動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内は一段落

 何やら、次の目標ばかり書いている気がするので、やり遂げたこともメモしておきます。小型犬飼育難易度ナンバーワンのジャックラッセルも普通の室内犬として飼えるレベルになってくれたということです。ただ、凪(なぎ)はジャックラッセルとしては服従本能が強いという点は飼いやすい方です。しかし、捨て犬であったこともあってか分離不安が強く、また体型としては脚が長いぶんジャンプ力があり、非常に活発で運動量が多く、狩猟本能が強い犬だと思います。

 

 この間まで忙しかったために、2ヶ月かかってしまった凪(なぎ)の室内犬としてのしつけですが、もう室内では困ることがほとんどなくなりました。普通に生活できるので、家にいるときはこうして今まで通りネットをしたりも出来るようになってきました。ただ、散歩に時間がかかるのは変わりませんから自由時間は短いですが。

 

 思えば最初はジャックラッセルなんて知りませんでしたね。知識だけがあったら、背中のぶち模様を見た時点で、慌てて里親探しに奔走していた可能性さえあります。室内犬なんて飼ったことのない僕はサークルのことも知らなかったわけで、最初から家中放し飼いにするというのは今考えると大胆なことをしたのだと思います。

 だけど、凪は最初大人しかったのです。今考えれば、まだ不安で一杯、慣れてないだけだったのではないかと思います。ですから、ぶち模様はまるで借りてきたネコのように見えました。だから、トイレのしつけなど普通の室内犬で必要なことを覚えてくれたら、吠えない犬だし今仕事も忙しいから、ぼちぼち里親を探そう、というのが最初の印象でした。

 

 しかし、飼っていくうちに思いました。「これを誰が飼うというのだろう、普通なら忙しい人ほどもっと手のかからない犬を欲しがるだろう。里親に出したとしても、また捨てられる可能性もあるぞ。」なぜなら、最初は一時的だと割り切っていた僕でも何度かキレそうになったからです。それでも、ネットではあまり暗いことは書かなかったと思います。最中には悪いことを考えられない楽観性と、これは問題だと思っても感情的な部分は伝えないプライド、それが性格だからでもあるでしょう。

 

 今回は、現在の課題である、室外の話は無視して、室内生活で起こったとりわけジャックらしい問題とその解決について書いていきます。

 

 凪の狩猟本能は室内でも発揮されました。ジャックラッセルはキツネの穴にもぐっていくだけあって穴を掘る本能がありますが、凪もじゅうたん生地のマットやソファのかけ布、たたみやふすまに穴を開けようとしました。じゅうたん生地のマットやソファなら個人のものだからともかくだったけれど、たたみやふすまを爪でガリガリ掘って歯でむしられると弁償なので困ります。なので、ずっと凪の行動に注意して夜は30分おきに音がするたびに起きて叱ることになりました。

 

 それから、動いていないと退屈な凪の前では洗濯物をたたむことさえ出来ませんでした。洗濯物をかんだり持ち去ろうとしたり、干した靴下にネコのように飛びついたりしていたからです。こういう癖は、凪を見張り、それを最初にした時点で一喝することでおさまっていき、最初に叱ったものはほとんど二度と噛まず、コードや着替え、靴、携帯電話に手を出すことはありませんでしたが、最初に見逃した枕やシーツや毛布、さぶとんは見事に破られていました。シーツや毛布はキレそうになりながら何度もしつこく叱り、やっとおさまりました。ざぶとんは現在はないのですが、枕は、以前紹介したサイトの掲示板で教わったように、「ハナセ」と言い、耳に軽く指を入れ、放したらおやつを与えることでおさまり、ついでに甘噛みが全くなくなりました。なんでも噛もうとしたらハナセのコマンドがきくようになったからです。こうして凪は今、自分のものとそうでないものの区別がつくようになりました。

 

 普通ならば、寝室には犬を入れないという選択もあったでしょう。しかし、凪は分離不安が強く、独りになることを嫌い、別の部屋に凪を置こうものなら最初ひどくクンクンキャンキャン鳴いたのです。留守番の時は割と大人しく寝ていたようなので、一緒に家にいるのにどうして?ということなのでしょうか。ここは、ペット禁止です。現在、引越しを計画し、貯金していますが引っ越す前にバレたらいろいろと問題になりますし、金を払わせられるかもしれません。なので、凪が鳴いて隣人にばれるよりは、枕やシーツを噛むのを叱り続けて寝不足になるほうがましだったのです。

 

 凪の淋しがりの甘えんぼは、構って構っての行動にも発揮されました。凪の前で凪以外を見ていると邪魔をし、マウスを前足でクリックしたりするため、自由時間は凪が眠っているときだけで、起きると即中断でした。散歩が足りてないときならまだしも、散歩を1時間半以上している日にこうされるとこちらもへとへとです。しかし、この構ってモードはここ2日おさまっているのです。さっき、凪が見に来ましたが、撫でるとしっぽを振って耳を後ろにしたので、近くにあったおもちゃを与えると去っていきました。これは犬のしつけに必要な主従関係が徹底してきているからかもしれませんし、必要な運動量としての広場でのロングリード訓練でストレスも軽減されているからかもしれません。

 

