルの中をのぞきこむことを覚えさせる。

 

2.「トンネル」といいながら、最初は犬がちょっと首を入れては出すくらいの距離からはじめて、だんだん奥の方に食べ物やおもちゃを置く。入るようになったら、次に出口側から呼んで誘導する。上手く通ったら笑顔で楽しそうに褒め、おもちゃやおやつを与える。(犬のリラックスした表情と、人間の歯を見せて笑う顔が似ているため、それを見ると犬はリラックスするという。)

 

●応用編

1.「トンネル」と言って入って出るようになったら、トンネルにいる間に「ジャンプ」といってみる。連続してしたら大げさに褒める。

 

2.少しづつトンネルを曲げていったり、連続でジャンプさせたりする。

 

この、トンネルとジャンプは、犬のアジリティ競技会での種目です。これが確実に出来るようになったら、大会に出れます。犬も気分とか、新しい場所では落ち着かないとか、大会の雰囲気で落ち着かないというのがあるので、いつでもどこでも全く同じようにするというのがなかなか難しいですが。

コメント

凪ガンバレ~ヽ((o(≧▽≦)丿))
庵さんの訓練は筋が通っているから上手く行くのだろうな~
凪君p(^(エ)^q=p^(エ)^)q ガンバッ♪
リクはドッグランでトンネルだけは抜けられるようですよ=*^-^*=にこっ♪
凪くん、ヽ(-゚ヽ)トッ!! (ノ゚-゚)ノテモ!!.。゚+.(゚ー゚)ノ。+.゚ イイ!!
トレーニングの方法といい、凪くんの理解度の高さといい、素晴らしいですね!
焦らず根気良く・・・と思うのですが、すぐに結果を求めてしまう私は自分に対して努力することから始めないとダメかもです(苦笑)
面白そうだ♪
プチトレーニング会場っすな☆
撮影成功おめでとうですw
そっかぁ、人間と違って「トンネル」だの「ハードル」だのって 初めて見たら何か理解できないですよね。それを覚えていく 凪ちゃもすごいなぁ~
二人とも がんば~~b
うわぁ~ お部屋の中でも練習できるんですね
凪ちゃんの成長ぶりにはいつも驚かされてます^^
ぽーさん
なかなか、安定してやってくれるようになりました。
らぶりくさん
そうですね、犬の視点で筋を通さないと、犬がついて来れなくなってしまう。
ドッグランが近くにあるといいなあ。平均的な難易度としてはハードルよりトンネルが難しいらしいけど、とりわけトンネルは犬によって好き嫌いが分かれるようで。
ももあおさん
やはりあせったことは何度もあります。特に呼び戻しはこの間まで難航してましたし。でも、そんなときにうんざりした態度を見せたら、すぐ伝わってしまって。自分自身の気分が良くないとき(うんざりしているとか、あせっているとか、イライラ気味でもなんでも)は訓練はやめておこうと最近は思うようになりました。そのかわり、楽しい!ということが伝わると凪も喜びます。毎日、凝視しているから、気分のことまですぐ分かるみたいです、凪おそるべしですw
BJさん
面白いですよ!出来たとき、やった!と喜ぶと、凪も嬉しそうにして可愛いです。
らんち
ありがとうですw
そうそう、犬の理解力って高いなあと思います。何か、あるとき「はっ」と思い当たっている様子が見られたり(言葉と行動が繋がる瞬間は、ヘレンケラーの「ウォーター!」な感じかもw)、覚えたての事に関しては「聞いたことある響きだけどどれだったかな?」と小首をかしげながら応じたりしてますw
ふらさん
ホームアジリティというグッズが売ってあって、競技の規定のよりは小さいサイズなので、小型犬対応になってますが、室内での練習には便利です。写真のトンネルがそれです。ハードルは自作です。
凪は、飛んだり跳ねたりするようなことはとりわけ覚えがはやいようで。
凪くん可愛いですね~♪
すごいなぁ、こうやって覚えさせるんですね!((φ(..。) メモメモ
お家でもトレーニングってできるんですね♪
ひよこさん
地道に1つ1つ、犬の視点でやり、犬のペースを崩さないことを心がけてます。
本格的な訓練所でやると月謝が高いから、家でやることにしました。グッスもいくつか売ってあるから、小型犬なら可能です。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。