動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵のない絵本

 お久しぶりです。忙しい時期が過ぎ、なんとなく散らかった部屋の中を片付けました。部屋が片付くと心もすっきりします。とはいえ元々、ほとんど部屋の中にはいつも何もないのですが。

 忙しい日々の中でも、寝る前に少しづつ本を読んでいました。そしてやはり自分には海外純文学の精神世界が一番しっくりくるなと思う日々でした。海外の古典の中で、その作品の奥に横たわる精神世界にはとても惹かれます。ここが自分の居場所だと言っても過言ない感じです。これからしばらく世界の名作を原作で読んでいこうと思います。

 今回は、アンデルセンの「絵のない絵本」の感想です。

 

 アンデルセンの名前は童話作家の中では最もポピュラーといえるだろう。しかし、アンデルセンの原作を読んだことがある人はどれだけいるであろうか。童話として絵本にされて文章が省略されている作品でも人間性の深遠な真実が表現されていて、達観した視点に感じられるものである。しかし、それがよりはっきりと分かるのはやはり文章の省略されていない原作のほうだと思う。そしてとりわけ、この作品のようにアンデルセンでは長編というものになってくると、元々象徴的表現が得意で、短い言葉で絵的に人間の普遍的な真実を語るのが上手いアンデルセンの根底に流れる思想が豊かに、それでも流れるように、人間や世界を見つめる全体的な視点が余すことなく伝えられている。

 

 「絵のない絵本」は月が地球を周りながら、見聞きしたことを語る話である。月明かりが地表をなでていくように、さらりさらりと話は流れていく。しかし、おっとりした童話なのかとぼんやりしているとしてやられる。33の小パートに分けられた物語は、月視点から、幸も不幸も生も死も、人間の活動を見つめ語り続けられる。1つ1つの物語は美しかったり哀しかったり、躍動感に満ち、生き生きとしている。静と動、哀と楽、明と暗。そんな人間達の人生の姿を月視点から見つめ続けるアンデルセンは、登場人物たちを優しく照らしながらもクールである。つまり達観している。あるときは月である自分にしか見えなかった1面として歴史を語る。しかしあるときは、月である自分にも見えなかった面があるとして語る。地上で色んな物語が生まれ、そして消えていく。その様は日本の言葉で言えば「諸行無常」だといえるだろう。

 うん、ぞくぞくしたよ。

コメント

興味深いです。機会を見つけて読んで見たいです。
原作の中には、作者の思いははっきり残っていますよね
童話のように物語が知れ渡るといつの間にか一人歩きを始めてしまいますしね^^;
じっくり時間をかけて原作に触れるてみるのもいいなぁ~
私「白い絵本」ていう何も描いてない本を持ってますw
本当に真っ白なんですよ。
表紙も中身も!!
面白いから買ってみたんですけどどうやら自分でなんか描くようらしいんですけどねw
絵のない絵本で思い出したんですけどあまり関係ありませんね・・・orz
(p・∀・。q)へ~♪なんだか読んでみたくなりました♪
今ね、アルボムッレ・スマナサーラって人が書いたお釈迦さまの本を2冊読んでる^^
すごく分かりやすく「生きる」ことについてとか「無常」についてとか、「心」のあり方とかについて書いてあってすごくヒントをもらってる(?????)
絵のない絵本…ですか。
聞いたことがあるような…今度探してみようと思います^^
ぞくぞくじた、とかw
アンデルセンの童話のニュアンス思い浮かべると、何故か恩田陸の「不安な童話」を思い浮かべてしまうww
アンデルセン童話 子供の頃にはたくさん読んだ記憶が有るのですが・・・・・
今では題名すら思い出しません。
ぱんちゃさん
ぜひぜひ。読んだら感想も聞いてみたいところです^^
ふらさん
そうですね。作者が選んだ言葉がそれそのものとして残っている文章の1文にはっとすることなんかもあり、それぞ原作の楽しみ、という感じがします。
そるとさん
普通の白紙のノートなのだろうか。しかし、「白い絵本」というタイトルにしてあるところが、創作物を導き出さねばならないという動機付けになるのかなと思いました。
ことさん
初めて聞いた名前だったのでちょっと調べてみた。ふむふむ、彼は皮肉屋なのかww。仏教の思想そのものにはあまり詳しくないのですが、西洋の思想とも交錯している部分は多くあるものだと思えます。
流稀さん
この本「絵のない絵本」というアンデルセンの文庫は、「人魚の姫」、「おやゆび姫」、「マッチ売りの少女」、という作品集と共に新潮社から出ているやつだよ。
あんりさん
不安な童話というのはミステリーとか推理なんだね。
童話というものは日本では子供向けのように改訂されているけど、その原作は、どれも甘いだけの話ではないというのはあると思います。
グリムなんかすごくえげつなかったり恐ろしかったりする。
らぶりくさん
アンデルセンでとりわけ有名なのは人魚姫やおやゆび姫、マッチ売りの少女だろうなあ。グリムがシンデレラ、白雪姫、なんかになるか。
おひさ~。全然関係ないんだけど、バナーのイラスト見て「上達したなぁ」と思った。
もっと、目が色っぽいと抜群かも。
人間の顔は、目が命!
あと、全部を均等に力いれないほうが、メリハリあっていいかも~。
ほんと、いおりんて器用だよねw
次のイラスト楽しみにしてます!
私もモンスターぶっ殺してばっかじゃなくて、たまに、絵描こうかな。。。
みゅー
久しぶり~(さっき童話で会ったけどww)
ああ、全体的に抜け目なく力が入ってるんだよね、納得。なんとかしよう、上手く描かないと、というのが先に来てしまう。いい意味で力を入れないということも必要なんだと思った。次、また絵も描きたいな。
みゅーの絵も見てみたいよ。
まだ、原書(翻訳)を呼んだ事がありませんが是非読んでみたいと思います
さんたさん
ぜひお勧めです。簡略されているものよりも分かりやすいし、作品集の中には絵本にはなってない(出来ない)ようなものもあります。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。