動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.2歳時の凪の変化(前編)

(少し間が空いたけれど、連載の続きです。次の後編と、第9回にて終了です。)

2歳になったある日、凪は初めて他人を見て吠えた。それは、アパートのすぐ外にいる中年男性に対してであった。耳と尾をピンと立てしっかりと両足を踏ん張り、体をやや前に乗り出し、目をしっかり見開き、低音で「ワウワウワウ」という警戒吠えであった。

それまで、凪は、父から「この犬はノドの病気ではないのか?」と言われるくらいにウンともスンとも言わなかったのである。凪は、中年以上の男性を苦手としていて、それは父のことも例外ではなかった。同居していれば、馴致もはやかったであろうが、そうでないため苦手な期間が続いたのである。凪は、父をはじめとする、苦手な中年以上の男性の前では耳を伏せ尾を下げてしおれていた。

その後、父がアパートに来たのだが、そのときもやはり耳と尾を立てて吠え、それはまさしく凪の大きな変化であることが確定した。父が、「犬が変わったようだ」と言う。

群れのメンバー以外の侵入者を知らせる(召集をかける)ために吠えるのは犬の正常な行動である。時々家に来る、凪が知らない人に対して吠えるのは対した問題でなかったし、たまに来る父に対しては、父に座って手をグーの形にして笑顔で凪に挨拶してもらうことで、警戒させないようにして馴れさせることができた。(犬は人間の手を”犬の口”と同様にみなすという。大きく開かれた手は、大きい犬が口を大きく開いて威嚇しているように見えるとのことである。訓練で、手を開いて伸ばす動作と交えて「マテ」というと犬が止まりやすいのはその応用。)

ただ、ひとつ問題があった。
凪は、夜道の散歩で、道に寝ている酔っぱらいや土手の下のほうでうずくまっている人を目ざとく見つけては吠えて知らせるようになったのである。それは、凪から見て、通常の行動をしていない人物に対する警戒の声であった。その他、凪が普通でないと判断する人物は、「マスク・サングラスをしている人」「帽子を深くかぶっている人」などの人相の分からない人物、それから、「公園で後ろ向きに歩いている人物」であった。この中で、マスク・サングラスなど人相の分からないほど顔をガードしている人は花粉症の人が主であり、公園で後ろ向きに歩いている人というのは、普段使わない筋肉を使う健康法らしい運動をしている人に過ぎなかった。凪が花粉症の人に吠えようが別に問題にはならないが、酔っぱらいに吠えるのはいささか困った。酔っている人に刺激を与えたら面倒になることもあるからである。凪は僕より夜目も鼻も利くから、とにかく不審人物に気がつくのがはやい。

吠えについてのことを、ドッグ・アクチュアリーの史嶋さんに相談したところ、そういう道を通るときは、横ではなく後ろにつけて歩くと吠えはおさまりやすいと言われたことで、実行したら、警戒吠えはだいぶ止んだ。気がついて知らせる役割をしなくていいと判断したらしい。そして、凪が急に吠えるようになったことに対しては、「2歳は成犬への入り口」であり、今までの経験と訓練の成果の「総合」が表れる時期であることが関係するという。
つまり、中年以上の男性に急に吠えるようになったことは、「凪の主な経験」の1つに、”小さい頃中年男性に対して怖い思いをしている。”という予測が立てられるということだった。凪と会う前、凪が捨て犬だった頃に凪がどんな経験をしているのかは知らないが、きっと何かあったのだろう。それに加えて、”群れの仲間に警戒すべきものを吠えて知らせるのは、やや強気の犬の行動傾向である”とのことだった。2歳の時点で凪は強気の犬になっていたのだ。

※吠えには色々あるが、「知らせるための警戒吠え」は「怖いから吠える」というのとは違う。耳と尾をピンと立てしっかりと両足を踏ん張り、目をしっかり見開き、低音で「ワウワウワウ」という自分を大きく見せての吠えは、ことからであった。対して、不安や恐怖を表す吠えは高音であり、耳と尾が下がって、体は引き気味。

「凪は強気の犬か?」少なくとも最初は違ったはずだ。苦手な父の前でただ、耳を伏せて尾を下げ、しおれていたのだから。それがいつの間にか「強気な犬」の部類に入っていたのだ。それは、警戒吠え以外に思い当たる節があった。(後編へ続く)

今まで読んだ犬本・そして凪の妹を迎えます

inunohon.jpg

今日は手持ちの犬本をブログで紹介しようと並べていたら、凪が様子を見に来たため、「よしよし(丁度呼ぼうと思っていた)、ちょっとお前ここに居てくれ」と言って背中を撫でると座ってくれました。ずっと一緒にいるから、ニュアンスで分かるのです。最初は少し本から離れた位置に座っていたため、凪の頭が半分カメラに入らなかったため、前脚を持って、一歩移動させました。名前を呼ぶとカメラ目線してれるので、そうして撮影。

お勧めは、
●平岩米吉「犬の行動と心理」
戦時中の銀座を狼と歩き、イヌ科動物たちや猫と同居し、犬フィラリア症の研究に貢献し、戦後に動物愛護活動をした愛犬王・平岩米吉氏の詳細な犬の観察記録です。
(昭和の愛犬王・平岩米吉の伝記「愛犬王」を読むと、ますます楽しく読める本)

