動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぎなぎ写真館

ピアノは「愛のオルゴール」が録音にあと1歩です。ミスタッチが無くなったら録音します。主旋律のオクタープ移動でまだミスる確率が高いです。あとちょっとあとちょっとと思っていたら、ブログの更新がおざなりに。

そこで、以前のブログでの写真が埋もれてしまったので、気に入ったものだけ、愛犬凪(なぎ)のベストショット集です。

凪とは、

現在2歳・オス
性格:甘えん坊、好奇心旺盛、活発。
特技:カメラ目線、持来(投げたものを持ってくる)、併走(自転車に並んでギャロップ)、拒食(他者からもらったものは食べない)、爆音を怖がらない実猟犬体質、触られるのが好きで尻尾を引っ張っても耳を触っても怒らない。
外観:うるうるの熱視線、赤やピンク色が似合う。

image4301681[1]
いつでもカメラ目線。

image3218436[1]
image2885627[1]
寝姿。「くふー」、「ふしゅー」と変な寝息をたてる。夜はいつも一緒にくっついて寝る。冬はいいが、夏にもくっついてくるので暑い。腕枕だったり、1つの枕に頭を寄せて眠る。

image5321743[1]
気の合う相手と「プロレスごっこ」をするのが好き。尻尾を振り回しながら突進しあったり、激しく遊ぶのが好きである。

ice.jpg
たまにはソフトクリームも。凪は乳製品が好きだ。小さい頃から牛乳を少しずつ与えているので、乳糖を分解できる体質になった。牛乳は危険説が日本に流行しているが、それは慣れの問題。新鮮なたんぱく質をとり続ける凪は健康そのものである。(昔のキーボードが後ろに写っていますw)

biken.jpg
日光浴中。手羽先や肉、野菜を混ぜた手作り食とストレスの少ない生活は、捨て犬だった凪を「あかぬけた美犬」と言われるまでにした。鳥の骨は危険説が日本に流行しているが、それは本当は骨の中身が空洞の廃鳥の骨のことであり、若鶏のことではない。本当に危険なのは、原材料の全表示義務が無いため、危険な材料を使っているのに表示してないドッグフードである。実際、かなりの数そういうものがあり、発ガン性の疑いのあるものが保存料として使われていたり、栄養価の全くないもので増量されていたりする。

image704572[1]
凪の大好きなフラットコート・レトリバーのフユちゃんと。2匹ともリラックスした表情。

hanabi_convert_20091212204631.jpg
窓から見える花火を見つめる。多くの犬が苦手とする花火も雷も平気だが、銃を使った猟に参加してきた歴史を持つ犬種は爆音に平気なように選択育種されたことが関係あるのかもしれない。自転車での併走が初めから出来たことも、馬と併走した歴史と関係しているようだ。

ソナチネアルバム9番1楽章と今後の計画たてなおし

ショパンの「ノクターン21番」リベンジと、「愛のオルゴール」譜読みが途中までだけれど、「エンターテイナー簡易バージョン」にて、慣れないリズムで落ち着かなかったので、景気付けにソナチネを1曲挟むことにしました。
ソナチネアルバム9番 クレメンティOp.36,No.3 1楽章 です。

今回は、この動画アップまでに合計15時間くらいかかりました。今まで弾いたソナチネアルバムの曲(7番と8番の1~3楽章)の中では一番時間がかかっています。
この曲はかなり好きです。和音の部分の盛り上がりと、最後の方の高音のところが特に気に入っています。これは、そこそこのスピードで弾きたい曲なので、スピードが上がるまで何度も弾いたのだけれども、なかなか安定せずに、前は失敗しなかったところでミス多発するようになったりで(ミスりだすと、次もそこでミスるという癖がつくので、またゆっくりから弾きなおすことになる)時間がかかりました。



さて、ちょっと今後の計画の練り直し。
今まで、メイン曲集1冊全部弾ききるつもりでやってきたのだけれど、それについて考えました。

嫌いな曲というのが今のところ特にないので(ツェルニーとハノンは”曲”ではないと思っているのでそれは例外)、どの曲をやってもそこそこ楽しんで弾けるため、選ぶこともしてきませんでした。中には、この曲をどうしても弾きたい!とピアノに向かっている人もおられるが、自分の場合は、嫌いな曲がないと同時にそこまで好きな曲もなく。弾きたいなと思っても、楽譜を買うとなんだか満足して放置とかw 次の日にはむしろ、他の曲の方が気分的に惹かれるとか。まあ、そんなふうなので、曲自体はどれをやってもいいといえばいいのだが、練習効果ということを考えれば、次々と弾くよりは、しっかり1曲づつ取り組んでいった方がいいかなと。全部やっているとどうにも雑になってきているようで。今まで曲集をコンプリートすることが目的の1つだったからだけど、それにこだわることもないかなと。それよりは取り組む曲数を減らして、その分の緊張感を持とうかと。

それで、思い切って、曲集全部を弾かず、選択しようと思います。
去年、譜読みした分のソナチネはもったいないので弾いていくとしても、その後はいくらか飛ばして、モツソナ(モーツァルトソナタの勝手な略)K.V.545に行こうかと。それで上手く弾けなかったらまた戻ればいいわけで。さて、適当に削る曲を決めたので、モツソナまでのソナチネ曲はあと18曲になった。こうなると弾けるかどうかドキドキなので、今後しっかり取り組もうと思います。

問題は、1曲1週間で飽き飽き病が発動しなければいいのだが、そんなこと言っていたら今後、長い曲や難しい曲はずと弾けないわけで。
<< 前のページ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。