動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエ1 ラダトーム城



ドラゴンクエストⅠ~Ⅴ全曲集 楽しいバイエル併用より
ドラクエ1の「ラダトーム城」です。

HARPSI-CHORD=チェンバロの音で弾きました。
この曲はバロックであり、また、この音が、古めかしい城らしさがより出ると思ったからです。
「おお、○○。ゆうしゃロトの血を引くものよ。」
という王様のセリフが聴こえてきそうな気がしたから。

ドラクエの冒険の舞台は、このラダトーム城からはじまります。
かつて世界を救った勇者ロトの子孫が、再び世界を支配しようとする竜王を倒すことを王様に命じられる場面からです。ドラクエ1のストーリーはいたってシンプルでした。
ドラクエのロトシリーズは3まで続くことによって、感動を呼ぶのです。

僕は、堀井雄二氏の描く世界観が大好きです。
人間らしさあふれる世界観なのです。
絶対の正義もなく、絶対の悪もない世界、登場人物たちの愛と哀しみ、思い通りにならないせつなさ、果てぬ希望、そんなストーリーがつむがれながら、街角に住む人々のさりげないセリフまで生き生きし、小さなものにまで注がれるぬくもりある視点。
このゲームをしながら、「やれやれ・・・人間ってヤツは・・・」は、とふとため息をついて微笑んだりしながら、そんな「人間というイキモノ」は愚かであり、同時に愛すべきイキモノだなと思ったりしたものでした。

特に、4のストーリーが好きです。
流す涙がルビーになるというエルフの「ロザリー」を虐めて、泣かせることによって、ルビーを手に入れようとする人間を見て、人間を強く憎み、ロザリーを人間達から護ろうとする魔族の王「デスピサロ」が敵側として出てくる話ですが、それだからこそ、彼を倒したときは大変後味が悪かったものでした。
・・・と4の話になってしまった。
こういう話は、今後ドラクエを弾きながら、その曲について語るにあたってしていきたいと思っています。

さて、この曲、難しく聴こえませんが激ムズです!自分の能力のギリギリ限界まで練習しました。
たくさん練習して、やっとの自分なりの完成です。
500回くらい弾いたような気がしますw 保持音でもないのに左手の小指が痛い。
この曲の難易度は、ソナチネアルバム終了程度だと思いますw
今やっているモーツァルトソナタKV.545と苦戦具合に大差ないです。
こちらが短いからはやく仕上がっただけ。
ゆっくり弾いていたころは、モツソナより易しいと思っていたのだけれど、指定速度で弾くととんでもなかった。
17秒以降からが難しいのです。この速度で薬指と小指、バラバラ状態で駆使するけれど、ミスタッチ厳禁です、バロックは。

よく、曲の難易度で検索してこられる方がいて、ドラクエの検索もありますので、そういう方へ。
この曲の難易度は、楽譜にはバイエル終了程度と書いてありますが、バイエル終わって弾けなくても、全然落ち込む必要はありませんよ。そして、この曲、オフィシャルの楽譜と大差ない。これが弾けるならいっそ、オフィシャルの方に挑戦するのもいいと思います。

犯人逮捕

悲しい記事【埼玉県正丸峠に無数の犬猫死体】の転載を2つ前の記事にてしたのですが、その犯人が逮捕されました。
犯人は葬祭業をしている元町会議員だそうで、写真が出て、ニュースでも放映されました。
こちらはヤフーニュース↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000809-yom-soci

この話自体は、5年ほど前から噂されていたことでしたが、ここ最近噂が広がり、多くの方々が実際に行動された結果であると思います。あと、話を聞いた上田県知事が警察に捜査を依頼したことが大きな力となったとのことです。マイミクさんが県知事にお礼のメールを送ったという話を聞いて、同様に送らせて頂きました。お礼を言うのもとても大切なことだと思います。

動物愛護法がありながらも、一方では未だに動物をモノ扱い・死んだらゴミ扱いしている日本は、動物愛護後進国です。ドイツやアメリカなどの法律では、モノではないとはっきり書かれているとのことです。この事件で実際に現場にいて行動された方は、「いのちはいのち モノでもゴミでもない」と書かれていましたが、全くだと思います。こんな当たり前のことが分からない人間が未だに日本には多い。動物には心があります。人間と同じように喜び・悲しみ・怒り・楽しむ心が。人間だけが地球上で特別だと思うこと自体、傲慢なことだと思います。

