動物愛護関連の情報と、独学ピアノの記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを閉鎖させて頂きます

以前に、パブコメを募集するだけ募集して法改正の報告をしていないというのが気になっていましたから、
1年ぶりに戻ってきました。

動物愛護関係につきましては、現在、忙しく、肉体的にも精神的にも、現在、自分の家で引き取った子らの世話だけで精一杯というところです。

次に、ピアノ生活につきましては、ちょうど同じ時期に似たようなことを言われている方がいらっしゃいますが、
方向性が変わってきたことと、色々と思うこともあって、ここを閉鎖しようと思いました。

でも、ピアノ嫌いになったとかではありません。
むしろ弾き続けようと思っています。

そのための方向転換の時期です。

今までお付き合い頂きました皆様、本当に有難うございました。
スポンサーサイト

おひさしぶりです

今まで忙しくて、ブログどころではありませんでした。

さて、多くの方は知っているかと思いますが、まずは、「動物愛護法」が改正され、それは、理想とはいかないけれども、前進と言える改正が行われました。
何事も急には変わりませんから、これだけの改正がなされただけでも十分だと思います。

詳細は、今後まだ話し合われて、来年の秋から執行になる予定のようです。

・行政は簡単に犬猫を引き取れなくなった。業者からは引き取らない。

11月の「47NEWS」より転載

「環境省、犬猫処分で新基準 高齢理由の引き取り拒否も

 環境省は6日、安易なペットの飼育放棄を防ぐため、地方自治体が飼い主から犬猫の引き取りを求められた場合に拒否できる基準を決めた。高齢や病気が理由なら拒否できるなどとしており、同日の中央環境審議会動物愛護部会で了承された。

 8月成立した改正動物愛護管理法は自治体が販売業者から犬猫の引き取りを求められた場合、相応の理由がないと拒否できると明記。6日の部会では、一般の飼い主についても拒否できる基準を省令に新たに盛り込むことを決めた。

 拒否の基準は高齢や病気の他に(1)同じ飼い主が繰り返し犬猫を持ち込む(2)飼い主が避妊や去勢をしない(3)新たな飼い主を探す取り組みをしていない―など。」

・動物虐待に関する罰則が厳しくなった。
・虐待の定義も細かく記載される。
・生後間もない犬猫を「販売しない」という規制が「親から引き離さない」ではないとしても、とりあえず数字が入った。たとえ3年までは45日、その後は49日で、5年後までに56日にするかどうか話し合うとしても。

さて、「ジュルのしっぽ」さんに、新しくパブコメにつきましてのお知らせがありますから、有志の方はぜひ、ご参加して頂ければと思います。

今回、オリジナルな例文が書けそうにありませんから、せめて情報だけでも。

1年近くも放置したために、このブログを見ている人、もういないかもだけれど(笑)

今後の活動について

鍵盤をたたいているだけで嬉しかった時期が過ぎた今現在、たくさんの曲を検索して、本当に好きな曲を探していますが、好きな曲は、ほとんどがマイナーなものでした。守備範囲は広いけれども(その曲の特徴が客観的に分からないわけではないから、リクエストを受けて弾くことなら大概は出来る)、ストライクゾーンは非常に狭い、本来の気難しさが出てくるところです。

とりわけ心打たれた

トマス・アーン ソナタNo.4

を筆頭に、

現在練習中の
・Benda Sonatina in A minor
・すぎやまこういち エレジー

・トマス・アーン ソナタNo.2
・ヘンデル メヌエット in G minor(From suite 1 in B frat)
・ヘンデル パッサカリア
・カスキ 即興曲
・アルカン エスキス Op.63 No.23
・スカルラッティソナタ K.64 K.109 K.119 K.386 K.147 K.175 K.9
・ブラームス ワルツ NO.3
・すぎやまこういち 幽霊船
などなど。

有名どころの作曲家のものも聴いたのですが、バッハのフランス組曲3よりサラバンド、ベートーヴェン悲愴3楽章、モーツァルト ソナタ イ短調などはあるものの、マイナー曲が圧倒的に多かったです。そして、どうやらスカルラッティがかなり好きなようです。そして、短調が9割です。特にイ短調・ハ短調に惹かれます。