●スタンレーコレンの「犬語の話し方」
平岩氏もそうですが、スタンレーコレン氏も、犬をよく観察してあり、ボディーランゲージから心を読み取ること、そして犬が犬になった歴史をも学ぶことが出来ます。

●訓練&アジリティー競技に出場したい人のための「ドッグ・トレーニングBOOK」
訓練&アジリティー競技に出場したい人のための、とありますが、基本訓練の仕方から順に写真つきで紹介されています。

●「犬といっしょにフリスビーであそぼう!」
こちらは、フリスビーの仕方ですが、基本訓練の仕方から順に書いてあります。そういうところがなってないとフリスビーも上手くいかないということですね。

●石川利昭「飼育マニュアルに吠えろ」
マニュアルでガチガチになることなく、おおらかに育てよう、という本。一見上2つとは正反対に見えますが、基本は同じだと思います。本来、訓練もその犬の本来の性質を受け入れ、犬が愛されていると感じること、つまり心がつながっていないと出来ません。そうであるのに、マニュアルだけが一人歩きしてしまったことに警鐘を鳴らす本です。

●太田匡彦「犬を殺すのは誰か ペット流通の闇」
この国のペット業界の闇、犬の殺処分のことなどが、細かい調査をもって詳しく書かれています。

●エレーヌ・グリモー「野生のしらべ」
ピアニスト、エレーヌ・グリモーさんの自伝です。エレーヌは、ピアノに魅せられ、狼に出会いました。現在はニューヨーク・ウルフ・センターを設立し、狼の保護活動をしておられます。なんと!この本、平岩米吉氏の伝記が書かれる上での参考文献になっていたので驚きました。僕の一番好きなピアニストが、敬愛する昭和の愛犬王と関連があるというあたり驚きです。
エレーヌ・グリモーが狼が好きということは、最初、演奏に惹かれたときは全く知らなかったことで、これも偶然です。

でも、なんだかんだ言っても、一番大切なことを教えてくれたのは凪で、犬との暮らしの素晴らしさを教えてくれたのは凪。これらの本を並べているけれど、凪が一番の先生ですね。凪あってこそ、この本たちが生きてきましたし、これらの本を通してまた、凪と深く付き合うことも出来ました。

この1週間以内に、凪の妹候補を迎えに行きます。保健所で殺処分される予定だった犬です。まだ、どんな子かは分かりません。凪と上手くいったら正式に家族になります。

警戒区域内のペット達を助けてください

ミクシのコミュからの転載です。


「4月25日に、賛同する113団体と共に、警戒区域として立ち入りが制限された
福島原発20㌔圏内に残された動物の保護を要請する要望書を提出いたしました。

その後、県職員の獣医師班が動物保護と状況調査の為に20㌔圏内に
入っていますが、十分な体制とはいえず、やはり民間ボランティアとの
協働が望まれるところです。

連休明けから実施される住民の一時立ち入りの基準として、
ペットの救出も認められる可能性が出てきましたが、
(詳細は  http://blogs.yahoo.co.jp/kaizaru7/24250015.html をご覧ください)
まだ確定ではありませんので、引き続き皆様からも、
要望の声を上げていただくようにお願い致します。

この要望について、(社)FreePetsでは、賛同人を募集しています。
賛同してくださる方は、、(社)FreePetsのHP http://freepets.jp/ よりお申し込みください。 」

転載終了


このFreePetsは、動物愛護法改正について毎月話し合いをしている小委員会のメンバーである渡辺眞子さんも中心となって活動されている団体であり、影響力が大きいです。作曲家の坂本龍一さんもおられます。
警戒区域圏内に取り残されてしまったペット達を救うため、こちらに署名をお願いします。
どうかご協力よろしくお願いします。

それから、5月8日にデモ行進もあります。

※以下のデモは申請を済ませておられます!!
「警戒区域の動物を見捨てないでデモ」さんより
http://animaldemo.blog.fc2.com/

いつか弾きたい憧れの曲たち

前回が、「ピアノ歴」のカテゴリで、技術と練習曲の計画を中心に書いたので、今回は曲について短くまとめておく。
今まで弾いた曲は、演奏音源まとめにあるが、ジャンルはバラバラだと思う。
バロック・古典・ロマン・ポピュラー・ゲーム曲など、ジャンルにこだわらずに弾いている。
弾いてきたのは、そこそこ好きな曲だと思う。

でも、「本当の本命曲」は弾いたことがない。
弾けないからだ!

本当の本命曲は何かというと、アルカンの「鉄道」である。
趣味が悪いと言われようがなんだろうが、クラシックの中で一番好きな曲である。自分の中では最高の名曲である。


そして、「剣の舞 シフラ編」

それからベートーベン「月光 3楽章」

そして、ゲーム曲で一番好きな「DQ4 ジプシーダンス」

なんとか遠くないうちに手が出そうなのが2曲、カスキ「激流」
マイナーどころの、「FF2 バトル2」(ピアノの動画はなかった)。

次点くらいのははずして、とりわけ好きなものを書いてみた。まあ、こんな感じに、本当に好きな曲というのは不動で自分の中にあるのだけれども、今のところ弾けやしないわけで。
そういうこともあって、とにかく練習曲をやって技術アップをはかろうと思うようになった。

こうして見ると、短調の速い激しい曲を好むというのが見え見えである。

次点ぐらいに好きな曲もほとんどが超絶技巧だ。本当に好きな曲を弾くための道のりは長い。さて、練習曲をしなくては!
<< 前のページ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。