動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の性格

「理想の犬の育て方」という本を買いました。
スタンレー・コリンという人の犬の本は、専門的ではあるけれど、分かりやすくて知識も得られて面白いのです。

その中で、犬の性格テストというのを、まずざっとやってみました。

 

凪の結果

 

活動力(どれだけ活発か) 非常に高い
知能・学習能力      かなり高い
社交性(人間や犬とのふれあい) 非常に高い
感情反応(気分の変わりやすさ) かなり高い
支配性・攻撃性      非常に低い
臆病さ・恐怖心      かなり低い

 

とりわけ平均から離れているのが3つあります。

こうしてみると、誰にでも、どの犬にもルンルン気分で接し、子供がめちゃくちゃに撫で回そうが、尻尾を引っ張ろうが、食べ物を取り上げようが、全く吠えもうなりもしない犬である凪の性格が浮き彫りになっています。

支配性と臆病さが高すぎる犬は非常に大変な犬(幼少期の育ち方でこうなってしまう犬もいるらしい)ということを考えると、凪は異常な活動力をのぞけば、かなり家庭犬向きの性格に育ったかもしれません。また、活動力と知能という面も合わせると、競技犬としてかなり最適です。

 

逆に向いてないのが、警備犬・番犬や救助犬ですね。
警備犬・番犬としては、もともとえらそうなところが全くなく、全然吠えない性格なので、無理にさせること自体ストレスだろう。

 

救助犬として救助作業の必要な場所に凪が行ったら、
「犬の仲間がたくさんいるぞ!みんなに挨拶しなきゃ!」と走り回って全ての犬のところに挨拶まわりをし、
「あのおじさん遊んでくれるかなっ」と仕事をしている人のところに行って「クーン」と鳴きながら、周りをうろちょろすることだろう。邪魔以外の何物でもありません。

 

最近、よく凪のことを「賢い」と道行く人が言うので、そうなのかな?と同じ著者の「デキのいい犬、わるい犬」という本で凪のIQや従順性も調べてみたものの、まだ全部はテストしてないけど、確かに平均よりは頭がいいらしい(特に記憶力)。しかし、それ以上に従順性が高く、アルファ傾向(リーダー気質の俺様タイプ)では全くなく、服従性が高く社交的なためにそう見えるのだということが、客観的な指標からも分かりました。

 

テスト以外でも楽しいスタンレーコリンの本、犬の歴史なども書いてあって、タイトルよりずっと深い本だと思います。ゆっくり読み続けようと思います。

コメント

凪君 庵さんから細かく分析されているぞ=*^-^*=にこっ♪
凪君の良い所を伸ばしてもらって、素晴らしいパートナーに成って行ってね。
凪くんステキすぎ!
ニッカはワンコは苦手ですが、凪くんのようなワンコなら絶対飼いたです。
そんな素敵なワンコと出会えたことは奇跡ですよね。
うちのコッコも見習ってほしいな(´ー`)
凪くんは、もともと賢い犬だったのかもしれないですけど、蒼鳥さんに大切にしてもらって、愛されているという安心感のおかげで、いいコに育った部分もあるのではないかなーと思います。
凪が賢いかどうかはさて置いて、可愛い良い子なのは間違いないっすな♪
犬種によって傾向もあるのでしょうが、そこに個性や環境やいろいろ加わって複雑ですね 凪ちゃんはきっと自分の能力を伸ばしていってるんでしょうね^^
犬の診断できるんだw
いおりんしゃんのパートナーなら きっと なんでも出来るコに なりそうだよねー
飼い主に似るっていうものb
出来がいい悪いっていうのは よくわからないけれど、自分にとってかけがえのない存在として いてくれるだけで 幸せになれそう♪
性格の基盤はもうできあがっているのだから、
凪君の特性適正というものをしっかりと把握して、
長所を伸ばさせるような育て方をするのが良いのかな?

それにしても、凪君優秀ですねw
まるで父親が息子を分析しているような・・・
らぶりくさん
向いていることって、基本好きなことで、やはり狩猟本能を利用したような遊びとか大好きですね。楽しんでやるから、アジリティ系の覚え方がはやいようです。
ニッカさん
凪に出会う前は、犬ってそんなにまで好きではなかったんです。
出会ってから、凪みたいな犬もいるんだ!とカルチャーショックでしたw
ニッカさんのところのコッコ可愛いです、小屋に入っていく姿も社会性があって賢いなと思いました。
もものりさん
そうですね、犬も人間の子供同様、「人間の親」との親子関係とかスキンシップって大事なんだそうです。安心感がないとビクビクした犬になりがちなのだそうです。
BJさん
間違いないです♪♪
ふらさん
選択育種によって、犬種の特徴はあるものの、やはり生育環境ともともとの気質は大きく影響しますね。気質を理解して、合った育て方が出来たら犬にとっても幸せかなあと思います。
らんち
ドッグトレーナーみたいにはいかなくても、プロフェッショナルな本を読んで、凪に合った育て方が出来たらなあと思ってます。
また、心ある生き物同士として心が通じれば、自然にいいパートナーになっていけると思います。
Arcさん
そうですね、凪みたいな気の強くないタイプは叱って育てると失敗する、とかで、経験を振り返っても、叱るとしょんぼりしすぎてダメだったからやっぱりそうだったんだなと思いました。やはり、人間同様、合う合わない、向き不向きがありますね。
凪の性格面って、犬としていい子なんだなとあらためて思いました。
さんたさん
実際の人間の親にはなったことがないけど、
犬の育て方も、人間の幼児と似ているところがあるそうですね。
「大切にされている」と凪くんはしっかり感じていて、それに応えてくれているのかなぁと思います。
庵さんとの信頼関係がしっかり強いものだからこそ能力も伸びるのでしょうね^^

余談ですが、お互いの何気ない仕草が似ていることってありませんか?
我が家は義父とサムのゴロンとする姿がソックリです(笑)
ももあおさん
そうですね、相互の絆がなければ、しつけも訓練も難しいと聞きます。
何気ないしぐさ、どうだろうw
仕草というか、目線が強いところが似ているかも。なんとなく、互いをじっと見てたりw

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ioriaotori.blog85.fc2.com/tb.php/114-886dd732
<< ブルグミュラー25「天使の合唱」 | TOP | 出会って1年、小さな凪(なぎ)へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。