そんなわけで選択した曲たちを順に弾いていく予定ですが、これらをブログにアップしていったところで、他の方々はなんとコメントしていいか正直分からないと思います。マイナーもいいところで、初めて聴きましたとかしか書けないかと。
大体自分自身が、評価を求めているわけでもなく、アドバイスを求めているわけでもないわけですから。ただ、感想をもらうのはとても嬉しいけれども、これだけ一般に知られない曲ばかりではなんとも言えないだろうし、また、忙しくて、あまり他の人のところにコメントも出来ないですし、ブログを書くことも負担になります。

そんなわけで、今後は、ユーチューブのみに曲をアップしていくことにしました。

誰かが、見つけて、
「これを弾いている人がいるのか!」と笑ったり、
「初めて聴いたけれど、いい曲だから弾いてみたい!」
と思ってくれるといいな、というところです。


それから、動物愛護の情報に関しては、パブコメが終わった現在、これ以上このブログでやってもなあ・・・というところがありますし、それこそ、フィードバックの必要のないものに思えます。だから、やるとしたら他でコメント欄を閉じて「犬猫との生活についてと動物愛護系ブログ」を立ち上げたほうがいいかと思っています。

現在の、凪たちの状況としては、皆元気にしております。

ただ、パブコメに参加してくれた人もいて、もうすぐ法が改正される。ここで、パブコメについて発信した限りは結果は伝えるべきだと思いますから、それまでここを放置させて頂き、法が改正されたら結果をしらせてブログを閉じることにします。



今後、興味のある方は、こちらのチャンネルに動画をアップ(たまには凪たちのものも)していきますので、よろしくお願いします。

ユーチューブ マイ・チャンネル

スカルラッティソナタ K.32

お久しぶりです。
ピアノは弾いてました。
子犬・子猫を親から引き離す時期「8週齢規制」について、国会議員にメールも送っていました。

ただ、いろいろあってイン出来ませんでした。

今日は、久しぶりにソナチネ2曲含めてユーチューブに3曲アップ。
今後、そんなに好きでないソナチネはやめて、本当に好きな曲で弾けるものを探して弾いていこうと思います。
今まで弾いた曲で本当に好きな曲はほんのわずかしかありません。
そのくらい「本当に好きな曲」は少ないです。100曲に1曲あるかないかくらいです。

たくさん探して見つけた好きな曲、1曲目、「スカルラッティ・ソナタ K.32」弾いてみました。

環境省12月のパブコメ結果は上々、しかし、8月のパブコメの「8週齢規制」はピンチ

渡辺眞子 official blog様よりパブコメ集計結果です。

意見件数……

FAX 1,359
メール 25,225
郵送 29,211

意見提出者数……

個人 55,783
団体 139



1.虐待の防止
(1)行政による保護等
    行政による保護等の意見に賛成(規制を強化すべき)  24,974
    現行のままとすべき  2
    その他  0


