動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッハ インベンション13番



やっと録音できました。1日10分しか練習出来ないような日が続き、やっと時間が出来ました。
まとまった時間がないと、録音から動画アップまでの作業が面倒になってしまいます。

音は、モダンピアノの音(明るく硬めの音)を使っています。
明るいメリハリはこちらが出るように思ったので。

この曲を練習しているときに思ったのは、なぜか速くても遅くても同様に間違うということころ。
恐らく、鍵盤感覚が身についてないのだと思いました。
(だからといって、鍵盤感覚が身につきそうなバーナムwとかしたくないので、これからも多くの曲を弾いていくことでカバーしようと思う。)
それと、毎回違うところで間違う(しかも派手に!)というあたりも不思議なくらいだった。
きっちり覚えこむまで時間がかかりました。

Sleepingさんが言っておられたけれど、この曲は本当に「天国」を想像します。
天国の門の前に立っているような。天国の門を叩いているような。
バッハの曲は神々しいです。
あと、8秒のあたりからと55秒のあたりからの盛り上がりが好きです。

ただ、覚えるまでが面倒、弾いていると何か窮屈で(なんだか自由度が少ない感覚)、曲が好きな割には思ったほど弾いて楽しいものじゃないなというのが正直な感覚と感想です。
スポンサーサイト

一生のレパートリーにしたい曲

最近、途中まで書いている凪日記ダイジェストを書く暇がないのと、ピアノを弾く時間がないのが最高にストレスです。弾きたいときに弾けないことが重なって、なんだかピアノのモチベーションまで落ちてきました。そんな中で「つまらないツェルニー」とかやってられないので、ツェルニーはやめて好きな曲と、受けているリクエスト曲だけを弾いていこうと思います。
インベンション13番は大体仕上がっているので、時間を見つけて録音しようと思います。

現在、更新や訪問が滞ってますし、またなんかあるとしばらく滞るかもしれませんが、いなくなったと思ってリンク消さないでくださいねww
休みの日は普通に復活します。

それから、一生のレパートリーにしたい曲に出会いました!

カスキの「激流」


聴いた感じ派手な曲だけれど、以前挑戦して中断した「モツソナ イ短調」ほど難しくはないらしいので、そう遠くないうちに挑戦したいと思います。聴いた感じはモツソナの方がさらっと聴こえるのですがね。

その他、一生のレパートリーにしたい曲は、現在手が出ないのばかりです。

テンペスト 3楽章 (ベートーベン)
月光 3楽章 (ベートーベン)
ジプシーダンス(ドラクエ4・すぎやまこういち)

それから、「一生のレパートリーにしたいのに、一度死なないと弾けないような曲」。

「鉄道」アルカン
「剣の舞」 シフラ編
「木枯らし」 ゴドフスキー版

ちなみに、上記のやつは全部同じ人が弾いています。アマチュアの学生です。
この方、「パガニーニによる超絶技巧練習曲(初版)第3番 ラ・カンパネラ」を最近上げられてました。
世界で録音したピアニストが4人しかいないという曲です。この人何物なのか。

ベジタリアンに市民権を

「感覚の差がない(小さい)のに結果(肉食するかしないか)の大きな差はなぜ生まれるのでしょう?あらたな疑問です。」

ミクシでの人々のやり取りの中、芝生と同じようにひよこを踏みつけられるかという話などの中で、ある人がこういう疑問を書かれていました。その人が最初に思っていたのとは違い、意外にベジタリアンの人と非ベジタリアンの人の感覚の差はないと思ったという話でした。
確かに僕もそうだなと思います。
ベジタリアンであろうがなかろうが、ひよこは踏みつけられない。
ベジタリアンであろうがなかろうが、植物も命だと知っているし、植物も大切にしている。
全くそうなんですよね。そう思って、以下のことをレスしました。

「これ、面白い疑問だと思ったので考えてみました。この感覚が全員に当てはまるとかではなく、個人的な経験ですが、質問を見て、考えたので書かせていただきます。
僕は、1年前までは普通に肉を食べていましたが、捨て犬を拾って育ててからベジタリアンになったものです。
その犬は、自分にとってかけがえのない存在になりました。

もちろん、自分の愛犬を食べることなど考えられません。
同様に、牛もやきもちを焼いたり、人間を愛したりするという話を思い出し、愛犬と同じだと気が付いたときから僕は肉を食べられなくなりました。
そして、牛には、1頭1頭違う模様がついていることに気が付きました。
それは愛犬のぶちもようと同様でした。
犬も人同様に、1匹1匹が個性ある存在で、世界に1つとして同じものは存在しない。
それはまた、牛も同様。
「人間=愛犬=牛」と考えたときから僕は肉を食べれなくなったのです。今は、犬を大切にしながら、牛などの肉を食べているという自分の中での不自然さを感じずに楽になりました。

植物も育てたことがありますが、そのときはそこまでは感じませんでした。もちろん大切にしていましたが、枯れてしまっても、やはり墓をつくって泣いたりはしなかったです。そういう意味でも、スズランが枯れるのと、愛犬が死ぬのは大きな差ですね。」

この文章を読んでも、めずらしい感覚だと驚かれる人は少ないと思います。むしろ、愛犬を食べるとか、スズランが枯れたから墓を作って泣いたという人がいれば、そっちのほうがめずらしいかと。

こういう、奇異なものでも他者に迷惑をかけるものでもないに関わらず、日本ではベジタリアンに市民権がありません。どこにいっても普通に肉が出される。最近、式典に参加する機会が多く、ほとほと嫌になりました。昔は肉が大好きでした、しかし今は、肉だけはもう絶対に食べられません。

僕は基本ヴィーガン(動物性の食品をいっさいとらない)です。卵や牛乳をとらないのは、なぜ?といわれることが多いのだけれど(実際に、卵と牛乳はとるというベジタリアンも多い)、彼らの扱われ方が酷いためです。現実として、めんどりだけを残すために、オスのひよこは生きたままシュレッダーにかけられたりしています。

忙しい時期、どうしても他者と外で食事をとることになってしまうと、大変困ります。他人に食うなとか言ってないのに、なぜ他者からは食えという無言の圧力があるのか。(選択肢がないという意味で)。

まだまだ、ベジタリアンが食の選択を普通に出来る時代は日本では遠いな。

人の目に触れて、理解を得るために、こうして時々、記事にしていくほうがいいのかなと思います。

今まであまり書かなかったのは、日本人は、自分とは違う考え・感覚・感じ方を見ると、自分が否定されたと思いこみ攻撃してくる人がいてやっかいだからです。日本はマイノリティが存在しにくい国ですね。他の面でも僕はマイノリティーとされるところが1つあるので実感しているのですが、それは「無いもの」として扱われます。しかし、実際は、一般に認知され、カテゴライズされたものしか存在してないわけではないのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。