動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会って1年、小さな凪(なぎ)へ

いつからだろう、「いつも傍にいる」が

「いつも傍にいてくれる」に変わったのは

 

君は1年前の今日 強風の中 みぞれが降る日

濡れて汚れてダンボールの中にいたね

 

風が止まるという意味の字「凪(なぎ)」に

「身も心も、もう2度と冷たい風に吹かれぬように」という願いが込められた

それは友人のアイデアだったけれど、

その名のとおり、君の幸せを願った

そうなるように、そうしよう、と

ときにつまずきながらも

それでも願ったのは君の幸せだった

 

君は、いつもいつも澄んだ瞳で真っ直ぐに見つめ、身を寄せてきた

多分、大好きだった前のブリーダーか飼い主に捨てられたのに、

いつも真っ直ぐに信じていた

「ずっと傍にいてね 見つめていてね」そんな目をして、寄り添い続ける

 

君はいつでも 懸命に応えてくれる

目を輝かせながら

小首をかしげて考えながら

 

君はいつでも めいいっぱい求めてくる

喜びを全身で表現して

じっと見つめては待ち続けて

 

小さな ぶちもようの体に、甘い顔立ち

甘えん坊で、寂しがりで、おとなしくて

吠えないけれど活発で、でもナイーブな子

 

小さな君は とても大きな存在になった

たくさん話して、遊びや散歩にしつけ、寝食を共にして

君の種族がしてきた仕事についても、知らなかったことを少しずつ知って

 

人間たちのしてきたことで犬達の味わってきた苦しみと悲しみも、

そして愛されたときの喜びと幸せが心の中に浸透していく

君を通して

君はたくさんのことを教えてくれた

 

だから思い描いた

君と目指す目標と未来の夢を

 

人々が、綺麗で可愛く賢い子だと、君に触れたがる

真っ直ぐなまなざしと、甘えた声、緩く揺れ動く尾に、君に触れた人は笑顔になる

 

太陽の下、白銀と黄金に輝く毛並み

風を切って駆けてくる 美しいストライド

ダンボールの隅で震えていた 捨て犬だった頃の面影はもうなくて

幸せそうな君の姿を見ると、君に与えてきたものと

一緒に過ごした時間は間違ってなかったんだと思う

 

ずっと傍にいてね凪

君に見合うよう、もっと良きパートナーになるから

ずっと傍にいるから

 

小さな凪。可愛い凪。

大好きな凪。愛しい凪。

 

生まれてきてくれてありがとう

スポンサーサイト

コンビネーション撮影と方法の解説

agi1.jpg

agi2.jpg

 

今までなかなか写真が上手く撮れなくて掲載出来なかった凪のトンネルからハードルの写真です。出来ているという証拠写真が撮れたところで方法を解説。

 

●ハードル編

1.「ジャンプ」という言葉と「飛ぶ」という行動をつなげる。

犬は言葉が分からないので、1つづつ覚えさせます。「ジャンプ」といいながら好きなおもちゃを見せて飛びつくと褒めておもちゃを与えることで凪は覚えました。

 

2.凪はソファに上るクセがあったので、ソファを叩いてジャンプと言って、たまたま(まだソファへのジャンプと通常のジャンプは繋がってなかったと思うので、その時点ではたまたまと言える)乗ったら褒める、食べ物を与える。これで、何かの向こう側に向かって飛ぶことも「ジャンプ」であるということを教える土台が出来た。

 

3.ハードルの棒を地面に置き、ジャンプといって棒の向こう側に飛んで移動したら褒める。最初からハードルに高さがあると怖がる犬もいるのでここは慎重にやった。

 

4.少しづつハードルの高さをあげる。(室内であげすぎても助走がなくて飛びにくいのと、棒が音とを立てて落ちると嫌がるので確実に飛べることを確認しながら。)

 

●トンネル編

1.犬はぶよぶよの長い筒を見ても何をしていいか分からないところからはじまる。(最初はトンネルにカーブをつけない。)まずは「トンネル」といいながら、トンネルの入り口に犬の好きなものを置いて、トンネルの中をのぞきこむことを覚えさせる。

 

2.「トンネル」といいながら、最初は犬がちょっと首を入れては出すくらいの距離からはじめて、だんだん奥の方に食べ物やおもちゃを置く。入るようになったら、次に出口側から呼んで誘導する。上手く通ったら笑顔で楽しそうに褒め、おもちゃやおやつを与える。(犬のリラックスした表情と、人間の歯を見せて笑う顔が似ているため、それを見ると犬はリラックスするという。)

 

●応用編

1.「トンネル」と言って入って出るようになったら、トンネルにいる間に「ジャンプ」といってみる。連続してしたら大げさに褒める。

 

2.少しづつトンネルを曲げていったり、連続でジャンプさせたりする。

 

この、トンネルとジャンプは、犬のアジリティ競技会での種目です。これが確実に出来るようになったら、大会に出れます。犬も気分とか、新しい場所では落ち着かないとか、大会の雰囲気で落ち着かないというのがあるので、いつでもどこでも全く同じようにするというのがなかなか難しいですが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。