(2)取締りの強化及び罰則規定の見直し
    規制を強化すべき  43,160
    現行のままとすべき  1
    その他  0


(3)闘犬等
    闘犬等について何らかの規制強化をすべき  23,951
    現行のままとすべき  2
    その他  3


2.多頭飼育の適正化
    規制すべき(規制を強化すべき)  28,046
    現行のままとすべき  12,109
    その他  20


3.自治体等の収容施設
    規制すべき(規制を強化すべき)  25,441
    現行のままとすべき  2
    その他  13


4.特定動物
    規制を強化すべき  23,632
    現行のままとすべき  2
    その他 3


5.実験動物の取扱い
    規制すべき(規制を強化すべき)  24,286
    原稿のまま(届出制を導入すべきでない)  834
    その他 164


6.産業動物の取扱い
    規制すべき(規制を強化すべき)  35,641
    現行のままとすべき  6
    その他  23


7.罰則の強化 
    強化すべき  24,293
    現行のままとすべき  1
    その他  0


8.
(1)犬のマイクロチップの義務化
    規制を強化すべき  37,386
    現行のままとすべき  6,775
    その他  102

(2)犬猫の不妊去勢の義務化
    規制すべき(規制を強化すべき)  18,230
    現行のままとすべき  29,161
    その他  11

(3)飼い主のいない猫の繁殖制限
    規制すべき(取り組みを強化すべき)  23,119
    現行のままとすべき  640
    その他 0

(4)学校飼育動物および公園飼育動物の適正飼養
    規制すべき(規制を強化すべき)  23,606
    現行のままとすべき 0
    その他  3

(5)災害対応
    規制すべき(対策を推進すべき)  24,298
    現行のままとすべき  0
    その他  0

(6)実施体制への配慮
    体制を強化すべき  26,752
    現行のままとすべき  1
    その他  6

前回より参加者は少なかったものの、結果は見ての通り、素晴らしいですね。


そして、以下重要。

前回のパブコメでの「8週齢規制」がピンチになっております。
環境省が「8週齢規制の決定」を議会に丸投げしてしまったからです。
詳しくは、ジュルのしっぽ様をご覧下さい。

でも、ここでめげてはいけません。日本は民主主義です!
【2月中旬まで】を目安に議員にメールを送りましょう。

予定では改正法案が国会に提出されるのが2~3月です。その時までに議員が「8週齢未満でなければいけない」と理解していなければいけません。

mixi復活します

しばらく休んでいたmixiですが、動物愛護関連の活動にしぼってmixiを復活したいと思います。

今のところ、パブコメ募集時に向こうにスレッドが立っているか、参加状況はどうかを見に行ったときに登録したままで放置していました。

今回はあまり色々と手を広げないことで、地味に活動できそうに思います。

1つでも自分に出来ることをしていきたいという気持ちです。

以前、マイミクになってくれていた方、また宜しくお願いします。

Kyo Yukinagiで登録しています。


追記

たくさんの同名の人がいるHNの人は、検索でたくさん出てきてしまい探せませんので、そちらから検索お願いします。Kyo Yukinagiはひとりしかいません(半角英数でスペースも半角です)、そして、こちらのひなたくんが目印です↓

hinata1.jpg

パブコメを出してくれた人、ありがとうございました

ただ一言、パブコメを出してくれた人にお礼を言いたく、記事にしました。

パブコメ期間中は、アクセスがいつもの3倍以上あり、多くの人が記事を読んでくれているのだと思いました。

パブコメの結果がどのように法に反映されるか、今後の行方を見守りたいと思います。


ブログ休みます。

これから5年間苦しんで死んでいく動物達の運命を変えるために、2分で出来ること

☆どうぶつ基金 2分で送れるパブコメ

http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a0u9dwx0di06gzm5pq5Bk

http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a0u9ewx0di06gzm5pqICK

http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a0u9fwx0di06gzm5pqqEG

こちら、どれでも同じですから(混雑している場合、別のアドレスをクリックするといい)、これらのツールを使って、送信してください。住所氏名を書き込んで、同意する文章にチェックを入れるだけです。簡単です。誰にでも出来ます。

今年は5年に1度のチャンスです。法が変わらないことには、これから5年の間、動物達は苦しみながら死んでいきます。現在のままでは安楽死さえ、させてもらえないのです。

たった2分から5分で出来ることですから、送って下さい。お願いします。
もう、猫や犬が虐待されて殺されるニュースは聞きたくありません。
保健所での毎年20万匹以上の断末魔を想像したくありません。
毎日、毎日、その想像が脳裏をよきり、具合が悪いです。
凪に似た犬が、ひなた・こかげ・あかりんに似た猫達が、苦しみながら窒息死している光景が頭から離れません。
この苦しみは、殺処分がなくなるまで続くでしょう。
偶然に拾ってくれる人に出会えなかった犬・猫は、何も悪いことをしていないのに、無残に殺されてしまうのです。
そんな現在の法を変えるために、5分だけ時間を下さい。お願いします。