 凪は自主的にいろいろなことを覚えてきています。食事の時は、テーブルの下で伏せをして待つこと、散歩の時、リードをつけたら玄関でお座りしてカギなどの準備を待っていたり。そうやって教えなくても出来てきたことも増えてきました。凪はいつもこちらをじっと見ているから、言動から察するようになっているのでしょう。

 さて、後は細かいことや広場でのリードなしでの呼び戻しなど引き続きの訓練です。でも基本はあと少しです。

コメント

犬を飼うということはほんと大変な事なんですね。。。
すっかりいおりんの飼い犬になって・・・そのうちそっくりになってくるんでしょうか?ニヤ
ぷりさん
飼い主の喜びは我が喜び、というタイプの犬ならもっとしつけやすく、落ち着きのある小型愛玩犬は、壁や床に穴を開けたりは少なくともしないと。ジャックラッセルテリアは飼い難いテリア種なうえにキツネ狩り特化という飼うには悪条件が重なっているのです。本来、日本に連れて来られたこと自体かわいそうなことかもしれません。
犬は飼い主に似てくるのでしょうかw すっかり似たら放置できるんだけどなwいや、それは飼い犬として失格かw
犬は飼い主に似ると言われます・・・
読めば読むほど、賢いね。
どんな犬に育つか楽しみ♪
これからの凪日記も楽しみです^^
でもその苦労が最近のブログを読んでいると何となくうれしい事になっている感じがするんですが…気のせいかな?
さんたさん
似ないほうがいいな、今の凪が可愛いから。飼い主に似たら性格が悪くなりますw

pink
賢いに「ズル」もついてますがw
これからも、どこに連れて行っても迷惑にならないような犬に育つようしつけていきたいです。

ぷりさん
そうですねw ここまでやり遂げたぞ、という達成感がありますから。
将来、犬のシェルターみたいなことが出来たらいいなとも思っているので、大変な犬をしつけたということは目標に近づいたことにもなるわけで。
最初に見逃したもの・・・ものすごく合点がいきました^^ いけないことをしたらすぐその場で教えないと分かってもらえないんですよね ホント子育てと一緒なんです・・・クス
凪ちゃんもどんどん大人になっていくわけで、これからの成長はきっと目を見張るものになるのでしょうね

ふらさん
子供も、最初に注意しておかないとずっと同じことをしてしまうのですね。
いけないことをしたらその場でないと分かってもらえない、確かに犬もそうです。言葉が通じないから、あのときのあれ、というようにはいかないですねw
小型犬は1年で大人なので、情緒が少し安定するまではあと半年といったところですね。
犬って穴を掘るって言うか、この行為は必ずしますよね。
リクも車に乗ると必ずシートにこれをします、あまり長くされると破れない気に成って
リクは怒られてますよ。
かわいいばっかりでは済まないもんね  苦労はいっぱいあったと思う。
生き物相手だもんね。
これからも よりいっそう犬キチに磨きをかけてください♪

凪へ。
おりこうさんにして庵さんに睡眠時間は与えてあげてね。
体調不良になって遊び時間が減ったりお散歩できなくなったら嫌でしょ?^^
バレたら大変!^^; ・・・いつも読んでるこっちが心配だよw 検討祈るわ^^

躾ける・育てるって本当に大変なことですよね。。。
根気よく続けられた蒼鳥さんも、理解していった凪くんも素晴らしいと思います。
我が家のワンコもミニチュアとは言えダックスなのでよく掘り掘りしています^^;
ソファーカバーを何枚やられたやら・・・(|||_ _)ハハ・・・
もう一度しつけなきゃダメかもです(><;)
兄家のコーギーを躾けて下さいm(_ _)mペコリ
って気分です。。
らぶりくさん
愛玩犬には少ないと思っていましたが、神聖な犬として昔の中国の愛玩犬とされたシーズーでも穴は掘ろうとするのならば、犬の本能に組み込まれた行動なのかな。ジャックラッセルは穴掘りが仕事だったので、その本能が強い犬は自分が入って出られなくなるようなのを掘ってしまうらしいです。

ふぁみさん
今となっては最初の苦労は達成感に変わってます♪
凪は夜騒ぐのもすっかりなくなって、むしろ毎日決まった時間に起こしてくれる目覚まし時計になりました。

くっきぃさん
散歩に連れ出すときがドキドキですね。ドアの前に車をつけて、人がいないのを確認し、助手席にささっと乗せるという。

ももあおさん
一度習慣になったものほどしつけるのは難しいですね。最初は出かけてて知らない間にやってることがあって、後からでは分からないため、家に居るときに見張りつつ現行犯注意するのはなかなか根気がいりました。

BJさん
コーギー可愛くて欲しい犬種の1つです。コーギーは中型だけど室内犬にされているのを見たことがありますが兄家さんのコーギーも室内なんですか?
室内ですねぇ、典型的な。
散歩もあんまり好きじゃないらしく、でも遊び命です。。
前に風邪ひいいてたのに遊びまくって、医者から「死にますよ」とか普通に言われ、それでも遊びに興じていたとかなんとか……。
BJさん
やはりコーギーは中型でも室内で飼うことは結構あるようですね。柴犬と大きさはあまり変わらないにしても柴を室内というのはなかなか見ませんが。
しかし、「死ぬほど元気」はいいとしても本当に文字通り死にそうになるのは困りますねww

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/167-f7f74ab7
<< 公園にて | TOP | 呼び戻し訓練 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。