よく、そういうけれど人間は肉を食べているではないか、とか、ゴキブリを殺しているではないかとか言う人がいますが、何でも「出来ることから」はじめていいのではないかと思います。「何かをしないための理由」を探してばかりでは何も出来ないですし、どこかで1匹殺されているのだから、皆殺ししても同じということはありません。僕はベジタリアン(肉、魚、をとらない、毛皮を買わない、牛乳と卵製品もそのものはとらず最小限で、現在パン程度)になったと書いたことがありますが、それは自分にとって無理がないから、出来ることだからやっているのです。ベジタリアンがめずらしいのもまた日本だからであり、諸外国では多数います。

人間は、他の動植物の命をたくさん頂いて生きていることを忘れてはなりません。他の命がなければ生きられない弱い存在であること、つまり他のものに命を護ってもらっている存在であることを忘れてはならないと思います。

何か事件が起こらないと変わっていかないこと、たくさんあります。イギリスでも、動物愛護に関して大きな動きがあったのは、馬の虐待を目にしたある貴族の活動によってだそうです。日本でも「こげんた」の事件で、多くの人が署名して動物虐待犯が捕まったことがありました。今回の件も、動物の遺体を捨てたことが逮捕になったのは(例え廃棄物の投棄という逮捕理由でも)はじめてだそうです。この件もひとつのきっかけに、まだまだ変わっていかねばならないこと、たくさんあると思います。

今後も自分の出来る範囲で努力していきたいと思います。

ピアノ練習進行状態+追記

最近、ちょっと忙しくて、「悲しい記事」を転載しただけでブログ放置&読み逃げ状態でした。
今からぼちぼち復活します。

現在の練習の進行状態。

・モーツァルトソナタ KV.545 1楽章
毎日1時間は練習しているが難しい!現在完成度75%程度。左手の高速スケールがあります。エレクトーンでは左手は和音が多いので、スケールとか弾いたこと無いためにいまだに右手と比べるとかなり動きにくいのです。20時間練習して完成しなかったのは、ショパンのノクターン21番以来。今まで、1曲仕上げるのが早いと言われてましたが、このあたりの曲をやると、かなり遅くなります。つまり、このあたりの曲は自分が今技術的に向上するために、最適な曲だと言えるだろう。

・なぐさめ メンデルスゾーン
完成度75%程度。ペダルは表示どおりにしないことにしてます。デジピなので表示どおりだとぶちぶちwになるのです。和音を覚えるのがだるい。そういう意味ではブルグ25のアヴェ・マリアと同類な感じです。もちろん好きで選んだ曲ですが、この手の曲を弾くのは気分が乗らないので少しずつの練習になってます。

・ツェルニー30番の3番
完成度30%程度。曲が退屈すぎるw なので、あまりこれには時間を割いていない。
でも、30-2がすでに後悔しつつあるので、やっつけたくもない。

・ドラクエ1 ラダトーム城(楽しいバイエル併用楽譜より)
完成度80%程度。バロック!思い切りバロック!説明に、バッハインベンションくらいの難しさと書いてあったとおり、確かに「バイエル併用レベル」を激しく超えた難しさw 以前、小さな風車というのを弾いたけれど、それと同じくらい難しいw なので、バイエル併用楽譜にしては時間がかかっているけれど、この4曲の中では一番簡単。

それから、以前やっていたオンラインゲーム「童話王国」のOPテーマを耳コピして自分でアレンジとか思ってやりはじめたものの、上の4つに押されてすすんでいません。

そんなわけで練習はしているけれど、どれもまだ完成に至っていないです。意外と3つは同時に仕上がるかもしれませんw

↓鉄道は最終目標だし、黒鍵のエチュードもまだ遠いけれど、身近な目標として、来年くらいに弾けたらいいなと思うモツソナ。モーツァルトの数少ない短調のソナタです。
モツソナの中で一番好きです。この動画の人、楽々弾いているのが素晴らしい。


追記 4月6日
1つ前の記事”悲しい記事【埼玉県正丸峠に無数の犬猫死体】”は、情報提供をお願いされていた方が、
「あまりの反響のため、警察の方から自粛するようにご指導をいただきました。」
とのことなので、1つ前の記事の転載のお願いも取り下げということに致します。
今日、テレビやネットのニュースでも放映されていましたが、動きがあったらしく、近々報告があるようです。
<< 前のページ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。