かわいそうとだけ言ってスルーするのは、選挙に行かずに政治の文句を言うのと同じこと、とても愚かなことです。
犬猫好きとか可愛いとか普段言っているのであれば、パブコメ出して下さい。


チェックして送るだけでなく、自分でもう少し考えたいと思う方は、

以下の例文を読んで、同意できる意見を抜き出してコピーペーストしたり、例文を参考に自分で書くという方法もあります。


☆書き方と2つのパブコメの例文集

パブコメ例文集

サブ・パブコメ例文集



にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

FC2 RANK

ひとりでも多くの人に、署名やパブコメのことが知られますよう、2つのバナーをクリックお願いします。

里親詐欺・猫大量虐殺犯の廣瀬勝海、再逮捕される

こちら、みりんたらさんのブログからの情報です。

廣瀬勝海が再逮捕されました!!

それにより、引き続き署名のお願いがあっています。締め切りは12月8日です。
この異常者を、軽い罪で済ませないためにご協力お願いします。
どのくらいの狂人かは、事件の経緯を読めば分かります。
(彼がハンマーというHNで、2ちゃんねるに投稿した虐待の様子を書いた文章は、最後まで読めないほど残酷なものであり、最初の数行を読んだだけで、彼が常軌を逸脱した精神状態、人格障害であることが感じられます。)

数年前に起こった、子猫を虐殺する様子をネットで中継したという「こげんたくん事件」のときも、署名により罪が厳しくなり、その後の動物愛護法改正に影響しました。今回も、皆様の協力があれば廣瀬の罪は重くなります。事件の重大性を世間に知らしめることになります。
よろしくお願いします。

↓こちらも7日まで引き続きよろしくお願いします。
命を大事にする健全な社会をつくるために、絶対に避けては通れない法改正のためのパブコメです。
日本をいつまでも、狂人虐待者野放しの国にしないために。
以下に書き方と例文集があります。

パブコメ例文集

サブ・パブコメ例文集

それから、こちらでも、京子アルシャーさん、ガニング亜紀さんがパブコメ特集をしてくださっています。
dog actually


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

FC2 RANK

ひとりでも多くの人に、署名やパブコメのことが知られますよう、2つのバナーをクリックお願いします。

猫虐待廣瀬・犬虐待犯に厳罰を求める署名

ひゅうがさんのところからの転載です。
どれも残酷極まりない、危険人物による事件です。ご協力よろしくお願いします。
日本では神戸少年による少年殺害事件がありましたが、あの事件も、最初は猫の虐殺からはじまったように、海外の事例でも、暴力・猟奇殺人事件を起こす人の多くは過去に動物虐待の経験があるというデータがあります。

以下転載

【転載・拡散大歓迎】

猫虐待・里親詐欺の犯人の廣瀬への署名が再開しました。

廣瀬は拘留が延長し、今も拘留中です。そのため署名も延長したようです。
前回署名が出来なかった方、今回の署名の締め切りは12月2日です。
ご協力お願いします。

○署名用紙ダウンロードはこちらから
http://www.starry-heavenscats.jp/

○みりんたらさんのブログ
「猫詐欺・虐待・虐殺容疑者 K・Hの被害者によるブログ。」


○酔っ払いが犬の口が花火を入れるという虐待をし、犬の口が花火で吹き飛ばされた事件もありました。こちらもお願いします。

http://moru11.blog63.fc2.com/blog-entry-782.html


○それと、また外国での動物虐待事件への署名です。
クライナで学生が100匹以上の犬を虐殺しその方法をネット公開するという事件が起こったそうです。
詳しくはこちらをご覧下さい。
「さっち~(毛皮の真実まだ知らないの?犬猫も毛皮に」さまより。

http://ameblo.jp/amour918/entry-11088524983.html

・署名ページはこちらです。↓

http://www.thepetitionsite.com/1/the-strictest-punishment-for-alexey-vedula/

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

FC2 RANK

ひとりでも多くの人に、署名やパブコメのことが知られますよう、2つのバナーをクリックお願いします。
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。